群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野フライきちがいのブログ
ブラッドノット/フライフ...

最新のコメント

ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 12:43
お疲れ様です。ナイスサイ..
by ネコ好きヘッダー at 18:48
ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 16:38
お世話になります。涼味い..
by ネコ好きヘッダー at 13:55
通りすがりのFFさん、こ..
by camelhd at 16:28

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:Fly Fishing( 355 )

お山(今年3回目)

まず最初に・・・
春先におのまりさんからインタビュー取材を受けていたのですが、それが記事になりました!
ドットヒャッケイ』というWEBのアウトドア系の情報サイト。

ぜひぜひご覧ください♪





さてさて本題です。


前回あれだけイイ思いしたんだから、当然今週も(笑)

ただ週末にかけて雨が降りました。それが今回どう出るか?
しかし行く方面の山は予報に反して意外と降らなかったようです。釣り人も雨予報を警戒して入らなかったかもしれません。

今回はボブと一緒。
c0157482_13205131.jpg
朝イチはチョッと気になってた沢に入りました。

ところが反応イマイチ・・・。
一応泣き尺は釣れたんですが、1時間半ほど行ったキリのイイ所でUターン。
遅れた分を取り戻そうと狙いの沢まで小走りです。

普通に歩けば50分位のところをなんと30分!
トレイルランニングしてるんか!? くらいの勢いでした(笑)
途中2度コケましたがw


汗だくの体を水に浸かって冷やしながら釣りの準備。
で、再開してすぐ・・・。

白泡の脇に落ちたフライを『ス~、パク♪』
強いヒキで一段下の落ち込みに。なんとか耐えながら・・・

無事キャッチ!

c0157482_13215150.jpg
いや~、いいイワナ!これが釣りたかった!

動画見ると分かると思いますが、ロッドもグンニャリ(笑)
このサイズとのやり取りはドキドキです。
c0157482_13214523.jpg
模様もカッコいいキレイなイワナでした!

そこからも順調に釣れて行きます。
c0157482_13211186.jpg
大場所はイマイチ・・・。

と、思ってたんですが。。。

大場所を遠投して狙っていた時。イイ感じで流れたフライに『バシャ!』っと派手な出かた。同時に水面直下でローリング!
「ヤマメだ! しかもデカい!」

イワナとはまた違ったファイトをいないしてネットイン!
c0157482_13211999.jpg
すくった魚を見て「スゲ~!!! ちょ~キレイ!!!」
c0157482_13213129.jpg
パーマークが崩れかかった山岳渓流のヤマメ!
サイズが気になったので写真を2~3枚撮って計測。なんと31cm!
堂々の尺ヤマメです!

渓流で尺ヤマメを釣ったのって20才前後の頃以来なのでメチャクチャ感動です。
c0157482_13212505.jpg
パーマークの乱れ具合がタマリマセン♪
実物は結構な体高があったんですが、この写真じゃ分かりませんね~。


一日に尺超えのイワナとヤマメを両方釣るってそうないですよね?
渓流じゃ初めての体験です。

この後はもう浮かれ気分で釣りしてました(笑)

この日、夜に用事があったので釣り出来るのは帰りの時間を逆算して1時半~2時くらいまで。
1時半になってそろそろ上がりかな~?って頃でした。
下の写真の1で『ヌメン』とフライに出ました。
その時見えた魚の後ろ半分。真っ赤で大きな尾ビレ!『デカイ!』と叫びます。
手元に余ってたラインをその後のファイトに備えて高速回収。
c0157482_14312185.jpg
しばらく1の場所で耐えていたんですが、全く動きません。
「絶対ココだけのやり取りで終わるはずない・・・」と下流を確認しますが、写真のような小さい落ち込みがしばらく続きます。落ち着いて取り込めそうな場所はありません。

そうこうしてる内に下の落ち込みに下る魚が見えました!
「うわ!何だあれ!?」 パッと見えた魚体は軽く50cmはありそうなイワナ。
今度は2の沈み石の前に居着いて動かなくなりました。
動かないとはいえ、こっちも引き剥がそうと結構なテンション掛けてます。
それでも動かないんです。「何かに巻かれたか?」と思いますが、そんな感じでもありません。

そのままゆっくり3の落ち込み直下、水面下は恐らく巻き返しになってる場所へ。
やはり動かないので後ろや手前にプレッシャーを掛けていると、今度はなんと凄い勢いで4を通って元の場所へ!

あれだけ強いプレッシャーを掛けてるにも関わらず、あの流れを上流に~!?

またしばらく1で耐えていたら「プン・・・・」

なんとティペット切れ・・・。
しかも結び目じゃなくてど真ん中から。5xだったんですが、2の沈み石で傷がついたのか?
ちょっと前に取り換えてほぼ新品状態だったはずなんですが。

一気に脱力・・・。
そのままラインを巻き取って釣りも終了。



いや~、まさかあんなのがあんな小場所からドライに出るとは・・・。
今まで釣った40cm前後のイワナとは全く別物なファイトでした。あれだけプレッシャー掛け続けているのに動じない。掛けた場所もいい場所ではなかったんで、正直その時点で「こりゃ運次第だな~」と思っていました。
たぶん石にティペットが擦れたんだとは思いますが、とにかく今までよりもっと石に擦られないファイトをしなくちゃいけないんだと勉強になりました。

他にも色々学んだことが出来ました!


渓流でこれほどまでの思いをしたのは長い釣り人生で初めてかもしれません。本流だとこういう思いしたことは数え切れませんが(笑)


リベンジしたいけどこればっかりはチャンスが巡って来ないとな~(〃´o`)
まぁまた気長に通いますか(笑)

[PR]
by camelhd | 2018-07-12 14:59 | Fly Fishing | Comments(2)

お山 (今年2回目)

今週は連休だったので火曜日に行ってきました。バイク屋さんと3時にウチに集合。

そう!火曜日の3時といえば、サッカーW杯の日本対ベルギー戦!

道中テレビを見ながら2人で「お~!」とか「あ~」と興奮しながら、道中最後のコンビニでお昼を買いこみます。ちょうど後半戦が始まる時でした。
で、買い物終わって出発するとなんと日本が2点先制!

その辺からテレビの電波が入らなくなりFMラジオで応援。ベルギーのすさまじい猛攻で同点。
到着して準備をしていたら最後のあの逆転ゴール・・・。

しかしいい試合をしてくれました!
「きっと今日の俺たちにも何かある!」 と根拠のない前向きな気持ちにさせてくれるほどに(笑)


汗だくになりながらも釣り開始ポイントへ到着。
開始早々に良型のイワナがポポポンと連発。
「こりゃイイ日なのか?」と前回のこともあるので半信半疑で釣り上がると、大場所に投じたドライに『バシャ!』っと派手な出方。
ぎゅいんぎぃん走り回るのでこれは!? と思ったらやはり!
c0157482_10582820.jpg
なんとキレイな山岳ヤマメちゃん♪

で、これは淵の真ん中辺りで釣ったので、バイク屋さんに「頭やっていいよ」って譲ったら・・・
c0157482_11040273.jpg
フライに出た瞬間を見たんですが、真っ赤な尾ビレが!
c0157482_11041056.jpg
↑デカイ!
c0157482_11041893.jpg
確か33cm! (なぜ「確か」かって? この後の展開をご覧ください。)

若干「譲らなきゃよかった・・・」と思いながら(笑)、釣り上がります。

いいペースで釣れます。こりゃいい日に間違いありません。

そして小場所だけどチョッと深さがある場所。
バイク屋さんが狙います。上手く流れた3投目くらい。『ヌメン』って感じで出たのは・・・。
c0157482_11042494.jpg
今度は35cm! さっきのとは違うグレーっぽいカッコいいイワナ!

「これじゃ2点先制した今朝の日本対ベルギー戦じゃん(笑)」
「ん?ってことは~?(笑)」

平瀬が続く流れの対岸。笹の下を狙って流れをまたいでキャスト。
c0157482_11263529.jpg
矢印の所で『ヌルン』。
瀬の中を走られてようやくキャッチ!
c0157482_11200249.jpg
35cm! やっとオレにもキタ~!(笑)
c0157482_11200919.jpg
今年初の尺超えでヒジョ~に嬉しいです♪
しかも複雑な流れをまたいで遠くから釣れたってのがまた嬉しい♪


その後も順調に釣れて行きます。
c0157482_11203807.jpg
↑強かったんで尺あるかと思ったら泣き尺。
c0157482_11330739.jpg
やはりどこの沢も渇水気味ですね。フライにはそのくらいがいいのかな?

なんかの骨も。
c0157482_11331832.jpg
今年シューズを新調したんですが、コレ凄くイイ感じ♪

釣り上がってくと魚影の濃い区間に突入。15分くらいで8~9匹釣ったでしょうか?
分流でバイク屋さんと別れて釣ってたんですが、バイク屋さんはそこで32cm!

そして分流が終わり浅いけどいい流速の流れが出現。
しかも本流の時と同じ釣れる波が出てます!
c0157482_11403411.jpg
「ここは絶対イイのがいる!」と丁寧に流すと『ガボっ!』
魚体は見えませんがメチャクチャ強いヒキ!
瞬間的にデカイと判断。すかさず余ったラインを巻きとります。全く寄ってきません。
岩に擦られないように注意しながら瀬の中でファイト。
ネットですくおうと思っても魚が大きくて入りません(汗)
3回目でようやくネットイン!
「おっしゃ~~~!!!」
c0157482_11333315.jpg
いや、デカイ! 本流で釣れても普通に嬉しいサイズ!
こんなのを#3のロッドで釣るんだからバットからグンニャリですよ(笑)
c0157482_11333985.jpg
背中の唐草模様もくっきりしていたカッコいい♪

バイク屋さん2。オレ2。これはまさに今朝の日本対ベルギー戦の展開(笑)

だけどもう満足です。写真もいっぱい撮って「もう今日はイイや」って思って釣りしてたら・・・
c0157482_12154006.jpg
またこの人・・・(笑)

確か34だか35cm。
c0157482_12165822.jpg
背後の日陰部分で何度も流した後に突然出ました。
サッカーのようにはいきませんでした(笑)
c0157482_12204183.jpg
c0157482_12211176.jpg
魚もそうですがこの沢はとにかく気持ちイイ!
周りの山々が凄く豊かな感じします。

結構上まで釣り上がってイイ感じの所で・・・
c0157482_12214128.jpg
これまたキレイな33cm♪
c0157482_12221378.jpg
このオレンジの斑点、タマリマセンよね♪

そこそこ上流まできましたが、小物ばかりでイマイチな感じだったので(それでも普通くらい?それまでが良すぎ)、ちょっと早めに撤収。


お山でこんな凄い釣りしたのはいつ以来でしょうか?
二人で尺超え7本。泣き尺だって数本。数もオレ一人で30匹以上は釣ったかな?

水温もちょうどベスト。タニウツギも散った直後のイワナにはほんとベストなタイミング。
陸生昆虫も多く見かけ、ライズもちょいちょい見ました。
選択した沢も今年初めての沢だったけど「ぼちぼちイイ頃かな~?」で入ったらドンピシャ。

こういうのってホントにタイミングだと思います。
たぶん一週間前だったらフライでここまで釣れなかったかと・・・。
逆に一週間遅くてもここまでは釣れないでしょう。

って言っても期待してまた行っちゃいますけどねw
いや、そりゃ普通の釣り師ならまた行くでしょ(笑)

とりあえずネットを一回り大きくしたい・・・。
c0157482_11461429.jpg

[PR]
by camelhd | 2018-07-05 12:48 | Fly Fishing | Comments(2)

今朝の利根川 号外

なかなか利根川の状況が芳しくなく、前回の連休は天竜川へ行ってきました。
今日辺りそっちの記事を書いてupしようと思ってたんですが、そちらをupする前に今朝イイのが釣れてしましました!
c0157482_10314357.jpg
火曜日にそれまでよりチョッと減水。
水曜日の朝は絶対イイと思ってたのに、月・火で利根→天竜→利根とハードな釣りをしたせいか痛恨の寝坊・・・・。

昨日の雨が思ったほど降らず。けど魚は確実に動いてる。
そう思ったんで絶対寝坊しないように今朝は目覚まし2度掛け(笑)

ポイントに到着するも曇ってたこともあり時間的にまだ若干早い感じ。
ゆっくり支度して川岸へ。

それでもまだ早い感じがしたのでゆっくりフライをセットして、いつもよりゆっくり釣り下ります。
(この辺の感覚は経験もありますが、日々川に出て感じとらないと身に付くものじゃありません・・・)

で、調節したおかげでいい時間帯に核心部。

遠投してスイング中・・・突然『ドンドンドン!』 と凄くいいアタリ方!
少し我慢してそのままフッキング。
直後に水面で『ドバドバ!』 っと白いお腹が。

「あのアタリ方とあの暴れ方、モドリだべ!」

グイングイン暴れるのをいなしながら慎重に寄せます。意外とあっさり手前に寄ってきました。一瞬ハッキリ見えた魚体は間違いなくモドリ!
でもどこかでニジマスの可能性も捨て切れてません(笑)

手前に寄せてからがなかなか寄ってきません。
なかなかのサイズです。
「バレんなよ~」とつぶやきながら慎重に、かつ大胆に寄せて一発でネットイン!
c0157482_10315043.jpg
興奮する手で証拠写真を3枚撮ってサイズ計測。サイズは47cm。
まぁ突然見事なサイズです!

お腹もパンパン!
c0157482_10320497.jpg
そして口元には前回upしたチューブフライのウェット。
c0157482_10201362.jpg
しかも口の硬い所にガッチリ!
手で外せずフォーセップでもやっと外せたほど。
それ見て「これ普通のウェットフックだったら絶対刺さってないよな~」と・・・。
しかも準備中になんか釣れそうな気がして新品の針を結んだばかりでした。
間違いなくこのフライだからこそ釣れた魚だと思います!

毎年40cmを超えるモドリを目標にやってますがこのサイズはホント売れしいものです。
そしてとにかく今回は釣りたかったフライでこんなにイイ魚が釣れたことが凄く嬉しいです。
小物はいくつも釣れてたんですが、本来モドリ対策で考えたフライなので・・・。



この前の土・日辺りに群漁下流辺りでいくつかの釣果を聞きました。
それプラス雨も絡んだので水・木・金辺りは怪しいな~と考えてました。
火曜日も天竜川から帰ってきて夕方だけ利根ったんですが、珍しく小ヤマメが反応してました。それもあって何か川が変化した!と踏んでました。

しかし今年は前橋でもまとまって釣れてる感じがありません。今まとまって釣れてないってことはおそらく去年と似た様な遡上数かと思われます。
去年よりはチョッと多い気がしますが・・・。



まぁ毎年いいシーズンはこれからです。
みなさんにもイイ魚との出会いがありますように!

天竜の記事はそのうちup出来ればしたいと思います。
とにかく時間がないので(笑)

[PR]
by camelhd | 2018-06-07 12:26 | Fly Fishing | Comments(2)

利根川

先週ちょっと雨が降って木曜日にちょっと増水。
釣りにはなる程度でしたが、こんな時はフライじゃイマイチ・・・。久々の休養に。
で、確か午後にダム放水を思ってたより絞ったので、翌朝はそれまでの通常水位より減水すると読んでました。
そして同時に今年最初のチャンスの日だと・・・。

翌朝はいつもよりちょっと早く起きてお目当てのポイントに。
案の定いつもよりも若干の減水。

いつものtypeⅡヘッドのウェット付けて、クロスに投げてそのままスイング。
流芯をスイング中に『クン、クン、クククン』 と来てフッキング。
いつもの小ニジよりはいいファイト。そして微妙なサイズ感。
「これはもしや???」 と思いながら丁寧にキャッチ!
なんと小型ながらもモドリです!
c0157482_10200414.jpg
とりあえず3枚写真を撮ってサイズを計測。

落ち着いたところでキレイな写真を撮ろうと思った瞬間、股の間に魚が突っ込みます。
すかさず股を閉じて逃げる魚を抑え込みました。しかしそこからどうに魚を掴めばいいのか?
とりあえず前後に手をやり魚を掴み股を緩めた瞬間に逃走。
まだ針を外していなかったんでティペットを辿るともう外れてました・・・。

やっとの思いで釣れた魚でしたがロクな写真が撮れずじまい・・・。
↑この写真だと全く大きく見えませんがこれでも35cmでした。確かにグリップ長と比べるとそんな全長だしパンパンなイイ魚だったんですが、尾ビレも隠れちゃってるし全然そんなふうに見えません(T_T)

他の写真は1枚目のこんなのだけ・・・・
c0157482_10201103.jpg
証拠写真とサイズを計測出来ただけでも良かったのですが、釣った喜びと逃げられた悔しさとで半々な気持ち。

仕方ないのですが釣り再開して10分後くらいでした。
スイング後半で『グ・・・グ・・・ググ~~~』ときてフッキング!
「ヨシ!またキタ!」とファイト開始。今度は結構な重量感。
ところが5秒後くらいにフックオフ。

魚種不明ですが手前の緩い場所で来たのと、いつもは何の反応もない場所だったのでモドリのような???
でも結局バレたのでニジマスであって欲しいような???(笑)



その翌日の土曜日は子ニジのみ・・・。

日曜日は体力温存で行かず。
そしてバラシた何かが悔しくてそれ対策のフライを巻き巻き。
c0157482_14354578.jpg

で、月曜日。
朝イチになんと先行者。
2ヶ所目も先行者。
3ヵ所目にも先行者(笑)

決して釣り人が多い日ではなかったのですが、場所とタイミングですね~。

仕方ないので3ヵ所目は少し間を空けてから流すと・・・
c0157482_14333002.jpg
ヤマメちゃんと小ニジが。

ちなみに3ヵ所目の先行者は後から分かったんですが友人でしたw

そんなこんなで出鼻をくじかれまくったので(笑)、少し早上がり。

夕方再出撃するもまたも先行者。
2ヶ所目に行ったら今度は目の前の水中からカワウが出てきてビックリ(笑)
夕方の部はアタリも無し・・・。



ちなみに同じ日に中禅寺湖に行ってたバイク屋さん。
来るわ来るわ。凄い写真のオンパレード!
c0157482_15194657.jpg
c0157482_15200864.jpg
「ぜ~んぶ60up♪」 なんてコメントと一緒に何枚写真が送られてきたことでしょう。
FBなんかでも中禅寺湖の釣果が色々上がってますが、ちょっと段違いな感じの釣果。
他の友人もいいサイズ含めたツ抜けもあったたようです。




そして今朝は月曜日にアタリのあった某所で・・・。
c0157482_14343066.jpg
キレイな小ニジが一本だけ。



今年は未だいいサイズのモドリのハネを見ていません。
そういのを見るとヤル気も違ってくるのですが・・・。

唯一救いは新作フライの調子がイイことくらいでしょうか。


釣り行って仕事して用事こなしてフライ巻いてetc....
ブログを更新するのが一番大変な時期です。
大して釣れなかったら次回は更新しないかもしれませんので悪しからずm(__)m

そのかわり釣れたら直ぐ更新します(笑)

[PR]
by camelhd | 2018-05-29 15:01 | Fly Fishing | Comments(2)

利根川

先週の金曜日・土曜日辺りから増水の濁りが一段落して、一気に釣れそうな雰囲気になった利根川。
土曜日の朝はちょっとしか出来ないのですが、無理矢理行ってみました。
案の定いいサイズのレインボーが♪
c0157482_19293156.jpg
他にも小ニジ。
c0157482_19300539.jpg
↑動画からの切り抜きです。
一時間半ほどの釣りで6アタリ3キャッチとなかなか楽しめました!


で、月曜日。
c0157482_19361066.jpg
この日も用事があって朝だけしか出来ません。
前日が放流日ってこともあって大渡橋周辺はかなりの釣り人で賑わってました。

賑わいの場所から離れて友人と流すも1アタリのみ。

その後分かれて別の場所を流すと小ニジ連発。

この日はそのままタイムアップで終了。


火曜日の仕事前。
朝イチの一流し目は小ニジが一匹。
「そんなワケねぇだろ~?」と思ったので、フライを変えて同じ場所を2流し目。
なんと小ニジだけど連発です!
フライは相変わらずまあまあ大きめのチューブフライ。2流し目は若干サイズを落として(って言っても全長6,5cm)色をキャメルグリーンに変えただけ。
普段あまり同じ場所を連続で流さないんでこれは勉強になりました!

で、時間が中途半端に余ってたんでさらに3流し目。
同じ場所を3回連続で流すなんて、個人的には冬季釣り場以外じゃまずあり得ません(笑)
ラインそのまま。フライを8cmのチューブフライにチェンジ。

途中一度小物がアタリました。

そこから15mほど下った辺り。深く立ち込んで思いっきり遠投。
スイング中盤で『ココン!ググ~!』ときてフッキング。
それまでに釣ってた小ニジと同じようなアタリ方。リールを巻くと小ニジよりは若干重量感あるもののスルスルと寄ってきます。
「40cmない位かな?」と思いながら手前まで寄せた時に『ギラン!』と大きなシルバーの魚体!
「うわっ!デカ‼」と言った瞬間に高いジャンプ!
c0157482_08432382.jpg

着水と同時に『ギギギ~‼』
40cm位を想定してただけにビックリです。こりゃここからが長いなと思った通り、全く寄せられません。
時間をかけてこちらのロッドを持つ手が痛くなる頃になんとかネットイン!
c0157482_08472458.jpg
50半ばの銀ピカレインボー。しかも太い‼
c0157482_08483566.jpg
後半がなかなか寄せられませんでしたがこれならそれも納得。
トルクのある魚でした。
これがあんなに高くジャンプするんだからタマリマセン♪
おそらくハコスチですかね~?
c0157482_08511939.jpg
ラスト3投と決めた6投目だったので慌てて写真を撮って帰宅しました(笑)


基本的に同じ場所を何度も流さない自分ですが、2回目で多数のアタリ。3回目であのサイズ。
朝イチはちょっと寒かったんですが、3回目辺りには日が射して雰囲気が変わったというか…。
明らかに時合いの変化を感じました。いつも感じる「釣れそう!」って変化でした。それもあって移動しなかったのもあるのですが、まさかあんなに明確な反応の変化があるとは。

前橋辺りはモドリはまだですが、利根大堰辺りは順調に釣れてるようなのでこれからに期待ですね♪




そうそう!
先日のWild-1セミナーの参加者の方から見事な釣果報告を頂きました!
c0157482_09001221.jpeg
パンパンな素晴らしいブラウン!
コマンドヘッドを使用してセミナーでお伝えしたシステムでスイングで釣れたそうです。
こういうイイ魚が釣れるのがスイングなんです。
この太さのブラウンじゃなかなか寄らなかったことでしょう。
セミナー参加者からの報告ってめっちゃ嬉しいです‼
おめでとうございました‼

オレも頑張ろ~(^3^)/


[PR]
by camelhd | 2018-05-01 19:24 | Fly Fishing | Comments(2)

Wild-1 本流フライフィッシングセミナー第二弾開催!

昨年に続き2回目となったWild-1の本流フライフィッシングセミナー。
今年も非常にありがたいことに申し込み定員に達し20名での開催となりました!
c0157482_09552426.jpg

事前の天気予報では大荒れだったので心配してましたが、ちょうど始まる頃には雨も上がり無事に開始。

まずはオレが経験から学んで得て、今やこだわって実践している『釣れるスイング!』。それを皆さんにお伝えすることから。

昨年同様、なぜスイングが釣れるのか? なぜ魚はスイングするフライ食うのか? 等々、スイングに関するベースの考え。
スイングさせるとはどういうことなのか? というスイングの動き。
それらをボードを使いながらご説明。
c0157482_09541163.jpg

その後は説明したことを上手く実践するためにはどうすればよいかを川におりて現場で解説。
c0157482_10105033.jpg
c0157482_10324176.jpg
流し方はみなさんお一人お一人にやって頂きました。
c0157482_10014704.jpg
今まで持っていたイメージと大きく異なる方も多かったようで、きっと慣れるまではやりにくく感じるでしょうが、慣れればこちらのほうが断然楽だし魚とのコンタクトも大幅に増えるはずです。

午前中はこれで終了。
お昼はWild-1スタッフ様方がランチを作ってくれました。
c0157482_10132195.jpg
この頃から強風が吹いてきたのですが、さすがアウトドアショップの店員さん、見事な手際の良さ!
ホットサンドやウインナー、スープのご馳走が!
c0157482_10115114.jpg
もちろん美味しかったです!
お昼も少々持参したのですが、作って頂いたホットサンドが美味しかったので持参のお昼には手も付けませんでした(笑)

午後は実際に使ってるフライやタックルの説明。
お見せした普段使ってるチューブフライは昨年と同じものですが、もちろん未公開のフライ。
ウェットフライやバーバーラーバ等々実績あるフライをご紹介させて頂きました。

その後はフッキングのさせ方。
続いて大物を一発で仕留めるランディングのやり方。
c0157482_10292106.jpg
50cmクラスを想定した取り込みをみなさんお一人お一人にやって頂きました。
c0157482_10271641.jpg

特にフッキングの体験は皆さん目から鱗だったかと思います!
フッキングはもちろんファイトにも今後大きく役立つ経験だったと思います。

こういうのは2回目ということもあってとにかく慣れていないもので(笑)、説明の途中で話が前後したりとかがあったりして段取りが完璧ではなかったかもしれませんが、当初伝えようと考えていたことは漏れなく説明出来たかと思ってます。

そんな中でみなさん終始かなり質問して頂き、こちらの説明不足を補う手助けをして頂きました!
メモや動画をとられる方も多数。熱心さが凄~く伝わり、こちらとしてもみなさんの熱い気持ちが同じ本流フリークとして凄く嬉しかったです。

昨年もそうでしたが、今回のセミナーを受講して「あのスイングで釣れた!」と聞くのがこちらとしては凄~く嬉しいです。
ちなみにこれを書いてるまさに今日。昨年の参加者さんがスクールのスイングとスクールでお見せしたチューブフライで見事なサクラマスをキャッチ!
写真も頂いたので掲載させて頂きます。
c0157482_13115516.jpg
c0157482_13174959.jpg
ご本人は言うまでもなくもちろんでしょうけど、こちらも凄く嬉しい一匹です!
Mさん、おめでとうございます!

今回の参加者の皆さん、是非ともイイ魚が釣れたら教えてくださいね‼

ご参加して頂いた皆さま、セミナーを開催して頂き昼食や諸々を準備して頂いたWild-1様、アシスタントとして協力してけれた友人のMさん、大変ありがとうございました!
c0157482_10421455.jpg

いや~、終わってからどっと疲れました。
滅多な事では疲れないオレですが、珍しくホント疲れました…。

家に帰って片付けして色々用事を済ませ家族で食事に行き、翌日の準備して11時過ぎに就寝zzz
1時間半しか寝れずにラブライバー氏がウチに迎えに。
バイク屋さんの車に乗り換え3人で出発。着いて疲れマックス。ボ~っとした頭でワケもわからず歩かされてたのは…
c0157482_11094316.jpg
寒~い寒~い中禅寺湖の湖畔(笑)
c0157482_11145798.jpg
風は強いけど前日のセミナー時に比べたら大したことないです。
たま~にしか来ないんでイッパツ大物狙い!
朝イチから本流用の8~10cmのチューブフライを引き倒します。ティペットも太いのつけて狙いはメーターレイクです(笑)
しかし昼までチューブフライでやるもアタリ無し。
心が折れて11時頃に初めて普通のマラブーにチェンジ。
そしたら直ぐに乗らなかったけどアタリが!

その直後、隣でやってたラブライバー氏が!
c0157482_11202022.jpg
レイクをキャッチ! そしてなんと人生初のレイクトラウト。
去年のオレもそうでしたが、初の魚種って意外と嬉しいんですよね~♪

で、リリースしてからバイク屋さんと二人でラブライバー氏に「おめでとう!」と祝福。そして直後に「チッ。何だよ、先に釣りやがってよ~(笑)」と妬み(笑)

そのせいかその後は夕方に1アタリだけ。
とにかく疲れが残っててリトリーブしててもよろける始末(笑)
結局疲れに追い討ちかけるだけで終了。
「あんなバカみたいなチューブフライ投げ続けなけりゃ良かった…」と後悔先に立たず…。
それでも昼までチューブフライを引き続けた自分を褒めてやりたい(笑)

帰りの車中、いろは坂の数コーナーしか記憶にありません…。

まぁまた時期のイイ時にリベンジかな?

[PR]
by camelhd | 2018-04-17 08:58 | Fly Fishing | Comments(6)

Wild-1 本流フライフィッシングセミナー第二弾!

昨年初のスクール講師を勤めさせて頂き、大成功に終わったWild-1主催の本流フライフィッシングセミナー。
今年もやります!
c0157482_15194001.jpg
昨年参加された方々何人もの方から、その後「凄いのが釣れた!」とか「飛躍的に魚とのコンタクトが増えた」等々、嬉しいお話しや写真を多く頂きました!
中にはオレよりデカイレインボーを釣った方も(笑)


内容は昨年とほぼ同様の予定です。普段から自分がやっている、経験から学んで得た『釣れるスイング』に的を当てていきたいと思ってます。
お手持ちのツーハンドロッドがあれば、お使いのラインシステムやロッドの番手にはこだわりません。それぞれに応じた流し方を説明していく予定です。
ただツーハンドロッドをお持ちである程度投げられる方が対象にはなりますが、本流初心者~上級者まで習熟度は問いません。説明していく中で細かく質問を受け付けますので、その都度ご自分の普段の釣りで気になる点や分からない点があればどんどんご質問頂いて説明していきたいと思ってます。

前回もそうでしたがとにかく『本流で釣る』ことにこだわった内容となります。
自分が感じる本流の一番の醍醐味『震えるような魚との出会い』を参加者の方々にもぜひ味わって欲しい。そのためにも現時点で自分が間違いないと思える本流で釣るためのノウハウは全部さらけ出します。




申し込みに注意点があります。
昨年は大変ありがたいことに予想以上の反響を受けて電話での申し込みだけであっという間に定員に達してしまったので、今回は電話での予約受け付けは行いません。
なので…
①今年は受け付け店舗(高崎店、多摩ニュータウン店、入間店の三店のみ)に直接行って申し込みが出来る方。
②昨年ご参加出来なかった方を優先。
と、させて頂きます。


昨年同様流し方はもちろん、メディアでは決して説明されていないような本流の釣りでは非常に大切なことも含めてのセミナーになると思います。
まだ2回目のセミナーで不馴れな点もあるかとは思いますが、参加者皆さまの熱い本流への思いを全力でお手伝いさせて頂きますので宜しくお願い致しますm(__)m






[PR]
by camelhd | 2018-03-23 13:20 | Fly Fishing | Comments(2)

6年ぶりの魚野川釣行

先週のまとまった雨であちこちの本流が増水。
利根川も天竜川も犀川もダメ・・・。

先週は今期初の犀川漁協に行ったのですが、ついて早々に雨に降られてあっという間に濁りが。しかも朝は暴風。結局満足に流せたのは2流しだけ。それでもその2流しで6アタリあったのですがキャッチ出来ず・・・。結局早々と終了してデコって帰宅。

なのでストレス溜まってたのもあって(笑)、濁りに強い本流と言えば魚野川!
水位とライブカメラを見てイケそうと判断。
まこっちさんに聞いてみたら「明日の魚野はベストですよ!」と心強い答えが。

ってことで魚野に決定!

いつものように4時頃出発して下道でって思ってたのに、目が覚めたらもう5時半!
釣りに行くというのに朝練にいく娘や弁当作ってるカミさんより遅く起きるという大失態(笑)

仕方なく高速で一気に小出まで。
昔日釣り券を買ってたコンビニが無くなってます(笑)。
ようやくコンビニを見つけて高い日釣り券とおにぎりを買い、小雪の降る中昔良く釣ってたランへ。
c0157482_08404006.jpg
せっかく雪の上を歩いてきたのに「何コレ?」って感じです。
まぁ6年もたってりゃポイントが変わるのは当たり前なんですけどね。

ですが水の感じはかなりいいです。
水温も測ってないけど今の魚野ならこんなもんでしょう。
c0157482_08455138.jpg
ちなみに雪の壁はこんな感じ。
c0157482_09011770.jpg
↑午後に撮った写真ですが、何も無い所からよじ登れる高さじゃないです。

さっさと見切りを付けて次のラン。
c0157482_12201203.jpg
非常にイイ感じなのですが何も無し。
若干増水なんでしょうか?いいピンポイントの区間が短い感じ?
それにしても景色最高です!

もう一か所絶対いいって場所を発見。
しかしイマイチ届かないし岸際もウェーディング出来そうで出来なかったり。。。

そうこうして3ヵ所目。
渡る橋から遠目に見えたランだったのですが、気になってたので雪上行軍。

増水の割にゆったり流れるランで期待できます。

まさに核心部。
ゆっくりスイングするラインテンションに『クンクン、グググ~!』
しっかりフッキング。
ちょっと手前を狙っていた時だったので手元の余ってたラインをすかさず巻きとって回収。
手前に来て見えた魚体はイワナ!
「これ絶対バラしたくね~」と思いながら慎重にネットイン!
c0157482_08511266.jpg
コンディション抜群のいかにも本流のイワナ!
そして何を食ってるのかこのお腹!
c0157482_08544539.jpg
パンパンです。おそらく小魚を食べてるんだと思います。この時期だから鮭稚魚かな~?

尾ビレも赤味がかってこれまたカッコいい♪
c0157482_08513631.jpg
まさか6年ぶりの魚野川で釣れるとは思ってなかったのでチョ~感動(笑)
しかもそれが雪代イワナ。もう大満足!


これをリリースしてそのまま歩いて下ってみつけたラン。

なんと入って直ぐに
『クン・・ググン!』 ときてそれっきり・・・・。
岸際で来たのと魚が小さかったのが乗らなかった原因か???

岸際で食ってきたのとフライを離されたのが気になって、それまでタイプⅢだったラインをタイプⅡにチェンジ。
そして核心部でした。スイング中盤・・・。

『クン、、、ククン、、、クン・・・・・・。クン、・・・・・。ク~~~~。クンクン・・・・・。クン・・・。』
って感じでず~っとアタってます。10秒以上は我慢したかな?
ラインテンションに微かな重みは感じたままになってるので「こりゃもう食ってるだろ?」と思ってアワセてみました。

案の定フッキング!
重量感からしてさっきのイワナと同じくらいでしょうか。岸際でフッキングしたので水没してる草に注意しながらファイト。
そして中盤まで寄せた所でまさかのフックオフ (||゚Д゚)

いや~、ヘコみました。さっき釣ったイワナが帳消しになるほど(笑)

もうそれから火がついたようにランガン。
c0157482_08583979.jpg
↑の写真の見えていない所まで!で、汗だくになって行ったらたいした所じゃない(笑)

唯一こんな小場所が良さそうに見えましたが反応ナシ。
c0157482_08592924.jpg
c0157482_09002379.jpg
帰りも自分の足跡をたどって帰ります。
ちなみにスノーシューは持ってません。ズボズボ埋まります。体力勝負です。

その後また昔良かったランにズボズボ歩いて行くもやはり見る影無し・・・(´Д`)

今のポイントを知らないので歩く時間が長くて釣る時間が短いという悪循環。

最後に選んだランは唯一歩いて来て良かったと思えるランでしたが、アタリ無し・・・。
さすがにもう足も限界ですが車に戻る途中、川を振りかえると夕日に照らされる真っ赤な山々が癒してくれました。
c0157482_11064526.jpg
6年ぶりで全く期待していなかった魚野川でしたが、終わってみれば3アタリ1キャッチ1バラシという悪くない結果。
しかもあんなイワナが釣れれば言うことありません。

この6年間でシステムもフライも自分自身も進化したと思ってます。
久しぶりの魚野川でその変化を感じてみたいという思いもあった今回の釣行。
やはり以前との違いを明確に感じられました。
一番大きな変化はポイントを見る目とそれに応じたスイングのさせ方。
やはり釣れる場所ってのはどこの本流でも同じような流れだし、増水してようが減水してようが魚が付いて口を使う流れってのはどこの本流も同じなんだと痛感しました。



ホント久しぶりの魚野川。かなり面白かったです!
またチャンスのある時にでも行ってみよう!
c0157482_08535996.jpg

[PR]
by camelhd | 2018-03-13 13:37 | Fly Fishing | Comments(2)

群馬漁協2018年券入荷

今年も年券販売します。
今年は赤です。
c0157482_08334831.jpg
多くの方が購入される年鑑札の雑魚が8000円。
購入の際には顔写真(縦3cm・横2.5cm)が必要となりますのでお持ち下さい。
営業日にウチのお店に来て頂ければその場でお作りします。
2/26,3/5,6,12,18,19,26は定休日となってますので宜しくお願い致します。
ウチの定休日しか行く日がない!って方はご相談下されば時間の空いてる定休日に利根川でお渡しします。(お店電話 027-372-0408)
ただ犀川や天竜川も行きたい時期なので、そんな時はご容赦下さいm(__)m



今年の放流予定表もあります。
c0157482_08331973.jpg
4/8からの放流ですがまだ冬季釣り場のC&Rの魚がかなり残っていると思いますので、少しは楽しめると思います。

まだ群漁管内を全て歩いていないのですが、昨年の大水でかなり変わった所もあるのでポイントを探す楽しみもありますね。
今年も楽しみましょう‼

[PR]
by camelhd | 2018-02-21 08:32 | Fly Fishing | Comments(0)

私的本流ツーハンドロッド考

たまにはロッドのことについて・・・。
ぶっちゃけロッドなんて自分のお気に入りを使えばいいんです。何だってイイんです。
一平じいさんだって『竿はしょせん手の延長。竿の良し悪しは、持ち手の腕の良し悪しによって決まる』って言ってるでしょ?
オレも全くその通りだと子供の頃から思ってます!
初っ端にこんなこと言うとこの記事は身も蓋もないんですが(笑)

なので個人的考えと意見ってことをお忘れなく!


前から書こうと思ってたんですが5月だか6月頃に愛用のスコットT3hを不注意(単に滑って転んでコンクリートにティップをぶつけただけですw)で折ってしまい、本国で修理を依頼していました。それが先月に戻ってきてようやく3本揃っての写真が撮れたのでupです。

昨年1年間メインで使用したお気に入りの3本。
c0157482_13383725.jpg
上から・・・

お気づきでしょうか?
最高でも番手が5/6。最長でも12ft。
昨年一年間、本流ではこれより上の長さと番手はホント一切使いませんでした。
(流石に鮭釣りでは#7~8クラスですが、それでも12ft以下の短いロッドです。)



ファイトもコネコでレインボーの65cm・ブラウンの66cmを上げてます。特に65cmのレインボーの時は結構早い流れでしたが全然余裕です。そりゃそうです。鮭の90cmを上げるパワーを持っていますから。
海外じゃ河川によってはこの辺の番手のロッドでスチールヘッドをやってる方もいるようだし。

ビューラーの11'3″#6はもちろん、スコットのT3h#4だって瀬の中で掛けた60cmのレインボーをこちらが一歩も動かないで寄せられるパワーを持ってます。

じゃあ飛距離は?ってことになります。場所によっては手持ちで一つ上のKⅡ13ft#6/7を使ってもいいような大場所ももちろん何度もありましたが、結局コネコで通してしまい、結果それで十分でした。
もし今13ft#6/7を使うシチュエーションがあるならば、川もそこそこ大きく人的プレッシャーも高くて毎回遠投の必要のある九頭竜川の一部のランとか、とにかく広い川で毎回遠投して釣りたい時とかかな?
まぁどのみちシチュエーションはかなり限られます。

自作のショートヘッドを使い始めて早10年以上。今やもう完成された域に達していて必要十分な飛距離を得られます。その結果が低番手化に繋がった一番の要因です。
たまにシンクティップも使いますがこれらも劇的な進化を遂げていて、数年前じゃ考えられない程の低番手でそれなりのサイズのフライをそれなりの距離までキャリー出来ちゃいます。
特にコマンドヘッドの出現は低番手化への大きな要因の一つですね。

低番手化のメリットは・・・
①軽い!
②ファイトが断然面白い!
③短いので(ロッドもラインも)キャストの際にバックスペースをより必要としない。
④スイングさせやすい
⑤バラシが減る
⑥フッキングさせやすい
⑦ランディングが楽
⑧静かに釣りが出来る
⑨バックハンドや左上手でのキャストがやりやすい
⑩日本のトラウト狙いとして総合的タックルバランスが良くなる(ティペット切れも少なくなる)
etc...

デメリットは・・・
①深くウェーディングした時にコンスタントな遠投が難しい

・・・と、思いつくデメリットは唯一これだけ。
しかしこのデメリットは自分のキャスティングの習熟度でカバー出来ると思います。
シングルハンドでも振れるよう設計されたスイッチロッドじゃなく、最初から両手で振ることのみを目的に設計されたライトなツーハンドロッドを使うことでも多少はカバー出来るかと思います。
もちろんきちんとしたキャスティングのスキルがあってこその話しですが…。

とにかく軽さと取り回しの良さ、そしてファイト。ここら辺が個人的には一番の醍醐味じゃないでしょうか。

特にファイト。
短い低番手になることによって魚とのダイレクト感っていうのかな?
早い流れの中で50cmを超える魚との低番手ロッドでのやり取り。これ味わっちゃうともう止められません(笑)



ちなみにこの3本。いわゆるライトツーハンドって部類ですね。
グリップ上部で揃えるとこんな感じ。
c0157482_13384503.jpg
それぞれグリップ全長が違います。

リールシート上部で揃えたリアグリップ部の写真。
c0157482_13385269.jpg
↓グリップエンドで揃えたロッド全長の違い。
c0157482_13385689.jpg
床の一枡が30cmです。

番手なんですがコネコが#5/6、 ビューラーが#6、スコットが#4となってますが、オレ個人の感覚的にはビューラーは#5くらいな感じ。
ちょうどコネコとスコットの中間的存在として重宝してます。
まぁこの辺のツーハンドの番手表示はAFTMA規格も無いし、各メーカーや個人の感覚の違いも大いにありますからね。

こんなロッドを使ってるもんだから使ってるラインも当然軽いです。
いつもの自作フルシンクショートヘッドですが、全長6mほどで全重量21g~16g(320gr~230gr)。スクールの時も参加者の方々に言われましたし、釣り場で会う知らない方にもオレの釣りを見て良く言われるのが『凄く静かで軽快そうに釣りしてる』って言葉。
こんな軽くて短いラインを角度変換も一発でシングルスペイキャストで投げるんだからそう見えるんでしょう。いや、実際チョ~軽快です!
もう時代はそこまで進化したってハッキリと言えるくらい。
きっと今のオレはヘビーなラインを何度も水面に打ち返してドカンと投げるなんて、めんどくさいし重いしでもう出来ない体になってると思います(笑)
注:初心者が11ft台以下のロッドを使用してシングルスペイキャスティングの遠投はチョッと難しい(と思う)。初心者はやはり13ft#7~12ft#6辺りから入るのがいいのかな?

でももっさりしたバンブーやグラスもそれはそれで楽しいですよね?
オレも好きでたまに使ってるのはご存知かと…。
友人でも「オレは長いロッドで釣りたいんだ!」って16ft以上もあるロッドで釣りしてるのもいます。その拘りもぜんぜんアリだと思います。
オレだってフローティングラインは昔ながらのフルラインのスペイラインに拘ってますし。(ちょっと脱線しますがそっち系も地味に進化してますよね。バリスティティックのベクターとかリオのシングルハンドスペイ。愛用のこの二つのラインはエアボーン系のスペイキャストの釣りでは特に秀逸と感じてます。)

話しを戻して…
みんな色んな拘りがあるから面白いんです。
だからロッドなんて結局好みでイイって冒頭で書いたんです。

ただ現在はラインも進化してそれに合わせて高性能な低番手ツーハンドもあって、オレはそんなタックルに凄~くハマってる感じ。。。
みなさんも機会があれば低番手ツーハンドを振ってみて下さい♪

[PR]
by camelhd | 2018-01-09 11:28 | Fly Fishing | Comments(4)