群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野フライきちがいのブログ
ブラッドノット/岡田裕師...

最新のコメント

ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 14:54
お疲れ様です。Camel..
by ネコ好きヘッダー at 15:51
ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 10:41
お世話になります。素晴ら..
by ネコ好きヘッダー at 14:13
ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 14:57

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:犀川( 73 )

犀川(今年8回目)

ここのところ天候も安定して水量も落ち着いてきた犀川。
先週は利根川だったんですが、水量のある本流が恋しくなり今週は犀川へ。

前回は不覚にも寝坊して朝イチのチャンスタイムをふいにしてしまったので、今回はバッチリ明るくなる前に到着です。
しかしそこかしこに暗いうちから準備中の方々。みなさん気合い十分です。

前日には餌釣りの大会があったようで、そのまま居残ってやられる方もいたのかな?


なので空いてるポイントから開始。
何にせよ前日にはかなり大勢の餌釣り師が入ったので、餌では釣れないポイントを狙います。

釣り始めて20分くらい。
スイング後半で『ググン!』
早い流れできたのはお久しぶりなブラウン。
c0157482_10213155.jpg
30cmくらいでしたが早い流れも手伝ってサイズ以上のいいヒキしてくれました♪
朝から幸先いいです。


そのまま歩いて次のラン。
水量も落ち着いて先週入った時よりもいい感じです。
「たぶん何かあるな~」と考えながら核心部チョイ手前から釣り下ります。
水面にいいヨレができた核心部をキレイにスイングしていた時。
『グン!グ・・・ググン・・・・グン・・・』 と、突然のアタリ!
しかしなかなか持っていきません。
「うわ~、早く持ってけ~」 と祈るように我慢して待っているとようやく『ググググ~~~!』
アタリの時の重量感からまあまあサイズと思っていましたが、フッキングさせるといきなりいいダッシュ!
大きい感じはしないけど鋭いダッシュとキレのあるファイト。
「またブラウンか?」と思いながら手前に寄ってきたらギランギランと青く光る魚体。
緊張しながらネットイン!
c0157482_10554347.jpg
背ビレも尾ビレもピンとしてるし、胸ビレや腹ビレは透き通ったキレイなレインボー!
魚体の色合いも正に銀ピカのメタリックボディー。
c0157482_10564389.jpg
尾ビレには若干の銀スジも。
サイズこそ40cmそこそこですが、とにかくキレイなレインボー!
c0157482_10561375.jpg
鱗もきめ細かいですよね。

朝イチにこんなキレイな魚が釣れちゃったのでもう大満足。
この日は午前中だけの釣行なので、「あとは気になるポイントをチェックして・・・」と、心にゆとりが生まれます(笑)
c0157482_12130839.jpg
紅葉がキレイだな~♪と写真をw


移動してとあるポイント。
ルアーマンの方が移動したので入れ替わりで入ったら直ぐ。
c0157482_12102873.jpg
c0157482_12105818.jpg
放流魚だけどスイング中に『ドドドン!』と気持ちいい食い方♪

写真撮ってリリースして再開後直ぐ。5分後くらいかな?
c0157482_12112072.jpg
同じようにスイング中に『ドドン!ギギギ~!』と気持ちよかった~♪

↑最近釣られてリリースされた魚のようです。
リリースされればちゃんとまた食ってくるんですよね。


さらに下った所でもう一つ45cmくらいの放流魚を追加。同じような魚だし場所が悪すぎたので写真は無し。


で、地元のNさんと合流して最後に気になるランへ。
c0157482_13041365.jpg
久々のランでイイ感じでしたが2アタリで終了~。


今回午前中だけで終わってみれば5本。しかも早々にキレイなのが釣れちゃったんで、その後はいつものようにガツガツせずにやってたんですが、ポポポンと放流魚も釣れたのでラッキーでした。
恐らく期待のポイントをもういくつか回ればもうチョイ釣れたかもしれません。
それでも期待に反して全くアタリのないランもありましたから、何かズレると厳しいかも?

そして水況が落ち着いちゃってるせいか、大物が出る感じじゃないような・・・。
もし大物が釣れるなら朝イチとか小雨が降ってる時とか、何にせよ今の状況だとチャンスは少ないかもしれませんね。

紅葉の始まった秋晴れも犀川、気持ち良かったです♪
c0157482_12113173.jpg



[PR]
by camelhd | 2018-10-30 13:52 | 犀川 | Comments(2)

犀川(今年7回目 ひょっとしたら8回目?)

お山も禁漁になって、本流のセカンドシーズンの始まり。
早く行きたかったんですが、台風やら用事やらで全然行けずじまいでした。

前夜も用事があったりしてその後フライを巻いて夜12時半に就寝zzz

で、目が覚める。
「なんか良く寝れたな~。」と思って時間を見ると既に5時半!
目覚ましは2時半にセットしたはずなんですが(笑)

あわてて支度して出発。
普段は使わない高速を全区間駆使して犀川に着いたのが7時半。

上流から来たので下りながら川を見ていくとまぁ凄い釣り人の数!
予定していた幾つかの場所はみんな釣り人が入ってます。
数日前に放流があったポイントなんかは隙間がないほどです。
しかし川は良さそうな感じ。
c0157482_10450184.jpg
結局最下流の大原橋まで行って釣り開始。
この時時間は既に8時過ぎ。
川は白っぽいものの透明度は股下~腰位。
c0157482_10435221.jpg
ちょうどイイくらいでしょう。水量は多めです。
良さそうな場所だけ流していくと数回明確なアタリ。でも明らかに小物で乗りません。

移動してもう一ヶ所小場所を流すとやはり小物のアタリが3回。
どうやら小物が元気なようです。水温も適水温なんでしょう。

その後も先行者の方に入れて頂き流すも小物のアタリ。

移動してもうお昼前。
早い流れをスイング中に突然『ドン!』
しかし乗りません。そのままスイングさせてるとスイング終わり間際で『ゴゴン!』
でもまた乗らず…。さらにきっちり最後までスイングが終わるのを待ってると『ゴン!グググ~!』ときてフッキング。
大きくはないけどなかなかサイズ。
時折鋭い突っ込みです。結構早い流れで粘るので「ブラウンかな~?」と思ってるとまた鋭いダッシュでパーフェクトを『ギギギギギ~!』。
サイズの割には時間がかかってネットイン。
c0157482_09533565.jpg
ブラウンかと思ってたら銀ピカレインボー!
背ビレもキレイだし、各ヒレも透き通ってて凄くキレイ。
これならあのダッシュも納得。
こういうのが釣りたくて放流ポイントから離れた場所の早い流れを狙ってたんですが、その甲斐がありました♪

ニューロッドにもいい魚で入魂!

その後は友人達と道の駅でお昼。

午後は朝に釣り人がいて入れなかった場所に。
行くとちょうど釣り人が上がって出ていったところ。
狙いのピンポイントをスイングさせてると『ゴゴン!』とアタリ。
しかし乗らず。それが二回連続。
チューブフライの針を新品に取り替えて再度流すと『コン、コン、グググ~!』と持っていってからフッキング。
結構重量感あります。でもヒキの感じがたぶん放流魚。イマイチのヒキとは言え、それなりのサイズなのでそれなりに時間かかって、上にせり出した柳の木を気にしながらネットイン。
c0157482_10062160.jpg

意外と体高もあってパンパンな魚。
いいサイズだったので測ってみたら51cm。
c0157482_10091982.jpg

キャメルレモンのゾンカーパターンをガップリでした♪

その後は放流魚を一本追加。
浅く早い流れの瀬の中の石の前で恐らくブラウンのイイのを掛けるも直ぐにフックオフ。

「もうここ流して終了かな~?」と考えてたラストの場所。
スイング後半で『モゾモゾ』。「たぶん放流魚かな?」。
そのまま待ってると『ゴン、ゴン、ゴゴン!』ときてフッキング。
締めの一本だから丁寧にと思ってファイトしてネットイン。
c0157482_10155819.jpg
c0157482_10180032.jpg
放流ポイントやその周辺を避けて狙ってはいるんですが、難しいですね~(´-ω-`)

もう一ヶ所回りたかったんですが、もう日が落ちるのが早いですね~。あっという間に薄暗くなってきて終了でした。

久しぶりの本流でしたが、楽しめて良かったです。
何よりキレイな魚が出たのが♪
今の殖産は放流魚が多いので、ああいったキレイな魚は貴重です。
本来の犀川の魚って感じですよね。

数の少ないイイ魚を狙って釣るってのは、放流魚を捨てることになるのでなかなか勇気もいるし難しいことなのですが、今後もそんな釣りを目指して頑張ろうと思います!

[PR]
by camelhd | 2018-10-16 09:30 | 犀川 | Comments(4)

犀川(今年2回目)

今回の休みは夕方に用事があって本来行く予定じゃなかったんだけど、先週行かなかったことを後悔してたので午前中だけの強行。
前回・前々回と同じポイントでバラシたり乗らなかったりしてたので、一年で一番厳しいこの時期だけど行けば午前中だけでも何とかなると思ってました。

向かう道中、更埴辺りから本格的な雪。
殖産の信州新町に入ると国道19号も真っ白です。
c0157482_09141001.jpg
↑19号の更級橋に降りる所。



最近の定点観測場所から…
c0157482_09144168.jpg
減水&クリアーと条件は変わってません。悪くないと思います。

それプラス雪が結構じゃんじゃか降ってたので「こりゃ釣れるな!」といそいそ準備。
ただ予報は朝まで雪だったので真冬の寒い時期ではあるけど朝イチ勝負と読んで、いきなり前回・前々回にバラシたポイントにエントリー。

ポイントへ向かう途中、シューズのフェルトに積もった新雪がたくさん張り付きます。
とりあえず川の中で足裏の雪を融かしながらフライをセット。
核心部より少し上の小場所を流すも何も無し。

変わらず雪も降ってます。
c0157482_09155385.jpg
↑この写真撮って10分後位だったかな?
そのまま下って核心部。
凄くイイ感じでスイングする流れ。
「来るならこのキャストか次のキャストだな~」と思ってスイングさせると『ククン、クンクン、ククン、クンクン』とこの時期特有の小刻みに長いアタリ!
しっかり持っていくまで待ってフッキング!
そこそこ重量感はあるけどあまりヒキません。
でも手前まで寄せてきたら『ギギギ~~‼』っと猛ダッシュ。
3回ほどダッシュされて「バレんなよ~」と祈りながらネットイン!
c0157482_09195807.jpg
放流魚だろうけど、イイ走りをしてくれました!
サイズは測ってないけど48~49cmってとこでしょうか?
c0157482_09183767.jpg
↑降ってる雪も写ってますね。
時間はまだ7時台。時間・ピンポイントと全くの狙い通りで怖いくらいです(笑)
とりあえず一本出たことで安心して、もう一ヶ所のやりたかった所を。
その後に上から下まで一通り見て回ると祭日にも関わらずほとんど釣り人はいません。釣れてないって情報が流れてるんでしょう。

やりたかった2ヶ所をやったので今後のために探索的な釣りを。
c0157482_09215323.jpg
でも凄くイイ流れなのに何もありません(笑)
最後に一度明確なアタリがありましたが、乗せられませんでした。
で、お昼過ぎに終了~。


恥ずかしながらやっと、ホントにようやくやっとこさ真冬の釣りってのが見えてきた感じ。
今までも見えてたんだけど、それが確信に変わるというか…。
過去の真冬の釣りを思い返せば凄く当てはまる事が多くて、やっと全てが繋がった気がします!

後半のポイント探索も釣れなかったけど今後の犀川を攻略するために非常に為になりました!
ピンポイントじゃなくて川全体を読むってのも大切です。特に犀川は上の漁協も入れれば非常に広範囲ですから、これから上が解禁すればエリアのチョイスで大きく反応も変わります。同じ日にあの人はあんなに釣ってるのにこっちはアタリも無い!って経験あるでしょ?
こんな時はあの辺がイイとかダメとか、まず真っ先に迫られる非常に重要な最初の選択なのです。

いよいよ今週は犀川漁協も解禁!
オレは解禁日は行けないけど友人からの情報ではかなりの減水で浅場ばかりと…。
なので必然的に三川合流から下流がメインとなり、狭いエリアで混みあうから朝イチ~昼前が勝負でしょう。
ダメならさっきの話しじゃないけどエリアを変えて殖産もアリだと思います。ある程度の大きさの魚に関しては殖産のほうが断然多いと思いますし。
解禁日に行かれる方のご武運をお祈りいたします(^3^)/
c0157482_09185784.jpg



[PR]
by camelhd | 2018-02-13 09:22 | 犀川 | Comments(6)

犀川(今年1回目)

年が明けてからずっと行きたかったのですが車が車検。そのついでに気になってたところの修理もお願いしたのが思いがけず長引いて、なかなか犀川に行けず仕舞いでした。
先週にようやく仕上がってきたので、満を持しての出撃!

しかし大寒波が…。
現地の最低気温は連日マイナス二桁。
月曜日はいくらかマシな予報でしたがそれでも…
c0157482_08471098.jpg
道中の気温はマイナス7℃。
まぁこのくらいは覚悟の上!
寒いとは言っても水温は利根川より高いはず。一日やってりゃ一回位何かあるだろうと、釣りを始める前はいつも前向きです(笑)

まだ時間も早かったのでちょっと仮眠してから川を様子見。
c0157482_08481545.jpg
相変わらずのクリアーっぷりです。水量もかなりの減水。
でも真冬に増水なんて時は全く釣れる気しません。経験上、真冬はクリアー&減水がベストだと思ってます。
しかしここまでの減水はあまり記憶にありません。
いつもと違うポイントが現れると思うとそれも楽しみになります。

朝イチは減水したらイイだろうポイントへ。
ガイドの氷を取りながら釣り続け、正に核心部のピンポイント。
『クン、ククン!』 「おっ!キタ!持ってけ!」と思ったらそのまま『し~ん…』
せっかくの朝イチのチャンスが(´-ω-`)
寒さで追いが悪いんでしょうか?

ガックリ肩を落として2ヶ所目のランへ。
核心部は何も無しでした。余計にさっきの朝イチのアタリが悔やまれます。
最後のテール。大減水のせいか水深と流速がイイ感じでした。
そこで『ク…』 「ん?魚だよな?」
次のキャスト。
『クン、ククン。し~ん』 「やっぱり魚じゃん。もう口使わないよな~?」
また次のキャスト。
放流魚か小物かと思ったので今度は少しじっくりフライを見せるようなスイング。
『クン、ク…、ググン。グググ~!』 「おっしゃ!乗った‼」
まさかの3回連続アタリでフッキング。
しかし重量感あるもののヒキがイマイチ。「こりゃ放流魚だろうけど絶対バラシたくない(笑)」
あっさり寄せて丁寧にネットイン。
c0157482_08555647.jpg
案の定放流された魚のようでしたが、お腹もパンパンでいいプロポーションです。
しかし良く3回も口を使ってくれました!
やる気マンマンだったのでしょうか?
こんな寒い中でもやる気のある魚っているんですよね。
とにかく貴重な一本でホッとしました。
c0157482_08594156.jpg


その後は一本釣れて気が抜けてしまい(笑)、あっという間にお昼。
ちょっと早めに昼食を食べて再開。
朝イチから目につく大型のユスリカ。
シャックもご覧の通り。
c0157482_08493793.jpg
たぶんこんなの食べてるんでしょうね~。
でもこんな小さいフライ持ってません(笑)

その後は長野のNさんと合流。
二人で減水した中からイイ流れを求めてあちこち移動。
ここイイでしょ~ってランに入ります。

良さげに見えた流れは何も無しでした。
そのまま下って緩~い流れ。
途中からスイングしなくなるので減速しちゃう前に誘いながらのリトリーブ。
その3~4手繰り目。
『ググ‼』 「何かキタ!」
なかなかの重量感。途中『ザバン』とジャンプ。
遠目では魚種が分かりません。リトリーブで食ったのでバレが怖いので、極力竿を立てないでとにかく丁寧にファイト。
手前に寄せるとブラウンです。
ネットインも丁寧にしてキャッチ!
c0157482_09022038.jpg
なんとも見事なブラウン!
銀ピカな感じの中にも黄色みがあってカッコいいブラウンです。
c0157482_09035344.jpg
晴れ間に写真も撮れたのでさらに満足♪
typeⅡにチューブに巻いた8cmのストリーマー。
Nさんに写真も撮ってもらいリリース。
c0157482_09064048.jpg

で↑の動画撮りながらリリースしてカメラオフにして泳いで行った瞬間に「あっ!サイズ測り忘れた!(笑)」
一本目のニジマスは50cmだったのでそれから比べても53cmくらいかな~?55は無いかな~と。
最近体内メジャーが正確なのでほぼ間違いないと思うのですが。

その後は小物らしきアタリが一回で寒くなってきて終了。

良くて一匹。全くゼロでもおかしくないと思っていた今回。2本も釣れてしかもその内一本が素晴らしいブラウン。もう大満足です。

そして今回の釣行、なんと犀川50連勝達成なんです!
40連勝過ぎてからは意識しないようにして実際何回だか忘れてましたが、さすがに今回はバリバリ意識してました(笑)
なので一本目のニジマスはいかにも放流魚でしたがメッチャ嬉しかったです。
ただ連勝にこだわると冒険しなくなるというか…。今回の一本目もポイントこそ放流場所近辺ではありませんが、釣り方は放流魚狙いな感じの釣り方でした。もちろん二本目のブラウンはいつもの釣りでしたが。

『震えるようなイイ魚と出会う』っていう自分の中での一番の本流の醍醐味を捨てに行くような気がして…。
50連勝というキリのイイところまで行ったので今後はもっとイチかゼロかっていう攻めの釣りをして70cm80cmなんていう凄い魚と出会うチャンスを増やしていきたいと思います‼

そうそう!
今回雪も多いだろうし、ポイントまでの斜面を下ったりで活躍するかな?と思って持って行ったコレ。
c0157482_09074828.jpg
モンベルの軽アイゼン。
ちなみに裏はこんなん。
c0157482_09080878.jpg
個人的には本来夏に山岳渓流行く時に道のない山を、フェルトのウェーディングシューズで歩く用にベルト固定タイプのを使ってたのですが、Tアニキオススメのモンベルを購入したら脱着が凄く楽で♪
本流でも斜度のある斜面や今回のような雪にもイイ感じでした。
ずっと車に積んどこう(^^;

[PR]
by camelhd | 2018-01-30 09:10 | 犀川 | Comments(4)

犀川(今年10回目)

今年ラストとなる釣行。
ここのところ利根川が続いてたので満を持しての犀川です!
友人たちがチョイチョイ行ってましたが、皆が口にするのはどクリアーで難しい。とは言え、65cmのブラウンを筆頭にみんないいレインボーやブラウンをしっかり釣って帰ってきてます。

例年この時期になると減水&クリアーで難しくなります。そうなると一日やってアタリが1回なんてザラです。今年はその難しくなるタイミングの到来が少し早いようです。

なので当然期待はしてません。むしろ1本を目指しての釣行。

ただ期待要素はありました。
前夜から若干の雨。少しでも警戒心が解けてくれればと思っていました。
それでも天気予報じゃ雨は朝だけ。
なので朝イチ勝負と読んでました。

少し早く到着したので明るくなるのを待ってから川へ。
噂に違わずクリアーです。
c0157482_11093245.jpg
こんな時は遠投出来る竿をってことでこの日はコネコ。
って言うより最近入手したリールを使いたいってのが大きかったんですが(笑)
3年前からコネコに合わせるために欲しかったリールなので(^^;

ランの頭。減水によって凄くイイ感じの核心部。
スイング後半で・・・
『コン!』 「ん?何か触った?」
『クンクン、ククン、グググ~!』 「キタ!魚だ!」って感じでフッキング。

いいファイトで手前に寄せます。
見えた魚体は50cm位の銀ピカレインボー! ヒレも透き通ってます!
「朝イチはこういうの掛かるんだよね~。狙い通り!」 と思ってネットを出して寄せると『プン・・・』 「え”~~~???」

なんとまさかのフックアウト。
針を見たら・・・
c0157482_11244804.jpg
魚の肉片が。たぶん口の奥の方の鰓耙(さいは)とかその辺だと思うんですが。
身切れは仕方ないです・・・。

しかしここのところハコスチで2回連続同じようなバラシが。
これで3回連続。流石にこのバレ方は堪えます・・・。

それにしても凄くいいレインボーでした。
本物の銀ピカ。しかも50cmクラス。あんなの最近の殖産じゃ滅多に出ません。
まだ8時前だったけど、これをバラした時点で真剣に今日は終わったなと(笑)

2ヶ所目。
個人的に殖産No,1の実績ポイントだけど、冬の減水期はイマイチ。
流れ的には減水しててもイイ感じなんですが・・・。
案の定何もナシ。

3ヶ所目。
普段入らないポイント。
だけどこの水位ならいいんじゃ?ってことで自信は無かったけども、まだ時間帯のイイ内に思い切って入ってみました。
雨も上がりそうでこの時間を逃したらこの日はさらに厳しくなること間違いないと思ってました。

中間の核心部は凄くいい流れだけど何もナシ。
「この時間帯にもったいないことしちゃったかな~?」

テールに近づくとカケアガリで出来る何だか怪しいヨレが。近くには沈み石もがありました。若干浅い感じはしましたが流速もベスト。
丁寧にキレイにスイングさせると・・・
『グ・・・』っと抑え込む感じ。 「ん?魚?それか何かにひっ掛っちゃった?」
『グン!ドンドンドン!』 「キタ!デカイ!」

いきなりバットまで曲げて走られます。ランのテールなので魚は直ぐに早い流れの中へ。
それにしても重量感あり過ぎ。
「まさかニゴイじゃないよな~?」なんて思いながらファイト。
しかし時折感じる振り幅の大きな首振りからたぶんブラウンかなと。

ロッドはコネコ、ティペットもフロロ2号、万全です。あとは朝イチの身切れさえなければと思い、ガッツリとテンションを掛けて強気のファイト。
強いテンションで寄せては走られ、初おろしのパーフェクトも『ギギギギ~~~~!!!!』と唸りをあげます。
とにかく粘りが強い!ブラウンに間違いありません。
ロッドを持つ手も痛くなるほど。

7~8分はファイトした頃でしょうか?
はっきり姿が見えるとなんと巨大なブラウン!しかも色合い鮮やか。
立ち位置近辺の緩い流れまで寄せてネットイン!

「オッシャ~~~!!!」
c0157482_12193528.jpg
なんとオスのいかついブラウン!
まず最初にネットに入れたまま1枚だけ証拠写真を撮ってからサイズが気になったので測ってみます。
魚が暴れるのと手が震えるのとで上手く測れませんでしたが(笑)、余裕の60オーバー。

しかも上から見た時の肉厚感が凄い!
c0157482_12200573.jpg
上手く写真で表現出来てないんで恐縮ですが、今まで釣ったブラウンの中で1番の肉厚。
そりゃファイトも強いワケですよ。
c0157482_17032600.jpg

そしてこのワニ顔!
c0157482_12195385.jpg
歯が凄くて針を外すのがチョッと怖かったです。
じっくり撮影させてもらってからリリース。

いや~、朝イチの手元でのバラシもあっただけに逆転ホームランを打ったような喜び(笑)
しかもあまり入らない自信の無いランに、いい時間帯を充てたって読みが的中ってのが嬉しいです。
釣ったのは10時半頃。ちょうど雨も上がって絶妙なタイミングだったと思います。
そしてこの釣れない時期にまさかのこの魚。何気に殖産での自己記録です。

リールにもこれ以上ない見事な魚で入魂出来ました。
何か新しいアイテムを投入した時ってイイことあるっていうジンクスがあるんですよね~♪

リリースしてからもその後を軽く流すも、もう釣りになりません(笑)


とりあえず車に戻って一息入れます。

友人たちと電話したりしてもうお昼過ぎ。
のんびり余裕のお昼を♪
c0157482_12425771.jpg
もう帰ろうかと真剣に思いましたが、この水量で気になるポイントをチェックしたかったのでサラっと3ヵ所程チェック。

流れ的にはイイ感じ。雰囲気も悪くありませんが、いかんせん本人の釣る気が完全に抜けてます(笑)
最後に川の写真撮って↓、早めに終了。
c0157482_11091376.jpg

今年は天竜川に行ってたこともあり、犀川釣行はここ数年では少なめの10回で終了。
しかし今までで一番内容の濃い年になりました。
犀川漁協解禁後の60cmブラウン
そして今回のブラウン!改めて犀川の懐の深さを感じた1年でもあります。

ただ気になる点としては自然繁殖したような魚が殖産で凄く少ないと感じる1年でもありました。例年ならもうチョイ小~中型の天然魚が釣れてもいいような気がするのですが・・・。


来年もそんなに多くは行けないかもしれませんが、イイ魚と出会えることが出来るといいな~。。。
c0157482_12192045.jpg


[PR]
by camelhd | 2017-12-26 13:18 | 犀川 | Comments(4)

犀川(今年9回目)

9月下旬以来となる久々の犀川釣行。
行きたかったけども度重なる台風で長引いた濁り、その他諸々の用事もあったりでなかなか行けませんでした。

今回もどうしようか考えてました。
って言うのも天気予報は数日間の強い冷え込み。しかも月曜は雨→雪の予報。
車のタイヤもまだスタッドレスに履き替えてません。

先週までは型の良い放流魚が結構釣れていたようです。
しかし同じ放流魚ならハコスチ釣ってた方が面白いし近いしな~と・・・。

日曜日はもう一つの趣味の剣道の試合がありました。
若く強い選手を相手に4試合もやったので体はピキピキ。筋肉痛も。

などなど・・・イマイチ犀川に向かいたくなる要因が少なかったのです。

しかし「急激な冷え込みできっと放流魚が口を使わなくなる!だから逆に寒い朝のうちならいいブラウンや銀ピカレインボーを釣るチャンスかも?」 と相変わらずの釣り人的前向き思考が働き心を揺さぶられます。
寝る前まで悩んでいましたが、結局夜中の2時半に目覚まし掛けなかったのに目が覚めたので出発(笑)


道中の軽井沢の気温は-6℃。真冬並みの気温です。

暗いうちに到着。
雪も若干舞っていました。

空が明るみ始めてから支度して、完全に明るくなってから朝イチはブラウン率の高いピンポイントへ。
しかし反応ありません。ピン狙いなのでほんの15~20分で終了。

セカンドポイントへ。
この日期待していたメインの場所。って言っても狙いはほんの20m位のとこ。

開始5投目くらいでした。
スイング中に『グン、ググン、」グ・・・ゴゴゴン!』
十分待ってフッキングさせると手元に伝わる重い重量感!
「ヨッシ!こりゃなかなかサイズ!」 と慎重にファイトすると重量感あるものの大きく暴れたりはありません。意外とすんなり手前に寄せられます。
「あれ?放流魚か?」と思ったら、手前に来てから猛ダッシュを繰り返して手こずりましたが無事キャッチ!
c0157482_15055171.jpg
青光りがなんともカッコいいレインボー。薄く輝くピンクとブルーのコントラストがいいです!
サイズも53cmとグッドサイズ。
お腹がへこんでお尻がチョッと出てるから産卵した魚でしょう。最初のヒキが弱かったのはこのためかな。
尾ビレにも傷が回復してきてる感じがありました。

色合いもカッコ良かったんですがヒレがカッコイイんです。
c0157482_15055953.jpg
この大きな背びれ! こういうの好きなんですよね~♪

で、これをリリースして再開の1投目。
まだヘッドも出し切っていなかったのですが、いきなり『グググン!』 「うぉ!またキタ!」
ファイトに入るといきなり目の前でジャンプ!
45cmほどのブラウンです。
「さっきのレインボーをリリースしなけりゃツーショットが撮れたなぁ」などと考えながらファイトしてたらバレました(笑)

しかし朝の早い段階でイイ魚が釣れちゃったので気分的には凄く楽に。
と言うより気が抜けました。筋肉痛も酷いしもう帰ろうかな?って思っちゃったくらいに(笑)

夏の大増水と秋のW台風でかなり川が変わった感じを受けたので、今後のために広く浅く探ることにしました。

c0157482_15060693.jpg
パッと見変化はないんですが、流してみるといいピンポイントが狭くなっていたり、かけ上がりができていたりetc,,,
しかし全体的には良くなったかと思います。

寒いことには寒いのですが水温は思った程冷たく感じません。
その証拠に小物のアタリが結構ありました。大きい針を使ってるんで乗りませんが・・・。
小物が元気にアタるってことは適水温ってことだと考えてます。
しかし長い間養魚場で育った放流魚が急激な冷え込みで動きがスローなのでしょう。
それらしいアタリは一切ありません。

冷えた体をカップラーメンで温めます。
児玉橋の脇で地元のNさんと情報交換しながらお昼を。

c0157482_15061247.jpg
↑この鉄橋、いつもこの角度から見るとカッコいいと思うのはオレだけ?

2時半頃には上がらなきゃいけなかったので、昼食後は長いランを一流しだけ。
c0157482_15061801.jpg
ここには数年ぶりに入ってみたけど小物のアタリだけでした。


結果的にはアレ一本。
ザッと流しただけとはいえ、反応は思ったより少なかったです。
冷え込んだからとは思いません。まだ真冬じゃないし元から川で生まれ育った魚にとってはあれしきの冷え込みは何てことないはず。

この日2人友人に会いました。
2人とも釣りましたが、一人はオレが釣ったのと同じポイント。
もう1人は別の一か所で3本。
しかもそのお2人それぞれ放流魚じゃないレインボーやブラウンをキャッチ。

どうも魚のいる場所に偏りがあるようです。
水質もクリアーになって人もそこそこいるんで、プレッシャーもかかってきてるのかな?
今回釣れたレインボーも口先に針掛かりしてたし、バレたブラウンも掛かりが浅かったんでしょう。
イイ魚は時間帯が良ければ口を使うけどいつでも釣れる感じじゃない印象を受けました。

そろそろ荒川の鮭も迫ってるし、利根のハコスチも釣りたいので犀川はしばらくお預けかも?
まぁそう思って今回は無理矢理行ったんですけどね…。

寒くなってくれば人も減るし釣れる魚がイイ魚の確率も高くなるので楽しみです。まぁそもそも魚の釣れる確率はぐ~んと下がるけどね(笑)



[PR]
by camelhd | 2017-11-22 11:08 | 犀川 | Comments(4)

犀川(今年8回目)

久々の本流です。
最後に利根で釣りしたのは7月半ば。犀川に至っては実にGWに行った以来なので4ヵ月半ぶり。

本流は10月に入ってからでいいかな~?って思ってたんですが、仲間内で結構イイ釣りしてきてるのが多くて気になってました。
犀川漁協管内も禁漁になっちゃうしその前にってことでバイク屋さんとGO!


朝イチ。
犀川漁協管内でフローティングラインにウェットで釣り下ります。

ちなみに虫っ気はゼロ。。。

ドロッパーにマドラー付けてたのですが、あまりに虫がいないので新作ウェットをドロッパーにしてリードにいつもの#10ウェットを。

予定していた所まで釣り下るもアタリ無し。

なのでもう一つ下のランまで下っちゃいます。
流し切った自分の真下で初めて『コツン!』と小物のアタリ。
その3投後。

クロスに投げて直ぐに『ココン!』 「また小物か・・・」 と思った直後!
『ゴン!ゴゴン! ギギギ~!!!』 
「デカイ!」 手に保持していたラインが予定外の勢いで滑ったのでフッキングに心配がありました。
その重量感からして50~60cmクラスは間違いありません。
しかしものの数秒でフックオフ。


バイク屋さんと合流すると小物を3匹釣ったそう。


で、そのまま殖産へ。
最初の小場所は不発。
2ヶ所目。この日の核心です。オレ的に今日はここがやりたかったって場所。

いつもの自作タイプⅡヘッドにいつものチューブに巻いたストリーマー。
ラインを出し切って5投目くらい。

浅いので斜め45度に投げて下流にリーチをかけて直ぐにテンションを掛けてスイング。
そのスイング後半。
『グン、ゴゴン、グン』 真下に近い辺りだったし今朝のこともあるのでじっくり待って持って行ってからしっかりフッキング!
『ドンドンドン!』と重量感のある首振り。
意外と手前まですんなり寄ってきたので大型の放流魚かと思ってたのに姿が見えたら太いブラウン!
そこからは全然寄らなかったけどなんとかネットイン!
c0157482_12211729.jpg
c0157482_12212707.jpg
サイズも見事ですが赤い斑点が鮮やかです。それより何より太い!
↑2枚の写真じゃ分かり難いけどコレ見てください。
c0157482_12213797.jpg
この肉厚感、分かりますかね?まるで湖で釣れる魚のようです。
それもそのはず。
釣った直後に撮影場所を探していたらこんなのを吐き出しました。
c0157482_12583383.jpg
結構デカイですよ。溶けかかってたんで良く分かりませんが15cmはあるでしょう。
それにしてもこの魚。。。鮎??? 犀川の殖産で???

リリース動画を撮ろうとしゃがんで準備してたら、滑って尻もちついてそのまま逃げられちゃいました(笑)


まぁこれで朝イチの失態も取り戻せて一安心。
しかもこんないい魚なので大満足!


その後は違う所でやってたバイク屋さんと合流。
c0157482_13053901.jpg
後ろから流しているとバイク屋さんが「キタ!」
見るとロッドがグングンしてますが、魚が持って行かない様子。
そのままゴンゴンしてますがまだ持っていかない(笑)
10秒近くしてからようやくフッキング。
ジャンプもしていいファイトで上がってきたのは・・・
c0157482_12422415.jpg
いいレインボー!測らなかったけど50cm位かな?

そしてなんとこのレインボー、ハリガネムシ付き(笑)
c0157482_12423338.jpg
カマドウマを食ったのか?カマキリを食ったのか?


二人してイイ魚が釣れたのでチョッと早いけどお昼に。
しかしこの日は暑い!
カップラーメン買ってきたのですが、とてもそんな感じじゃないのでウェーダーも脱いで道の駅へ。
c0157482_13125703.jpg
数年ぶりくらいにここで食べましたが、結構美味しかったです♪

一度ウェーダーを脱いだら暑くて履く気になれません(笑)
「利根ならもう家に帰ってるよね」って2人で笑いながら話してました。
2人して釣れたのでさざなみ前の木陰に行ってお昼寝ですzzzz


2時頃かな?ようやく再開。
今年は犀川は一度大水が出ています。
なので釣るというよりは気になるポイントの変化の様子をチェックするのが目的。

良くなった場所が多かったのですが、ダメになった場所も。
それぞれ見た目は変わってないのですが、流してみるとそれがよ~く分かります。
冬の参考になりました。

相変わらず陽射しが強く釣れる気しません。
アタリも小物らしきのが3~4回程。

夕方ラストの一流し。
バイク屋さんと別々のランに入りました。
オレは小物の1アタリのみ。
バイク屋さんはなんと4アタリも!しかし3バラシ(笑)
みんないいサイズだったようですが、たぶん放流魚だと言ってました。
食うのが明らかに下手ですからね~。



何だかんだと一匹だけでしたが、見事な魚だったのでかなり満足です。
しかし暑すぎの一日でした。クモの巣も凄いし、ヘビもいるし(笑)
来年の本流はやっぱり10月入ってからにしようかな・・・。


あっ、今回スナヤツメを大量に発見です。
c0157482_12424169.jpg
とある場所で砂の上でウネウネしてました。
よく見るとその周囲には他にもウネウネ。なんとサッと軽く見ただけでも7~8匹。
砂や泥の上にはウネウネした跡もたくさん。

一応スナヤツメって環境省のレッドデータリストで絶滅危惧種Ⅱ類ですよね?

利根川でも見たことありますが、あんなにたくさん見たのは初めてです。
以前犀川ではアカザも見ました。環境としては結構豊かな川なんですね~。

[PR]
by camelhd | 2017-09-26 13:50 | 犀川 | Comments(4)

先週の利根川→犀川(今年7回目)→昨日の利根川

ぼちぼち利根川もいいシーズンに突入です。
c0157482_11494334.jpg
それに伴い、朝の仕事前釣行も本格化。
先週は週6で行きました。シーズンこれからなのに飛ばし過ぎな気も?(笑)
週6で釣れなかったのは1日だけで、小物~50cm半ばまで主に放流された魚だと思いますが、群漁下流部まで程良く散っていて主だったポイントでは反応がある感じ。

先週前半までは県庁から上の水量が多かったのですが、多いなりのポイントに入っていくつかイイ魚をキャッチ。

28日の金曜日に水量が落ちるとの情報をキャッチしていたので、翌朝はいつもより早く行って狙いのポイントでこんなの↓が3匹も♪
c0157482_11502553.jpg
と、先週の朝の利根はこんな感じ。



で、月曜日はルアーの友人K氏と犀川に!
c0157482_11583273.jpg
しかも久々な感じの殖産釣行。

4月半ばに放流があったようです。
しかしその直後から増水や濁りで釣れていなかったのが26・27日辺りからバタバタと釣れていた模様。
しかもそれがみんな大きいサイズ!55cm~60cmオーバーまでサイズだけでなく非常にキレイな魚体!いくつも写真を見せてもらいましたが知らなきゃ放流魚とは思わないでしょう。

で、朝イチはそれ狙いで2人して数日間良かったとの情報のポイントへ。

ところが!K氏には50cm位のレインボーがきましたが、オレは全くアタリ無し・・・・。
最後の最後でこんなの。。。
c0157482_12061274.jpg
小さいブラウンも久々です(笑)

さらに移動した某所。
絶対な場所なんですが、ちょうど先行者のフライの方が上がってきたところ。
聞くと60cmほどのレインボーをキャッチ! 凄くキレイだったそうですが、ご本人いわく放流魚だと。
写真も見せて頂きましたが、確かに凄くキレイな放流魚。分からない人には分からない感じ。見抜いたこのお方は流石でした。
コーヒーも御馳走さまでした(^^;

まぁ大型魚放流には賛否両論あるでしょうがこの質の魚を入れた殖産漁協、個人的には見事だと思います。


また別のラン。
殖産では絶対的自信のあるポイント。
でも何も核心部近辺は無し(笑)
もう核心部も過ぎて、その場所で最後の1投。

スイング中に『ゴゴン!ドンドン!』
「こ、ここでくる~!?」  ファイト開始したらいいサイズ。
しかしその割に走りません。「こりゃいいサイズのブラウンか?」
重量感あるファイトをいなして寄せるとなんと太い60cmくらいのレインボー。「あっ、これが放流のレインボー!?」とネットインしようと、1/3ほど魚がネットに入った時に暴れたので瞬間的にネットをひきました。
少し走られて再度ネットに誘導していた時に『プンッ!』とまさかのフックオフ・・・・。

「え”~~~(||゚Д゚||)」 もう外れないと思っていて完全に油断してロッドを立てていました。スクールでお伝えしたのと逆な事を自分がやってしまった(笑) 反省です。。。


で、気になる某所。
この頃から結構雨が降ってきました。
ピンポイントを狙うとスイング中にいきなり『ドドドン!!!!』
そのまま勝手にフッキング。バラした魚程じゃないですが、なかなか良さげなサイズ。
ジャンプを繰り返し、粘り強いファイトの末にキャッチ!
今度は丁寧にネットイン(笑)
c0157482_12475145.jpg
これぞ犀川レインボーというキレイな魚!
肉厚で筋肉質なパワフルなレインボー。測らなかったけど45cmくらいかな?
c0157482_12475774.jpg
腹ビレと尻ビレ先端の白いのがイイですよね♪


リリースしてアチコチ他の場所を狙うも何も無く、この日は昼過ぎまでしか出来ないのでタイムアップ。

久々の殖産。もっとイージーかと思いきや、意外とアタリが少ない。小物の「コン」とか「プン」って感じのは結構あったけど、いいアタリは釣ったのとバラした時の2回だけ。

ぼちぼち利根にシフトチェンジなので犀川はしばらくおあずけかな~?
c0157482_12550941.jpg




で!昨日の火曜日。
実は連休だったので午前中は利根川へ。
放流から2日目ってこともあって釣っても釣っても小ニジとヤマメ(笑)
c0157482_13023425.jpg
なんだかんだ20匹位は釣ったのか?

最後にここならイイのいるんじゃ?って入ったポイント。
スイング中に『ココン・・・コン。コン。』 「ん?また小物?」 って思ったら『ギギギ~~~!!!』
いやいや、いいサイズ!
途中跳ぶは走るはで絶対ハコスチだと思ってました。

ところが時間かかってキャッチしたら・・・。
c0157482_13023800.jpg
40cmほどの肉厚銀ピカレインボー。
c0157482_13024529.jpg
これ、たぶん20cmくらいで放流されて年を越しながら成長した魚です。
胸ビレと背ビレがありませんが、放流される小物に多いパターンですよね。しかし他のヒレは見事です。透き通った感じは犀川のそれと同じ。きめ細かな鱗の銀ピカ具合も。

そしてなんつってもファイトが違います!
ちょうど遠くからこの魚とのファイトを友人が見ていましたが、きっと50cmオーバーと思ったはずです。それくらい手こずりました。
年に1~2匹こんな感じのを釣ることがありますが、どれも肉厚・筋肉質で同じレインボーと思えないファイトをします。

例年9月の利根川で釣りしても釣れることは滅多にありません。
標高100m程で真夏は連日38℃の前橋。その夏を乗り切って育つレインボーが少ないけどもいることに驚きです。

稚魚放流したらヒレのキレイなレインボーが群漁管内でも育つんでしょうか?
もしそうなったら夢が広がりますね。
やってみる価値はあると思います!



[PR]
by camelhd | 2017-05-03 13:21 | 犀川 | Comments(8)

犀川(今年6回目)

久々の雨で犀川に限らず利根川や天竜川も増水。先週イイのを釣ったので今週は全く行く予定ではありませんでした。

しかし水位計を見てたら水位も落ち着き始めてる。
「あれ?犀川イイんじゃね?」な~んて思いだしたら、もう止まりません。
しかも前日行った仲間がいいブラウン釣っちゃいました!
それ見て「ヨシ!行っちゃおう♪」と(笑)


下道走って犀川に5時過ぎに到着。
夜明けも早くなってきているので、もう明るいです。
そのまま急いで準備してお目当てのランへ。

5時半頃から釣り開始。
心配してた濁りはそこまでじゃありません。朝で膝上くらいでしょうか。
全然釣りになります。増水後のこの色と透明度、むしろ理想的でしょう。

期待しながらスイングさせてると早速『グ、グ、ググン! グググ~~~!』 ときてフッキング。
いきなりいいサイズ! しかも走りまくりです。
「朝イチの魚だから無事キャッチして楽になるんだ」(笑)、と自分に言い聞かせ慎重にキャッチ!
c0157482_13214741.jpg
なんといきなり53cm!
増水でもまれたのでしょうか? 鱗が剥げていましたが、めちゃくちゃ強いレインボーでした。
ファイト中は「60くらいか?」って思ってたほどですから。

これ釣ったのはまだ6時前。
「まだテールの浅い辺りにいるんじゃ?」 って思ってたので、遠投してスイングさせると案の定30後半のレインボー。
「まだいるべ!?」と思ったのでその魚は写真も撮らず直ぐにリリースして再開。

2匹目のリリースからわずか5分後。クロスに投げてスイング始まって直ぐ『ググン!グン、グン、グン』ときたけど持っていきません。
そしたらそのうち勝手に『ドボ~ン! ドボ~ン!』と2回ジャンプ。「こりゃもう掛かってるべ」(笑) とファイト突入。これまた強いファイトであがってきたのは・・・
c0157482_13322348.jpg
泣き50cmのレインボー。
これまた強くて50UP確実と思っていたほどでした。


その後絶対と思っていたランを2ヶ所じっくりと流すも何もナシ。
この頃から陽射しも強く、急に暖かくなってきました。


でまた新たなラン。
いい感じのガンガンの流芯があっていかにもって感じ。
いそうな場所から開始して5投目くらい。
『クン、クンクン・・グ!・・・・・・・ドン!』って感じでフッキング!
いきなりロッドを絞り込んできます。瞬間的に「こりゃデカイ!」と。
そう思った瞬間に『ギギギギギ~~~~~~~!!!!!』 と凄い勢いで突っ走ります。
全然止められる気がしません。
なんとか止まってもまた直ぐに『ギギギギ~~~~~!!!!』っと走ります。
しかも結構早い流れの中だったので凄い突進力。
先週の65cmよりも走る感じ。

普段ファイト中は下らない自分ですが、たまらず下ります。
ランの頭で掛けたのに気がつけばもうテール近く。これ以上は下られないようにファイト。
10分近くファイトしてようやくキャッチ!
c0157482_14494795.jpg
いや、デカイ! 気になったので写真撮る前に計測するとなんと60cm!!!
まさかのサイズにびっくりです。
先週の2匹ほどの体高ではありませんが、筋肉質で肉厚感あります。
c0157482_14505071.jpg
そして全てのヒレがこれまた見事!
c0157482_14510211.jpg
大きさも嬉しいのですが、凄いファイトの魚をキャッチ出来た嬉しさでいっぱいでした!


リリースしてそのまま歩いて近かった下のランへ。
そこはよく反応のあるピンポイント。
今日の感じならいいんじゃ?と思ったら、やはりそのピンポイントをスイング中に『ドドン!』
ファイトに入ったらいきなり1m程の高いジャンプ! しかもジャンプ連発!
ダッシュも凄い魚でした!
c0157482_15083273.jpg
これまた泣き50cm。銀ピカ具合がイイ感じ♪
何回跳んだろ?ってくらいにジャンプしまくりでした!

リリースしてまた直ぐに♪
c0157482_15084629.jpg
45cmない位かな? 小さく長いアタリ方を我慢してフッキング出来ました。


その後はアタリもなく、お昼ごはん。
もうこの日はかなり釣れて余裕なので、気持ちが楽です。かなり暖かくなってきたので体も気持ちも心地イイ感じ(笑)


で、午後の部。
気になるいいラン。ちょうど早い流れと遅い流れの境目にいい感じの石?が沈んでました。
その前をスイングさせると…『グン、グ、グン・・・』 「キタ!持ってけ・・・」 『ググググ~~~!』
と来てフッキング。
あまり走りはしないけど重量感あります。
手前に寄せてくると真っ赤な魚体!
しかもなかなかサイズ。だけどすんなりネットイン。
c0157482_15184168.jpg
c0157482_15182787.jpg
今度は凄い色したレインボー!サイズももうちょいで60cmに届きそうなサイズ!
こういうレインボーもカッコいいです!


もうかなり満足しちゃって他のポイントは探索半分で回ります。
アタリも無かったのですが、昨年同じような水位と色の時に大物にやられた場所が気になります。
あの時も時間帯は夕方前。
今行けば同じ感じです。

で、そこに3時半頃到着。
昨年と全く同じ雰囲気です。そして昨年やられた辺りに差し掛かった時。
スイング中に『ゴゴン!ゴン!ゴン!』 「キタ~!去年と同じ感じ!」
いきなり『ギギギ~~~!!!』 「いいサイズ!」
ロッドにも激しく伝わる首振りの振動。
押しの強く早い流れだったのですが、最初に一暴れした後はスルスル手前に寄ってきます。
「このファイトとアタリ方はブラウン???」
手前に来てからは強い粘りで時間をかけて慎重にファイト。
水面にギランとした姿はやはりブラウン!
なんとか無事にキャッチ!
c0157482_16270470.jpg
c0157482_16302706.jpg
均整のとれた見事な魚体のブラウンの52cm!
この日はレインボーばかりの中で嬉しい一匹でした!

最後は別の場所を流して1アタリで終了。

なんとこの日、10アタリ8キャッチ!しかもその内4匹が50upという信じられない結果に。
増水の後のいいタイミングに当たると大きいサイズの反応がイイ時ってのがあります。
その証拠にこの日は小物が釣れませんでした。
乗らなかった2アタリはアタリ方からして小物かもしれませんが、釣れたのは全てがいいサイズ。

フッキング率にも注目です。
いいサイズってのは結構な確率でフッキングするってことの表れでしょう。
針の砥ぎ方を変えたのもフッキング率upの要因の一つかも?


釣れなきゃイブニングもって考えてましたが、当然真っすぐ帰宅(笑)
こんなイイ釣りしたのは初めてかも?ってくらいに、満足な一日でした。

c0157482_17265493.jpg
次はやられたままになってる天竜川だな(笑)

[PR]
by camelhd | 2017-04-11 17:28 | 犀川 | Comments(6)

犀川(今年5回目)

まずはWild-1のセミナーにお申し込み頂いた方々、申し込めなかったけどお問い合わせ頂いた方々、どうもありがとうございましたm(__)m
お昼に申し込み開始して翌日のお昼前には満員御礼となったようで、締め切り以降も次回のお問い合わせ等が多いようです。まだ初回も終えていないので今のところ次回開催は全く未定です。
当初定員が埋まるかどうかと心配していましたが、想像以上の反響を受けてビックリしてる次第です。



さてさて、本題に。


今週は連休でした。
凄~~~く迷ってたんです。九頭竜行こうかどうか…。
前日の夜に何だかんだ用事が出来てバタバタして、結局準備も間に合わず。
なので急遽犀川に行くことにしました。と言うか、犀川が(も?)凄く気になってたんです。
「何故犀川か?」って?
それは釣れてないから。釣れてない時こそチャンスと思ってます。
だから釣れてない九頭竜も迷ってたってワケ(笑)

3月半ば~後半頃の犀川、いつも難しいんです。
だけどボチボチ良くなるはずと検討をつけての釣行。
あっ!ちなみに先週は天竜川行きましたが、5アタリ3バラシしてデコってます。ブログupしようと思ってたらバタバタして書く暇ありませんでした。書くこともないからまぁいいかってのもありまして(笑)

ここのところ天竜川行ってますが、天竜川って明らかにダムから遡上してきたようなレインボーが釣れてるんです。
しかも釣れるポイントの特徴が見えてきた感じ。
ならば犀川でも同じ釣り出来るんじゃ?ってことで今回犀川なんです。

朝イチに遡上レインボーが釣れるならココってランの更に狙った所に入ります。
明るくなって直ぐに釣り開始(5時半ちょうど位)。

この日の朝は寒かったです(-4~-5℃位)
直ぐにガイドが凍ります。ロッドも凍ります。

まだランニングラインを引き出しきってないくらい。開始5分後。
スイング中に『グッ、グ~!』 「いきなりキタ!」
ロッドがイイ感じで曲がります。「デカイ!50位だ!」って思ったらフックオフ。その瞬間水面直下で『グワン!』と魚体をひるがえした波紋が大きそうな魚でした。

「貴重なチャンス逃しちゃった~(´д`|||)」とヘコんでましたが、核心部はまだまだこれから。まだ何かあるだろ?と釣り下ります。

で、核心部。
遠投してスイング中に『グ、グ、ドンドンドン!!!』 「ほらキタ!」
フッキングさせてやり取り開始直後に『ギギギギギ〰〰〰〰〰〰〰!!!』とダッシュ!
だけどリールの逆転が渋い。直ぐに「あっ!凍ってるんだ!」と気がつき、そのままロッドとリール全てを水中に浸けると『ギャバババ〰〰〰!!!』と水飛沫をあげてリールが水中で逆転。

水からあげてもさらに『ギギギギ〰〰〰〰〰!!!』
「ヤベ!止めらんね~!」 なるべくテンションを強くかけながら走らせます。
すると『ドッバ~ン!』とジャンプ。「うわっ!デカ!」
さらにまた『ドッバ~ン!』また直ぐ『ドッバ~ン!』
「外れないで~」と祈りながら耐えるしかありません。

何度も『ギギギギ〰〰〰〰!』と走られながらも、なんとか手前に寄せて魚を見ると凄い銀ピカ!
この大きさで流れに乗られると一気にラインを出されるので、流れに乗られないように気を付けます。
その後も跳んだり走ったり10分近くファイトしてようやくネットイン!
c0157482_11010758.jpg
まさかの59cm! そして凄い体高です。なんと17cmの体高。
シルバーメタリック感がたまりません。
c0157482_11013905.jpg

↑これだけ見せられて、海外のスチールヘッドって言われたら信じちゃいそうな見た目。
c0157482_11014826.jpg
c0157482_11015607.jpg
まだ朝陽が川に差し込む前だったので、ビッカビカに輝く写真が撮れなかったのが残念ですが、とにかく素晴らしい魚でした!
動画だと素晴しさが伝わりやすいかと思います。





リリースして興奮したまま釣り再開。

ランのテール。「遡上レインボーならココも怪しいよな~。」と早い流れをスイングさせてた時。
その前の2回と同じような『グ、グ~』と押さえ込むようなアタリから『ドドン!』
フッキングさせると凄い重量感。「さっきと同じくらいか?もっとデカイ?」
『ギギギギ〰〰〰〰〰!!!』 「いやいや、さっきより凄い‼ 止めらんね~。」
一気に15m程出されます。だけどこのテールは下られたくない。

2xのフロロティペットギリギリのところでテンション強く掛けて耐えます。
『ドンドンドン』と水中で大きく首を振る感触が伝わってきます。
ティペットがどこかに擦れてる感触も。
その前に釣ってからティペットをチェックはしたけど交換してません。だけど自信のあるフロロ。「大丈夫!」と自分に言い聞かせ、強いテンションを保ちながらカリカリとリール巻いて寄せます。
そうしたら今度は対岸に向かって『ギギギギ〰〰〰‼』
その途中『ドババン!』と水面を割りました。「太っ!」
だけど早い流れも手伝って全然寄せられません。もう腕もパンパンです。

やっと手前に寄せてからも最後の一寄せがなかなか寄せられません。
さっきよりも長い時間のやり取り。
いい加減、針の穴が広がるのが心配だと思ったので意を決して勝負に出ます!
「絶対にネットインはしくじらない!」と決意して慎重かつ大胆にネットイン!

「オッシャ〰〰〰!!!」
c0157482_12005913.jpg
デカイ!
さっきのレインボーよりまだ一回りデカイ!
震えながら計測したらなんと全長65cm!!!!!

しかも太いんですよ!
なんと体高が18cm!重さも重いんですよ。これがまた。
c0157482_11553387.jpg
またまた山が邪魔して陽射しがなかったのですが、薄っすらと青紫に光る魚体が見事です。
尾ビレも大きく見事ですが、他の各ヒレの大きさや色合いも素晴らしい!
c0157482_11560367.jpg
↑の写真、ロッドとよ~く比較してみて下さい。
なかなかストリッピングガイドまで一緒に写せる魚っていませんよ?





朝イチの一流しでこんなのが2本。
その後はもう釣りになりません。
ちなみに二川合流~殖産の大原橋とかなり広範囲を見て回りましたが、見かけた釣り人はたったの3人。
c0157482_12102086.jpg
↑更科橋上流。
↓大八下流。
c0157482_12111058.jpg
減水&クリアなのが分かりますかね?上の犀川漁協も同じく減水&クリアです。


テキトーに何か所か流すも、気分的にほわ~っとして全く釣りに身が入りません(笑)

なので午後は気分を変えて支流でフローティングラインにウェットを流します。
ちょうど移動中に激しく雨が降ってきましたが、カッパを着て開始。

ちょっと早いかな~?って流れをスイング中に『ドドドン!』ときてフッキング。
直ぐにロッドテンションが無くなります。
「あれ?外れちゃったよ」って思ってたら凄い勢いで早い流れを上流に走ってました。
直ぐにテンション掛けてファイト。ラインが水面に刺さってるのと違う方向に走って、ラインが『ビャババー』と音をたてます。
ゼニスも『ギギギギ〰‼』
そのまま下流に走られるも止められず結局フックオフ。
50半ばってところですかね~?
普段ならメチャクチャ悔しいんでしょうが、今日は「いや~、イイ魚だったな~(´ー`)σ」とあり得ないゆとり(笑)


そのまま夕方までのんびりやって終了。

凄い魚が釣れて嬉しいのはもちろんなんですが、何より読みがズバリ当たったのが嬉しくて…。
まずは行き先の川の選択。
狙いの魚の選択。
それに合わせたランの選択。
ランの中のピンポイントの選択。
フライの選択。
天竜川での経験が大きく役にたった今回。今までの自分だったら釣れなかった魚だったと思います。
もちろんタイミングが大きいのだとは思いますが、天竜川での経験がなかったら確実にそのタイミングも想像出来ていませんでした。

しかもそれが銀ピカの極太レインボーと65cmのこれまた極太レインボー!
こんなの滅多に釣れるもんでもありませんし、掛けてもキャッチできない可能性も高いです。今回のポイントにも一ヶ所障害物が近くにありましたがそっちに走られないように必死のファイトでした。
個人的には65cmのレインボーなんて正直サクラマスよりもレアだと思ってるのでとにかく嬉しいの一言。
59cmの時は写真撮りながら「ヤベ~。スゲ~の釣っちゃったな~」って。
65cmをキャッチした時なんかは叫びましたし、写真撮るときは震えちゃって最初上手く撮れませんでしたから(笑)


これぞ本流の魚!っていう本流らしく大きさと美しさを兼ね備えた素晴しい魚。
そんな魚と出会って震える感動を求めて本流をやってます。
「本流やってて良かった~♪」って心底思った一日でした(^^)
c0157482_12134030.jpg

[PR]
by camelhd | 2017-04-04 20:20 | 犀川 | Comments(10)