人気ブログランキング |


 群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野フライきちがいのブログ
ブラッドノット/岡田裕師...
ゴーマル伝説リターンズ❗...

最新のコメント

お疲れ様です。またまたナ..
by ネコ好きヘッダー at 14:59
ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 15:19
お疲れ様です。見事なレイ..
by ネコ好きヘッダー at 21:21
ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 10:30
お疲れ様です。デカいわな..
by ネコ好きヘッダー at 15:46

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

<   2019年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

犀川 2019(今年5回目)

今週は丸一日出来ないのですが、天竜川へ行こうか犀川へ行こうか迷ってました…。
前日に天竜川行った友人と犀川行った友人の情報を元に結局犀川へ行くことに。って言うか少しでも長く釣り出来るのは犀川だったってことも大きな要因(笑)

ここ最近、夜明けも早くなってきたので少し早く出て現地で30分位ウトウトzzz

で、明るくなってきて準備して開始!
c0157482_15311820.jpg
朝陽に照らされた山々が凄くキレイです。
↑この写真撮ったのが6時31分。

イイ雰囲気の中、流していると6時55分。LINEで何かが送られて来ました。
やはり犀川に抜け駆けで(笑)来ているバイク屋さんからです。直ぐに開けてみると…
c0157482_09114015.jpg
はぁ?何コレ!?(笑)
そのまま電話すると、なんとブラウンの58cm!
しかも釣ったのは6時ちょうど。
いや、ちょっと待って!オレ6時って車の中で寝てたって~(笑)
聞けば我慢出来ずに始めたら開始数投で釣れたそう。
c0157482_09152479.jpg
しかも密かに今年絶対イイだろうなって思ってた誰もが見逃しそうなピンポイント。
この人は見逃してくれませんでした(笑)

気合いも入って流すも『グン、グ!』と来てそれっきり(´-ω-`)

移動して一流しするもアタリ無し。
そこは自信あるランだったのでフライを大型のチューブストリーマーからチューブバーバーラーバへチェンジ。
c0157482_09201961.jpg
すると先ほど何もなかったイイ所で『グ!ググ~!!!!』ときてフッキング!
直ぐに水面でジャンプ!40cmくらいのブラウンです。
「やった~♪」って思ってファイトしてると何とフックオフ…。

その後、瀬っぽい割りと早い流れで『ググ~!!!!』「キタ~!」
かなりデカそう。慎重に寄せてくると太くてゴールドの魚体が!
「よし!バイク屋さんみたいなブラウンだ!」ネットを抜いて更に寄せにかかると…。
c0157482_09232943.jpg
ニゴイなのに早い流れで食っていいファイトまでしちゃって…。
ドキドキさせてくれました(笑)

その後は移動して1アタリ。流芯で凄くいいアタリだったのに乗らずです。

あちこちやるも何も無し。

気が付けばもう1時。2時には撤収予定です。
バイク屋さんに電話すると何と満足してもうとっくに帰宅途中だとか。
しかももう一本、凄くいい魚をバラシたらしい。「せいぜい頑張ってください」的な感じで励まされ?焦りを感じながら再開。

その2投後でした。
スイング後半に『クン…グ!ゴンゴン!』と来てフッキング!
ファイト中に銀ピカの魚体が水面を割ります。「何だ?レインボー?ブラウン?」大きさはそれほどでもありませんが時折鋭い突っ込み。
泣きの一匹になるかもしれない魚を慎重にネットイン!
c0157482_09423896.jpg
やりました!
40cmくらいで決して大きくはないものの、とにかく嬉しい一本!
コンディションもいいです。
c0157482_09463402.jpg
ヒレのゴールドな感じもイイですよね~♪

すぐさまバイク屋さんに電話。「え~、早っ!」と(笑)

これ釣ったのは朝イチに入ったラン。
朝イチとはラインのシンクレートもフライも変えて釣りました。ランニングラインも変わってるの分かりますかね?それが功を奏した形でしょう。フライもいつものチューブフライからちょっとサイズダウンした黒のチューブフライ。
c0157482_10583671.jpg
いや~、とりあえずホッとしました!

リリースしてブラウンを釣った所よりちょい上から再開。
フライはそのまま。ラインはいつものtype2に戻します。
再開して10分後くらい。
スイング後半に『グ!ドンドンドン!グググ~!』と派手なアタリをしっかりフッキング!
いきなりバットを絞りこみます。かなりの重量感。「デカイ!」
一瞬水面直下で『グワン!』と魚体がチラ見えしました。結構なサイズ。
慎重にやり取りするも『ギギギギ~~~!』とドラグを鳴らして走ります。
手前に寄せてきてからも鋭い突っ込みでなかなか寄せきれません。
少し時間をかけてやり取りしてネットを抜きます。前回の天竜川での無様なネットインを思い出してしまいますが、同じ失敗をしないように気を付けながらネットイン!
c0157482_11124425.jpg
なんとまぁキレイな色合いのレインボー!
しかもサイズも50半ばといいサイズだし、精悍な顔つきと均整のとれた見事なプロポーション!
c0157482_11180522.jpg
こちらもヒレのピンクがタマリマセン♪
c0157482_11191423.jpg
↑この肉厚な感じが分かります?
見た感じ凄くキレイだけどまるっきり天然ではなく、成魚放流からそのまま健康にすくすく育ったレインボーでしょう。

とにかくめっちゃ嬉しかったです。
何も釣れてなくて終了時間が目前にチラついた中で最初のブラウン。そして直後にこの逆転ホームラン的な見事なレインボー!

この後、気になる小場所を15分位やって1アタリのみ。
急いで撤収して帰宅しました。


今回あれだけダメだったのに2連発。しかもレインボーのほうは派手なアタリでフライも口の奥にバックリでした。
昼過ぎになって活性が上がったのか???
確かに若干カディスやらがハッチしてたけどホントに僅か。
水温も急に上がったとは考えにくい。
単にフライを変えてそれがマッチしてたのかなぁ?
たぶんこのレインボーは朝イチにアタったレインボーだと思うんですが…。

いい時間帯ってのも時期によって変わってくる頃です。
もちろん川によってもいい時間帯は違います。その辺の変化を上手く見極められるといいんですが…。今回は見極められずたまたま上手くいった感じかな?
やはりイイ魚を釣るには『いい時間帯にいい場所』ってのが凄~く大切になってきますからね。

だんだん暖かくなってきて本流のトラウトも活性化してくる時期。
楽しみな季節がやってきますね(^з^)-☆

by camelhd | 2019-02-26 08:53 | 犀川 | Comments(2)

2019年群馬漁協年券入荷!

今年の群漁の年券が届きました。
c0157482_19024951.jpg
今年はグリーンです。
ちょっと色の濃いのは組合員用で一般は上の黄緑色です。

購入希望の方は雑魚券が8000円。他に顔写真が必要になりますのでお忘れなく。

当店が営業日内であればいつでもOKですので、ご都合のよい時にお出かけ下さい。その他、私が出向けるような時と場所であれば出前もします(笑)。

今年の放流予定です。
c0157482_19090522.jpg
ハコスチも含むとかなりの数量ですね。

皆さん、今年も楽しみましょう(^з^)-☆



オマケ
てっきりお菓子か何かが宅急便でウチに届いたと思ったら…実は年券でした(笑)
c0157482_19504886.jpg

by camelhd | 2019-02-20 19:00 | Comments(0)

天竜川 2019(今年1回目)

今年も2/16に長野県が解禁。
解禁日は仕事のため行けませんが、翌日の17(日)・18(月)が連休。もちろん犀川もイイのですが天竜川の魚のクオリティーに惚れ込んでいる自分としては、解禁後の一発目は天竜川と決めていました!

年に1~2回の数少ないお泊まり釣行。珍しく一週間ほどフライを巻き貯め、万全の準備で3時に出発。
日曜日の未明のため道路はガラガラ。思ったより早く到着です。
明るくなるまでしばし待機。準備して開始!
c0157482_06505628.jpg
あくせくしていたので↑二日目の朝の写真ですが(笑)

当然ですが寒いです。道中の和田峠では-11℃。
天竜川はそこまでじゃないけど、あっという間にガイドは凍ります。
そこは大きいランじゃないけど、かなりいいピンポイントがあります。
釣り開始して20分後。そのピンポイント絡みをスイングさせてる時。
『グ~、ドン!』「キタ!」
フッキングさせるとなかなかの重量感!魚も首を振ってロッドもバットから曲がります。「朝イチからラッキー♪」なんて思いながらやり取りしてると「フッ……」
なんとまさかのバラシ。

その後はそこのランで小物のアタリがあっただけ。
あっ、いや。これ↓がありました。
c0157482_06490009.jpg
直ぐ外れたけどどんだけデカイんでしょ?(笑)

移動してアチコチ探ります。
c0157482_06495596.jpg
今年は昨年と比べてかなり川が変わりました。
今まで水の流れていなかった所がメインの流れになってたり、良かったポイントが渡れる程になってたり…。
お陰でポイント探索がかなり大変です。まぁそれが楽しかったりするのですが、ほとんどイイ所が少なく何の反応もないので苦痛でしかありません(笑)。
変わらないのはキレイな山の景色だけ…。
c0157482_06493854.jpg
途中、天竜川ではいつもお世話になってるアンパラの山本さんからは異常あり!の連絡。ヤル気マンマンで回りますが午前中は朝イチの反応だけ。午後にようやく明確なアタリ!
ところがフッキングしませんでした。
時間を変えて夕方ラストに再度そこへ入るも、やはりアタリがあったのに乗らず。

結局初日はデコです…。

16日から来ているボブと16日は犀川でサクっとブラウン連発して17日から天竜へ転身のSさん。二人ともデコ。特にボブは解禁日から二日連続デコ。
全体的にも16日17日と例年と比べてもあまり釣れてないようです。
夜は群馬勢三人揃って反省会です。
c0157482_06502316.jpg
ホントに反省会です(笑)
あ~だこ~だ作成を練りながら、伊那名物のおたぐり食べて翌日に備えます。

翌朝、前日バラシたラン。
めっちゃ期待してたのに何も無し!
さらに前日夕方アタリのあったランも何も無し!
この時点でもう路頭に迷います(笑)
前日までは遡上系レインボー狙いでしたが、今年は遡上系が少ないと読んで前日とは思いっきり作戦変更。ポイントもガラリ変えます。

あまりに何も無くて「ダメなら昼までやって犀川行こうかな…」ってマジで考えてました。
上流のほうも下流のほうも雰囲気はイイんですけどね~。
c0157482_06531248.jpg
で、ちょうどマジで犀川行こうか迷っていた頃、ボブから「やりました!」のLINEが!
c0157482_06532920.jpg
なんと見事なホウライマス!
群馬勢三人揃ってデコだけは嫌だねって前夜言ってただけに嬉しい一本。
サイズ測ろうとしたら逃げられたらしいのですが50cm位のよう。

でも「オレは何もないしなぁ…。犀川行こうかなぁ…。」ってボブと話ししてたら、なんと↑をリリースした後にもアタリがあったそう。
「じゃあ気になる所を流して何もなかったら犀川行きを考える」と言い、そのランへ。

ランの流れ込み。イイ石が入っていて深すぎず浅すぎず凄くイイ感じです。

開始数投目、流芯をスイング中に『コン………グ、ゴンゴン!』「キタ!」とフッキングさせるとまさかのすっぽ抜け。「うわ"~(´Д`|||)」
今日初めての反応をミスりました。

しかしこれで弱気だった気持ちに火がつきます!
昼メシにしようかと思いましたが、食ってる暇も余裕なんぞもありません(笑)

とりあえずボブがアタリのあったというランへ。
いつものチューブフライで流しますが、何と無く流れとマッチしてなかったので、黒の小型ストリーマーへとチェンジ。て言っても普通のマラブーなんですが、バイク屋さんがいつも良く釣るマラブー。しかも本人の巻いたのを貰ったホンモノ。

そしてなんとこの間にボブはオレに申し訳無さそうに(笑)、もう一本追加。

ちょうど隣でボブが見ていた時でした。
スイング中に『コン、コココン!』ときて乗らず。
数歩下って次のキャスト。
アタリがあった所よりも奥側で『グ、グ、ググ!』「おっしゃ!乗った!」慎重にファイト。なかなかのサイズっぽいですが、とにかく何でもいいから無事にキャッチしたい。
そして最後は無事ネットイン!
「やった~!!!!」ボブと固い握手をして抱き合います。
するとネットの中の魚を見て「あれ?ちょっと待ってください」
オレは「????」
ボブが「これ、オレが釣ったのと全く同じ魚です」
「え"ぇ~!!!!」(笑)
c0157482_06473645.jpg
確かに良く見てみると特徴ある口。全く同じ魚です。
オレが釣ったのは2時頃。ボブが釣ったのは10時頃。わずか4時間後ですよ?翌日に同じ魚を釣ったことはありますが、同日に同じ魚が釣れるなんて初めてです。
にしても前回の犀川ブラウンといい、その前の犀川レインボー54cmもボブの釣った後にオレが釣ったんですよ。これで3回連続(笑笑)

まぁそれでも素晴らしいホウライマス。
c0157482_06452208.jpg
「もう誰にも釣られるなよ!」と言い聞かせてリリースしましたが、アイツは絶対また誰かに釣られるな(笑)
c0157482_06521175.jpg

とりあえずこれでデコは回避。「犀川行かなくて良かった~。」と(笑)

これをリリースして10分後。
またまたボブの見ている所でアタリが!
それほどサイズでもなかったけどよく走ったのは…
c0157482_06434128.jpg
35くらいかな?銀ピカパンパンのホウライ。
c0157482_06441604.jpg
小さくてもカッコいいですよね~♪

あれだけダメダメだったのに一気に2本。
その後も似たようなサイズらしきアタリが数回。
このサイズがかなり溜まってるんでしょうか?

で、その時点で釣れてなかったSさんを呼んでやってもらうとやはりアタリがあるものの乗らない様子。

で、オレとボブは移動して別のランへ。
そこのテールにボブ。頭にオレ。
なんとテールにいたボブはそこで2バラシ!
うなだれながらオレが釣りしてる横に歩いて来ました。
話しをしながら釣りしてると、スイングが終わる間際、何と無くホント微かな重みを感じました。もうスイング終わっちゃってる位なんで少し待ってみますが重みは変わらず。「気のせいかな?」と一応ゆっくり一手繰りすると『ググググ~!!!!』「キタ!」しかもかなりの重量感!「デカイ!」

そこは重みのある早い流れ。最初に心配したのは口切れ。しかしその場でやり取りするしかありません。覚悟を決めてガッツリとファイト。チビネコもバットどころかリアグリップから曲がる感触があります。パーフェクトサーモンから『ギギギギ~~』と力強くラインを引き出し下ろうとしますが、なるべく下られないようにパワーファイト。
ようやく手前まで寄せるとやはりデカイ!
慎重にネットインしようとするも痛恨のミス(笑)。しかも数回(笑)。
ここまで早い流れを寄せて外れなかったのでもう外れない自信はありましたが、ヒヤヒヤのドタバタ劇でなんとかネットイン!
c0157482_06384015.jpg
なんとも大きなホウライマス!
サイズが気になったので直ぐに計測すると58cm!
c0157482_06423109.jpg
サイズも見事なんですが、素晴らしい魚体。
特にこの背ビレが個人的にはタマリマセン。
c0157482_06400338.jpg
そしてホウライ特有のこのヌメンとした肌。
c0157482_06411716.jpg
まさかの素晴らしい魚が夕方に出てくれるとは…。
もう感動で何も言うことありません!
ここでも「犀川行かなくて良かったぁ~」と(笑)


リリースした後はSさんを呼び寄せ、まだ二人のやってなかった核心部をやってもらいました。
そうすると流石Sさん!
c0157482_06541417.jpg
c0157482_06543418.jpg
キレイなホウライをキャッチ!
これで群馬勢三人揃ってキャッチです!

で、三人揃って昼メシ抜きだったので…
c0157482_06552628.jpg
シャトレで古いハーディーの貴重なポスターを見ながら、美味しいソースカツ丼をペロリたいらげちゃいました。


今年で3シーズン目の天竜川。
今年が一番厳しいように感じました。元々放流もないし、魚影の薄い川です。ですが今年は大きく川も様変わりして更に釣れなさに拍車をかけています。他の方々の釣果を見てもそれは感じることが出来ます。
漏れなく自分も二日目の昼まで何をすればイイかすら分からず終いでした。
ですが反応あるポイントを回るうちに何と無く気がついたこともあり、ボブが釣ったり反応あったりしたポイントも気が付いたことと同じだったので、それがイイ結果に繋がったのかなと。
今回はボブに助けられたことも多かったのですが、川の変化に対応する考え方ってのが、新たに身に付いた非常に勉強になったイイ釣行となりました!

また近いうちに天竜川行きたいなぁ(*´ω`*)
c0157482_06535044.jpg


いやいや、犀川も行かないと(笑)


by camelhd | 2019-02-19 08:47 | 天竜川 | Comments(4)

泳ぐフライ、泳がないフライ

久しぶりの長いうんちくです。相変わらず偏った個人的考えの長文なので、読みたい人だけ読んで下さい…。

数えきれない程あるウェットやストリーマーのフライパターン。
もう直ぐあちこちの解禁日を控え、今頃は皆さんたくさん巻いていることでしょう。
みんなそれぞれお気に入りパターンや、カッコいい憧れのパターンなんかがありますよね。
個人的にはもちろん見た目がカッコいいのも好きだけど、最近は『釣れるパターン=カッコいいパターン』となってきてます。
今まで色々と試行錯誤して様々なフライパターンを使ってきました。その中で釣れるパターンは大きく分けて二種類に分かれます。
・パッと見全然泳いでる感はないのに凄く釣れるパターン。
・水中でまるで生き物のようにめちゃくちゃ泳いで凄く釣れるパターン。

前者に代表される例としてポーラーベアーなんかを使用したヘアウイングパターン。マテリアルは全く水になびかないのにも関わらず何故か釣れます(理由は後ほど)。あのナチュラルな煌めきが効いてるのも大きな一因でしょう。(ポーラーベアーの毛は中が空洞になっていて水中で空洞の空気が反射して煌めくと思ってます。)

後者に代表されるのはマラブーやオーストリッチ等の柔らかいマテリアルを使用したパターン。近年の本流では割りとメインとなる柔らか系ですね。
ところが! 柔らかいマテリアルを使ったからって泳ぐとは限りません!

そもそも泳ぐフライって何?って話しですよ。
最近よくある水槽にフライを入れてフライの正面から水流を当ててるやつありますよね。あれでマテリアルがビラビラしてるから泳いでると思ったら大間違いです!
だって実際のスイングの釣りでフライが正面から水流受けてるなんてことはありませんから。それって一番釣れないフライの状態です。フライは正面からの水流で泳ぐルアーとは違うんです。
(湖は逆にそっちが重要なのかなと思いますけど?)
あの装置だと本流のフライはせいぜい巻いたフライのバランスを見れる程度でしょう。

じゃあフライが泳いでるってどんな状態かって言うと、マテリアルじゃなくてフライそのものがスイングしながらフラフラとする状態だと思ってます。
そういう状態を作り出せるフライであればマテリアルの硬い柔らかいは関係ないんです。ストリーマーはもちろん、ウェットも同じだと思ってます(注:小さいウェットはフライの性能だけでなくティペットも関係してくる)。

で、どういう時にフライはフラフラすると思いますか?

まぁ当然簡単に言えば水流を受けた時ですよね。しかしその水流の方向が大事になります。
ズバリ一番フライがフラつくのは下から上に向かう水流を受けた時です!
もちろん左右や上流からの流れの微妙な強弱にもフラつきますが、圧倒的に下からの水流に対してはフラつき度合いが大きくなります。

オレが感じる良く釣れるパターンにある共通点は下から受けた水流によく追従するパターン。
ポーラーベアーは空洞で空気を含むからウイングとして使用した場合には上下の比重バランスに差が出るので、下からの水流に対して大きくフラつきを生じて良く泳ぐのかな?と考えています。
でもこれ系フライはフラつかないで『ス~』っと泳いでる時の状態も何故か釣れるんですよね。現在研究中です。

対して柔らかいマテリアルを使ってるのに泳がないフライ。
これにも共通点があって、柔らかいマテリアルを使ってるんだけど異なるマテリアルを幾つも重ねてそれぞれのマテリアルの動きを殺しあってるフライ(意外とよ~く見受けられます)。
例としてウイングにマラブー、オーストリッチ、ピーコックハール等を"同じ長さ"で乗せたり、長めのウイングとテールが重なりあってるとか…。
この辺の関係は人間のヘアスタイルと似てるところが多々ある気がします。
バーバーラーバはテールに何も被さらないでしょ? マテリアル自体がビラビラするわけでもなく、一見泳がなそうだけど複雑な流れに揉まれるとめっちゃ追従するのがバーバーラーバです。

基本的にマテリアルは単一のほうが動きを殺し合わずに良く動きます。イイ例がサワダさんのローズマリーなんかのマラブーパターン。ノーマルでも非常に良く動いて釣れるフライで個人的にも好きなフライですが、あれもアムハーストなんかを入れないほうが実は良くマテリアルが動きます。

これよりも更に良く泳ぐフライがあります。
それはフライを正面から見た時に上下にメリハリのあるパターン。上はウイングなんかがやけにボリューミーだけど下にはスロートすらろくに無くってスッカスカってフライ。
何故泳ぐかって言うと下からの水流をモロに受けるからです。僅かな下からの水流にも敏感に反応してフライがフラつきます。
この辺のことを踏まえて作れば特別変わった作業をしなくても普通のフックやチューブに巻くだけで、生き物のようにヌメヌメ泳ぐシンプルなフライが出来上がります。
鍵はフライを安定させ過ぎないってことです。水に入れた時にくるくるしたり横倒しにならないで上下のバランスはしっかり安定してるんだけど、泳いだ時にフラフラするようなバランスを作ってあげることです。


あっ、あと一つ。もう一種泳がないフライってのが、一点に重量が集中し過ぎていて上からの水流を受けた時にスッと沈んでしまうタイプ。重量に関してはブラスやカッパーのチューブ、またはウォディントンのように重さが一点に集中していないほうが断然よく泳ぐように感じます。
一点に集中したフライは底石の小さい単純で早い流れにはとても有効ですが、底石が大きく変化に富んだ複雑な流れにはかなり不向きだと思ってます。あくまでスイングさせて使う場合ですけどね。


もちろん良く泳ぐための流し方ってのも非常に重要になります。自分のスクールに参加して下さった方々ならよ~く分かるかと思います。
そういう水中の水流を見つけてフライをフラつかせてスイングさせられるかってのも一つの釣れる鍵となります。


ウェットやストリーマーのフライってのは結局バランスです。
ボリューミーでもスッカスカでも泳ぐフライは泳ぐし、泳がないフライは泳ぎません。昔は割りとオーバーボリュームはダメとされていましたが、バーバーラーバのようにボリューミーなフライでも良く釣れるパターンもあるんです。
トラディショナルパターンでもちょっとのマテリアルのバランスの変化で良くなったり悪くなったり…。
要はマテリアルそれぞれの特性を生かしながら、いかにフライが水流を受けて泳ぐようにタイイングするかってのが大切なのかなと考えてます。この辺は経験が非常に大事になってきます。魚の反応をフライパターンにフィードバックしていく凄~く地味で地道な作業ですが、数匹釣った程度で『釣れるフライ』なんて言えませんからね。


だけど泳ぐ泳がないとかなんて全く関係なく「オレはただこのカッコいいフライで釣りたい!」ってのも凄~く大事な楽しみ方ですよね。ましてや自分でフライを巻いてそのフライで釣るってのはフライフィッシングの醍醐味ですから。
ですのでこだわりは大切です。
オレも普通ならここまで考える必要は全くないと思うけど(笑)、『スイングで釣れるパターンを追求する』ってこだわりがあったからここまで掘り下げて試行錯誤してきました。

そして今一番のこだわり?目標?は『日本の本流フライフィッシングで自分自身のオリジナルスタイルを確立する』ってこと。海外のスチールヘッドやアトランティックサーモンはこうだから…みたいなこととかでもないんです。数年前まで日本の本流はスイングじゃ釣れないって言われてました。でもやってみたら全然そんなことはありませんでした。むしろスイングは当時メディアで推奨されていた釣り方よりも遥かによく釣れました。フライのカラーもそうです。昔はオリーブ系は本流では地味過ぎてイマイチと言われてたけど、試行錯誤した結果今や地味系カラーは定番です。そんな感じで日本の本流の魚を自分なりに工夫して実際に自分で釣って理解したことのみで得られる"真実"を追いかけたいんです。

こだわりあっての『魚釣り』という趣味です。
そこんとこだけは皆さんも流されることなく、それぞれのこだわりを是非とも大事にしてください(^з^)-☆

by camelhd | 2019-02-11 20:26 | Fly Fishing | Comments(4)

犀川 2019(今年4回目)

前回しばらくは行けそうもないとか書いといてまた行っちゃいました。スミマセン(笑)
前日行った友人はかろうじて一本。それにプラスしてニゴイw。
しかし数日前に行ったAさんはなんとブラウン63cm!あれは見事な魚でしたよね~。

天気予報は夜に雨の予報。
この時期の雨って絶対良くない条件!
ましてや秋~冬の夜に降り始める雨はいただけません。

それでも夜3時に起床。
予報を見るとやはり雨。でもまだ水位は若干の増水で釣りには影響なさそうってことで出発!
途中、上田市辺りは土砂降り。犀川に到着する頃にはほぼ止みましたが、水位計の計測では若干増えてます。
実際川に立つとここ最近より5~10cmの増水。嫌な予感しかしません…。

ここ最近、反応もあって自信のあるランから開始。
ところが! 何の反応もありません。やはり未明の雨での若干の増水が効いてるのでしょう。

移動して2ヶ所のラン。
ここは恐らく雨の影響の少ないであろうラン。
慎重に一流ししますが、何の反応もありません。もう終了となる辺りで根掛かりしてフライをロスト。
それまでの反応の無さからフライをキャメルグリーンのゾンカーにチェンジ。
その数投後。回収リトリーブを終了してロッドを立てると『グ!』「あれ?何かに引っ掛かった?」と思ったら『グングングン!』何と魚です!しかし水面で『グワン』と反転して直ぐ外れました。

「ん~、移動しようかと思ったけど絶対このランいいだろうからこのままキャメルグリーンでもう一流ししよう!」と再びランの頭に。

釣り下って一番良さげな辺り。
スイング後半に『コン』 「ん?たぶん魚だよな?」
そのままスイング継続させるとフライに葉っぱが引っ掛かかったような微妙な重みを感じます。だけどもうスイングしないくらい手前の緩い流れ。
絶対フライを食ってると確信してゆっくり大きくアワセます。するとしっかりした重みが!「ヨッシャ!乗った!」
『ゴンゴンゴン!』と水中で激しく首を振る感触となかなかの重量感。「デカイ!」
トルクあるファイトをいなしながら慎重に寄せます。途中『ギギギギ~!』とラインを引き出し走ります。
ネットを出して手前に寄せるとなんとブラウン!
ス~っと寄せて一発でネットイン!
c0157482_22360546.jpg
いいサイズのオスのブラウン!
だけど「あれ?これって???」見た瞬間、何となく見覚えが…。
直ぐに携帯を取り出し写真を確認すると…。
何と前回upしたボブが釣ったのと全く同じブラウン(笑)
年に1~2回はあるんですよね~。こういうことw

それでもいい魚!
いかにもオスのブラウンらしいデッカイ胸ビレ。
c0157482_22530145.jpg
お腹もパンパン。
c0157482_22570227.jpg
そしてキャメルグリーンのゾンカーをガップリでした!
c0157482_22550732.jpg


これをリリースして再開した10分後にも流芯をスイング中に『コン、ゴン!』ときたけどそれっきり。

その後もランガンするも風も強くて水位も若干増水。場所によっては濁りも酷く12時半には撤収。
ちなみに川は濁りで場所によってはこんなん。
c0157482_23005446.jpg
c0157482_23012664.jpg
気温も朝イチだけは暖かかったんですが、二流し目からは風も吹き出して寒くなってきました。毎週行ってるここ最近の条件としてはこの日はかなり悪い条件だったと思います。

だけど同じ時間帯にやっていた地元の友人はいいレインボー!
c0157482_23025601.jpg
たった一度だけのアタリを見事にキャッチ!スイング中のやはり小さなアタリを上手くフッキングさせたそうです!
おめでとうございます!


朝イチの絶対に自信のあったランで何も無かった。ここ最近、朝イチは絶対的に良かったんですが、この反応の無さ。どう考えても未明の雨が原因でしょう。
イイ時期ならば未明の雨は大チャンスです。ところがこの時期の雨ってのは絶対良くないと感じてます(あくまでフライではね…)。イイのは日中の降り始めの僅かな時間だけ。ちょっとでも水が増え出したりゴミでも流れてきようものなら途端に反応無くなるのが秋~冬のパターンと思ってます。
ただ、それが落ち着いた時はまた急激に良くなりますけど…。

この寒い時期はあまり変化がないほうがイイような感じがします。
クリアー&減水ってのが何だかんだ言ってベターなんでしょう。
こういうのも前回書いた冬パターンが確立されてないから、今まで分からなかったことなんだと思います。


翌日は仲間でスキーに♪
c0157482_11530081.jpg
釣りの仲間で釣りとは違うことをするのって凄く面白いです(笑)

by camelhd | 2019-02-05 21:20 | 犀川 | Comments(2)