人気ブログランキング |


 群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
釣りネタ
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
アンパラなブログ フ...
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野フライきちがいのブログ
ブラッドノット/岡田裕師...

最新のコメント

ヤスさん、こんにちは。 ..
by camelhd at 09:14
鍵コメさま、ありがとうご..
by camelhd at 09:09
camel様 早速、画..
by ヤス at 23:13
ヤスさん、こんにちは。 ..
by camelhd at 09:37
続きです(最後になります..
by ヤス at 23:45

以前の記事

2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:Fly Fishing( 370 )

フライフィッシャー誌 & カテゴリー追加

皆さまどうお過ごしでしょうか?
道具の手入れやYouTube、フライフィッシャーならばタイイングに勤しむ方々も多いのではないかと思います。
オレも久しぶりにたくさんフライを巻きました。
と言ってもチューブが10本、その他を5本だけですが(笑)

最近はほとんど同じ用なフライパターンばかりです。その3パターンほどを使い分けてる感じ。内一つはこんな感じ。
フライフィッシャー誌 & カテゴリー追加_c0157482_11364406.jpg
キャメルレモンの実績フライ。
使い勝手も考えてあります。

ただそれらを使い倒していると、もうちょいこうした方が?的考えが出てきますよね。そうやって進化していくのでしょうね。

で、昨晩もこんな感じなのを…
フライフィッシャー誌 & カテゴリー追加_c0157482_09210011.jpg
なかなか悪くないと思います。いや、むしろ絶対的に釣れるかと(笑)

でも新しいのを巻くと早く試したくなっちゃいますね(^^;


それと今月発売のフライフイッシャー誌に、昨年の犀川での取材が掲載されました。
フライフィッシャー誌 & カテゴリー追加_c0157482_09245099.jpg
主にインタビュー形式の記事です。スクールに参加されたことのある方々は聞いたことのある内容かとは思いますが、改めて自分で読み返してみるとなかなかイイ事言ってます(笑)

補足的になっちゃうけど、ウェットの解説のところで"ウェットが自分の中で特殊な釣り"と言ったのは、今のオレの段階では特殊な状況下でないとウェットを使ってデカイのやイイ魚を狙って釣れないからです。
ウェットを使って常時デカイのを狙うってのは、今のところオレにはかなり無理があります。
でもウェットはめっちゃ大切ですからね!

取材の時もかなり虫が出ていました。
今思うとあの時ウェットを使っていればもっと楽に釣れたでしょう。だけどあのイイ魚は釣れなかったかもしれません。
釣れた後にもう一流し、今度はウェットで流してみれば良かったんですよね。あの時は写真撮ったり何だかんだで、釣れたことにより取材のプレッシャーから解放されてそんな事も忘れてました(笑)
そういった事も踏まえて読んで頂くとより楽しめるかと思います。


更にこのブログの釣行記以外の釣りに関する技術やちょいネタを、探しやすいように『釣りネタ』として新たなカテゴリーを追加しました。
このブログで毎日アクセスが上位に入る『スイング』や『私的必殺フライ バーバーラーバ』、『ロッドインプレッション スコットT3h』、『私的本流ツーハンドロッド考』等々をまとめてみましたので、釣りに行けない方々の暇潰しにでも読んでみてください。

何年も前の記事がほとんどですが、基本的な考えは今も変わってません。特にスイング辺りに関しては。
フライフィッシャー誌 & カテゴリー追加_c0157482_11232790.png
携帯からだとトップページの上に表示される、↑の赤丸で囲んだカテゴリーってところを押すところから入ると表示されます。

他にも釣りネタカテゴリーに入る物もあると思いますが、遡って探してみます。何せ13年分もの記事があるもので…。



by camelhd | 2020-04-21 09:12 | Fly Fishing | Comments(6)

釣りに行くべきか行かないべきか…

ちょうど前回犀川に行った帰り、国の緊急事態宣言が発表されました。
釣りに行くべきか行かないべきか…_c0157482_11094436.jpg
それまで自分も人との接触を避けるように、家からノンストップで川に行き、誰とも近寄らないように釣りをして、またノンストップで家まで帰るという釣りをしていました。

まぁ川で釣りしていれば人との接触はないでしょうから、確かに感染の確率は限りなく低いとは思います。3密とは程遠いですからね。
しかしゼロではありません。偶然誰かと出会って話をしてなんてこともなくはない…。行き帰りの道中でトイレに寄りたくなってコンビニとかに寄るかもしれない…。
そう考えると外出自粛要請が出た以上、釣りに行くのもちょっと気が引けちゃいます。緊急事態宣言が出されている指定都道府県の方々は尚更ですよね。

釣り関係の動画やSNSを見ていると皆さん様々な対応です。
『しばらく自粛します』なんてのがほとんどですが、中には『釣りなんてあり得ない!』とか、それらとは真逆に『イイ時期なので人に会わないようにして行ける人はどんどん釣り行きましょう』的なのも…。

これらを見て思ったのは『自粛します』的な個人的宣言は全く気にならないし、それはそれで全然イイのですが、ネット上で他人に向かって『釣りなんて今は自粛すべき!』とか『人に会わないように釣りに行きましょう』的なのはどうなん?と…

確かに安全に釣りに行けちゃう人もいるんです。釣り場が家から近い人とか、万全の準備をして人と会わずに釣り出来るような人とか。
逆に行きたくても家族のことや仕事のことを考えると行けない人も。

そういうのを引っくるめて考えると、他人に釣り自粛を勧めたり釣りに行くのを勧めたりなんてことは自分には決して出来ません。
皆さんそれぞれの考えや立場、都合なんかがあるんです。
なので行くか行かないか決めるのは皆さん自身です。
それをネット上で個人が個人の釣行についてどうこう言うのはお門違いのような…。
何かのイベントの主催者に言うのならまだ分かる気がしますが。
あくまで自分自身の考えです。

まぁかなり判断の難しいところではあります。
個人的には釣りに行きたくても行けない方々の気持ちを考えると非常に心苦しいものがあります。それを考えると行きたくても行けない人がいるのに呑気に釣行記をupするのもいかがなものかと…。
なので釣りに行くかどうかは別として、このブログの釣行記のほうはしばらくお休みしようかと考えています。
それに釣行記をupして万が一正義感ぶったアホなやつに文句言われても嫌ですからね。実際、既にそういうのを見かけてます。ちなみにそういうのを正義中毒って言うらしいです(笑)

直ぐにまた釣行記を再開出来るようになればイイですが、現在の状況からしてこればっかりは分かりません。ひょっとしたら自分の気持ちや考えが変わるかもしれません。それが一週間になるのか一ヵ月になるのかも分かりません。
その代わり釣行記以外の何か(ちょいネタ等も)でブログを更新出来ていければと思ってます。

そんな感じですので、皆さま宜しくお願い致しますm(_ _)m


あっ!全く関係ないんですが…
何とな~く興味があって2月の初旬頃に書いた写経です。
釣りに行くべきか行かないべきか…_c0157482_10515635.jpg
↑まだ一枚目でかなり雑なのはお許しください(笑)
セットで買ってそれに付属の筆ペンですが、最初の取っ掛かりとしては十分に楽しめますし、かなり没頭出来ます。最初は一枚書くのに一時間位かな?
念のため私は全くの無宗教ですので…。

お手本を元に自分の字体とは全く違う字体で書くのは、たかが字と思っていたのですが、筆使いも含めこういう書き方もあるんだ…と勉強になります。そういった新たな『気付き』がひいては釣りにも人生にも通じるものがあるのかもしれません。それによって更に大物が釣れることになるのかもしれません!
いや、嘘です。ないですよ。きっと(笑)

休日に外出出来なくてフライを巻くのにも飽きてホントやる事ないという方にオススメです。
ただ何とな~くタイイングと似てるなぁと思ったんで、余計フライを巻きたくなくなるかも(笑)

by camelhd | 2020-04-13 22:59 | Fly Fishing | Comments(6)

天竜川(2020年 3回目)

3月に入って群馬県や新潟県の各地の川が解禁しました。
友人達も解禁日の魚野川へ。それぞれイイ魚を釣ったりバラシたりして、オレも魚野川に行こうか犀川に行こうか天竜川に行こうか迷ってました。しかも用事があるので夕方には家に帰らないといけません。
ただここ二週連続で天竜川に通って、かなり見えてきたことがありました。どうしてもそれを確かめたかったんです。なので「朝イチだけでも何とかなるんじゃ?」と思い、昼頃までの釣りにはなるけど、天竜川に決定!
どうにもならなければそれはそれで諦めがつくので(笑)

朝イチは遡上系狙いでギャンブル。
天竜川(2020年 3回目)_c0157482_11405705.jpg
まぁ当然何も無し。
にしても遠くの山に雪がないですね~。


2ヶ所目。
狙いの場所です。
一ヶ所だけピンポイントでイイ場所があります。
天竜川の割には重い流れの場所なので、ラインはtypeⅢ。
フライは前回良かったキャメルレモンのゾンカー。

「まぁここで何も無かったら今日は何も無しだな…」って感じでイイ所をスイングさせてると…

『グン!グン!……グ、グイ!グンググ~!』 「ヨッシャ!きた!」
めちゃくちゃいいアタリ方、しかもデカイ!
かなりの重量感でグリップまで曲がります。
こっちもそれ相応のテンションを掛けて対応。
ちょうどそこから下流は流れの速くなる場所。下られたら連れ戻すのはかなり無理があります。なので強気のテンションでやり取りをしますが、それでも『ギギギギギギ~!』っとラインを出され速い流れに。
「うわ~、これヤバいかなぁ?」なんて思いましたが、しっかり針掛かりしてることを期待して、少しずつ上流に連れ戻します。
途中一度だけ派手にジャンプ!「うわっ!デカ!」
立ち位置も流れの速い場所だったので、連れ戻しながら上流に10mほど歩きます。

時間を掛けて手前に寄せてきましたが、そこからもなかなか寄せきれません。
寄せては出されを3回ほど繰り返しやっとこさネットイン!
「ヨッシャ~!!!」
天竜川(2020年 3回目)_c0157482_13005865.jpg
天竜川らしい見事なレインボー!
大きさもさることながら、最初に感動したのはその色合い。
天竜川(2020年 3回目)_c0157482_13040600.jpg
似たような写真ですが、角度を変えるとこんなにキレイな色合い。
更には背ビレの大きさ。
天竜川(2020年 3回目)_c0157482_13053578.jpg
鮎の背ビレを彷彿させます。
もちろんこのサイズですから太さもあります。
天竜川(2020年 3回目)_c0157482_13074012.jpg
片手じゃ持てないくらいでした。

大きさも美しさもファイトも釣りたかった『イイ魚』!
しかも狙い通りのポイントで狙い通りの釣れ方。狙い通り過ぎて嬉しさ通り越して気持ち悪いくらいです(笑)

もう気分的には帰ってもイイくらい。
このまま犀川まで行って釣りして帰ろうかと思ったくらいです(笑)
でもせっかくなので他のポイントも。
ところが入りたかった場所には先客がいたりして入れません。
なので違うランをやったりしますが、イイ所を流しても何も無し。
天竜川(2020年 3回目)_c0157482_16355948.jpg
結局昼頃過ぎまでやったけど他にアタリもありませんでした。

石をめくると虫は結構います。流石天竜川です。
天竜川(2020年 3回目)_c0157482_17072187.jpg
ハッチもちらほらあったので、もうちょいすれぱ状況も変わるはず。

今回はワンチャンスを上手くモノに出来ました。
何かあるかとは思ってましたが、あんな凄いのが出てくれたのはラッキーです。やり取りもあの流れを完全に下られたらアウトだったでしょう。大きさに怯むことなく強気のテンションで抜かりなくやれたのも無事キャッチ出来た大きな要因です。

一昨年に凄いのにやられ、今年の解禁日にデカイのにやられ、何故か天竜川でデカイのを掛けても2度も外れてました。
このサイズになると外れることはあまりないんですが、何故か天竜川では外れる(笑)
今回もネットインして撮影場所まで移動して、手始めの証拠写真を2枚撮ったら外れてました。まぁ結構強いテンションでファイトしたから針穴も広がってたんでしょう。

何はともあれ、とりあえずはキャッチです♪
魚影の薄い今年にこんなのが釣れたのも満足ですが、読みが当たり自分の釣りを貫いて凄いのが釣れた満足感が一番大きいかな。

またどこかの本流でこんなの釣りたいなぁ(*´-`)
天竜川(2020年 3回目)_c0157482_16385124.jpg

by camelhd | 2020-03-04 09:32 | Fly Fishing | Comments(2)

天竜川(2020年 2回目)

解禁日から一週間。
それまで増水と減水を繰り返し、合間の減水にはポツポツと釣れてはいたようです。
その後も増水して昨日の月曜日は平水へ。もう期待度MAXです!

前回早く着きすぎたので、今回は2時半出発。それでも現地には5時頃到着。
ちょっと仮眠しようと、某駐車場に行くとそこには前日入りして車中泊してるボブが(笑)
しかももう灯りをつけて起きてます。
聞くと昨日の午後に到着。川の状況はおそらく今日が最高だと。

少し仮眠してからちょっと早目に狙いの場所へ。
この日は放射冷却で朝イチは寒かったです。
直ぐにガイドも凍ります。
寒い中で氷を取り除きながらやってたとき。
90度にキャストしてテンションフリーで沈めてスイング始まってちょっとした時…
『グ~』 「ん?何かに根がかった?」
そのままにしてると『ゴンゴン!』 「魚だ!」
スイング始まって直ぐってこともありそのままファイト。
いきなり下流に走りロッドを絞りこまれます。「デカイ!」と思ったらいきなりフックオフ…。
あまりに一瞬で「何今の???」

その後はホント何も無し。
あちこち流すも何も無し。
だけどボブからは…
天竜川(2020年 2回目)_c0157482_10384008.jpg
50cmにちょい欠ける見事なレインボー!
同じランを二流し目で釣れたそう。
見事にワンチャンをモノにしました。

焦りながらもあちこち回るも何も無し…。
天竜川(2020年 2回目)_c0157482_10442881.jpg
雰囲気イイんですけどね。

人も多く入る場所も限られます。

小場所で二度とアタリましたが、明らかに小物。

天竜川(2020年 2回目)_c0157482_10524888.jpg
水量もあって天竜川の割にはクリアです。
あちこち移動して、天竜川の釣れる特徴満載の場所を見つけました。ちなみに昨年の大水で結構変わってるんで、ポイント探索も大変です(´-ω-`)

イイと言ってもこれまでの反応の渋さから期待してません(笑)
そのランの半ば。結構ガンガンの中でスイングして直ぐ『グ…、ゴン!』 「キタ!」
これまたイイサイズ。ところがこれも直ぐにフックオフ…。

もう何が何だか(笑)

その後、今年実績のあるポイントや今日アタリのあったポイントを幾つか回るも、やはり小物の1アタリのみ。

もうイイ加減ヤバいです。

最後に2度目にバラシたポイントへ。
かなり期待して流すも何も無し。
もう太陽も山の影に。
「あ~、終わったな…。ブログも今回は無しだなぁ。」と思ってました。

だけどまだ明るさはある。
移動する時間もないからもう一流しだけ、と思ってイイ所だけやることに。
ちょうどその頃ボブが来ました。
もうウェーダーも脱いで帰り支度です。
「粘りますね~。」
「ちょっとここだけやったら上がるよ。」なんて会話しながら、フライをキャメルレモンのゾンカーに。

「この辺なんだよなぁ。」と話しながら釣りして、「天竜でボウズは今日で2回目だよ…」なんて話してました。

あと数投で終わりそうな時、スイング後半で『コン!』 「アタった!」
『………、グ、グ、グ~!』 「ヨッシャ!キタ~!」
なんとまさかのヒット。
慎重にとにかく慎重に寄せてきます。「バレないで~」とつぶやきながらのファイト。
それほどの重量感ほ無いけども、手前まできてから粘るし、鋭い突っ込みも。
天竜川(2020年 2回目)_c0157482_11194491.jpg
手こずりながらも何とかキャッチ!
「う"わ"~、やったよぉ~(T△T)」もう半分涙目です(笑)
天竜川(2020年 2回目)_c0157482_11264841.jpg
何とも天竜川らしい見事なレインボー!
銀ピカでヒレもピンピン。
↑の写真じゃ分かりにくいけど体高も素晴らしです。
天竜川(2020年 2回目)_c0157482_11274651.jpg
この時期にして早い流れに入ってるだけあってホントいい魚です。
こういうのが釣りたいから天竜まで来るんですが、その甲斐がありました。
釣れたのは5時半過ぎ(笑)
天竜川(2020年 2回目)_c0157482_11281535.jpg
↑明るく写るように撮りましたが、実際もうちょい暗い感じでしたよ。
「ありがとう!」と感謝してリリース。
天竜川(2020年 2回目)_c0157482_11393115.jpg
ボロボロの手袋は気にしないでください(笑)

いや~、自分の中でここまでボーズを覚悟したのはこの時以来か?
今年の天竜川、例年より魚が薄いような?
去年小型が多かったからそう感じるのか?

ただ自分の中で、天竜川の釣れるポイントの特徴を踏まえて入った今年出来た新たなポイントで釣れたのは自信になりました!
不毛の川に通って、釣れない中でも釣れるポイントを見極めるって目が少しは養われたのかなぁ?

来週は群馬も新潟も解禁。
あちこちオープンでいよいよ本格的にシーズン開幕ですね。
皆さん、良い釣りを~(^3^)/


by camelhd | 2020-02-25 11:57 | Fly Fishing | Comments(2)

2020年群馬漁協年券入荷!

皆さまお待たせしました!
数名の方からお問い合わせ頂いていた群馬漁協の年券が先ほど届きました。
2020年群馬漁協年券入荷!_c0157482_09452805.jpg
今年はブルーです。
中の券がグリーン。
雑魚券は8000円。
一応全魚券もあります。全魚券は11000円です。
それぞれ顔写真もお忘れなく!

5/1以降は値上がりしますので、早めにお買い求め下さい。
ウチも4月いっぱいくらいまでは置いてあると思います。
2020年群馬漁協年券入荷!_c0157482_09455132.jpg
放流は4月に入ってからですね。
そして今年も何故こんにゃくが送られてきたのかと思ったら差出人が群馬漁協さんでした(笑)
2020年群馬漁協年券入荷!_c0157482_09460767.jpg
ウチのお店が営業日でしたらいつでもOKですのでお越し下さい。
もしウチのお店にどうしても来れない方がいらっしゃればご相談くださいませ。

by camelhd | 2020-02-18 09:44 | Fly Fishing | Comments(0)

利根川 & フライフィッシャー誌

またまた間が空きました。

先週、犀川へ行こうかと思ってましたが、予定があったりしたのもあって急遽気まぐれで利根川へ。
利根川 & フライフィッシャー誌_c0157482_08544337.jpg
いろんな方がちょろっと行ってるようですが、釣れた話しを聞いたのは10月か11月に2本だけ…。

それでもいるはず!と思い、朝イチからガッツリ利根川です(まず先週の話しから)。

10月の台風でかなり流れも変わりましたが、とりあえず変化のなさそうなポイントからスタート。
雰囲気抜群ですが何も無し…。
いや、覚悟はしてましたよ。秋の放流のなかった真冬の利根川ですから。
それでも凄くイイ雰囲気の流れなのに無反応ってのは心も萎えます。しかもしばらく誰もやってないであろう場所ですからね。居れば反応はあるはず。何も無しってことは魚居ないのか???

他の流れを見るも何となくパッとしない感じ。
入りやすい小場所をやってみると、速い瀬の中をスイング中に『ゴゴン!』「キタ!」
結構な重量感!「デカイ!60cm位か?」バットまで絞りこまれながらも強いプレッシャーを掛け続けること数分。『フッ…』「うわぁ~!バレた~(´Д`|||)」
クリアなので太いシルバーの魚体も見えてました。
千載一遇のチャンスが…。

その後もアチコチ流すも何も無し。

用事を済ませて3時半に再開。
するとそこでも『ドドドン!』とかなり重量感あるアタリ!
しかし乗りません。

そのまま下ってランのテール。
スイング後半で『ドドン!』そんなに大きくはないですが、貴重な一匹。寄せてきてネットに手をかけたところでまたもフックオフ…。
これが先週月曜日の話し。その日はそれで帰りました。


で今週。
前回三度の反応があったので、ぶっちゃけ自信ありました。
ところが先週よりかなりの減水。まぁ何とかなるだろうと、朝イチに前回バラシた所に入ると何も無し。「あれ?」

次にアタリがあったけど乗らなかった所。
何も無し「え"~?」

もう引き出しありません。手当たり次第です(笑)
訳あって足の小指をケガして、小指が他の指ほどに腫れ上がっており、結構な痛みがあるにも関わらず川原を歩きまくり。

ホントにアタリも何もなく、たどり着いたちょっと深みのあるポイント。
流芯をスイングさせて緩い流れに入る頃『グ、グ、グ~!』「キタ!けどホントに魚?」って半信半疑(笑)
なかなかのファイトで全然寄りません。それでもやっと近くにくると銀ピカの魚体を見てドキドキ。
慎重にネットイン!
利根川 & フライフィッシャー誌_c0157482_22271968.jpg
サイズは40cm越えるくらいで胸ビレがないところを見ると成魚放流が残ったやつか?
いや、もうそんなことどうでもイイ(笑)
先週やられて今週はこれを釣ったのが3時半頃でしたが、朝から休まずやってこれまで何も無し。そこに来てこの魚!
感動具合がハンパではありません(笑)

ましてやこんな銀ピカなイイ魚が釣れれば言うことありません!
利根川 & フライフィッシャー誌_c0157482_22335042.jpg
ハコスチかな~?
まぁあの大増水を生き抜いた見事な魚。
丁寧にリリースすると凄い勢いで帰っていきました。

もう気分的には帰っても良かったんですが、前々から気になってたポイントが一つ。そこは結構歩くのですが、気分が軽くなると足し取りも軽い(笑)
結局そこでも一つ掛けたけどバラシ。そんな大きくはなさそうでした。
ちなみに帰ってから釣り下った距離を計測したら5km(笑)。


素直に先週犀川に行けば良かったのかもしれませんが、直前に殖産は放流があったと聞き、天の邪鬼なオレはそれで行く気を無くしての利根川でした。
最近はどうしてもイイ魚が釣りたいんです。大きさがあれば言うことありませんが、小さくてもキレイでイイ魚。
そんなのを釣るためには、場所も大事ですからね。
でも放流魚に助けられることもありますから、決して無下には出来ません(笑)


さてさて、既にご存知の方も多いかと思いますが…
利根川 & フライフィッシャー誌_c0157482_09101767.jpg
1/22に発売となったフライフィッシャー誌にスイングについてチョロっと出ています。
他の方々と比べるとかなりシンプルだし、「魚からフライが見えてればイイ」とか「キャスト後に下流にメンディング」なんてオレしか書いてませんが、実際にこんな感じなんです。だって魚が実際に見えてれば別だけど、見えてもいない魚の何cm以内になんてオレにはどう足掻いても不可能です。しかも20m以上も先のとか。だったら魚にフライを見つけて貰って追わせようというのがオレの考え。
何故フライを追うのか?その辺はスクールで詳しく解説してます。
さらにイブニングの暗い中でやったことのある人は分かるでしょうが、真っ暗やみでもあの小さなウェットを食えてるんです。おそらく魚は目で見えてなくても追えるんじゃ?ってのがオレの見解。
ちょっと話しが逸れました…。

今これをお読みの方々ならご存知でしょうが、このやり方だけで数々の大物を仕留めてきました。それだけに絶対的に自信のある手法です。
それはスクール参加者の方々や友人達が数々の大物を釣って証明されています。
上記した『イイ魚』が釣れるのもオレのスイングの特徴の一つかと自負しております。
スクールに参加されている方々は特にイメージしやすいと思いますので、ぜひご一読くださいませ!

春に犀川で取材を受けたのですが、そちらは今回ページが足りなくてまた次の機会だそうです。掲載の際はこちらでも紹介したいと思います。






by camelhd | 2020-01-27 22:03 | Fly Fishing | Comments(4)

2019秋 犀川スクール

まず最初に…

先月の台風における豪雨により被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。少しでも早く通常の生活に戻れますことを祈っております。

ニュースでも大きく報道されていたように、長野県が豪雨によって多大な被害を受けました。
普段から長野県にはよく足を運んでいるし、今回のスクールを予定していただけに、非常に心配していました。スクールも既に多くの方から参加申し込みを受けていましたが、川の状況や周囲の状況によっては中止にしようと考えていました。

先週の休み、川は濁りで釣りにならないのは当然知っていましたが、犀川の様子を知りたくて釣具は持たずに下見に行きました。
須坂長野東ICで降りて千曲川合流より下流から犀川を上流に向かいました。
確かに千曲川はあり得ないほどの増水の痕跡があり、河川敷内の畑も酷い状況。
しかし犀川はそこまでではありませんでした。
見た感じ川の色はまっ茶で、普段の増水よりも確かに多い水が出たとは思いますが、グランドや畑が被害を受けた感じでもなく、マレットゴルフ場にはマレットゴルフを楽しんでいる方も多数。河川敷でランニングしたりトレーニングしてる方々も。
用事があって長野市内にも行きましたが、平日だけど買い物客や観光客で人や車も多数。そういった光景を見てやっと安心しました。


で、月曜日。
天候にも恵まれスクールは無事開催。
2019秋 犀川スクール_c0157482_09322907.jpg
もちろん今回も『スイングで釣る!』がテーマ。
皆さん遠方よりお越しいただいた方々ばかり。
本流にかける熱意が凄いです!

スイングの有効性、何故スイングで釣れるか、スイングの定義 等々、スイングに関する基本的な理論を皆様にご説明。
2019秋 犀川スクール_c0157482_09342127.jpg
そして説明したスイング理論を実際に流れの中で説明。
2019秋 犀川スクール_c0157482_09362333.jpg
もちろん魚が反応するフライの泳がせ方も見てもらいました。

午後は皆さんに皆さんのタックルを使って頂き、スイングの実践。
2019秋 犀川スクール_c0157482_09410560.jpg
皆さんこちらが思ってるよりもバッチリとスイング出来ていました。
そしてそのスイング実践中に参加者の方が…
2019秋 犀川スクール_c0157482_09431358.jpg
なんとキレイなレインボーを釣りました!
おめでとうございます!
2019秋 犀川スクール_c0157482_09440934.jpg
オレ的にはフライは付いてないかと思ってたんでビックリ(笑)
しかもバーバーラーバ。このフライ、はっきり言って釣れます。その威力はオレも驚くほどです。

その後はオレの使ってるバーバーラーバをはじめとしたフライを見て頂き、最後は恒例のフッキングのさせ方も。
2019秋 犀川スクール_c0157482_09471377.jpg
で、さらにリクエストにお答えしてバラさない上手なランディングの方法も。
2019秋 犀川スクール_c0157482_09481278.jpg
予定より一時間も延長してしまいましたが、無事に終了することができました。

今回はリピーターの方も数名参加されていましたが、やはりその方々はスイングに対する理解も深く、スイング操作も上手に出来ていました。実際今回のリピーターの方で凄い魚を釣られている方もいましたし、スイングを実践するようになってから魚からの反応がダントツに増えたとのお言葉も頂きました。

メディアから得たものではなく、自分が現場で得たことのみを皆さんにフィードバックするのがこのスケール。(ちなみに自分自身ではっきりと確証のないことに対するご質問には、「確かではないのですがおそらく…」と付け加えてお伝えしてます。)
それだけにお伝えする内容には絶対的自信を持っています。
なので、参加された皆さんには是非ともスクールの内容を自信を持って実践して頂きたいと思ってます。
そうすれば必ずイイ結果が出るはず。それにも自信があります。

まだ次回開催は未定ではありますが、またご要望があれば開催したいと思います。
参加された皆様、手伝ってくれた友人達、本当にありがとうございましたm(_ _)m
2019秋 犀川スクール_c0157482_10225940.jpg


オマケ

翌日は2年ぶりのタナゴ釣り♪
2019秋 犀川スクール_c0157482_10281358.jpg
普段は大物狙って釣りしてるのが、この日ばかりはより小さな魚を狙っての釣り。
この日最小は…
2019秋 犀川スクール_c0157482_10293822.jpg
こんな小ささ。だけどめちゃくちゃキレイな魚でした!
2019秋 犀川スクール_c0157482_10303541.jpg
こちらも皆さん、お疲れ様でした~。
2019秋 犀川スクール_c0157482_10312017.jpg
↑嬉しそうに見せてるけどもクチボソです(笑)
by camelhd | 2019-11-06 08:55 | Fly Fishing | Comments(4)

犀川スクールのご案内

おかげさまで定員に達しました!
ありがとうございます。
これ以降はメールを頂いた順にキャンセル待ちとなります。次回の開催は今のところ未定ですが、やる場合にはキャンセル待ちの方々にはブログで告知前に優先してご案内差し上げます。
宜しくお願い致しますm(_ _)m


ご要望の多かったスクール。春に行った時に申し込み多数でキャンセル待ちの方々も多く、再度この秋に開催することにしました!
前回、キャンセル待ちをして頂いた方々には既にご連絡を差し上げました。長々お待たせしてスミマセンm(_ _)m
ですので新たに申し込みされる方のための告知となります。

今回でスクールは5回目。
毎回定員以上のお申し込みをして頂き、皆さんの本流フライフィッシングに対する熱さを感じております。

そしてスクールに参加して下さった方々からの釣果報告がこれまた凄い!
スクールを開催した翌日とかにイイ魚を釣ってしまう方々もいますし、格段に魚とのコンタクトが数倍に増えたと仰って頂く方々がかなり多いです。
特に今年は多くの方々から素晴らしい釣果報告を頂きました!
なんと、70cmの極太ブラウンを釣った方も!!!
そのナナマルブラウンを筆頭に皆さんこちらが羨むような魚の写真が続々と送られてきました。
釣られた皆さん、口々にスイングの凄さと楽しさを伝えて頂きました。これにはホント嬉しい限りです!


今回のスクールも『スイングで釣る!』がメインテーマ。
皆さんが写真で送ってくれたような"イイ魚"を狙って釣れるのが私のスイングの特徴だと思ってます。
例えばこんなの…
犀川スクールのご案内_c0157482_11153649.jpg
実は昨日釣れたスンゴイ魚。詳細は明日にでも…。
私も皆さんに負けじと頑張りました(笑)

スイングの有効性や実践はもちろん、あくまで魚を釣ることにこだわる、釣り人のための釣り人によるスクールです。今までの私の"現場での経験から得た正解"を皆さんをお伝えします!

ベテランの方でなかなか狙ってる大物が出ない、初心者の方でどうに流せばイイか分からない等々、皆さんのお悩みを解決してワンランクupをして頂くためのスクールです。
いつもの通り経験年数やレベルは問いません。
ただ本流フライフィッシングをやられている方で、ツーハンドをある程度投げられる方を対象とさせて頂きます。

*スクール詳細*

日時:11月4日(月曜祝日)  8時45分集合 9時開始 15時半終了(途中お昼休憩あり)

場所:犀川の殖産漁協管内 (他の釣り人の邪魔にならない所を考えています。参加者の方々には直接詳しい場所を連絡いたします。)

参加費:一人7000円 (当日お願い致します。)

応募人数は10数名を予定しています。

入漁券は必ず各自でご用意ください。(こちらで用意はしません。)
・昼食は各自でご用意ください。
・ウェーダー等、普段の釣りと同じ格好の準備をお願いします。
・ロッド等道具の破損や紛失、参加者の怪我等に関してはこちらでの責任を負いかねます。
・荒天や河川が危険な程に増水した時は中止とします。
・当日に魚を釣ったり釣らせることを目的としたスクールではなく、参加者の今後のステップアップのために釣り方等を詳しくレクチャーするためのスクールです。


*応募方法*

メールでのみの受け付けです。
以下のアドレス宛てにメールでお願いします。

※※※※※※@※※※※※

↓をコピペして記入して下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・氏名(ふりがな):        (           )
・住所:
・年齢:
・携帯電話番号:
・返信先のメールアドレス:
・およその本流FF歴:
・スクールに関してのご希望や疑問点があればお気軽に何でもお書き下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


*頂いた個人情報に関して今回のスクールのこと以外での使用は一切ありません。

*メールを送信しても返事がない場合は何らかの理由で受信出来ていない可能性があります。
送信後数日経っても私から返信が無い場合は、こちらの記事のコメント欄に必ず非公開で連絡先等を教えてください。こちらから電話連絡させて頂きます。

by camelhd | 2019-10-09 10:26 | Fly Fishing | Comments(3)

お山(今年6回目)

急遽釣りに行けることになり、久しぶりに単独で行くことに…。
お山(今年6回目)_c0157482_10520006.jpg
ここのところ早上がりが続きましたが、これまた久しぶりに丸一日OKな日。なので、ガッツリやれるのを楽しみにしていました。
とはいえ単独釣行。天気予報はギリギリ雨が降らなそうですが、無理は出来ません。
ここのところ激しい雨にやられてばかりなので、雨にはビビってます。


かなり早く準備してしばらく歩いて目的地辺りに到着。
一人なので、準備も歩くのも何かと早いです(笑)
思ってたより早い時間に到着しちゃいました。
お山(今年6回目)_c0157482_10581714.jpg
まだ8時前です…。

早すぎてフライに反応あるか心配だったのですが、いきなり…
お山(今年6回目)_c0157482_10594907.jpg
キレイなヤマメちゃん♪

写真撮ってリリースして、今釣れたちょい上を狙ってると…
お山(今年6回目)_c0157482_11014502.jpg
またまたヤマメ! しかも今度は良型です♪

ずっと歩いてきて昨年ここで何度かヤマメのイイのを釣ったことを思い出して、ここから始めました。
どうやら今年もここはヤマメが居着くようです。何でだろ?

その後も今度はイワナをメインにポンポン出ます。
ヤマメも結構出ます。

途中反応の薄い区間がありましたが、それでも時々尺弱くらいのイワナが結構釣れます。
そしてイイ感じの大場所。
やはり泣き尺が2本釣れただけでした。
その淵を越え、一段上の小さな落ち込みを大岩の上からフライを投じると…
大きな岩から『す~』っと来て『パクっ!』
その時見えた大きな魚体。
思わず「デカイ!」
それからが大変。小さな落ち込みを大岩の上から狙ってるんでとても取り込めない。
上手くしたの淵に誘導したはいいが、今度は自分が降りられない(笑)
意を決して大岩から淵の浅場(腰くらいの水深)目指してジャンプ!
『ドボ~ン』て音にイワナが驚いてまた走る(笑)
だけどなんとか無事にネットイン!
お山(今年6回目)_c0157482_11232662.jpg
しかもフライは皮一枚。写真撮ろうと思って準備してる間に外れてました。いや、バレなくて良かった。

そして写真を数枚撮って直ぐに計測すると42cm!
顔つきもカッコいいけど、ヒレの先の白とオレンジ具合がカッコよかったです。
お山(今年6回目)_c0157482_11290719.jpg
名残惜しみながらリリース。動画の中でイワナが去っていく大岩の上から、撮影場所に向かって飛び降りたんですよ。
釣りキチ三平みたいでしょ?(笑)

その後もコンスタントに釣れ続け、適当な所でお昼。
これまた一人なので、おにぎり2つだけ食べて直ぐに再開。
そこからが凄かった。
あまりに釣れるもんだから全然先に進めません。
途中餌釣りの針がついたこんなイワナも…
お山(今年6回目)_c0157482_11383514.jpg
そして釣れるサイズも上がってきました。
お山(今年6回目)_c0157482_11391207.jpg
こんな白っぽいキレイなイワナや…
お山(今年6回目)_c0157482_11400827.jpg
真っ黒なイワナまで。↑のはこれでも尺ちょうどでした。
他にも尺ジャストが2本。
もうあまりに釣れるので写真も撮ってません。

で、もう少しで魚止めってところで雨が降ってきました。
魚止めまで10分って頃。

若干雨脚も強まり、早く切り上げて帰ろうと決め、最後の魚止め。
いきなり手前に尺が浮いてます。
サイトで一撃で仕留めて直ぐリリース。

今度は手前の岩盤際を流すとまた尺ジャスト。
直ぐにリリース。

次は中間辺りの岩盤際を流すと20後半。
直ぐにリリース。

今度は奥を狙います。
奥の右を狙うと大きなイワナ数匹が争ってバイト!
掛かったのは尺ジャスト。
もっと大きなのが追ったのですが…。

もう一度、同じ所へキャスト。
すると20後半。

さらに狙いをつけて奥の左、岩盤ギリギリにキャスト。
すると大きめなのが『ガボッ!』
尺くらいかと思ったら35cm!
お山(今年6回目)_c0157482_11494979.jpg
たぶんやればまだ釣れたんでしょうが、とにかく雨が怖かったので焦って竿を畳んでダッシュで下ります。

ちなみに魚止めで一匹目を釣ってから6匹目の35cmをリリースするまで5分くらいかな?
それくらい焦ってました(笑)

ここの魚止めから脱渓点まで、以前オレが単独で普通に歩いて1時間35分。
普通に友人達と歩いて下って2時間弱。
だけどこの日は何と1時間10分!
(もちろんその後も車まではまだ時間掛かるのですが…。)
単独なので絶対ケガ出来ないから一応安全マージンはとってるつもりです。
でもさすがに疲れましたよ(笑)
まぁそれだけ雨が怖いんです…。
大丈夫な沢は大丈夫なんですがね…。


今回、思いがけず数もたくさん釣れました!
数少ない手持ちのフライを幾つも壊されました(笑)
途中からは見えた魚はフライを食う前にピックアップしたり、アワセなかったりしたけど、それでも恐らくキャッチしただけでも60匹位は釣ったんじゃないかな?
42cm、35cm、その他尺が6本と、出来すぎな内容。

今年になってキャストやドリフトを色々と工夫してる成果もあるのかな?
2年前位の自分と比較すると、自分なりに上手く出来るようになってきたかと…。
難しいことはしちゃダメですね。本流も渓流も。
シンプルが一番!



焦って帰ったおかげで翌日は久しぶりに筋肉痛でした(笑)
連休だったのでカミさんと二人でお出かけして松本城に行ったのですが、お城の中の急な階段がキツかった~(*_*)
お山(今年6回目)_c0157482_12222491.jpg










by camelhd | 2019-09-04 10:50 | Fly Fishing | Comments(6)

お山(今年5回目)

前回、前々回と天気が安定しない中での釣行。
前々から息子と山岳渓流に行く予定だったので、天候次第では中止も考えていましたが久しぶりのイイ天気♪
仲間のNくんと三人で行って来ました!
息子を山に連れてくのは二年ぶり。
お山(今年5回目)_c0157482_12583774.jpeg
ちなみに前回の時はこちら
昨年も行きたかったんですが、何やかんやと行けず。
今回、大切な部活をお休みしての強行です(笑)

前回の時は子供用ウェーダーで行きましたが、もう足のサイズも身長もオレとほぼ変わらず。なので、いつものオレのゲータースタイルをそのまま息子に。

沢に行く道中、またもクマの足跡が…
お山(今年5回目)_c0157482_12331031.jpg
今年は多いのかな?
まだ数時間前にイノシシが掘り返したばかりの跡もあったりしました。

まずはオレは竿を出さずに息子のサポート。
お山(今年5回目)_c0157482_12574773.jpeg
息子はルアーでチャレンジです。前日にWild-1に行って自分で選んだミノーをチョイス。
開始してから少し進んだ辺りで…
お山(今年5回目)_c0157482_12395963.jpg
いきなりキャッチです!
小さいイワナでしたが、本人は凄く嬉しそうでした!

で、お父ちゃんも息子の竿を借りて…
お山(今年5回目)_c0157482_12414011.jpg
久しぶりにルアーでキャッチ(笑)

Nくんと交互に釣り上がりますが、イマイチ反応悪いです。
お山(今年5回目)_c0157482_12250232.jpg
しかし渓相抜群なこの沢。晴れ空の元、凄く気持ちイイです。
息子も始めてのウェットウェーディングが気持ちよくてたまらない感じ。

最初はキャストが全く決まらなかった息子ですが、後半になるにつれ、ビシバシとキャストが決まるように。
お山(今年5回目)_c0157482_12482873.jpg
↑後ろ姿は結構サマになってますよね(笑)
写真の所でも絶妙な場所にキャストして尺ちょうどくらいのをヒット!
抜き上げたところで痛恨のフックオフ(>_<)
息子いわく「スゲーひいた」と…。

キリもよかったのでこのままここでお昼。
お山(今年5回目)_c0157482_12520698.jpg
農園に勤めるNくんが持ってきてくれた高級なブドウがデザートです♪
お山(今年5回目)_c0157482_12531219.jpg
めちゃくちゃ美味しいです!
中にはシャインマスカットより高価なブドウも。
元々美味しいブドウですが、こんな大自然の中で食べるのは最高ですね~(*´∇`*)
ブドウでお腹いっぱいになるほど食べちゃいました♪

午後はオレも竿を出しましたが、イイ所は息子に譲ってオレは小場所専門。
まあまあ釣りましたが、自分のは写真撮りませんでした(笑)

息子も何本か釣って魚止めまで行きました。
そこでかなり大きなイワナを発見!
息子がイイ感じでキャストすると少しミノーを追いかけましたが、口を使わず…。
しばらく粘りましたが、結局ダメでした。パッと見40cmはあったでしょう。しかも3匹くらい。
諦めてここで終了。
お山(今年5回目)_c0157482_13145788.jpg

ここ最近のように大物は出ませんでしたが、めちゃくちゃ楽しかったです。
と言うのも、息子が全然余裕でオレとNくんに付いてこれたから。
運動神経は抜群にイイ息子ですが、ちょっとしたヘツリや、ビミョーなスタンスの岩登りなんかも何のその。
息子は釣りも楽しみだけど、そういうのが凄く楽しみだったようです(笑)
帰りの川歩きのスピードも普通に付いてきました。毎日の部活でかなり体力はついてきてるのは知ってますが、慣れない河原歩きもポンポンついてきたのにはビックリでした。

二年前は川歩きもヨチヨチな感じでしたが、今回はあえて二年間と同じ沢に行きましたが、大人と全く同じについてこれることに驚きました。
普段感じられない成長を沢で感じられるのは釣り人ならではですかね(笑)
成長期の二年間ってホント凄いんだなぁってのを実感しました。

それでも慣れない沢で息子はさすがにかなり疲れたようで、帰りの車中では部活並みに疲れたと(笑)
まぁ部活を休んで連れてった甲斐があったかな(^^)

せっかくなので2年前と同じ場所で記念撮影。
お山(今年5回目)_c0157482_13190176.jpg
↑前回 2017-8-28
お山(今年5回目)_c0157482_13193299.jpg
↑今回 2019-8-26

成長してるなぁ。オレは衰える一方ですがね(笑)

Nくん、色々サポートありがとうm(_ _)m






by camelhd | 2019-08-28 12:20 | Fly Fishing | Comments(2)