群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野フライきちがいのブログ
ブラッドノット/岡田裕師...

最新のコメント

kikuさん、こんにちは..
by camelhd at 15:12
先生(笑い とても勉強に..
by kiku at 14:24
ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 12:49
お疲れ様です。フライに対..
by ネコ好きヘッダー at 12:29
ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 12:51

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:犀川( 78 )

犀川 2019(今年4回目)

前回しばらくは行けそうもないとか書いといてまた行っちゃいました。スミマセン(笑)
前日行った友人はかろうじて一本。それにプラスしてニゴイw。
しかし数日前に行ったAさんはなんとブラウン63cm!あれは見事な魚でしたよね~。

天気予報は夜に雨の予報。
この時期の雨って絶対良くない条件!
ましてや秋~冬の夜に降り始める雨はいただけません。

それでも夜3時に起床。
予報を見るとやはり雨。でもまだ水位は若干の増水で釣りには影響なさそうってことで出発!
途中、上田市辺りは土砂降り。犀川に到着する頃にはほぼ止みましたが、水位計の計測では若干増えてます。
実際川に立つとここ最近より5~10cmの増水。嫌な予感しかしません…。

ここ最近、反応もあって自信のあるランから開始。
ところが! 何の反応もありません。やはり未明の雨での若干の増水が効いてるのでしょう。

移動して2ヶ所のラン。
ここは恐らく雨の影響の少ないであろうラン。
慎重に一流ししますが、何の反応もありません。もう終了となる辺りで根掛かりしてフライをロスト。
それまでの反応の無さからフライをキャメルグリーンのゾンカーにチェンジ。
その数投後。回収リトリーブを終了してロッドを立てると『グ!』「あれ?何かに引っ掛かった?」と思ったら『グングングン!』何と魚です!しかし水面で『グワン』と反転して直ぐ外れました。

「ん~、移動しようかと思ったけど絶対このランいいだろうからこのままキャメルグリーンでもう一流ししよう!」と再びランの頭に。

釣り下って一番良さげな辺り。
スイング後半に『コン』 「ん?たぶん魚だよな?」
そのままスイング継続させるとフライに葉っぱが引っ掛かかったような微妙な重みを感じます。だけどもうスイングしないくらい手前の緩い流れ。
絶対フライを食ってると確信してゆっくり大きくアワセます。するとしっかりした重みが!「ヨッシャ!乗った!」
『ゴンゴンゴン!』と水中で激しく首を振る感触となかなかの重量感。「デカイ!」
トルクあるファイトをいなしながら慎重に寄せます。途中『ギギギギ~!』とラインを引き出し走ります。
ネットを出して手前に寄せるとなんとブラウン!
ス~っと寄せて一発でネットイン!
c0157482_22360546.jpg
いいサイズのオスのブラウン!
だけど「あれ?これって???」見た瞬間、何となく見覚えが…。
直ぐに携帯を取り出し写真を確認すると…。
何と前回upしたボブが釣ったのと全く同じブラウン(笑)
年に1~2回はあるんですよね~。こういうことw

それでもいい魚!
いかにもオスのブラウンらしいデッカイ胸ビレ。
c0157482_22530145.jpg
お腹もパンパン。
c0157482_22570227.jpg
そしてキャメルグリーンのゾンカーをガップリでした!
c0157482_22550732.jpg


これをリリースして再開した10分後にも流芯をスイング中に『コン、ゴン!』ときたけどそれっきり。

その後もランガンするも風も強くて水位も若干増水。場所によっては濁りも酷く12時半には撤収。
ちなみに川は濁りで場所によってはこんなん。
c0157482_23005446.jpg
c0157482_23012664.jpg
気温も朝イチだけは暖かかったんですが、二流し目からは風も吹き出して寒くなってきました。毎週行ってるここ最近の条件としてはこの日はかなり悪い条件だったと思います。

だけど同じ時間帯にやっていた地元の友人はいいレインボー!
c0157482_23025601.jpg
たった一度だけのアタリを見事にキャッチ!スイング中のやはり小さなアタリを上手くフッキングさせたそうです!
おめでとうございます!


朝イチの絶対に自信のあったランで何も無かった。ここ最近、朝イチは絶対的に良かったんですが、この反応の無さ。どう考えても未明の雨が原因でしょう。
イイ時期ならば未明の雨は大チャンスです。ところがこの時期の雨ってのは絶対良くないと感じてます(あくまでフライではね…)。イイのは日中の降り始めの僅かな時間だけ。ちょっとでも水が増え出したりゴミでも流れてきようものなら途端に反応無くなるのが秋~冬のパターンと思ってます。
ただ、それが落ち着いた時はまた急激に良くなりますけど…。

この寒い時期はあまり変化がないほうがイイような感じがします。
クリアー&減水ってのが何だかんだ言ってベターなんでしょう。
こういうのも前回書いた冬パターンが確立されてないから、今まで分からなかったことなんだと思います。


翌日は仲間でスキーに♪
c0157482_11530081.jpg
釣りの仲間で釣りとは違うことをするのって凄く面白いです(笑)

by camelhd | 2019-02-05 21:20 | 犀川 | Comments(2)

犀川 2019(今年3回目)

今週は行く予定じゃなかったんですが、急遽フリーになったため行っちゃいました。
c0157482_22473331.jpg
って言うか、行きたかったんです…。

仲間のボブが日曜日に犀川行ってこんなのを…
c0157482_22004813.jpg
↑朝イチのまだ明るくなりきらない6時半過ぎにモコンとライズしてたそうです!
それだけじゃなくて…
c0157482_22011784.jpg
↑放流魚じゃないですよ。ビッカビカの本物ですよ!
凄いでしょ? テンション上がっちゃうでしょ?
しかもまだ他にも釣ってるんですよ。
ニュースでも言ってたように大寒波が来ていた週末です。寒~い日のホント朝イチだそうです。
寒波なんて関係ないんですね…。


同じシステム、同じフライ。それならオレだって!って思うでしょ?(笑)
なので、鼻息全開で犀川へGo!

この日は夜が晴れてたようで放射冷却でかなりの冷え込み。
道中の温度計は-10℃。
c0157482_22085046.jpg
暗いうちに到着して空が白み始める頃から準備。
明るくなりきってないうちに川原へと歩き始めます。
あっという間にウェーダーも凍ります。
c0157482_22103946.jpg
ガイドの氷を取りながら丁寧に釣り下るも反応なし。

ランの後半。
スイングのど真ん中で『ク~、クン、グググ~!』 「きた!」スイング中盤の流芯で気持ちのイイアタリ方。
なかなかサイズです。朝イチの一匹なので慎重にファイトしてたら突然『フッ…』「え"~~~!?」
なんとファイト半ばでバレました。

気を取り直して再開して10分後。
『ククン、クン、グ、グ、グ~!』と今度はしっかり持っていくまで待ってると『シ~~ン…』なんと合わせる前に離されました。

その10分後にも似たようなアタリで離されました。

しかし朝イチの一流し目で反応が3回。
やはり朝イチが時合いのようです。

移動して2ヶ所目。
そこでもランの頭で小さいけど明確なアタリ。
中盤でも『クン、クン、ドドン!』と来て乗らず…。

もう気が狂いそうです(笑)


その後も良さそうな所を歩きまくって流すも反応無し。
やっぱり朝イチがイイみたいです。

あちこち歩き回ってダメで、時間的に最後のラン。
朝2番目に入ったランにもう一度入ります。

そこの核心部。
スイング中盤で『モゾ、ク~、グ、グ、グ~!』としっかり待ってからフッキング。「よっしゃ!乗った!」
水中で『ドンドンドン!』と大きく強く首を振ってます。重量感もかなりのもの。「これデカイ!」
水面で『ドバドバン!』と出た魚体はパンパンの銀ピカレインボー。
慎重にファイトしてネットを抜いて寄せにかかった時、『プン…』 「うっそ~!?」

寄せにかかった時に見えた魚体は50半ば~後半の太い魚ピカのレインボーでした。起死回生の逆転ホームランを阻止された感じでしょうか。とにかく今日はもう終わったなと…。

時間的にあと15分。移動する時間もないので、同じ場所をもう一度流します。
途中根掛かりしてフライをロスト。
新しいチューブフライを出すのすらめんどうだったので、フライパッチに一つだけ付いてたバーバーラーバをセット。確か秋に利根川冬季釣り場で使ってたやつかな?

その数投後。
スイング中盤で『ク、グググ~!』「きた!乗った!」
まさかのラストチャンスが巡ってきました!
慎重にファイトしてましたが頭の中は「どうせまたバレるんだろうなぁ」と完全にマイナス思考(笑)
しかし!なんとか無事にネットイン!

「や、や、やったよぉ~。・゜゜(ノД`)」
c0157482_22430696.jpg
完全放流魚ですが、ホント貴重な泣きの一匹。
しかしながらコンディションはイイです。ファイトもなかなかでした。
c0157482_09011799.jpg
しかも終了10分前。いや、もう5分前位だったかもしれません。
この安堵感は日常生活じゃ滅多に味わえませんよ(笑)
やっぱり頼れるバーバーラーバ!
久しぶりにこのフライに救われました。


今回7回のアタリに対して1キャッチ2バラシ。
しかもどのアタリ方も普通ならフッキングしてるようなアタリ方でした。
なのにしっかりフッキングしない。
実はここ最近も釣ってはいましたが、口先にギリギリフッキングしていたり、ネットインしたら針が外れてたりってのがほとんどでした。この日の魚も口先ギリギリ。
ブラウンに限っては2匹とも奥までバックリでした。冒頭のボブのブラウンもそうだったようです。
しかしレインボーに関しては今まででギリギリのフッキング。

これはもう明らかに食い方が悪いと言って間違いないと思います。
でも場所の選択と流し方さえマッチすればあれだけアタリはあるんです。食い気やフライを追う気はあるんです。ただ最後の一飲みが浅いのとフライの追い方が違うんだと思います。
今まででも薄ら気がついてはいましたが、この日で確信に変わりました。魚がどうフライを追い掛けてどう口にしてるかが鮮明にイメージ出来るほどに。
そしてその対策もバッチリ考えました!

帰りの車中はそんなことをずっと考えながら運転。お陰で全く眠くならずに到着も早く感じました(笑)


それと真冬の時合い。
元々冬の釣りなんて、犀川の秋・冬が始まってから7年位。まだ冬の釣りなんて確立されてないんです。利根川では以前から冬もOKなので前からやってましたが、釣り人の勝手なイメージで暖かくなった頃からがイイと思ってやってました。犀川でも多くの人がそうだと思います。その証拠に朝イチはほとんどガラガラですが、昼前にはそこそこ釣り人がいます。
なのでそもそも真冬の朝イチなんてやってる人があまりいなかったんです。自分たちですら最初の2~3年は朝イチからやってませんでした。
ところがいざやってみたら朝イチに反応がある!
ここ最近は朝イチ~9時頃までがプライムタイムです。10時過ぎちゃうと途端に反応悪くなります。
なので誰が言ったか知りませんが「冬は暖かくなってから」なんて今は全く信じてません。だって現場はまるで違いましたから…。
ここ最近釣れてる魚のコンディションを見ればかなり餌を食べてるのも分かりますよね。朝イチとかに集中して食べてるのかなと感じます。


真冬のフライの食い方、時合い。通い込んでやっと見えてきた真実。まさに『真実は川と魚が教えてくれる』ですね。それでもまだ分からないことだらけ。
とりあえず今は考えたフッキング対策を試しに行きたい(笑)
けどしばらく行けそうにないんだよなぁ(´Д`|||)
c0157482_09421317.jpg

あっ!それともう一つ!
前回犀川でサングラスを紛失したんですよね。
ところが!日曜日に犀川行ったボブが発見!
c0157482_11111697.jpg
なんとたまたま足元を見たら水中をコロコロとゆっくり流れていたそうです(笑)
100%諦めてたんですが、まさか水中で流れているところを発見されるとは!奇跡としか言い様がありません!
ボブにも感謝!

by camelhd | 2019-01-28 21:56 | 犀川 | Comments(2)

犀川 2019(今年2回目)

前日のCND杯の疲れ…じゃなくて悔しさを引きずりながらも、月曜日は本格的な真冬を迎えた犀川へ行って来ました!
c0157482_12144933.jpg
まぁ寒いのは覚悟の上。じゃなきゃそもそもこんな時期の犀川なんて行きませんよ。相変わらず厳しいようで行った友人達も良くて一本との話し。アタリも無かったって人がほとんど。
それでも前回行った時に個人的には調子良かっただけに、今回はぶっちゃけ一本くらいはイケるかな?って自信ありました。

まだ暗いうちに現地到着。
30分くらい車中でウトウトしてると少し明るくなってきたので準備開始して目指すポイントへ。
そこは前回たまたま直前に先行者もいたせいか何の反応も無かったラン。だけど絶対悪くないと思って入ったけど何故か反応無し…。

結構気温も低くガイドも凍りまくり。
c0157482_19432875.jpg
山の雪を見るだけでも寒そうでしょ?
いや、実際寒いんですよ(笑)

そこで、より冬の釣りに適した感じのランへ移動。
c0157482_12263343.jpg
開始後数投目。
『クン、ドン!』と来たのにそれっきり…。

20mくらい下った所。クロスにキャストしてスイング開始して直ぐに『ククククン!』と明確なアタリだけどそれっきり…。

さらに20mほど下った所でもスイング後半に『モゾ、ク~……ドドン!』と来てやっとフッキング!
「やっと乗った!しかもナイスサイズ!」と思ってやり取り始めたら『フッ…』
なんとバレました(T-T)

でも一流しで3アタリ。時間をあけてからもう一度入ろうかと思いましたが、前回来た時は朝が反応良かったんです。それにアタリ方からして食い気はあるけど深追いしてくれないのかな?と…。なので寒いけれども今が時合いと読んでもう一度入り直します。
だけど3回もダメだった…。
そこは結構深さのあるラン。ラインはいつものtype2。恐らくタナが合ってない。ってことで滅多に使わないtype4のヘッドをセット。ちなみに去年は確か一度も使ってません(笑)

ランの頭から再開して最初にアタリがあった所。
スイング後半で『クククン、ドン、ドドン!』と来て今度はちゃんとフッキング。なかなかの強いヒキ。
寄せてきたらシルバーに光る魚体。さらに寄ってくるとなんとブラウン!緊張しながらネットイン!
c0157482_12432539.jpg
前回のスリムなブラウンと違ってお腹パンパンです。
心配だったフッキングも大きめのチューブフライが全部隠れるほどに口の奥にバックリ。やはり最初はタナが違ってたのかもしれません。
粘りのあるファイトも納得の魚体。
c0157482_12470631.jpg
サイズこそ44cmでしたが、この時期のブラウンは嬉しいです♪

リリースして再開。まだヘッドも出しきってない一投目。
『グ~!』 「あれ?何かついてる? いや、魚だ!」
めっちゃ手前だったので『ビシっ!』とアワセます(笑)
なんとまあまあサイズのレインボー!
近かったので直ぐキャッチ。
c0157482_12551855.jpg
放流魚ですがこれもお腹パンパンです。
顔もカッコ良かったです。
c0157482_12571995.jpg
まぁちょっと釣れちゃった感もありますが(笑)、一匹は一匹。

ってことで早々に2本キャッチ。そのまま下流まで流しましたが、反応無しでした。だけど濡れた手が下流からの冷たい風にさらされて冷たいの何のって(笑)。


type4が付いたままだったので、前回バラシたやはり深さのあるラン。
バラシたピンポイントは反応無し。そのまま下ってもうtype4はおしまいかな?って辺りで『ククン、クン、クン、グググ~!』と重みを感じたところでしっかりフッキング。
サイズはそれほどでもなさそうですが、鋭い突っ込みと速いダッシュ。寄せてくるとクリアな水中で『ギランギラン!』
ネットインするとなんとキレイなレインボー!
c0157482_13063427.jpg
ビッカビカです!
c0157482_13072607.jpg
それぞれのヒレもキレイ。↑尾ビレもカッコいいけど背ビレもキレイです。
c0157482_13102702.jpg
そしてこれまたお腹パンパン。
c0157482_13093391.jpg
小魚食べてるんでしょうけど、実際何食ってるんだか気になりますよね~(笑)

この時点でまだ10時。この日は2時には上がらないとだったんですが、既に気分は余裕。なので前回入らなかった所や入ったけど反応無かった所をチェック。
良さそうに見えるランも反応ありません。やはり朝がイイのか?

そうこうして、あるポイントを流していると既に一時過ぎ。
最後にいいピンポイントがありました。
そこをいつものtype2で流しているとスイング中盤で…『クン、クン、ドドン!』と来てフッキングさせると重量感あるファイト!
直ぐ下流は速い流れだったので、そこに入られないようにロッドを絞り込み耐えます。重量感と粘り具合がブラウンぽかったんですが、寄せてみるといいレインボー。「これ今日イチサイズだ~!」と慎重にネットイン。

撮影しようと携帯を取り出すと何とバッテリー切れ(笑)
イケスを作って魚を置いて走って車に戻ります(たぶんこの時サングラスを落として紛失(T-T)) 。
緊急時用に常時車に積んであるジャンプスターターで携帯の充電も出来るので、ケーブルを繋ぎながら何とか撮影。
c0157482_13281330.jpg
サイズは54cm。これまたコンディションのいいレインボー!
c0157482_13290389.jpg
恐らく放流魚なんでしょうけど、ここまでくると放流魚っぽくなくなってきてますよね。ファイトも良かったしカッコいい魚です。

で、これを無事撮影して終了。


今回も7アタリ4キャッチ1バラシとめっちゃ好結果!
ただ最初に乗せられなかった1アタリはその後キャッチしたあのブラウンだと思いますんで、その場でリベンジ達成かな?
それと反応あった場所は2枚目写真のような流れのラン。モロにあんな感じのランはタイミングさえ合えば反応がありました。この写真にヒント満載です(笑)。

ただ低水温のせいなのか、食いきれずアタリだけで終わっちゃうのが前回もありました。恐らく追いきれないんじゃないか?原因はタナだろうなと思ってたので、今回type4を使いました。(決して魚の目の前にフライを届けるワケじゃないですよ。フライは魚の目線より絶対的に上じゃなきゃダメです!
type2とは全く違うベースで作ってあるtype4。仲間内でも誰も持ってないし誰にも言ってもいないんですが(笑)、たま~にしか出番が無いけど、個人的には強力な切り札です。スーパーサブ的存在ですね。
前回もバッグの中には入ってたんですが、なかなかその場で頭が切り替わらないんですよね~(´-ω-`)

今日の7回のアタリ全てが小さな『クン』ってアタリから始まるものでした。魚も激しくフライを追い掛けるって感じではないんでしょう。上手くスイングさせて魚に追わせて一回で食わせる一発勝負的な感じです。低水温でクリアーな真冬の釣りでは、なるべく毎回失敗のない上手なスイングさをせることが鍵になります。
それさえ上手く出来れば何かしらの反応があるはずです。あっ、ポイント選択もめっちゃ大切ですよ!

前日のCND杯でお会いしたベテランのお方も「やっぱりスイングだよね~!」と言っていました。別に皆さんにスイングを強要してるワケじゃないんですが(笑)、釣ってて楽しい&アタリとフッキングがドキドキなのが他にはないスイングのたまらない醍醐味なんですよね~(*≧∀≦*)

by camelhd | 2019-01-22 12:10 | 犀川 | Comments(4)

犀川 2019(今年1回目)

年が明けてから初めての釣りです。
正月は2日3日とキャス練。そして7日の月曜日もキャス練。
その間、友人達が犀川に行ってましたがデコるのは当たり前。とにかく厳しいらしい。
それでもチラホラとバラシたとかの話しも…。
しばらく犀川行ってなかったし、そんなバラシた話しを聞くと何だかテンション上がってきて(笑)、珍しくフライも補充してヤル気マンマンで犀川にGo!

道中、軽井沢での気温はマイナス12℃。
それを見て「真冬の犀川楽しみ~♪」と何故か更にテンションup(笑)

まずコンビニで年券を購入。明るくなるまで車中でちょい仮眠。

明るくなってから準備して川へ向かいます。
目指すポイントの少し上流に良さそうなポイントを発見。
もちろん誰もいないし「そっちをやってからにすっかな!」と、上流の小場所に。
寒いのでラインをよ~く引き伸ばしながら、リールからランニングラインを出していきます。
ヘッドをロッドから全部出したところでキャスト&スイング。
1mくらいずつランニングを出しながらキャスト。
5投目くらいだったかな? スイング後半で『グ、グ~!』「うっそ!もうキタ!」
フッキングさせるとシルバーの魚体が水中で『ギランギラン!』
朝イチに掛けた魚、絶対にバラシたくありません!
慎重にやり取りしてネットイン!
c0157482_09443735.jpg
新年初釣りなのにいきなりの50up!
まだ開始数分です。魚から外したフライがまだ水を吸収して濡れきっておらず、水面に浮いてます(笑)
寒いので釣る前にフライを揉んで湿らすなんてやりませんから、結んでそのままです。開始直後過ぎてガイドもまだ凍ってません。

普通に明るくはなっていましたが、まだ山から朝陽が射し込む前でした。

この魚、撮影中に小魚を吐き出しました。
c0157482_09593800.jpg
しかもなんとその小魚は生きてたんです!
ちゃんとリリースしたら元気に泳いでいきました(笑)

真冬の朝イチは釣れないなんて大ウソなんですよ。魚はオレが釣り始めるよりも早く餌を食べてるって証拠ですよね。実際に現場で経験しないと分からないいい事例です。

その後は直ぐにガイドも凍ります。
c0157482_10032609.jpg
でももう釣れたので気が楽々♪

ただ寒いです。
c0157482_11475436.jpg
日陰は普通に雪が残ってます。

で移動して数日前に仲間がバラシたというポイント。
一目見て「ここだな!」と分かるピンポイント。
ラインがtypeⅡヘッドではダメそうだったので、インタミにチェンジ。
核心部をスイングさせると『グ、グググ、ググ、グ~!』と来てフッキング!
直後に水面で『ドバドバン!』いいサイズです!
レインボーの赤みが見えました。
なかなか寄らなかったんですが、上手くネットイン。
c0157482_10110585.jpg
秋の放流魚なんでしょうけど太ってます!
しっかり餌を食べてるんでしょう。
一匹目を釣ってからまだ一時間。釣れるときはこんなもんですかね?
c0157482_10131404.jpg
やっと太陽も山から顔を出して朝陽が出て来ました。

この時期に朝イチに2本!こりゃ今日はもう帰ってもイイかなと思えるほどですよ(笑)
とは言え久々に丸一日釣りが出来る貴重な休日なので、そんな気サラサラありませんけど。。。

で、移動してめちゃくちゃ釣れそうなラン。
でもそこはアタリ無し。よくよく考えると真冬向きのランじゃないんですよね。イイ時期なら絶対ってランなんですが。
だけどこれを機に真冬の釣りを思い出した感じです。

真冬向きなランに移動。
イイ所をスイング中に『コン…』「ん?葉っぱ?」そのままスイングを続けていると5秒後くらいに突然『ドドドン!』
「キタ!」そのままロッドを絞りこみ水中で大きく『ドンドンドン』と首振り。「これイイサイズ!」バットを曲げてしっかりプレッシャーをかけてファイト。重量感ある感じでやり取りしてると『フッ…』なんと無情なフックオフ。

移動してここ良さそうと感じたラン。
そこでもせっかく掛けたのにバラシ。そんな大きくはありませんでしたが。

一緒に来ていた仲間二人とお昼休憩。
二人はアタリ無しだそうです。

お昼を食べた後は普段入らないランへ探索。
なかなか良さそうでしたがアタリ無し。時間帯を変えれば何かありそうな感じ満々なランでした。

また移動。
典型的な真冬向きのラン。そこでスイング後半に『グ~。』って感じの鈍いアタリ。
ファイトも良くかったんですが、上げてみたらちょっと痛んでるレインボー。なので一枚だけ写真を撮って手早くリリースしました。
c0157482_10332851.jpg

さらに下って中間辺りで『トトン!』と1アタリ。まぁ乗らなそうなアタリですけど(笑)

もう下れないかなって所まで来たスイング後半。『グ、ドンドン!』ときてフッキング!
水中で『グワングワン』と頭を振ってるのが伝わってきます。しかも早く重い突っ込みに「デカイ!」
岩盤帯で足場が悪かったのでまずは安全な足場を確保。そこで慎重にやり取り。寄せてくると「あれ?そんなデカくない(笑)」
でも姿が見えると「あっ!ブラウンだ!」
フライはばっくり口の奥に入ってます。なので安心してネットイン。
c0157482_10463979.jpg
いや~、久しぶりのブラウン。50はないけど良型ブラウンです!
朱点の無い犀川っぽいブラウン。
c0157482_10493524.jpg
ヒレも透き通っていて背ビレも大きな見事な魚。
顔つきもイイですね~♪
c0157482_10510222.jpg
最初のファイトはかなりの大物かと思いましたが、やはりブラウンは強いですね。

そこのランをもうちょいやろうかと思ったんですが、このブラウンに満足して移動。
その後は今後の為に気になるランを調査。3ヶ所回って最後の場所は絶対って感じでしたが、いかんせん夕方過ぎて薄暗くなってたので反応無しでした。

今回一本出ればイイなぁと思っての釣行でしたが、終わってみれば7アタリ4キャッチ2バラシのハイシーズン並の結果。
この時期でこんなのはそうは無いでしょう。今までの真冬の釣りの経験が生きた感じでしょう。
頭じゃ分かってるんですが、ついつい現場に立つとそんなこと吹っ飛んじゃうんですよね(笑)
今回はたまたま現場で感じれたからこそ、真冬一発目の釣りでも真冬パターンを実践出来たってところでしょう。

今年の冬はそんなには行けないかもしれませんが、真冬のイイ魚に出会うべくまた犀川行きたいと思います(^3^)/
c0157482_11465350.jpg




by camelhd | 2019-01-09 08:46 | 犀川 | Comments(2)

犀川(今年10回目)

久しぶりの犀川です。
前回デコってからしばらく厳しい状態が続いていたようです。聞く話しはゼロなんてざら。アタリもろくにない状態。
寒くなってくると放流魚が口を使わなくなります。その代わり例年だと在来のブラウンや銀ピカレインボーが反応し出すのですが、今年は上の犀川漁協管内が凄く魚が薄い状態でした。なので春から今年の冬はこうなるだろうとは予測してました。

それに加えて週末の寒気。
いい要因がないので全く期待してはいませんでした。
唯一、釣れてないから他の釣り人が少ないってことだけ。


3時に家を出発。
国道18号で軽井沢を抜ける時の気温は-6℃。
それを見て「いよいよ冬だな~。」と感じたけど「まだ真冬じゃないよな~。この気温なら何とかなりそうだな~。」と…。
普段からよほど極端な低水温でない限り、あまり水温とかは関係ないと思ってるので。むしろ水温なんかより雨や強風で流れてくるゴミなんかのほうがよっぽど釣れない要因です。。。


明るくなって7時前に釣り開始!
c0157482_09235835.jpg
川面が煙る幻想的な風景。キーンと寒さが身にしみます。今期初の手袋着用。
ガイドも凍って全然飛ばなくてイライラします(笑)

川は減水&かなりクリアー。この時期ならばこれは悪くありません。むしろ好条件かと。
狙いは大型ブラウン、若しくは銀ピカレインボーです。

まずは銀ピカレインボーが付きそうなポイントに差し掛かります。
ところが何も無し。かなり期待していたんですが…。

次にブラウンが付きそうなポイント。
スイング中に明確な『コン!………ククン』 だけどそれっきり。
「小物か?」でも貴重なアタリなので、もう一度同じ立ち位置から丁寧にスイング。
すると全く同じ所で『グン、ググン、ドンドン!』「よっし!きた!デカイ!」
いきなりバットまで絞りこまれまれ、グイングイン頭を振ってる手応えが。
テンションを強く保ちながら耐えていると『フッ…』
なんとフックオフ。「お~い、マジかよ…。」
姿は見えませんでしたが、結構なサイズ。たぶん55~60ってところでしょうか。この寒さの中、かなり早い流れの中でした。

凄~く落胆して「今日はもう終わったな…」と(笑)

移動した先でも一アタリでしたが明らかな小物の感じ。

ここで長野のNさんと合流。Nさんが先週釣ったランを一緒に釣り始めます。
早々に二人してそれぞれ一アタリ。しかし乗りません。
そのランは凄くイイ感じなのですが、見切りを付けてオレが良さそうと感じたランへ。

ちょうと隣でNさんが見ていた時。緩い流れをスイングさせていると…「クン、ククン」
だけどそれっきり。

もう一度キャストしてよりきれいにフライが泳ぐように丁寧にスイング。すると…『グン、グン、グン』と長いアタリ「キタ!持ってけ!」と待っていると『ググググ~!』「よっしゃ!乗った!」
クリアーなので遠くの水中で首を振る凄く真っ白な姿が!
慎重に寄せてくるとなんと銀ピカなレインボー。
ドキドキしながらネットイン!
c0157482_09533169.jpg
なんともまぁキレイな魚です!しかも54cmとイイサイズ!
c0157482_09560502.jpg
尾びれやそれぞれのヒレもピンとしていて凄くキレイ。
c0157482_09574994.jpg
赤みがかった胸ビレや腹ビレがタマリマセン!
お腹もほんのり赤くなってます。
c0157482_09585377.jpg
殖産でこんなキレイなレインボーは久しぶりかも?

フライは最近定番のキャメルレモンゾンカー
利根でも犀川でも頼りになる一本。

その後は別のランへ移動。
そこで開始早々、早い流れをスイング中に『ゴン!』しかし乗りません。
もう一度スイングさせると『グ~、ドドドン!』ときてフッキング。
最初はいいファイトだったけど途中からお疲れモード(笑)
やはり放流魚でした。
c0157482_10073149.jpg
でもサイズもまあまあ。測らなかったけど50くらいですかね?
c0157482_10092223.jpg
これを釣ってちょっとして終了。
もうちょいじっくりやりたい場所もあったんですが、用事のために早上がり。

全く期待してなかったんですが、何だかんだ反応はありました。
5アタリ2キャッチ。2時まででこれなら今の殖産ではかなり良かったんではないでしょうか?
ただ針に掛かった3匹はどれも一発では乗らず2投目でのフッキングでした。たまたまなのかもしれないけど、食い気はあるけど追いがイマイチなんでしょうか?それとも単純にフライがデカイだけなのか?(笑)

何はともあれ素晴らしい魚が釣れて大満足な犀川でした(^3^)/
c0157482_10303734.jpg

by camelhd | 2018-12-11 08:57 | 犀川 | Comments(2)

犀川(今年8回目)

ここのところ天候も安定して水量も落ち着いてきた犀川。
先週は利根川だったんですが、水量のある本流が恋しくなり今週は犀川へ。

前回は不覚にも寝坊して朝イチのチャンスタイムをふいにしてしまったので、今回はバッチリ明るくなる前に到着です。
しかしそこかしこに暗いうちから準備中の方々。みなさん気合い十分です。

前日には餌釣りの大会があったようで、そのまま居残ってやられる方もいたのかな?


なので空いてるポイントから開始。
何にせよ前日にはかなり大勢の餌釣り師が入ったので、餌では釣れないポイントを狙います。

釣り始めて20分くらい。
スイング後半で『ググン!』
早い流れできたのはお久しぶりなブラウン。
c0157482_10213155.jpg
30cmくらいでしたが早い流れも手伝ってサイズ以上のいいヒキしてくれました♪
朝から幸先いいです。


そのまま歩いて次のラン。
水量も落ち着いて先週入った時よりもいい感じです。
「たぶん何かあるな~」と考えながら核心部チョイ手前から釣り下ります。
水面にいいヨレができた核心部をキレイにスイングしていた時。
『グン!グ・・・ググン・・・・グン・・・』 と、突然のアタリ!
しかしなかなか持っていきません。
「うわ~、早く持ってけ~」 と祈るように我慢して待っているとようやく『ググググ~~~!』
アタリの時の重量感からまあまあサイズと思っていましたが、フッキングさせるといきなりいいダッシュ!
大きい感じはしないけど鋭いダッシュとキレのあるファイト。
「またブラウンか?」と思いながら手前に寄ってきたらギランギランと青く光る魚体。
緊張しながらネットイン!
c0157482_10554347.jpg
背ビレも尾ビレもピンとしてるし、胸ビレや腹ビレは透き通ったキレイなレインボー!
魚体の色合いも正に銀ピカのメタリックボディー。
c0157482_10564389.jpg
尾ビレには若干の銀スジも。
サイズこそ40cmそこそこですが、とにかくキレイなレインボー!
c0157482_10561375.jpg
鱗もきめ細かいですよね。

朝イチにこんなキレイな魚が釣れちゃったのでもう大満足。
この日は午前中だけの釣行なので、「あとは気になるポイントをチェックして・・・」と、心にゆとりが生まれます(笑)
c0157482_12130839.jpg
紅葉がキレイだな~♪と写真をw


移動してとあるポイント。
ルアーマンの方が移動したので入れ替わりで入ったら直ぐ。
c0157482_12102873.jpg
c0157482_12105818.jpg
放流魚だけどスイング中に『ドドドン!』と気持ちいい食い方♪

写真撮ってリリースして再開後直ぐ。5分後くらいかな?
c0157482_12112072.jpg
同じようにスイング中に『ドドン!ギギギ~!』と気持ちよかった~♪

↑最近釣られてリリースされた魚のようです。
リリースされればちゃんとまた食ってくるんですよね。


さらに下った所でもう一つ45cmくらいの放流魚を追加。同じような魚だし場所が悪すぎたので写真は無し。


で、地元のNさんと合流して最後に気になるランへ。
久々のランでイイ感じでしたが2アタリで終了~。


今回午前中だけで終わってみれば5本。しかも早々にキレイなのが釣れちゃったんで、その後はいつものようにガツガツせずにやってたんですが、ポポポンと放流魚も釣れたのでラッキーでした。
恐らく期待のポイントをもういくつか回ればもうチョイ釣れたかもしれません。
それでも期待に反して全くアタリのないランもありましたから、何かズレると厳しいかも?

そして水況が落ち着いちゃってるせいか、大物が出る感じじゃないような・・・。
もし大物が釣れるなら朝イチとか小雨が降ってる時とか、何にせよ今の状況だとチャンスは少ないかもしれませんね。

紅葉の始まった秋晴れも犀川、気持ち良かったです♪
c0157482_12113173.jpg



by camelhd | 2018-10-30 13:52 | 犀川 | Comments(2)

犀川(今年7回目 ひょっとしたら8回目?)

お山も禁漁になって、本流のセカンドシーズンの始まり。
早く行きたかったんですが、台風やら用事やらで全然行けずじまいでした。

前夜も用事があったりしてその後フライを巻いて夜12時半に就寝zzz

で、目が覚める。
「なんか良く寝れたな~。」と思って時間を見ると既に5時半!
目覚ましは2時半にセットしたはずなんですが(笑)

あわてて支度して出発。
普段は使わない高速を全区間駆使して犀川に着いたのが7時半。

上流から来たので下りながら川を見ていくとまぁ凄い釣り人の数!
予定していた幾つかの場所はみんな釣り人が入ってます。
数日前に放流があったポイントなんかは隙間がないほどです。
しかし川は良さそうな感じ。
c0157482_10450184.jpg
結局最下流の大原橋まで行って釣り開始。
この時時間は既に8時過ぎ。
川は白っぽいものの透明度は股下~腰位。
c0157482_10435221.jpg
ちょうどイイくらいでしょう。水量は多めです。
良さそうな場所だけ流していくと数回明確なアタリ。でも明らかに小物で乗りません。

移動してもう一ヶ所小場所を流すとやはり小物のアタリが3回。
どうやら小物が元気なようです。水温も適水温なんでしょう。

その後も先行者の方に入れて頂き流すも小物のアタリ。

移動してもうお昼前。
早い流れをスイング中に突然『ドン!』
しかし乗りません。そのままスイングさせてるとスイング終わり間際で『ゴゴン!』
でもまた乗らず…。さらにきっちり最後までスイングが終わるのを待ってると『ゴン!グググ~!』ときてフッキング。
大きくはないけどなかなかサイズ。
時折鋭い突っ込みです。結構早い流れで粘るので「ブラウンかな~?」と思ってるとまた鋭いダッシュでパーフェクトを『ギギギギギ~!』。
サイズの割には時間がかかってネットイン。
c0157482_09533565.jpg
ブラウンかと思ってたら銀ピカレインボー!
背ビレもキレイだし、各ヒレも透き通ってて凄くキレイ。
これならあのダッシュも納得。
こういうのが釣りたくて放流ポイントから離れた場所の早い流れを狙ってたんですが、その甲斐がありました♪

ニューロッドにもいい魚で入魂!

その後は友人達と道の駅でお昼。

午後は朝に釣り人がいて入れなかった場所に。
行くとちょうど釣り人が上がって出ていったところ。
狙いのピンポイントをスイングさせてると『ゴゴン!』とアタリ。
しかし乗らず。それが二回連続。
チューブフライの針を新品に取り替えて再度流すと『コン、コン、グググ~!』と持っていってからフッキング。
結構重量感あります。でもヒキの感じがたぶん放流魚。イマイチのヒキとは言え、それなりのサイズなのでそれなりに時間かかって、上にせり出した柳の木を気にしながらネットイン。
c0157482_10062160.jpg

意外と体高もあってパンパンな魚。
いいサイズだったので測ってみたら51cm。
c0157482_10091982.jpg

キャメルレモンのゾンカーパターンをガップリでした♪

その後は放流魚を一本追加。
浅く早い流れの瀬の中の石の前で恐らくブラウンのイイのを掛けるも直ぐにフックオフ。

「もうここ流して終了かな~?」と考えてたラストの場所。
スイング後半で『モゾモゾ』。「たぶん放流魚かな?」。
そのまま待ってると『ゴン、ゴン、ゴゴン!』ときてフッキング。
締めの一本だから丁寧にと思ってファイトしてネットイン。
c0157482_10155819.jpg
c0157482_10180032.jpg
放流ポイントやその周辺を避けて狙ってはいるんですが、難しいですね~(´-ω-`)

もう一ヶ所回りたかったんですが、もう日が落ちるのが早いですね~。あっという間に薄暗くなってきて終了でした。

久しぶりの本流でしたが、楽しめて良かったです。
何よりキレイな魚が出たのが♪
今の殖産は放流魚が多いので、ああいったキレイな魚は貴重です。
本来の犀川の魚って感じですよね。

数の少ないイイ魚を狙って釣るってのは、放流魚を捨てることになるのでなかなか勇気もいるし難しいことなのですが、今後もそんな釣りを目指して頑張ろうと思います!

by camelhd | 2018-10-16 09:30 | 犀川 | Comments(4)

犀川(今年2回目)

今回の休みは夕方に用事があって本来行く予定じゃなかったんだけど、先週行かなかったことを後悔してたので午前中だけの強行。
前回・前々回と同じポイントでバラシたり乗らなかったりしてたので、一年で一番厳しいこの時期だけど行けば午前中だけでも何とかなると思ってました。

向かう道中、更埴辺りから本格的な雪。
殖産の信州新町に入ると国道19号も真っ白です。
c0157482_09141001.jpg
↑19号の更級橋に降りる所。



最近の定点観測場所から…
c0157482_09144168.jpg
減水&クリアーと条件は変わってません。悪くないと思います。

それプラス雪が結構じゃんじゃか降ってたので「こりゃ釣れるな!」といそいそ準備。
ただ予報は朝まで雪だったので真冬の寒い時期ではあるけど朝イチ勝負と読んで、いきなり前回・前々回にバラシたポイントにエントリー。

ポイントへ向かう途中、シューズのフェルトに積もった新雪がたくさん張り付きます。
とりあえず川の中で足裏の雪を融かしながらフライをセット。
核心部より少し上の小場所を流すも何も無し。

変わらず雪も降ってます。
c0157482_09155385.jpg
↑この写真撮って10分後位だったかな?
そのまま下って核心部。
凄くイイ感じでスイングする流れ。
「来るならこのキャストか次のキャストだな~」と思ってスイングさせると『ククン、クンクン、ククン、クンクン』とこの時期特有の小刻みに長いアタリ!
しっかり持っていくまで待ってフッキング!
そこそこ重量感はあるけどあまりヒキません。
でも手前まで寄せてきたら『ギギギ~~‼』っと猛ダッシュ。
3回ほどダッシュされて「バレんなよ~」と祈りながらネットイン!
c0157482_09195807.jpg
放流魚だろうけど、イイ走りをしてくれました!
サイズは測ってないけど48~49cmってとこでしょうか?
c0157482_09183767.jpg
↑降ってる雪も写ってますね。
時間はまだ7時台。時間・ピンポイントと全くの狙い通りで怖いくらいです(笑)
とりあえず一本出たことで安心して、もう一ヶ所のやりたかった所を。
その後に上から下まで一通り見て回ると祭日にも関わらずほとんど釣り人はいません。釣れてないって情報が流れてるんでしょう。

やりたかった2ヶ所をやったので今後のために探索的な釣りを。
c0157482_09215323.jpg
でも凄くイイ流れなのに何もありません(笑)
最後に一度明確なアタリがありましたが、乗せられませんでした。
で、お昼過ぎに終了~。


恥ずかしながらやっと、ホントにようやくやっとこさ真冬の釣りってのが見えてきた感じ。
今までも見えてたんだけど、それが確信に変わるというか…。
過去の真冬の釣りを思い返せば凄く当てはまる事が多くて、やっと全てが繋がった気がします!

後半のポイント探索も釣れなかったけど今後の犀川を攻略するために非常に為になりました!
ピンポイントじゃなくて川全体を読むってのも大切です。特に犀川は上の漁協も入れれば非常に広範囲ですから、これから上が解禁すればエリアのチョイスで大きく反応も変わります。同じ日にあの人はあんなに釣ってるのにこっちはアタリも無い!って経験あるでしょ?
こんな時はあの辺がイイとかダメとか、まず真っ先に迫られる非常に重要な最初の選択なのです。

いよいよ今週は犀川漁協も解禁!
オレは解禁日は行けないけど友人からの情報ではかなりの減水で浅場ばかりと…。
なので必然的に三川合流から下流がメインとなり、狭いエリアで混みあうから朝イチ~昼前が勝負でしょう。
ダメならさっきの話しじゃないけどエリアを変えて殖産もアリだと思います。ある程度の大きさの魚に関しては殖産のほうが断然多いと思いますし。
解禁日に行かれる方のご武運をお祈りいたします(^3^)/
c0157482_09185784.jpg



by camelhd | 2018-02-13 09:22 | 犀川 | Comments(6)

犀川(今年1回目)

年が明けてからずっと行きたかったのですが車が車検。そのついでに気になってたところの修理もお願いしたのが思いがけず長引いて、なかなか犀川に行けず仕舞いでした。
先週にようやく仕上がってきたので、満を持しての出撃!

しかし大寒波が…。
現地の最低気温は連日マイナス二桁。
月曜日はいくらかマシな予報でしたがそれでも…
c0157482_08471098.jpg
道中の気温はマイナス7℃。
まぁこのくらいは覚悟の上!
寒いとは言っても水温は利根川より高いはず。一日やってりゃ一回位何かあるだろうと、釣りを始める前はいつも前向きです(笑)

まだ時間も早かったのでちょっと仮眠してから川を様子見。
c0157482_08481545.jpg
相変わらずのクリアーっぷりです。水量もかなりの減水。
でも真冬に増水なんて時は全く釣れる気しません。経験上、真冬はクリアー&減水がベストだと思ってます。
しかしここまでの減水はあまり記憶にありません。
いつもと違うポイントが現れると思うとそれも楽しみになります。

朝イチは減水したらイイだろうポイントへ。
ガイドの氷を取りながら釣り続け、正に核心部のピンポイント。
『クン、ククン!』 「おっ!キタ!持ってけ!」と思ったらそのまま『し~ん…』
せっかくの朝イチのチャンスが(´-ω-`)
寒さで追いが悪いんでしょうか?

ガックリ肩を落として2ヶ所目のランへ。
核心部は何も無しでした。余計にさっきの朝イチのアタリが悔やまれます。
最後のテール。大減水のせいか水深と流速がイイ感じでした。
そこで『ク…』 「ん?魚だよな?」
次のキャスト。
『クン、ククン。し~ん』 「やっぱり魚じゃん。もう口使わないよな~?」
また次のキャスト。
放流魚か小物かと思ったので今度は少しじっくりフライを見せるようなスイング。
『クン、ク…、ググン。グググ~!』 「おっしゃ!乗った‼」
まさかの3回連続アタリでフッキング。
しかし重量感あるもののヒキがイマイチ。「こりゃ放流魚だろうけど絶対バラシたくない(笑)」
あっさり寄せて丁寧にネットイン。
c0157482_08555647.jpg
案の定放流された魚のようでしたが、お腹もパンパンでいいプロポーションです。
しかし良く3回も口を使ってくれました!
やる気マンマンだったのでしょうか?
こんな寒い中でもやる気のある魚っているんですよね。
とにかく貴重な一本でホッとしました。
c0157482_08594156.jpg


その後は一本釣れて気が抜けてしまい(笑)、あっという間にお昼。
ちょっと早めに昼食を食べて再開。
朝イチから目につく大型のユスリカ。
シャックもご覧の通り。
c0157482_08493793.jpg
たぶんこんなの食べてるんでしょうね~。
でもこんな小さいフライ持ってません(笑)

その後は長野のNさんと合流。
二人で減水した中からイイ流れを求めてあちこち移動。
ここイイでしょ~ってランに入ります。

良さげに見えた流れは何も無しでした。
そのまま下って緩~い流れ。
途中からスイングしなくなるので減速しちゃう前に誘いながらのリトリーブ。
その3~4手繰り目。
『ググ‼』 「何かキタ!」
なかなかの重量感。途中『ザバン』とジャンプ。
遠目では魚種が分かりません。リトリーブで食ったのでバレが怖いので、極力竿を立てないでとにかく丁寧にファイト。
手前に寄せるとブラウンです。
ネットインも丁寧にしてキャッチ!
c0157482_09022038.jpg
なんとも見事なブラウン!
銀ピカな感じの中にも黄色みがあってカッコいいブラウンです。
c0157482_09035344.jpg
晴れ間に写真も撮れたのでさらに満足♪
typeⅡにチューブに巻いた8cmのストリーマー。
Nさんに写真も撮ってもらいリリース。
c0157482_09064048.jpg

で↑の動画撮りながらリリースしてカメラオフにして泳いで行った瞬間に「あっ!サイズ測り忘れた!(笑)」
一本目のニジマスは50cmだったのでそれから比べても53cmくらいかな~?55は無いかな~と。
最近体内メジャーが正確なのでほぼ間違いないと思うのですが。

その後は小物らしきアタリが一回で寒くなってきて終了。

良くて一匹。全くゼロでもおかしくないと思っていた今回。2本も釣れてしかもその内一本が素晴らしいブラウン。もう大満足です。

そして今回の釣行、なんと犀川50連勝達成なんです!
40連勝過ぎてからは意識しないようにして実際何回だか忘れてましたが、さすがに今回はバリバリ意識してました(笑)
なので一本目のニジマスはいかにも放流魚でしたがメッチャ嬉しかったです。
ただ連勝にこだわると冒険しなくなるというか…。今回の一本目もポイントこそ放流場所近辺ではありませんが、釣り方は放流魚狙いな感じの釣り方でした。もちろん二本目のブラウンはいつもの釣りでしたが。

『震えるようなイイ魚と出会う』っていう自分の中での一番の本流の醍醐味を捨てに行くような気がして…。
50連勝というキリのイイところまで行ったので今後はもっとイチかゼロかっていう攻めの釣りをして70cm80cmなんていう凄い魚と出会うチャンスを増やしていきたいと思います‼

そうそう!
今回雪も多いだろうし、ポイントまでの斜面を下ったりで活躍するかな?と思って持って行ったコレ。
c0157482_09074828.jpg
モンベルの軽アイゼン。
ちなみに裏はこんなん。
c0157482_09080878.jpg
個人的には本来夏に山岳渓流行く時に道のない山を、フェルトのウェーディングシューズで歩く用にベルト固定タイプのを使ってたのですが、Tアニキオススメのモンベルを購入したら脱着が凄く楽で♪
本流でも斜度のある斜面や今回のような雪にもイイ感じでした。
ずっと車に積んどこう(^^;

by camelhd | 2018-01-30 09:10 | 犀川 | Comments(4)

犀川(今年10回目)

今年ラストとなる釣行。
ここのところ利根川が続いてたので満を持しての犀川です!
友人たちがチョイチョイ行ってましたが、皆が口にするのはどクリアーで難しい。とは言え、65cmのブラウンを筆頭にみんないいレインボーやブラウンをしっかり釣って帰ってきてます。

例年この時期になると減水&クリアーで難しくなります。そうなると一日やってアタリが1回なんてザラです。今年はその難しくなるタイミングの到来が少し早いようです。

なので当然期待はしてません。むしろ1本を目指しての釣行。

ただ期待要素はありました。
前夜から若干の雨。少しでも警戒心が解けてくれればと思っていました。
それでも天気予報じゃ雨は朝だけ。
なので朝イチ勝負と読んでました。

少し早く到着したので明るくなるのを待ってから川へ。
噂に違わずクリアーです。
c0157482_11093245.jpg
こんな時は遠投出来る竿をってことでこの日はコネコ。
って言うより最近入手したリールを使いたいってのが大きかったんですが(笑)
3年前からコネコに合わせるために欲しかったリールなので(^^;

ランの頭。減水によって凄くイイ感じの核心部。
スイング後半で・・・
『コン!』 「ん?何か触った?」
『クンクン、ククン、グググ~!』 「キタ!魚だ!」って感じでフッキング。

いいファイトで手前に寄せます。
見えた魚体は50cm位の銀ピカレインボー! ヒレも透き通ってます!
「朝イチはこういうの掛かるんだよね~。狙い通り!」 と思ってネットを出して寄せると『プン・・・』 「え”~~~???」

なんとまさかのフックアウト。
針を見たら・・・
c0157482_11244804.jpg
魚の肉片が。たぶん口の奥の方の鰓耙(さいは)とかその辺だと思うんですが。
身切れは仕方ないです・・・。

しかしここのところハコスチで2回連続同じようなバラシが。
これで3回連続。流石にこのバレ方は堪えます・・・。

それにしても凄くいいレインボーでした。
本物の銀ピカ。しかも50cmクラス。あんなの最近の殖産じゃ滅多に出ません。
まだ8時前だったけど、これをバラした時点で真剣に今日は終わったなと(笑)

2ヶ所目。
個人的に殖産No,1の実績ポイントだけど、冬の減水期はイマイチ。
流れ的には減水しててもイイ感じなんですが・・・。
案の定何もナシ。

3ヶ所目。
普段入らないポイント。
だけどこの水位ならいいんじゃ?ってことで自信は無かったけども、まだ時間帯のイイ内に思い切って入ってみました。
雨も上がりそうでこの時間を逃したらこの日はさらに厳しくなること間違いないと思ってました。

中間の核心部は凄くいい流れだけど何もナシ。
「この時間帯にもったいないことしちゃったかな~?」

テールに近づくとカケアガリで出来る何だか怪しいヨレが。近くには沈み石もがありました。若干浅い感じはしましたが流速もベスト。
丁寧にキレイにスイングさせると・・・
『グ・・・』っと抑え込む感じ。 「ん?魚?それか何かにひっ掛っちゃった?」
『グン!ドンドンドン!』 「キタ!デカイ!」

いきなりバットまで曲げて走られます。ランのテールなので魚は直ぐに早い流れの中へ。
それにしても重量感あり過ぎ。
「まさかニゴイじゃないよな~?」なんて思いながらファイト。
しかし時折感じる振り幅の大きな首振りからたぶんブラウンかなと。

ロッドはコネコ、ティペットもフロロ2号、万全です。あとは朝イチの身切れさえなければと思い、ガッツリとテンションを掛けて強気のファイト。
強いテンションで寄せては走られ、初おろしのパーフェクトも『ギギギギ~~~~!!!!』と唸りをあげます。
とにかく粘りが強い!ブラウンに間違いありません。
ロッドを持つ手も痛くなるほど。

7~8分はファイトした頃でしょうか?
はっきり姿が見えるとなんと巨大なブラウン!しかも色合い鮮やか。
立ち位置近辺の緩い流れまで寄せてネットイン!

「オッシャ~~~!!!」
c0157482_12193528.jpg
なんとオスのいかついブラウン!
まず最初にネットに入れたまま1枚だけ証拠写真を撮ってからサイズが気になったので測ってみます。
魚が暴れるのと手が震えるのとで上手く測れませんでしたが(笑)、余裕の60オーバー。

しかも上から見た時の肉厚感が凄い!
c0157482_12200573.jpg
上手く写真で表現出来てないんで恐縮ですが、今まで釣ったブラウンの中で1番の肉厚。
そりゃファイトも強いワケですよ。
c0157482_17032600.jpg

そしてこのワニ顔!
c0157482_12195385.jpg
歯が凄くて針を外すのがチョッと怖かったです。
じっくり撮影させてもらってからリリース。

いや~、朝イチの手元でのバラシもあっただけに逆転ホームランを打ったような喜び(笑)
しかもあまり入らない自信の無いランに、いい時間帯を充てたって読みが的中ってのが嬉しいです。
釣ったのは10時半頃。ちょうど雨も上がって絶妙なタイミングだったと思います。
そしてこの釣れない時期にまさかのこの魚。何気に殖産での自己記録です。

リールにもこれ以上ない見事な魚で入魂出来ました。
何か新しいアイテムを投入した時ってイイことあるっていうジンクスがあるんですよね~♪

リリースしてからもその後を軽く流すも、もう釣りになりません(笑)


とりあえず車に戻って一息入れます。

友人たちと電話したりしてもうお昼過ぎ。
のんびり余裕のお昼を♪
c0157482_12425771.jpg
もう帰ろうかと真剣に思いましたが、この水量で気になるポイントをチェックしたかったのでサラっと3ヵ所程チェック。

流れ的にはイイ感じ。雰囲気も悪くありませんが、いかんせん本人の釣る気が完全に抜けてます(笑)
最後に川の写真撮って↓、早めに終了。
c0157482_11091376.jpg

今年は天竜川に行ってたこともあり、犀川釣行はここ数年では少なめの10回で終了。
しかし今までで一番内容の濃い年になりました。
犀川漁協解禁後の60cmブラウン
そして今回のブラウン!改めて犀川の懐の深さを感じた1年でもあります。

ただ気になる点としては自然繁殖したような魚が殖産で凄く少ないと感じる1年でもありました。例年ならもうチョイ小~中型の天然魚が釣れてもいいような気がするのですが・・・。


来年もそんなに多くは行けないかもしれませんが、イイ魚と出会えることが出来るといいな~。。。
c0157482_12192045.jpg


by camelhd | 2017-12-26 13:18 | 犀川 | Comments(4)