群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野フライきちがいのブログ
ブラッドノット/フライフ...

最新のコメント

鍵コメさま、こんにちは。..
by camelhd at 09:31
bouzuさん、こんばん..
by camelhd at 21:57
日曜日は大変お世話になり..
by bouzu at 20:27
ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 18:48
お疲れ様です。講習会、中..
by ネコ好きヘッダー at 13:41

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:Fly Fishing( 350 )

Wild-1 本流フライフィッシングセミナー第二弾開催!

昨年に続き2回目となったWild-1の本流フライフィッシングセミナー。
今年も非常にありがたいことに申し込み定員に達し20名での開催となりました!
c0157482_09552426.jpg

事前の天気予報では大荒れだったので心配してましたが、ちょうど始まる頃には雨も上がり無事に開始。

まずはオレが経験から学んで得て、今やこだわって実践している『釣れるスイング!』。それを皆さんにお伝えすることから。

昨年同様、なぜスイングが釣れるのか? なぜ魚はスイングするフライ食うのか? 等々、スイングに関するベースの考え。
スイングさせるとはどういうことなのか? というスイングの動き。
それらをボードを使いながらご説明。
c0157482_09541163.jpg

その後は説明したことを上手く実践するためにはどうすればよいかを川におりて現場で解説。
c0157482_10105033.jpg
c0157482_10324176.jpg
流し方はみなさんお一人お一人にやって頂きました。
c0157482_10014704.jpg
今まで持っていたイメージと大きく異なる方も多かったようで、きっと慣れるまではやりにくく感じるでしょうが、慣れればこちらのほうが断然楽だし魚とのコンタクトも大幅に増えるはずです。

午前中はこれで終了。
お昼はWild-1スタッフ様方がランチを作ってくれました。
c0157482_10132195.jpg
この頃から強風が吹いてきたのですが、さすがアウトドアショップの店員さん、見事な手際の良さ!
ホットサンドやウインナー、スープのご馳走が!
c0157482_10115114.jpg
もちろん美味しかったです!
お昼も少々持参したのですが、作って頂いたホットサンドが美味しかったので持参のお昼には手も付けませんでした(笑)

午後は実際に使ってるフライやタックルの説明。
お見せした普段使ってるチューブフライは昨年と同じものですが、もちろん未公開のフライ。
ウェットフライやバーバーラーバ等々実績あるフライをご紹介させて頂きました。

その後はフッキングのさせ方。
続いて大物を一発で仕留めるランディングのやり方。
c0157482_10292106.jpg
50cmクラスを想定した取り込みをみなさんお一人お一人にやって頂きました。
c0157482_10271641.jpg

特にフッキングの体験は皆さん目から鱗だったかと思います!
フッキングはもちろんファイトにも今後大きく役立つ経験だったと思います。

こういうのは2回目ということもあってとにかく慣れていないもので(笑)、説明の途中で話が前後したりとかがあったりして段取りが完璧ではなかったかもしれませんが、当初伝えようと考えていたことは漏れなく説明出来たかと思ってます。

そんな中でみなさん終始かなり質問して頂き、こちらの説明不足を補う手助けをして頂きました!
メモや動画をとられる方も多数。熱心さが凄~く伝わり、こちらとしてもみなさんの熱い気持ちが同じ本流フリークとして凄く嬉しかったです。

昨年もそうでしたが、今回のセミナーを受講して「あのスイングで釣れた!」と聞くのがこちらとしては凄~く嬉しいです。
ちなみにこれを書いてるまさに今日。昨年の参加者さんがスクールのスイングとスクールでお見せしたチューブフライで見事なサクラマスをキャッチ!
写真も頂いたので掲載させて頂きます。
c0157482_13115516.jpg
c0157482_13174959.jpg
ご本人は言うまでもなくもちろんでしょうけど、こちらも凄く嬉しい一匹です!
Mさん、おめでとうございます!

今回の参加者の皆さん、是非ともイイ魚が釣れたら教えてくださいね‼

ご参加して頂いた皆さま、セミナーを開催して頂き昼食や諸々を準備して頂いたWild-1様、アシスタントとして協力してけれた友人のMさん、大変ありがとうございました!
c0157482_10421455.jpg

いや~、終わってからどっと疲れました。
滅多な事では疲れないオレですが、珍しくホント疲れました…。

家に帰って片付けして色々用事を済ませ家族で食事に行き、翌日の準備して11時過ぎに就寝zzz
1時間半しか寝れずにラブライバー氏がウチに迎えに。
バイク屋さんの車に乗り換え3人で出発。着いて疲れマックス。ボ~っとした頭でワケもわからず歩かされてたのは…
c0157482_11094316.jpg
寒~い寒~い中禅寺湖の湖畔(笑)
c0157482_11145798.jpg
風は強いけど前日のセミナー時に比べたら大したことないです。
たま~にしか来ないんでイッパツ大物狙い!
朝イチから本流用の8~10cmのチューブフライを引き倒します。ティペットも太いのつけて狙いはメーターレイクです(笑)
しかし昼までチューブフライでやるもアタリ無し。
心が折れて11時頃に初めて普通のマラブーにチェンジ。
そしたら直ぐに乗らなかったけどアタリが!

その直後、隣でやってたラブライバー氏が!
c0157482_11202022.jpg
レイクをキャッチ! そしてなんと人生初のレイクトラウト。
去年のオレもそうでしたが、初の魚種って意外と嬉しいんですよね~♪

で、リリースしてからバイク屋さんと二人でラブライバー氏に「おめでとう!」と祝福。そして直後に「チッ。何だよ、先に釣りやがってよ~(笑)」と妬み(笑)

そのせいかその後は夕方に1アタリだけ。
とにかく疲れが残っててリトリーブしててもよろける始末(笑)
結局疲れに追い討ちかけるだけで終了。
「あんなバカみたいなチューブフライ投げ続けなけりゃ良かった…」と後悔先に立たず…。
それでも昼までチューブフライを引き続けた自分を褒めてやりたい(笑)

帰りの車中、いろは坂の数コーナーしか記憶にありません…。

まぁまた時期のイイ時にリベンジかな?

[PR]
by camelhd | 2018-04-17 08:58 | Fly Fishing | Comments(6)

Wild-1 本流フライフィッシングセミナー第二弾!

昨年初のスクール講師を勤めさせて頂き、大成功に終わったWild-1主催の本流フライフィッシングセミナー。
今年もやります!
c0157482_15194001.jpg
昨年参加された方々何人もの方から、その後「凄いのが釣れた!」とか「飛躍的に魚とのコンタクトが増えた」等々、嬉しいお話しや写真を多く頂きました!
中にはオレよりデカイレインボーを釣った方も(笑)


内容は昨年とほぼ同様の予定です。普段から自分がやっている、経験から学んで得た『釣れるスイング』に的を当てていきたいと思ってます。
お手持ちのツーハンドロッドがあれば、お使いのラインシステムやロッドの番手にはこだわりません。それぞれに応じた流し方を説明していく予定です。
ただツーハンドロッドをお持ちである程度投げられる方が対象にはなりますが、本流初心者~上級者まで習熟度は問いません。説明していく中で細かく質問を受け付けますので、その都度ご自分の普段の釣りで気になる点や分からない点があればどんどんご質問頂いて説明していきたいと思ってます。

前回もそうでしたがとにかく『本流で釣る』ことにこだわった内容となります。
自分が感じる本流の一番の醍醐味『震えるような魚との出会い』を参加者の方々にもぜひ味わって欲しい。そのためにも現時点で自分が間違いないと思える本流で釣るためのノウハウは全部さらけ出します。




申し込みに注意点があります。
昨年は大変ありがたいことに予想以上の反響を受けて電話での申し込みだけであっという間に定員に達してしまったので、今回は電話での予約受け付けは行いません。
なので…
①今年は受け付け店舗(高崎店、多摩ニュータウン店、入間店の三店のみ)に直接行って申し込みが出来る方。
②昨年ご参加出来なかった方を優先。
と、させて頂きます。


昨年同様流し方はもちろん、メディアでは決して説明されていないような本流の釣りでは非常に大切なことも含めてのセミナーになると思います。
まだ2回目のセミナーで不馴れな点もあるかとは思いますが、参加者皆さまの熱い本流への思いを全力でお手伝いさせて頂きますので宜しくお願い致しますm(__)m






[PR]
by camelhd | 2018-03-23 13:20 | Fly Fishing | Comments(2)

6年ぶりの魚野川釣行

先週のまとまった雨であちこちの本流が増水。
利根川も天竜川も犀川もダメ・・・。

先週は今期初の犀川漁協に行ったのですが、ついて早々に雨に降られてあっという間に濁りが。しかも朝は暴風。結局満足に流せたのは2流しだけ。それでもその2流しで6アタリあったのですがキャッチ出来ず・・・。結局早々と終了してデコって帰宅。

なのでストレス溜まってたのもあって(笑)、濁りに強い本流と言えば魚野川!
水位とライブカメラを見てイケそうと判断。
まこっちさんに聞いてみたら「明日の魚野はベストですよ!」と心強い答えが。

ってことで魚野に決定!

いつものように4時頃出発して下道でって思ってたのに、目が覚めたらもう5時半!
釣りに行くというのに朝練にいく娘や弁当作ってるカミさんより遅く起きるという大失態(笑)

仕方なく高速で一気に小出まで。
昔日釣り券を買ってたコンビニが無くなってます(笑)。
ようやくコンビニを見つけて高い日釣り券とおにぎりを買い、小雪の降る中昔良く釣ってたランへ。
c0157482_08404006.jpg
せっかく雪の上を歩いてきたのに「何コレ?」って感じです。
まぁ6年もたってりゃポイントが変わるのは当たり前なんですけどね。

ですが水の感じはかなりいいです。
水温も測ってないけど今の魚野ならこんなもんでしょう。
c0157482_08455138.jpg
ちなみに雪の壁はこんな感じ。
c0157482_09011770.jpg
↑午後に撮った写真ですが、何も無い所からよじ登れる高さじゃないです。

さっさと見切りを付けて次のラン。
c0157482_12201203.jpg
非常にイイ感じなのですが何も無し。
若干増水なんでしょうか?いいピンポイントの区間が短い感じ?
それにしても景色最高です!

もう一か所絶対いいって場所を発見。
しかしイマイチ届かないし岸際もウェーディング出来そうで出来なかったり。。。

そうこうして3ヵ所目。
渡る橋から遠目に見えたランだったのですが、気になってたので雪上行軍。

増水の割にゆったり流れるランで期待できます。

まさに核心部。
ゆっくりスイングするラインテンションに『クンクン、グググ~!』
しっかりフッキング。
ちょっと手前を狙っていた時だったので手元の余ってたラインをすかさず巻きとって回収。
手前に来て見えた魚体はイワナ!
「これ絶対バラしたくね~」と思いながら慎重にネットイン!
c0157482_08511266.jpg
コンディション抜群のいかにも本流のイワナ!
そして何を食ってるのかこのお腹!
c0157482_08544539.jpg
パンパンです。おそらく小魚を食べてるんだと思います。この時期だから鮭稚魚かな~?

尾ビレも赤味がかってこれまたカッコいい♪
c0157482_08513631.jpg
まさか6年ぶりの魚野川で釣れるとは思ってなかったのでチョ~感動(笑)
しかもそれが雪代イワナ。もう大満足!


これをリリースしてそのまま歩いて下ってみつけたラン。

なんと入って直ぐに
『クン・・ググン!』 ときてそれっきり・・・・。
岸際で来たのと魚が小さかったのが乗らなかった原因か???

岸際で食ってきたのとフライを離されたのが気になって、それまでタイプⅢだったラインをタイプⅡにチェンジ。
そして核心部でした。スイング中盤・・・。

『クン、、、ククン、、、クン・・・・・・。クン、・・・・・。ク~~~~。クンクン・・・・・。クン・・・。』
って感じでず~っとアタってます。10秒以上は我慢したかな?
ラインテンションに微かな重みは感じたままになってるので「こりゃもう食ってるだろ?」と思ってアワセてみました。

案の定フッキング!
重量感からしてさっきのイワナと同じくらいでしょうか。岸際でフッキングしたので水没してる草に注意しながらファイト。
そして中盤まで寄せた所でまさかのフックオフ (||゚Д゚)

いや~、ヘコみました。さっき釣ったイワナが帳消しになるほど(笑)

もうそれから火がついたようにランガン。
c0157482_08583979.jpg
↑の写真の見えていない所まで!で、汗だくになって行ったらたいした所じゃない(笑)

唯一こんな小場所が良さそうに見えましたが反応ナシ。
c0157482_08592924.jpg
c0157482_09002379.jpg
帰りも自分の足跡をたどって帰ります。
ちなみにスノーシューは持ってません。ズボズボ埋まります。体力勝負です。

その後また昔良かったランにズボズボ歩いて行くもやはり見る影無し・・・(´Д`)

今のポイントを知らないので歩く時間が長くて釣る時間が短いという悪循環。

最後に選んだランは唯一歩いて来て良かったと思えるランでしたが、アタリ無し・・・。
さすがにもう足も限界ですが車に戻る途中、川を振りかえると夕日に照らされる真っ赤な山々が癒してくれました。
c0157482_11064526.jpg
6年ぶりで全く期待していなかった魚野川でしたが、終わってみれば3アタリ1キャッチ1バラシという悪くない結果。
しかもあんなイワナが釣れれば言うことありません。

この6年間でシステムもフライも自分自身も進化したと思ってます。
久しぶりの魚野川でその変化を感じてみたいという思いもあった今回の釣行。
やはり以前との違いを明確に感じられました。
一番大きな変化はポイントを見る目とそれに応じたスイングのさせ方。
やはり釣れる場所ってのはどこの本流でも同じような流れだし、増水してようが減水してようが魚が付いて口を使う流れってのはどこの本流も同じなんだと痛感しました。



ホント久しぶりの魚野川。かなり面白かったです!
またチャンスのある時にでも行ってみよう!
c0157482_08535996.jpg

[PR]
by camelhd | 2018-03-13 13:37 | Fly Fishing | Comments(2)

群馬漁協2018年券入荷

今年も年券販売します。
今年は赤です。
c0157482_08334831.jpg
多くの方が購入される年鑑札の雑魚が8000円。
購入の際には顔写真(縦3cm・横2.5cm)が必要となりますのでお持ち下さい。
営業日にウチのお店に来て頂ければその場でお作りします。
2/26,3/5,6,12,18,19,26は定休日となってますので宜しくお願い致します。
ウチの定休日しか行く日がない!って方はご相談下されば時間の空いてる定休日に利根川でお渡しします。(お店電話 027-372-0408)
ただ犀川や天竜川も行きたい時期なので、そんな時はご容赦下さいm(__)m



今年の放流予定表もあります。
c0157482_08331973.jpg
4/8からの放流ですがまだ冬季釣り場のC&Rの魚がかなり残っていると思いますので、少しは楽しめると思います。

まだ群漁管内を全て歩いていないのですが、昨年の大水でかなり変わった所もあるのでポイントを探す楽しみもありますね。
今年も楽しみましょう‼

[PR]
by camelhd | 2018-02-21 08:32 | Fly Fishing | Comments(0)

私的本流ツーハンドロッド考

たまにはロッドのことについて・・・。
ぶっちゃけロッドなんて自分のお気に入りを使えばいいんです。何だってイイんです。
一平じいさんだって『竿はしょせん手の延長。竿の良し悪しは、持ち手の腕の良し悪しによって決まる』って言ってるでしょ?
オレも全くその通りだと子供の頃から思ってます!
初っ端にこんなこと言うとこの記事は身も蓋もないんですが(笑)

なので個人的考えと意見ってことをお忘れなく!


前から書こうと思ってたんですが5月だか6月頃に愛用のスコットT3hを不注意(単に滑って転んでコンクリートにティップをぶつけただけですw)で折ってしまい、本国で修理を依頼していました。それが先月に戻ってきてようやく3本揃っての写真が撮れたのでupです。

昨年1年間メインで使用したお気に入りの3本。
c0157482_13383725.jpg
上から・・・

お気づきでしょうか?
最高でも番手が5/6。最長でも12ft。
昨年一年間、本流ではこれより上の長さと番手はホント一切使いませんでした。
(流石に鮭釣りでは#7~8クラスですが、それでも12ft以下の短いロッドです。)



ファイトもコネコでレインボーの65cm・ブラウンの66cmを上げてます。特に65cmのレインボーの時は結構早い流れでしたが全然余裕です。そりゃそうです。鮭の90cmを上げるパワーを持っていますから。
海外じゃ河川によってはこの辺の番手のロッドでスチールヘッドをやってる方もいるようだし。

ビューラーの11'3″#6はもちろん、スコットのT3h#4だって瀬の中で掛けた60cmのレインボーをこちらが一歩も動かないで寄せられるパワーを持ってます。

じゃあ飛距離は?ってことになります。場所によっては手持ちで一つ上のKⅡ13ft#6/7を使ってもいいような大場所ももちろん何度もありましたが、結局コネコで通してしまい、結果それで十分でした。
もし今13ft#6/7を使うシチュエーションがあるならば、川もそこそこ大きく人的プレッシャーも高くて毎回遠投の必要のある九頭竜川の一部のランとか、とにかく広い川で毎回遠投して釣りたい時とかかな?
まぁどのみちシチュエーションはかなり限られます。

自作のショートヘッドを使い始めて早10年以上。今やもう完成された域に達していて必要十分な飛距離を得られます。その結果が低番手化に繋がった一番の要因です。
たまにシンクティップも使いますがこれらも劇的な進化を遂げていて、数年前じゃ考えられない程の低番手でそれなりのサイズのフライをそれなりの距離までキャリー出来ちゃいます。
特にコマンドヘッドの出現は低番手化への大きな要因の一つですね。

低番手化のメリットは・・・
①軽い!
②ファイトが断然面白い!
③短いので(ロッドもラインも)キャストの際にバックスペースをより必要としない。
④スイングさせやすい
⑤バラシが減る
⑥フッキングさせやすい
⑦ランディングが楽
⑧静かに釣りが出来る
⑨バックハンドや左上手でのキャストがやりやすい
⑩日本のトラウト狙いとして総合的タックルバランスが良くなる(ティペット切れも少なくなる)
etc...

デメリットは・・・
①深くウェーディングした時にコンスタントな遠投が難しい

・・・と、思いつくデメリットは唯一これだけ。
しかしこのデメリットは自分のキャスティングの習熟度でカバー出来ると思います。
シングルハンドでも振れるよう設計されたスイッチロッドじゃなく、最初から両手で振ることのみを目的に設計されたライトなツーハンドロッドを使うことでも多少はカバー出来るかと思います。
もちろんきちんとしたキャスティングのスキルがあってこその話しですが…。

とにかく軽さと取り回しの良さ、そしてファイト。ここら辺が個人的には一番の醍醐味じゃないでしょうか。

特にファイト。
短い低番手になることによって魚とのダイレクト感っていうのかな?
早い流れの中で50cmを超える魚との低番手ロッドでのやり取り。これ味わっちゃうともう止められません(笑)



ちなみにこの3本。いわゆるライトツーハンドって部類ですね。
グリップ上部で揃えるとこんな感じ。
c0157482_13384503.jpg
それぞれグリップ全長が違います。

リールシート上部で揃えたリアグリップ部の写真。
c0157482_13385269.jpg
↓グリップエンドで揃えたロッド全長の違い。
c0157482_13385689.jpg
床の一枡が30cmです。

番手なんですがコネコが#5/6、 ビューラーが#6、スコットが#4となってますが、オレ個人の感覚的にはビューラーは#5くらいな感じ。
ちょうどコネコとスコットの中間的存在として重宝してます。
まぁこの辺のツーハンドの番手表示はAFTMA規格も無いし、各メーカーや個人の感覚の違いも大いにありますからね。

こんなロッドを使ってるもんだから使ってるラインも当然軽いです。
いつもの自作フルシンクショートヘッドですが、全長6mほどで全重量21g~16g(320gr~230gr)。スクールの時も参加者の方々に言われましたし、釣り場で会う知らない方にもオレの釣りを見て良く言われるのが『凄く静かで軽快そうに釣りしてる』って言葉。
こんな軽くて短いラインを角度変換も一発でシングルスペイキャストで投げるんだからそう見えるんでしょう。いや、実際チョ~軽快です!
もう時代はそこまで進化したってハッキリと言えるくらい。
きっと今のオレはヘビーなラインを何度も水面に打ち返してドカンと投げるなんて、めんどくさいし重いしでもう出来ない体になってると思います(笑)
注:初心者が11ft台以下のロッドを使用してシングルスペイキャスティングの遠投はチョッと難しい(と思う)。初心者はやはり13ft#7~12ft#6辺りから入るのがいいのかな?

でももっさりしたバンブーやグラスもそれはそれで楽しいですよね?
オレも好きでたまに使ってるのはご存知かと…。
友人でも「オレは長いロッドで釣りたいんだ!」って16ft以上もあるロッドで釣りしてるのもいます。その拘りもぜんぜんアリだと思います。
オレだってフローティングラインは昔ながらのフルラインのスペイラインに拘ってますし。(ちょっと脱線しますがそっち系も地味に進化してますよね。バリスティティックのベクターとかリオのシングルハンドスペイ。愛用のこの二つのラインはエアボーン系のスペイキャストの釣りでは特に秀逸と感じてます。)

話しを戻して…
みんな色んな拘りがあるから面白いんです。
だからロッドなんて結局好みでイイって冒頭で書いたんです。

ただ現在はラインも進化してそれに合わせて高性能な低番手ツーハンドもあって、オレはそんなタックルに凄~くハマってる感じ。。。
みなさんも機会があれば低番手ツーハンドを振ってみて下さい♪

[PR]
by camelhd | 2018-01-09 11:28 | Fly Fishing | Comments(4)

利根川 新春一発目

明けましておめでとうございます。

元旦、早朝からみんなでキャス練。元日のも関わらず、アホな仲間が7名ほど・・・。
しかも結構な風。

なぜか急に昨年末から仲間内でスペイラインのロングベリーが流行りだして(笑)
でも久しぶりに振ると楽しいですね♪

流石に元日は川もそこそこにして家族で初詣行ったり買い物行ったり。


翌二日。

この日もキャス練するって言うんで利根川へ。
前日以上に爆風でしたが前日キャス練しながら気になってた流れがあったので、この日はウェーダー履いて釣りを。
不注意でティップを折ったスコットが修理からあがってきたこともあって使いたかったんですよね~。

ちょっと上流から流し始めて「この辺からかな?」って所に差し掛かって数投目。
スイング中盤に『ジワ~』っとラインが止まる感じ。「これ魚だよな?」と思って待ってたら・・・
『グン、ググン!』 「キタ!新春フィ~ッシュ(笑)」

途中数回のジャンプを堪えてネットイン。恐らくハコスチでしょう。
c0157482_10235582.jpg
しかもお腹がパンパン!
c0157482_10235942.jpg
最後の放流からしばらく経ってるし、餌の少ないこの時期に何食ってるんでしょうね~?

まだ釣れそうな感じもしましたが、キャス練もしたかったので終了。
釣り自体は30分もしてないかな?(笑)

でも爆風で練習っていう練習にはなりませんでしたが(笑)

とりあえず新年一発目の釣りでいい魚が釣れて、今年もいいスタートが切れました!



しかも翌日・・・
c0157482_10234233.jpg
年末に配っていたイオンの福引券。なんとビックリの2等をゲット!

今年も引きの強さが続くとイイなぁ~(^^)


皆様今年もよろしくお願い致しますm(__)m
c0157482_12042383.jpg

[PR]
by camelhd | 2018-01-05 12:32 | Fly Fishing | Comments(4)

KⅡユーザーミーティング&利根川

今年も行ってきました、KⅡユーザーミーティング。
c0157482_13042248.jpg
こちらからは番長さん・MYSTさんとオレで一緒に現地へ。少し早く着くとなんと激しい雪。
気温も低く一時は前が見えない位の降りでしたが、始まる頃には↑の写真のようにイイ天気に♪

まずは川上さんの挨拶があり、その後は川上さんのデモから始まりました。
c0157482_13042814.jpg
最初はシングルハンドスペイです。
ちょっと前に発売になったKⅡ-Bonny Lynx The tamer 9ft 10in #6/7 210~280gr Utility を使用してのデモです。
c0157482_13043382.jpg

最近は低番手のツーハンドを使用しているのでシングルの使用機会も減ってましたが、川上さんのデモを見ていたらその軽快さにまたシングルハンドで釣りをしたくなりました。
最近は低番手のスペイ系ラインが充実してるので、ロッドとのマッチングさえ上手くいけばツーハンドにも負けないような距離も出せます。

この後にこのロッドを振らせてもらいましたが、シングルハンドでスペイをするのには最適な感じのロッド。
#7なんですが多くのこの番手辺りのロッドはバットが強すぎてスペイをするにはタイミングが難しいのですが、このロッドはちゃんとバットも曲がってくれるのでタイミングが取りやすく、かつパワーも兼ね備えた感じの竿でした。


フリータイムとなってからはバリスティックさんやティムコさんからお借りしたいくつものラインや、参加者の方々持参のラインを振らせて頂きました。
c0157482_13043937.jpg
見ていて思ったのは、皆さん上手い!
バリスティックのベクターXLなんかのロングベリーをキレイに投げてます。

最近たまに湖に釣りに行くとキャスティングがイマイチな方を結構見かけます。一昔前ならチョッとでも打ち返しをしようものなら怒鳴られたと思うのですが(本流も同じでしたよね)、今は水面を使うキャストが普通になって少々バチャバチャやっても誰も文句を言わないのでしょう。
湖がド素人のオレなんかは周囲の方々に凄く気を使って、オーバーヘッドの人より静かに釣りしようとしてるのがバカらしく思えることも(笑)

しかし今回参加の皆さんは上手い方々が多かったので見ていて気持ち良かったです!

あと今更かもしれませんが、アトランティックサーモンショートはいいですね!


お昼は川上さんがお弁当を用意してくださり、美味しい豚汁も♪
ちょうど風の強い時だったので写真がありません。スミマセン・・・。

午後は恒例となったKⅡユーザーミーティング恒例のコンペ。
c0157482_13044881.jpg
豪華賞品に鼻息荒い方も見受けられます。いや、それはオレ?(笑)
福島のIさんが恐らくこのミーティングコンペ史上最長距離を投げます!
「こりゃ優勝は無理だな~」と思って投げたオレの1投目。
風にも助けられなんとIさんの距離をオーバー!

昨年は準優勝でしたが今年は念願の初優勝!
c0157482_13044306.jpg
川上さんからKⅡオリジナルシャツ、K‐River’s小西さんからは貴重なマテリアル&キャップ、そしてファミール柴田さんからリンゴ一箱!
素晴らしい商品の数々を頂いきました。

主催の川上さんをはじめ参加者の皆様方、お世話になりました!
また来年も楽しみですね(^^)




で、翌日は利根川へ!
c0157482_15050848.jpg
朝はメチャクチャ寒かったです。
こりゃ朝イチはダメかな?と思った通り何も無し。

ただ過去の経験から2流し目は何かあることが多い。
先週も行きましたが2流し目にバラしてます。

やはりイイ区間に差し掛かったところの回収リトリーブで「ドン!」 しかし直ぐにドバドバっとされてバレました。

その後は何も無くお昼直前。
一流しして何も無かったんですが、何とな~く気になって確信の15m程をもう一流し。
そしたらスイング中に『コン、ググン!』と来てそれっきり。
同じ立ち位置で間髪入れずに再キャスト。
したらもう一度『クン、ググン!』 「キタ!持ってけ!」と思ったら・・・『ギギギ~~~!ドバ~ン!』

いいハコスチです。
数回走られ跳ばれてようやく手前まで誘導。ネットを抜いて寄せにかかったところで『プン・・・』 「え”~~~マジで~~~???」
せっかくのチャンスが(泣)


夕方までやって小さいアタリが数回のみ。
c0157482_15052350.jpg
久々デコりました・・・。


先週も行きましたが何故かハコスチじゃなくて子ニジのみ。

今年のハコスチ、意外と簡単じゃありません。
毎回掛けてはいるのですが、食いが浅いのかバーブレスのせいなのかバレが多い。
口を使わせるのも難しいです。

年明けも魚は残ってるでしょうからリベンジ行きますよ~!

[PR]
by camelhd | 2017-12-20 15:24 | Fly Fishing | Comments(2)

利根川冬季釣り場(後期C&R)

台風の影響で休業だった冬季釣り場。
先週末より再開されました。そして初の試みでもあるC&Rです。
c0157482_13150259.jpg
なんとステッカーも頂きました。せっかくなので何かに貼りましょう(笑)
ステッカーよりも券が変わりました。これイイです。
何がイイって切れません。
先日の丸沼なんぞは爆風だったこともあり気がついた30分後には券が千切れて無くなっていましたから・・・。



利根川の濁りは落ち着いたものの水量は多いです。
初回の放流は100kg+30kg。
魚自体が大型なので数にしたら少ないはず。しかも水量多めなので魚の密度も薄い上に狙いにくい。
毎年初回の放流後はイマイチなので期待せずに向かいました。
c0157482_12481695.jpg
c0157482_12481021.jpg
管理棟前からの写真ですが鉄骨は完全埋まってます。
流れを見る限り大増水で若干変わったようです。3~4年前に戻った感じ。
個人的には嫌いじゃありません。


朝一番に入れば何かあるだろ?と考え、一番で入ります。
案の定核心部で『ゴン!』 しかし乗りません。

もう一度流します。
またも『クン、ゴン!』 乗らず・・・。

さらにもう一度。
またも『ゴン!ゴゴン!』でお終い・・・。


その後はアタリ無く、小移動。
そちらでも小さいアタリが。

フライは大きめのチューブフライのストリーマー。
たぶん小さいフライの方がいいんだろうな~、と思いつつも今後のことを考え、カエシを潰してバーブレスにしたくなかったので、そのままチューブフライで継続。

何度目かに明確なアタリ。
下流に流れ切ったところで『クン、ククン、クン・・・ククン、クン・・・』
全然持っていきません。5~6秒待って乗ったかな?と思ってアワセるといい重量感!
しかし直ぐにバレました。

そのうちかなり暖かくなってきました。
明らかに雰囲気が変わった感じ。
たまたまオレの前を流している釣り人もいない。
「このターンで釣れそうだな!」と思い、ミスの無いように釣り下ります。
丁寧に流すと先ほどバレた辺りで『クン、ゴゴン!』
しかし軽い・・・。
キャッチしたのは・・・
c0157482_12491236.jpg
なんと大増水前に放流されたであろう小ニジ。
ハコスチではないと思うのですが(笑)

で、これをリリースして浅く早い流れがありました。
陽射しも強くなってきたのでフライをチェンジ。
「この陽気ならココかな~?」と集中して釣っていたら・・・
『ククン、クン・・・グググ~~~!』
フッキングさせるといい重量感!

すぐに水面から『ドバン!』  ナイスサイズのハコスチです。

しっかり竿を曲げながらプレッシャーをかけてるとまた『ドバン!』 さらに『ドバドバン!』とジャンプ!

相変わらず派手なジャンプで楽しませてくれます。
キャッチすると結構な太さのハコスチでした!
c0157482_12491959.jpg
測らなかったけどサイズは50cmチョイですかね?
c0157482_14404081.jpg
長いダッシュこそなかったものの派手なジャンプはドキドキします。
しかも久しぶりにバンブーだったのでネットインしようとしたけど、魚が重くて折れそうだったので岸に寄せました。

ちなみにフライはWILD‐1さんのイベント時に限定で作ってもらった「Camelグリーン」のゾンカーを使ったチューブフライ。
晴れた時には抜群に効きます!

↓K林さんに撮って頂いた動画です。




お昼を食べて午後は探索がてら足を使ってアチコチへ。

かなり流れも変わってるのでその調査も兼ねて動きます。
午後は竿もコネコに変えて釣りしたらメチャクチャ楽です(笑)

そのうちここ良さげと思ったところをスイング中に・・・『クン、ククン、クン、クン・・・ググ~』 ときてフッキング。

これまた同じようなサイズのハコスチ。ジャンプとダッシュを繰り返しやっと手前に寄ってきました。ネットを準備して寄せに入るとまたダッシュ。こんなのを3回繰り返し、ようやくネットを差し出して寄せにかかったところでフックオフ。

あと2mくらいだったのですが・・・。
バーブレスにしてたの忘れてました(笑)

夕方までやったけどその後は小さなアタリが2回で終了。



まだまだ放流魚の数が少ないので難しいです。
しかし魚はスレてないので上手く流せば口を使う可能性大です。
ただいかにも放流魚らしいアタリ方をするので我慢しないとダメです。フライも多分小さめの方がいいような気がしました。

今週の土曜日にも追加放流があるのでもっと楽しめるようになることでしょう。
C&Rなので確実に魚は残りますしね!


そうそう、漁協の受け付けに凄い兵器が・・・
c0157482_12483696.jpg
カワウ迎撃システムPAC3と呼ばれてるそうです(笑)
これまた優れもので発射角度調節機能も!

漁協組合員の方々、発射台を自作している方々が多く、アルミパイプを改造したコンパクトなタイプを携帯されている方も。
オレもカワウ迎撃ミサイル発射台を自作してみよう♪


[PR]
by camelhd | 2017-11-14 14:08 | Fly Fishing | Comments(6)

タナゴ釣り&チョロっと利根

今週は連休でした。しかし利根の冬季釣り場も休業。犀川も釣り出来なくはないけど水位高いまま。

で、月曜日はチョロっと利根川へ。
水量は多めながらも色的にはイイ感じ。「これなら釣れんじゃね?」ってことで、冬季釣り場が休業中なのでエリア外で竿を出してみることにしました。

とは言え、あの大増水の後・・・。果たして魚がいるのか???


この水位ならココ!って所にエントリー。
大増水で若干変わって入るものの大丈夫と判断。
核心部は何もナシ。「やっぱ魚いなくなっちゃったん?」と釣り下ると浅い場所で『グググン!』

スイング中の大きめストリーマーをガップリ食ってきました!
c0157482_12320923.jpg
色が白っぽくなってます。小さいですが大増水を無事やり過ごした魚です。
ちょっと感動しました。

その数投後にもまたアタリ。しかも乗らなかったけど3回連続。
そのちょっと後に・・・
c0157482_12321777.jpg
似たようなサイズだけどこれもガップリ。
直後にも一匹追加。

ほんの30分間で6アタリ3キャッチ。
魚が残ってることに一安心しました。

で、釣れたら腹減ったのでうどん(笑)
c0157482_12364678.jpg
なんと並盛り+かき揚げで309円!

友人一押しのうどん屋さんなんですが凄く美味しかった♪

食後は他のポイントを一流し。
そっちは2アタリ2キャッチ。同じ様なサイズでしたが、結構魚いる感じです。



翌日の火曜日。
実は一人でワカサギ釣りに行くつもりでした。
餌のサシも買って準備済みでしたが、前夜にNさんから「タナゴ釣り行くけど行く?」てお誘い。

ワカサギ準備しちゃったけどみんなでタナゴ釣り楽しそう♪ってことで急きょタナゴ釣りへ!

メンバーはNさん、MYSTさん、まこっちさんとオレ。
釣りってことに関してはある意味完全にダメなメンバーです(笑)

MYSTさんがタナゴ釣りの道具を持っているので全てお任せのおんぶにだっこです。
竿を借りて・・・
c0157482_12431086.jpg
ちっちゃい針の仕掛けもセットしてもらって・・・
c0157482_12431606.jpg
餌も作ってもらって(笑)
c0157482_12432295.jpg
みんなで釣り開始。
c0157482_12433536.jpg
↑オレ凄く前のめり(笑)

いや~、やってみると繊細です。
c0157482_12462677.jpg
餌はグルテンなんですが、餌を付けるのさえ難しい。

タナの調整や投入場所によってはエビの猛攻に合うし・・・。

「キタ~!」って思ったらクチボソだし(笑)

しかし徐々にコツを掴んでタナゴも釣れるように。

それでもNさんはオレがたまたま釣ったエビみて「エビカッコいい~!」を連発。
タナゴそっちのけでエビやザリガニを狙ってます(笑)
c0157482_12504424.jpg
それはそれでなかなか釣れなくて面白いんですが(笑)

途中チョッと移動したらそっちは大型のタナゴばかり。
数も釣れましたがタナゴ釣りは大型じゃなくて小型の方が重視されるんですよね。
それでも初めてなんで、釣れれば嬉しいです。

お昼も忘れるほどに集中して釣りしてたくらいですから(笑)
c0157482_12555610.jpg
結果思ってたよりも釣れて大満足!
c0157482_12505195.jpg
タナゴってキレイですよね~♪
ヤマメやイワナとは違ったキレイさがあるって言うか・・・。

まこっちさんは小さいタナゴばかり。
c0157482_12505709.jpg
たぶんこの日の竿頭。この人何釣りやっても上手いんだよな~。


それにしてもタナゴ釣りがこんなに面白いとは!
小学生の頃、埼玉まで連れて行ってもらって釣ったことはあります。
でも高崎辺りだとタナゴっていないんですよね。昔オレが小学生の頃は少しいました。ビンドなんかで数匹獲った記憶があります。
それでも当時でさえレアな魚。なので高崎辺りに住んでる身としてはタナゴって憧れの魚でした。

現場で会った常連のおじさんは道具の全てが自作。
竿はもちろん仕掛け入れや、なんと針まで!
そういうのがタナゴ釣りなんですよね。
何か趣味として洗練された世界って感じを受けました。

とりあえず道具を用意して川がダメな時に行けるように備えとこうかと(笑)

[PR]
by camelhd | 2017-11-10 13:07 | Fly Fishing | Comments(6)

大荒れの丸沼釣行

全く釣りに行けてません・・・。
最後は前回の犀川釣行。
あっ!一度群漁の冬季釣り場へ行きましたが濁ってきちゃって2時間後には撤収。不完全燃焼な感じ。。。

今週も台風で本流は完全アウト。
ワカサギ釣りでも行こうかと準備してましたが、山方面は雨。

「また行くとこないよ~。何しよう?」って考えてたらバイク屋さんが丸沼に行くそう。
「台風通過後で爆風なんじゃん?しかも午後は雪予報だよ?」って聞いたら、「先週の台風通過後も行ったから大丈夫!何とかなるはず!」って言葉に騙されて3人で・・・

現地に着いたら・・・

爆風です!

しかもミゾレが・・・。
個人的にはただでさえテンションの上がらない湖。着替えるのも嫌です。

仕方なく着替え、先に来ていた友人2人と合流。
この2人、この悪天候の中を嬉しそうに発券30分前から並んでます・・・・。

そしてこの2人は真正面からの爆風を受ける流れ込みへ。
オレは顔にミゾレを受けながらは絶対嫌だったので一人で牛舎方面へ。

とは言えこっちも爆風。斜め風下にしか投げられません。
c0157482_12565815.jpg
↑風が若干落ち着いたタイミングで撮影。
寒いのも嫌だったので水面ギリギリに頭を出していた切り株の上に立って釣りします。

普通の放射角度でキャストするとラインが岸に落ちてしまいます。なので低めの放射角でキャスト。
あまりに凄い突風で吹き飛ばされて切り株から落っこちること数回(笑)
ここまでの体を持って行かれる風って一年の中でもそう経験するものではありません。
この風とミゾレは荒川の鮭釣りを思い起こします。

一度50cmはありそうなのが掛かりましたが、ファイト半ばでバラシ。

「いつ帰るんだろ?」って考えながら(笑)、釣りしてると何だかアタリのようなのが数回。
爆風もあるし湖経験の少ないオレは「ボトム?アタリ?」とよく分かりません。

そのうちまたも微妙な違和感。一応合わせると何か付いてます。
しかし横からの爆風で良く分かりません。

魚だと認識したのは半分位手繰ってから(笑)
c0157482_12570543.jpg
小さいながらもキレイなニジマスでした!

って言うかこの天候の中で釣れたことにビックリ(笑)

7時半頃だったんですがもう帰ってもいい気分。
友人たちは頑張ってますがダメな模様。

しばらくすると隣でやっていた方が一匹釣られました。
この悪天候の中やっている同士としてかなり励まされます。
(この方、後に同じKⅡロッドユーザーの知り合いだったことが判明。流石です!)

休憩をはさみながら釣りしますが、そのうち爆風が強風くらいに若干弱まってきました。
その代りに雪が強くなってきます。
c0157482_13104926.jpg
気温も明らかに朝より低いです。
ずっと同じ切り株の上でやってましたが一匹釣れてからはほぼ何もありません。
どうやら朝イチのボトムみたいな感触はアタリだったようです。


ずっと正面の流れ込みでやってた友人も諦めてオレの隣へ。

そしたらなんとニジマスキャッチ!
続いてもう一人の友人もキャッチ!

さらにその2人はその後同時にダブルヒット!
朝イチに並んだ苦労も報われたことでしょう(笑)

しかしいい加減手が限界です。感覚がなくなってきました。
2時過ぎまでやって帰ろうって予定でしたが、もうダメ・・・。
c0157482_13105578.jpg
それでも1時過ぎまでやりました。
周囲はいつの間にかすっかり雪景色。
c0157482_13110155.jpg
ウチら5人以外には誰もいません。

手が痛くて動かなくて着替えるのにも一苦労。
暖かい缶コーヒーがこんなにシアワセだとは(笑)

気分的にはまだ秋だったのでいきなりこの天気には体がついていきませんでした。
外気温は-2℃。しかし風も強かったから体感温度的には-10℃くらいな感じ。
真冬の犀川よりも寒い感じがしました。。。



丸沼から上の金精峠は何だか分かりませんが規制かかってました。
帰りの道中、たぶん大尻沼の横辺り。
c0157482_13110679.jpg
丸沼へ行かれるみなさん、スタッドレス必須です。

オレ?もうしばらく湖は行きません(笑)

[PR]
by camelhd | 2017-10-31 13:33 | Fly Fishing | Comments(4)