人気ブログランキング |


 群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野フライきちがいのブログ
ブラッドノット/岡田裕師...
ゴーマル伝説リターンズ❗...

最新のコメント

ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 13:30
お疲れ様です。今シーズン..
by ネコ好きヘッダー at 12:59
ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 16:35
お世話になります。立派な..
by ネコ好きヘッダー at 15:10
Q☆bornさん、こんば..
by camelhd at 21:44

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:犀川( 83 )

犀川 2019(今年9回目)&支流

今年の梅雨はいつ明けるのでしょう?

またお山にと思ってたのですが、夕方に中体連が近い息子の部活にも練習に行こうと思ってたので釣りは午前中だけ。でも日曜日の段階では利根川が釣りにならず。
増水の犀川が場所を選べば何とかなるか?と迷いながらも、「行かなきゃ釣れない!」ってことで強行。

現地に着くとやはり強い濁り。
当然釣り人は皆無。だけど川鵜が大量にいます。
お目当てのポイントに行くと50羽程の川鵜がいたので、追い払ってから違うポイントへ。
濁りは白くスネ下くらい。かなり透明度は低いです。
c0157482_12583637.jpg
今回、午前中だけのちょい釣りと思ってたので、ほぼ風景の写真を撮ってません。↑の写真も友人のNさんから頂きました。

黒のチューブフライを結び、遠投せずにやや強めのスイング。
「さすがにこれじゃ厳しいよなぁ」と思ってたら、スイング中盤でて…
『ゴン、ゴゴゴン! ゴゴン、ゴン!』って感じのかなりいいアタリ!
しかし結局持っていかず。

何ヵ所か回ったものの全くアタリは無し。
やはりこの濁りでは厳しそう…。

ここで地元のNさんと合流して濁りの影響の少なそうな某支流へ。

こちらは本流のあの濁りがウソのよう(笑)
そしてこの川、虫も豊富です。
水中に落ちていたこんなものににすらご覧の通りラーバが何匹も。
c0157482_15243893.jpg
見たいんですかね?(笑)
ラーバとエロDVDという個人的には凄くツボなシュールな画像(笑)

二人で流すもオレが小物をバラシただけ。

しかし某所でかなり大型のニジマスの姿を二度見ました!
Nさんも大きな魚影を見たそう。

ヤル気マンマンで釣り下るも反応無し。
そろそろ帰らなきゃと思っていると…
『グ~!』 「???引っ掛かった?」 と思って竿を立てると『ゴンゴン!』
水面直下でブラウンが暴れています!
「魚だ!」と思った瞬間バレました。45cmくらいでした。


同じ場所でフライを変えて粘っていたら…
『クン、ググ~!』ときて今度はぬかりなくフッキング!
いきなりロッドが絞り込まれる重量感!
「デカイ!」手前で掛けたのにいきなりダッシュ!
『ギギギギギ~~~!』と対岸上流へ。と思ったら下流に『ギギギギギ~~~!』
支流で浅いからかメチャクチャ走ります。こんなに走るレインボーは久しぶりかも。
自分も下ってやっとこさ手前に寄せてネットイン!
c0157482_15202392.jpg
キャッチしてから魚を見たらいやいや、何とも見事なレインボー!
c0157482_15232182.jpg
ヒレピンだし素晴らしいプロポーション。
サイズは53~4位かと思って測ったら51cm。イイ体型の魚って大きく見えますよね。
個人的には大きな背ビレがタマリマセン♪
c0157482_15265258.jpg
前回犀川に来た時にいいブラウン釣ったから、いいレインボーを釣りたかったんですよね~。
c0157482_15282263.jpg
一部始終を見ていたNさんも興奮してました。オレはもっと興奮してましたけどね(笑)

時間的にもギリギリだったのでそのまま終了。

朝イチのアタリが乗らなかったのが悔しいですが、Nさんのおかげでこんな素晴らしいレインボーが釣れたので大満足。
しかもフローティングラインのウェットで釣れたのでより満足です!
今年はあまりフローティングで釣ってなかったんで、フローティングで釣りたいとずっと思ってましたから。

本流は濁り強すぎでしたが、行かなきゃ分からないし、行かなきゃ釣れませんからね。こればっかりは仕方ありません。
むしろ強行した自分を褒めてやりたい(笑)
c0157482_15323402.jpg

by camelhd | 2019-07-09 12:49 | 犀川 | Comments(2)

犀川(今年8回目)

ここのところ利根川が連日の雨で濁り、全く釣りにならず…。
で、どうも天竜川が調子良さそう。久しぶりに行ってみたいし、あの凄いレインボーを釣りたい!ってことで気持ち的にも天竜川に決定。

ウチからは3時間ちょいかかるので1時頃出発。
途中で何気なく天竜川の水位を見ると一時間前に30cm近くも急上昇!
あわてて釜口水門を見ると、どうやら放水しだしたよう。
さすがにこの水量では釣りにならなそうなので、途中で犀川へ変更。

天竜川へ行くつもりだったので犀川へは一時間も早く到着。
しばし仮眠zzzz

せっかく早くから到着したので薄暗い時間から開始。
フローティングラインでウェットを流すも全く虫っけはありません。
一度小物っぽいアタリがあっただけ。
さっさといつものtypeⅡに変えて、再度同じランを流します。

中間の良さそうな所で『コン、グ、ググン!』ときたけど乗らず。

下ってイイ所が終わっちゃう辺り。
クロスに投げてテンション掛かり始めてスイング開始。
すると直ぐ『グ、グ、ドドン!』と重量感あるアタリ!
そのままフッキングすると派手に『ドバドバン!』と何やら大きそうな魚が水面を割ります。
ロッドをバットから曲げこみパーフェクトを『ギギギギギ~~~!』と逆転させる猛烈なダッシュ!
さらに遠くの方で大きくジャンプ!「ブラウンだ!デカイ!」
少しずつ手前に寄せますが、相変わらずダッシュとジャンプを繰り返します。
何とか手前まで寄せるとさらにダッシュ&ジャンプ!
しかも水面高くジャンプするのでこっちはドキドキです。
それから数回の突っ込みをかわして、なんとかネットイン!

「うわっ、デカイ!」
まずは万が一逃げられた時のために証拠写真。
c0157482_09014330.jpg
明らかに60cmは越えています。
気になったのでこの証拠写真を撮って直ぐに震える手で測ると62cm。
それから改めて撮影。
c0157482_09005405.jpg
やはり60を越えてくると迫力あります!
フライは↑の写真にちらり写ってますがキャメルグリーンのゾンカー。
やはりこの色は効きます!

写真だと分かりにくいけど太いです!
c0157482_09153555.jpg
長さもあるし片手で持てないくらい。↑の写真もやっと撮れました(笑)
c0157482_09174004.jpg
とにかく素晴らしい体型。あのファイトも納得です。
しばらくぶりの60越えブラウン。その迫力を名残惜しみながらリリース。

その後、最初にアタリがあった所をウェットで流してみます。
再度アタリましたがまた乗らず。

移動してイイ所でアタリがあるも乗らず。

あんな凄いのを釣ったせいで、もうこの辺で集中力が続かず(笑)

あちこち車で移動して様子を見ます。
c0157482_09244369.jpg
c0157482_09245909.jpg
パッと見ると良さそうですが、立ち込むとまあまあ色がついてる感じです。
平ダムに入ってる支流がまっ茶色なので、その色かな?
殖産は他にルアーとフライを一人ずつ見ただけ。

上流はクリアーです。
c0157482_09271748.jpg
こちらも一組よく月曜日に見かける方を見ただけ。
そしてこの時点でもう釣りする気持ちも薄れてます(笑)

なので…
c0157482_09285458.jpg
前から気になっていた温泉へ♪
児玉橋のたもとに看板ありますが、遠いです。
山道をずっとクネクネ登ります。自分で運転しながら軽く車酔いしました(笑)

しかし露天風呂からは素晴らしいロケーション。
c0157482_09312972.jpg
天気が良ければ遠くにアルプスも見えるそうです。
って言うか、ここの料金。大人一人350円!
だけど他にお客さんはいません。なので写真撮ってみました。
c0157482_09341417.jpg
普段こんな余裕はないので、凄く贅沢してるような感じ。罪悪感さえ感じます(笑)

風呂から出てお昼過ぎてたので蕎麦も。
c0157482_09365946.jpg
個人的にはそこらの蕎麦屋より全然美味しかったです♪

で、犀川に戻って車中で昼寝zzz

途中カミさんからの電話で起きてやっと4時頃に釣り再開。
ここで地元のNさんと合流。
お互いアタリありませんでした。
水量多いのでランの選択が難しい感じ。

しかしNさんから…
c0157482_09403716.jpg
今日採れたばかりの根曲がり竹をお裾分け♪
美味しいんですよね~。ありがとうございますm(_ _)m

Nさんと別れ、最後に朝イチに釣ったランを流すも、途中から雷が聞こえてきたので終了。


元々天竜川に行こうと思ってましたが、結果的に犀川で良かったのかも?(笑)
結果的には一匹でしたがアレを釣った後も真剣にやってれば、まだ釣れたとは思います。アタリもそこそこありましたし、状況的に悪くはないかと…。
だけどあんなの釣っちゃうとさすがに集中力が(笑)

スクールでも皆さんにお伝えしてるのですが、こういう素晴らしい魚が釣れるのがスイング。
このブラウンもスイング開始直後の気持ちいいタイミングでの凄いアタリ方で、かなり楽しめました。
ちなみにちょうどここ一ヶ月間ほど、スクール参加の方々から見事な魚の釣果報告がいくつも届きました。最盛期ですからね~。天竜川行こうと思ったのも参加者からの素晴らしい魚に刺激を受けたのもあってのこと。
そして皆さん同様に魚とのコンタクトが増えてイイのが釣れるようになったと連絡を頂き、こちらは嬉しい限りです!

この日は久しぶりの大きいブラウンに楽しませてもらいました。
ここしばらく利根川でモドリばかりを狙う日々でした。モドリやサクラマスも難しさや魚の美しさがあり素晴らしいですが、やはりブラウンはブラウンでファイトや風格が素晴らしい魚です。もちろんレインボーはレインボーの凄さもあって凄く好き。
なんか最近、ネット上を見ているとサクラマスが一番って風潮を何とな~く感じちゃうんですが、オレにはどの魚が一番って決められません。どの魚もみんな大好き(笑)

個人的にはそろそろ本流も一段落な季節ですが、その前にまたイイ魚と出会えるといいなぁ(*´ω`*)
c0157482_10072186.jpg




by camelhd | 2019-06-25 08:39 | 犀川 | Comments(2)

犀川 2019(今年7回目)

ほぼ一ヶ月ぶりの犀川。
c0157482_10272333.jpg
本来ならボチボチ利根川に入れ込む時期なんですが、なんと今回はフライフイッシャー誌の取材!
実は先週火曜日に利根川で取材の予定だったのですが、中禅寺湖に行った月曜の夜に夕立のような雷の大雨。利根川も急激な増水で取材は延期としました。
で、今週になったのですが前日から藤原ダムも放水し出して増水。
取材ってこともあり、心配で日曜日の夜に仕事が終わってから利根川を見に行くと水位計以上の増え方。
急遽電話して取材場所を犀川に。
でも夜の利根川はヒゲナガが凄かったです。。。
c0157482_10233624.jpg
歩道に足の踏み場もないほどヒゲナガがいるところもありましたよ。

で、犀川取材!
朝イチにフライフイッシャー誌編集長のTさんと合流。
今回は動画ではなく紙面の記事としての取材です。実は秋に一度動画撮影をやりました(この記事の最後の方にちょろり)。ところがなんと痛恨のデコ(笑)
当日は条件悪すぎでした。犀川でまともなアタリもないなんて何年ぶりかでしたから。
それもあって今回はかなりプレッシャーでした。

朝イチのイイ時間になんとか一本と考え目指すランへ。
メインの場所をやる前に行きがけの場所でやった所で明確な小物のアタリが一度。
もう小物でも何でもイイからとりあえず一本とりたい自分としてはドキドキです(笑)

で、そのままメインの場所。
核心部で何もなくもうそろそろ核心部が終わろうかという所。
スイング中盤で『クン、ググググン!』取材中の最初の待望のいいアタリ!瞬間的に全身の毛穴が開いて体がアツくなりながらフッキング!
重量感はさほどでもないもののいいファイトの魚。
何よりバラせません。慎重にネットイン。
c0157482_11171945.jpg
最初の一本はキレイなブラウン!
いや~、ホント一安心…。取材といういつもとは全く違うプレッシャーです(笑)

T編集長が撮影して再開。
その場所はそれ以降何も無し。

移動して二ヶ所目。
スイング後半で『グ!ググ~』っときてフッキング。これまた似たようなサイズ。手前に寄せてきてネットを出した所でフックオフ。
先ほどと似たようなブラウンでした。
たぶんバラシた瞬間の間抜けな顔も写真に撮られていることでしょう(笑)

その直ぐ後で回収リトリーブで小ブラが一本。

三ヶ所目。
スイング中に『トン、ココン』ってアタリが二回。
この頃から虫もチラホラ。

四ヶ所目。
ブラウンが釣れたのでレインボーでもと思ってました。虫も出始めたのでこのランがいいかな?と…。
イイ所で小物のアタリが二回。
この日は晴天で陽射しも強く、9時前でしたが厳しいかな?と思い始めてた頃。
手前が小物のアタリだったので流芯側に期待してました。
「この辺良さそう♪」って思ってた時。
スイング前半で『コン』 「流芯でもまた小物?」と思った2秒後、突然パーフェクトが『ギギギギギギ~~~!!!』 あまりの突然の出来事に「キタ!けど何だこれ!? 凄いダッシュ!」
ロッドに伝わる重量感はそんなでもありません。あのダッシュの感じは60cmクラスの感じがしましたが、全くそんな重量感はありません。
そして割りと簡単に手前に寄ってきます。このパターン、過去に何度か経験してますが銀ピカレインボーに間違いありません。
絶対手前に来て走ると思っていたら案の定『ギギギギ~~!』っと凄まじいダッシュ!
それを数回繰り返し無事にネットイン!
c0157482_12024644.jpg
凄い体高の銀ピカレインボー!
何とも見事な魚体です。こんな魚は殖産ではかなり久しぶりです。
魚体もファイトもこれぞ本物のレインボーって感じの魚。
背ビレも大きく天竜川で釣れるようなレインボーです。
コンディションも良く凄く筋肉質。
c0157482_12065582.jpg
あまりにナイスファイトだったので、ファイト中は取材中ってこともすっかり忘れてたくらいです(笑)
こんなのが取材中に釣れたのはとにかくラッキーです。
ただあんなに凄いファイトでこんなイイ魚が出るなんて動画撮影にすれぱ良かったと…(笑)
とにかくアタリの瞬間からパーフェクトが凄く派手に唸りましたから、動画だったらかなりの興奮映像になったことでしょう。
これが釣れた時点で9時ちょうど。写真もバッチリ撮って頂き、取材成立ってところでしょうか。

その後はスイングの解説のインタビューやらタックルの撮影やら、記事にするのに必要なことを川原で色々。
c0157482_12174645.jpg
T編集長はご自分でも本流ツーハンドの釣りをするので、細かい所や的確な核心を突いてきます。こういう方が作るといい記事になるんでしょうね~。


魚やフライの水中撮影も。
c0157482_12215016.jpg
注:農家のオジサンではありません(笑)
↑の写真の小さなカメラでも凄くキレイな写真が撮れてました。

この日はとにかくいい天気。
c0157482_12270412.jpg
釣り人はほとんど見かけませんでした。うちら以外に一組か二組だけでした。
でもちょうどあのレインボーを釣った後からはラフティングボートがたくさん。

暑かったのでウェーダーも脱いで昼食。
c0157482_12242643.jpg
プレッシャーから解放されたら凄くお腹が減ったので特盛です(笑)
奥では多忙なT編集長が仕事してます。


いつもとは全く違うプレッシャーの中、あんなイイ魚が釣れて肩の荷が下りました。
でもああいうイイ魚が釣れるのがスイングの釣り。
それが少しでも誌面で伝われば幸いです。

ちなみにいつ発売のフライフイッシャー誌に掲載されるかは未定だそうです。ひょっとしたら来年になるかもとのこと。
掲載が決定したらまたお知らせします。
c0157482_12114055.jpg
自分としても記事が楽しみです。
何故ならちゃんと釣れたから(笑)

by camelhd | 2019-05-14 10:12 | 犀川 | Comments(4)

犀川 2019(今年6回目)

すっかりご無沙汰してしまいました(笑)

4月に入り最初の休みは連休。月曜日は春休みの息子の部活にオレも一緒に参加。翌日火曜日は娘の部活の大会応援に新潟市へ。しかも道中は4月なのに思いっきり雪!
c0157482_21443353.jpg
↑除雪車で前が詰まって止まった時に撮ってます。念のため。
履き潰そうと思ってた古めのスタッドレスじゃ怖くて怖くて(*_*;

翌週、犀川に行く気マンマンでしたが、色々な疲れが出てなんと発熱。それでも行こうと思って(笑)、2時に起きるも38℃弱あって断念。三年ぶりくらいの風邪っぴきでした…。

で、今週。もう行くっきゃないでしょ~!

天竜川と迷いましたが、来週のスクールの場所の下見もしたかったので犀川へ。
c0157482_21494868.jpg
最後に犀川行ったのが2月の最終週。
かれこれ1ヶ月以上経ってます。凄い久しぶりの感じです(笑)

朝イチはイチかバチかの大物狙いで入りますが、アタリもありませんでした。

移動してお気に入りの某ポイント。
開始数投のスイング後半で『ドドドン!』
そのままフッキングすると水面高々とジャンプ!
遠すぎて魚種は分かりません。時折パーフェクトを『ギギギギ~!』と唸らせてダッシュ。
「50は楽に越えてる魚だろ」って思って寄せたら「あれ?そんなでもない(笑)」
でもなかなか寄らずにやっとこさランディング!
c0157482_21590966.jpg
なんとキレイなブラウン!
c0157482_22221249.jpg
45cmくらいでしたが、筋肉質な見事な魚体でした。
ちなみにいつものチューブストリーマー。

とりあえず一本釣れたので、ロッドチェンジ。ビューラーからKⅡへ。深い意味はありません。両方好きなので両方使いたかっただけ(笑)。

イイと思ってた場所で何も無し。
ここで車に戻る途中で友人のNさんからLINEで凄いのが!
それは後程…。

ちょうどこの頃からかなりの強風に。

移動してピンポイントだけど、いいヨレが出来ている場所。
割りと浅く、流れも弱めだったので、フライをチューブストリーマーから小さめのマラブー系に。ラインもシンク1/2。

風が強くて上手くキャストしづらかったけど、風にあおられないよう角度に気をつけてキャスト。
着水してスイング開始して数秒後。『グン!グイ!グググ~!』
イイ角度で食ってきて、フッキングのタイミングもバッチリ。
なかなかの重量感があったけど、バレないと思って安心のファイト。
じっくりファイトしてネットイン!
c0157482_22425132.jpg
意外とデカイ。測ってみると52cm。
c0157482_22473231.jpg
色合いもきれいなレインボー。
針もイイ所に刺さってました!

その後は今年大物をバラシてる深いポイント。
スイング後半でアタリが来てファイトするもフックオフ(*_*;
50は越えてるようないいサイズでした。

移動して冬場はやらなかったような早い瀬のポイント。
まだ時期的にちょっと早いかな~?と思いつつ流していると…
『ゴン!』「お~、ビックリ~(笑)」
3秒後に『ゴゴン!グイ、グググ!』ときてフッキング。
これまたいいフッキングが出来たので安心のファイト。早い瀬の中でゆっくり寄せてネットイン。
c0157482_22572131.jpg
陽射しが強かったのでキャメルグリーンのゾンカー。やはり晴れた時には信頼出来るカラーです!

その後も幾つか回るも何も無し。
結局この日は4アタリ3キャッチ1バラシ。悪くない成績です。
スクールの下見ってこともあったので、あまりガツガツまわらなかった割には反応もあって上手く針にも掛けられたかと思います。
真冬から比べると水温も暖かくなってきて魚のファイトも強くなってる印象を受けました。
ただあれだけの強風の中だと釣りが難しく、キャストとスイングにかなり影響が出ちゃいますね。


そうそう!途中で連絡のあったNさん!
送られてきた写真がコレ!
c0157482_23025168.jpg
なんと立派なサクラマス!
日曜日から九頭竜川に行ってたNさん。ちょうど日曜日の夜に電話して「明日ど~しよ?」なんて話しをしてました。
他の河川ではサクラマスを釣ってましたが、九頭竜川ではまだ釣ってなくて今回めでたく初の九頭竜サクラマス!
仲間内では何人も九頭竜川で釣っているので、自分もどうしても九頭竜川で釣りたかったそう。本人も「ホームランを打つなら甲子園で」って(笑)

チューブに巻いたストリーマーをがっつりスイングさせて『ドン!』だそうです。
Nさんはこれまでやはり普通にスイングで九頭竜のサクラとのコンタクトを何度か取ったりしてました。普段の本流でも普通に釣ってるし、九頭竜川でもそのうち釣るとは思ってました。『そのうち』って突然やってきますね。
この時期のフレッシュで銀ピカのサクラマスをフライで釣るのは価値ありますよね!
注:↓写真は一部加工してあります(笑)。
c0157482_23105447.jpg
見事なホームラン、おめでと~(^з^)-☆
by camelhd | 2019-04-15 21:37 | 犀川 | Comments(2)

犀川 2019(今年5回目)

今週は丸一日出来ないのですが、天竜川へ行こうか犀川へ行こうか迷ってました…。
前日に天竜川行った友人と犀川行った友人の情報を元に結局犀川へ行くことに。って言うか少しでも長く釣り出来るのは犀川だったってことも大きな要因(笑)

ここ最近、夜明けも早くなってきたので少し早く出て現地で30分位ウトウトzzz

で、明るくなってきて準備して開始!
c0157482_15311820.jpg
朝陽に照らされた山々が凄くキレイです。
↑この写真撮ったのが6時31分。

イイ雰囲気の中、流していると6時55分。LINEで何かが送られて来ました。
やはり犀川に抜け駆けで(笑)来ているバイク屋さんからです。直ぐに開けてみると…
c0157482_09114015.jpg
はぁ?何コレ!?(笑)
そのまま電話すると、なんとブラウンの58cm!
しかも釣ったのは6時ちょうど。
いや、ちょっと待って!オレ6時って車の中で寝てたって~(笑)
聞けば我慢出来ずに始めたら開始数投で釣れたそう。
c0157482_09152479.jpg
しかも密かに今年絶対イイだろうなって思ってた誰もが見逃しそうなピンポイント。
この人は見逃してくれませんでした(笑)

気合いも入って流すも『グン、グ!』と来てそれっきり(´-ω-`)

移動して一流しするもアタリ無し。
そこは自信あるランだったのでフライを大型のチューブストリーマーからチューブバーバーラーバへチェンジ。
c0157482_09201961.jpg
すると先ほど何もなかったイイ所で『グ!ググ~!!!!』ときてフッキング!
直ぐに水面でジャンプ!40cmくらいのブラウンです。
「やった~♪」って思ってファイトしてると何とフックオフ…。

その後、瀬っぽい割りと早い流れで『ググ~!!!!』「キタ~!」
かなりデカそう。慎重に寄せてくると太くてゴールドの魚体が!
「よし!バイク屋さんみたいなブラウンだ!」ネットを抜いて更に寄せにかかると…。
c0157482_09232943.jpg
ニゴイなのに早い流れで食っていいファイトまでしちゃって…。
ドキドキさせてくれました(笑)

その後は移動して1アタリ。流芯で凄くいいアタリだったのに乗らずです。

あちこちやるも何も無し。

気が付けばもう1時。2時には撤収予定です。
バイク屋さんに電話すると何と満足してもうとっくに帰宅途中だとか。
しかももう一本、凄くいい魚をバラシたらしい。「せいぜい頑張ってください」的な感じで励まされ?焦りを感じながら再開。

その2投後でした。
スイング後半に『クン…グ!ゴンゴン!』と来てフッキング!
ファイト中に銀ピカの魚体が水面を割ります。「何だ?レインボー?ブラウン?」大きさはそれほどでもありませんが時折鋭い突っ込み。
泣きの一匹になるかもしれない魚を慎重にネットイン!
c0157482_09423896.jpg
やりました!
40cmくらいで決して大きくはないものの、とにかく嬉しい一本!
コンディションもいいです。
c0157482_09463402.jpg
ヒレのゴールドな感じもイイですよね~♪

すぐさまバイク屋さんに電話。「え~、早っ!」と(笑)

これ釣ったのは朝イチに入ったラン。
朝イチとはラインのシンクレートもフライも変えて釣りました。ランニングラインも変わってるの分かりますかね?それが功を奏した形でしょう。フライもいつものチューブフライからちょっとサイズダウンした黒のチューブフライ。
c0157482_10583671.jpg
いや~、とりあえずホッとしました!

リリースしてブラウンを釣った所よりちょい上から再開。
フライはそのまま。ラインはいつものtype2に戻します。
再開して10分後くらい。
スイング後半に『グ!ドンドンドン!グググ~!』と派手なアタリをしっかりフッキング!
いきなりバットを絞りこみます。かなりの重量感。「デカイ!」
一瞬水面直下で『グワン!』と魚体がチラ見えしました。結構なサイズ。
慎重にやり取りするも『ギギギギ~~~!』とドラグを鳴らして走ります。
手前に寄せてきてからも鋭い突っ込みでなかなか寄せきれません。
少し時間をかけてやり取りしてネットを抜きます。前回の天竜川での無様なネットインを思い出してしまいますが、同じ失敗をしないように気を付けながらネットイン!
c0157482_11124425.jpg
なんとまぁキレイな色合いのレインボー!
しかもサイズも50半ばといいサイズだし、精悍な顔つきと均整のとれた見事なプロポーション!
c0157482_11180522.jpg
こちらもヒレのピンクがタマリマセン♪
c0157482_11191423.jpg
↑この肉厚な感じが分かります?
見た感じ凄くキレイだけどまるっきり天然ではなく、成魚放流からそのまま健康にすくすく育ったレインボーでしょう。

とにかくめっちゃ嬉しかったです。
何も釣れてなくて終了時間が目前にチラついた中で最初のブラウン。そして直後にこの逆転ホームラン的な見事なレインボー!

この後、気になる小場所を15分位やって1アタリのみ。
急いで撤収して帰宅しました。


今回あれだけダメだったのに2連発。しかもレインボーのほうは派手なアタリでフライも口の奥にバックリでした。
昼過ぎになって活性が上がったのか???
確かに若干カディスやらがハッチしてたけどホントに僅か。
水温も急に上がったとは考えにくい。
単にフライを変えてそれがマッチしてたのかなぁ?
たぶんこのレインボーは朝イチにアタったレインボーだと思うんですが…。

いい時間帯ってのも時期によって変わってくる頃です。
もちろん川によってもいい時間帯は違います。その辺の変化を上手く見極められるといいんですが…。今回は見極められずたまたま上手くいった感じかな?
やはりイイ魚を釣るには『いい時間帯にいい場所』ってのが凄~く大切になってきますからね。

だんだん暖かくなってきて本流のトラウトも活性化してくる時期。
楽しみな季節がやってきますね(^з^)-☆

by camelhd | 2019-02-26 08:53 | 犀川 | Comments(2)

犀川 2019(今年4回目)

前回しばらくは行けそうもないとか書いといてまた行っちゃいました。スミマセン(笑)
前日行った友人はかろうじて一本。それにプラスしてニゴイw。
しかし数日前に行ったAさんはなんとブラウン63cm!あれは見事な魚でしたよね~。

天気予報は夜に雨の予報。
この時期の雨って絶対良くない条件!
ましてや秋~冬の夜に降り始める雨はいただけません。

それでも夜3時に起床。
予報を見るとやはり雨。でもまだ水位は若干の増水で釣りには影響なさそうってことで出発!
途中、上田市辺りは土砂降り。犀川に到着する頃にはほぼ止みましたが、水位計の計測では若干増えてます。
実際川に立つとここ最近より5~10cmの増水。嫌な予感しかしません…。

ここ最近、反応もあって自信のあるランから開始。
ところが! 何の反応もありません。やはり未明の雨での若干の増水が効いてるのでしょう。

移動して2ヶ所のラン。
ここは恐らく雨の影響の少ないであろうラン。
慎重に一流ししますが、何の反応もありません。もう終了となる辺りで根掛かりしてフライをロスト。
それまでの反応の無さからフライをキャメルグリーンのゾンカーにチェンジ。
その数投後。回収リトリーブを終了してロッドを立てると『グ!』「あれ?何かに引っ掛かった?」と思ったら『グングングン!』何と魚です!しかし水面で『グワン』と反転して直ぐ外れました。

「ん~、移動しようかと思ったけど絶対このランいいだろうからこのままキャメルグリーンでもう一流ししよう!」と再びランの頭に。

釣り下って一番良さげな辺り。
スイング後半に『コン』 「ん?たぶん魚だよな?」
そのままスイング継続させるとフライに葉っぱが引っ掛かかったような微妙な重みを感じます。だけどもうスイングしないくらい手前の緩い流れ。
絶対フライを食ってると確信してゆっくり大きくアワセます。するとしっかりした重みが!「ヨッシャ!乗った!」
『ゴンゴンゴン!』と水中で激しく首を振る感触となかなかの重量感。「デカイ!」
トルクあるファイトをいなしながら慎重に寄せます。途中『ギギギギ~!』とラインを引き出し走ります。
ネットを出して手前に寄せるとなんとブラウン!
ス~っと寄せて一発でネットイン!
c0157482_22360546.jpg
いいサイズのオスのブラウン!
だけど「あれ?これって???」見た瞬間、何となく見覚えが…。
直ぐに携帯を取り出し写真を確認すると…。
何と前回upしたボブが釣ったのと全く同じブラウン(笑)
年に1~2回はあるんですよね~。こういうことw

それでもいい魚!
いかにもオスのブラウンらしいデッカイ胸ビレ。
c0157482_22530145.jpg
お腹もパンパン。
c0157482_22570227.jpg
そしてキャメルグリーンのゾンカーをガップリでした!
c0157482_22550732.jpg


これをリリースして再開した10分後にも流芯をスイング中に『コン、ゴン!』ときたけどそれっきり。

その後もランガンするも風も強くて水位も若干増水。場所によっては濁りも酷く12時半には撤収。
ちなみに川は濁りで場所によってはこんなん。
c0157482_23005446.jpg
c0157482_23012664.jpg
気温も朝イチだけは暖かかったんですが、二流し目からは風も吹き出して寒くなってきました。毎週行ってるここ最近の条件としてはこの日はかなり悪い条件だったと思います。

だけど同じ時間帯にやっていた地元の友人はいいレインボー!
c0157482_23025601.jpg
たった一度だけのアタリを見事にキャッチ!スイング中のやはり小さなアタリを上手くフッキングさせたそうです!
おめでとうございます!


朝イチの絶対に自信のあったランで何も無かった。ここ最近、朝イチは絶対的に良かったんですが、この反応の無さ。どう考えても未明の雨が原因でしょう。
イイ時期ならば未明の雨は大チャンスです。ところがこの時期の雨ってのは絶対良くないと感じてます(あくまでフライではね…)。イイのは日中の降り始めの僅かな時間だけ。ちょっとでも水が増え出したりゴミでも流れてきようものなら途端に反応無くなるのが秋~冬のパターンと思ってます。
ただ、それが落ち着いた時はまた急激に良くなりますけど…。

この寒い時期はあまり変化がないほうがイイような感じがします。
クリアー&減水ってのが何だかんだ言ってベターなんでしょう。
こういうのも前回書いた冬パターンが確立されてないから、今まで分からなかったことなんだと思います。


翌日は仲間でスキーに♪
c0157482_11530081.jpg
釣りの仲間で釣りとは違うことをするのって凄く面白いです(笑)

by camelhd | 2019-02-05 21:20 | 犀川 | Comments(2)

犀川 2019(今年3回目)

今週は行く予定じゃなかったんですが、急遽フリーになったため行っちゃいました。
c0157482_22473331.jpg
って言うか、行きたかったんです…。

仲間のボブが日曜日に犀川行ってこんなのを…
c0157482_22004813.jpg
↑朝イチのまだ明るくなりきらない6時半過ぎにモコンとライズしてたそうです!
それだけじゃなくて…
c0157482_22011784.jpg
↑放流魚じゃないですよ。ビッカビカの本物ですよ!
凄いでしょ? テンション上がっちゃうでしょ?
しかもまだ他にも釣ってるんですよ。
ニュースでも言ってたように大寒波が来ていた週末です。寒~い日のホント朝イチだそうです。
寒波なんて関係ないんですね…。


同じシステム、同じフライ。それならオレだって!って思うでしょ?(笑)
なので、鼻息全開で犀川へGo!

この日は夜が晴れてたようで放射冷却でかなりの冷え込み。
道中の温度計は-10℃。
c0157482_22085046.jpg
暗いうちに到着して空が白み始める頃から準備。
明るくなりきってないうちに川原へと歩き始めます。
あっという間にウェーダーも凍ります。
c0157482_22103946.jpg
ガイドの氷を取りながら丁寧に釣り下るも反応なし。

ランの後半。
スイングのど真ん中で『ク~、クン、グググ~!』 「きた!」スイング中盤の流芯で気持ちのイイアタリ方。
なかなかサイズです。朝イチの一匹なので慎重にファイトしてたら突然『フッ…』「え"~~~!?」
なんとファイト半ばでバレました。

気を取り直して再開して10分後。
『ククン、クン、グ、グ、グ~!』と今度はしっかり持っていくまで待ってると『シ~~ン…』なんと合わせる前に離されました。

その10分後にも似たようなアタリで離されました。

しかし朝イチの一流し目で反応が3回。
やはり朝イチが時合いのようです。

移動して2ヶ所目。
そこでもランの頭で小さいけど明確なアタリ。
中盤でも『クン、クン、ドドン!』と来て乗らず…。

もう気が狂いそうです(笑)


その後も良さそうな所を歩きまくって流すも反応無し。
やっぱり朝イチがイイみたいです。

あちこち歩き回ってダメで、時間的に最後のラン。
朝2番目に入ったランにもう一度入ります。

そこの核心部。
スイング中盤で『モゾ、ク~、グ、グ、グ~!』としっかり待ってからフッキング。「よっしゃ!乗った!」
水中で『ドンドンドン!』と大きく強く首を振ってます。重量感もかなりのもの。「これデカイ!」
水面で『ドバドバン!』と出た魚体はパンパンの銀ピカレインボー。
慎重にファイトしてネットを抜いて寄せにかかった時、『プン…』 「うっそ~!?」

寄せにかかった時に見えた魚体は50半ば~後半の太い魚ピカのレインボーでした。起死回生の逆転ホームランを阻止された感じでしょうか。とにかく今日はもう終わったなと…。

時間的にあと15分。移動する時間もないので、同じ場所をもう一度流します。
途中根掛かりしてフライをロスト。
新しいチューブフライを出すのすらめんどうだったので、フライパッチに一つだけ付いてたバーバーラーバをセット。確か秋に利根川冬季釣り場で使ってたやつかな?

その数投後。
スイング中盤で『ク、グググ~!』「きた!乗った!」
まさかのラストチャンスが巡ってきました!
慎重にファイトしてましたが頭の中は「どうせまたバレるんだろうなぁ」と完全にマイナス思考(笑)
しかし!なんとか無事にネットイン!

「や、や、やったよぉ~。・゜゜(ノД`)」
c0157482_22430696.jpg
完全放流魚ですが、ホント貴重な泣きの一匹。
しかしながらコンディションはイイです。ファイトもなかなかでした。
c0157482_09011799.jpg
しかも終了10分前。いや、もう5分前位だったかもしれません。
この安堵感は日常生活じゃ滅多に味わえませんよ(笑)
やっぱり頼れるバーバーラーバ!
久しぶりにこのフライに救われました。


今回7回のアタリに対して1キャッチ2バラシ。
しかもどのアタリ方も普通ならフッキングしてるようなアタリ方でした。
なのにしっかりフッキングしない。
実はここ最近も釣ってはいましたが、口先にギリギリフッキングしていたり、ネットインしたら針が外れてたりってのがほとんどでした。この日の魚も口先ギリギリ。
ブラウンに限っては2匹とも奥までバックリでした。冒頭のボブのブラウンもそうだったようです。
しかしレインボーに関しては今まででギリギリのフッキング。

これはもう明らかに食い方が悪いと言って間違いないと思います。
でも場所の選択と流し方さえマッチすればあれだけアタリはあるんです。食い気やフライを追う気はあるんです。ただ最後の一飲みが浅いのとフライの追い方が違うんだと思います。
今まででも薄ら気がついてはいましたが、この日で確信に変わりました。魚がどうフライを追い掛けてどう口にしてるかが鮮明にイメージ出来るほどに。
そしてその対策もバッチリ考えました!

帰りの車中はそんなことをずっと考えながら運転。お陰で全く眠くならずに到着も早く感じました(笑)


それと真冬の時合い。
元々冬の釣りなんて、犀川の秋・冬が始まってから7年位。まだ冬の釣りなんて確立されてないんです。利根川では以前から冬もOKなので前からやってましたが、釣り人の勝手なイメージで暖かくなった頃からがイイと思ってやってました。犀川でも多くの人がそうだと思います。その証拠に朝イチはほとんどガラガラですが、昼前にはそこそこ釣り人がいます。
なのでそもそも真冬の朝イチなんてやってる人があまりいなかったんです。自分たちですら最初の2~3年は朝イチからやってませんでした。
ところがいざやってみたら朝イチに反応がある!
ここ最近は朝イチ~9時頃までがプライムタイムです。10時過ぎちゃうと途端に反応悪くなります。
なので誰が言ったか知りませんが「冬は暖かくなってから」なんて今は全く信じてません。だって現場はまるで違いましたから…。
ここ最近釣れてる魚のコンディションを見ればかなり餌を食べてるのも分かりますよね。朝イチとかに集中して食べてるのかなと感じます。


真冬のフライの食い方、時合い。通い込んでやっと見えてきた真実。まさに『真実は川と魚が教えてくれる』ですね。それでもまだ分からないことだらけ。
とりあえず今は考えたフッキング対策を試しに行きたい(笑)
けどしばらく行けそうにないんだよなぁ(´Д`|||)
c0157482_09421317.jpg

あっ!それともう一つ!
前回犀川でサングラスを紛失したんですよね。
ところが!日曜日に犀川行ったボブが発見!
c0157482_11111697.jpg
なんとたまたま足元を見たら水中をコロコロとゆっくり流れていたそうです(笑)
100%諦めてたんですが、まさか水中で流れているところを発見されるとは!奇跡としか言い様がありません!
ボブにも感謝!

by camelhd | 2019-01-28 21:56 | 犀川 | Comments(2)

犀川 2019(今年2回目)

前日のCND杯の疲れ…じゃなくて悔しさを引きずりながらも、月曜日は本格的な真冬を迎えた犀川へ行って来ました!
c0157482_12144933.jpg
まぁ寒いのは覚悟の上。じゃなきゃそもそもこんな時期の犀川なんて行きませんよ。相変わらず厳しいようで行った友人達も良くて一本との話し。アタリも無かったって人がほとんど。
それでも前回行った時に個人的には調子良かっただけに、今回はぶっちゃけ一本くらいはイケるかな?って自信ありました。

まだ暗いうちに現地到着。
30分くらい車中でウトウトしてると少し明るくなってきたので準備開始して目指すポイントへ。
そこは前回たまたま直前に先行者もいたせいか何の反応も無かったラン。だけど絶対悪くないと思って入ったけど何故か反応無し…。

結構気温も低くガイドも凍りまくり。
c0157482_19432875.jpg
山の雪を見るだけでも寒そうでしょ?
いや、実際寒いんですよ(笑)

そこで、より冬の釣りに適した感じのランへ移動。
c0157482_12263343.jpg
開始後数投目。
『クン、ドン!』と来たのにそれっきり…。

20mくらい下った所。クロスにキャストしてスイング開始して直ぐに『ククククン!』と明確なアタリだけどそれっきり…。

さらに20mほど下った所でもスイング後半に『モゾ、ク~……ドドン!』と来てやっとフッキング!
「やっと乗った!しかもナイスサイズ!」と思ってやり取り始めたら『フッ…』
なんとバレました(T-T)

でも一流しで3アタリ。時間をあけてからもう一度入ろうかと思いましたが、前回来た時は朝が反応良かったんです。それにアタリ方からして食い気はあるけど深追いしてくれないのかな?と…。なので寒いけれども今が時合いと読んでもう一度入り直します。
だけど3回もダメだった…。
そこは結構深さのあるラン。ラインはいつものtype2。恐らくタナが合ってない。ってことで滅多に使わないtype4のヘッドをセット。ちなみに去年は確か一度も使ってません(笑)

ランの頭から再開して最初にアタリがあった所。
スイング後半で『クククン、ドン、ドドン!』と来て今度はちゃんとフッキング。なかなかの強いヒキ。
寄せてきたらシルバーに光る魚体。さらに寄ってくるとなんとブラウン!緊張しながらネットイン!
c0157482_12432539.jpg
前回のスリムなブラウンと違ってお腹パンパンです。
心配だったフッキングも大きめのチューブフライが全部隠れるほどに口の奥にバックリ。やはり最初はタナが違ってたのかもしれません。
粘りのあるファイトも納得の魚体。
c0157482_12470631.jpg
サイズこそ44cmでしたが、この時期のブラウンは嬉しいです♪

リリースして再開。まだヘッドも出しきってない一投目。
『グ~!』 「あれ?何かついてる? いや、魚だ!」
めっちゃ手前だったので『ビシっ!』とアワセます(笑)
なんとまあまあサイズのレインボー!
近かったので直ぐキャッチ。
c0157482_12551855.jpg
放流魚ですがこれもお腹パンパンです。
顔もカッコ良かったです。
c0157482_12571995.jpg
まぁちょっと釣れちゃった感もありますが(笑)、一匹は一匹。

ってことで早々に2本キャッチ。そのまま下流まで流しましたが、反応無しでした。だけど濡れた手が下流からの冷たい風にさらされて冷たいの何のって(笑)。


type4が付いたままだったので、前回バラシたやはり深さのあるラン。
バラシたピンポイントは反応無し。そのまま下ってもうtype4はおしまいかな?って辺りで『ククン、クン、クン、グググ~!』と重みを感じたところでしっかりフッキング。
サイズはそれほどでもなさそうですが、鋭い突っ込みと速いダッシュ。寄せてくるとクリアな水中で『ギランギラン!』
ネットインするとなんとキレイなレインボー!
c0157482_13063427.jpg
ビッカビカです!
c0157482_13072607.jpg
それぞれのヒレもキレイ。↑尾ビレもカッコいいけど背ビレもキレイです。
c0157482_13102702.jpg
そしてこれまたお腹パンパン。
c0157482_13093391.jpg
小魚食べてるんでしょうけど、実際何食ってるんだか気になりますよね~(笑)

この時点でまだ10時。この日は2時には上がらないとだったんですが、既に気分は余裕。なので前回入らなかった所や入ったけど反応無かった所をチェック。
良さそうに見えるランも反応ありません。やはり朝がイイのか?

そうこうして、あるポイントを流していると既に一時過ぎ。
最後にいいピンポイントがありました。
そこをいつものtype2で流しているとスイング中盤で…『クン、クン、ドドン!』と来てフッキングさせると重量感あるファイト!
直ぐ下流は速い流れだったので、そこに入られないようにロッドを絞り込み耐えます。重量感と粘り具合がブラウンぽかったんですが、寄せてみるといいレインボー。「これ今日イチサイズだ~!」と慎重にネットイン。

撮影しようと携帯を取り出すと何とバッテリー切れ(笑)
イケスを作って魚を置いて走って車に戻ります(たぶんこの時サングラスを落として紛失(T-T)) 。
緊急時用に常時車に積んであるジャンプスターターで携帯の充電も出来るので、ケーブルを繋ぎながら何とか撮影。
c0157482_13281330.jpg
サイズは54cm。これまたコンディションのいいレインボー!
c0157482_13290389.jpg
恐らく放流魚なんでしょうけど、ここまでくると放流魚っぽくなくなってきてますよね。ファイトも良かったしカッコいい魚です。

で、これを無事撮影して終了。


今回も7アタリ4キャッチ1バラシとめっちゃ好結果!
ただ最初に乗せられなかった1アタリはその後キャッチしたあのブラウンだと思いますんで、その場でリベンジ達成かな?
それと反応あった場所は2枚目写真のような流れのラン。モロにあんな感じのランはタイミングさえ合えば反応がありました。この写真にヒント満載です(笑)。

ただ低水温のせいなのか、食いきれずアタリだけで終わっちゃうのが前回もありました。恐らく追いきれないんじゃないか?原因はタナだろうなと思ってたので、今回type4を使いました。(決して魚の目の前にフライを届けるワケじゃないですよ。フライは魚の目線より絶対的に上じゃなきゃダメです!
type2とは全く違うベースで作ってあるtype4。仲間内でも誰も持ってないし誰にも言ってもいないんですが(笑)、たま~にしか出番が無いけど、個人的には強力な切り札です。スーパーサブ的存在ですね。
前回もバッグの中には入ってたんですが、なかなかその場で頭が切り替わらないんですよね~(´-ω-`)

今日の7回のアタリ全てが小さな『クン』ってアタリから始まるものでした。魚も激しくフライを追い掛けるって感じではないんでしょう。上手くスイングさせて魚に追わせて一回で食わせる一発勝負的な感じです。低水温でクリアーな真冬の釣りでは、なるべく毎回失敗のない上手なスイングさをせることが鍵になります。
それさえ上手く出来れば何かしらの反応があるはずです。あっ、ポイント選択もめっちゃ大切ですよ!

前日のCND杯でお会いしたベテランのお方も「やっぱりスイングだよね~!」と言っていました。別に皆さんにスイングを強要してるワケじゃないんですが(笑)、釣ってて楽しい&アタリとフッキングがドキドキなのが他にはないスイングのたまらない醍醐味なんですよね~(*≧∀≦*)

by camelhd | 2019-01-22 12:10 | 犀川 | Comments(4)

犀川 2019(今年1回目)

年が明けてから初めての釣りです。
正月は2日3日とキャス練。そして7日の月曜日もキャス練。
その間、友人達が犀川に行ってましたがデコるのは当たり前。とにかく厳しいらしい。
それでもチラホラとバラシたとかの話しも…。
しばらく犀川行ってなかったし、そんなバラシた話しを聞くと何だかテンション上がってきて(笑)、珍しくフライも補充してヤル気マンマンで犀川にGo!

道中、軽井沢での気温はマイナス12℃。
それを見て「真冬の犀川楽しみ~♪」と何故か更にテンションup(笑)

まずコンビニで年券を購入。明るくなるまで車中でちょい仮眠。

明るくなってから準備して川へ向かいます。
目指すポイントの少し上流に良さそうなポイントを発見。
もちろん誰もいないし「そっちをやってからにすっかな!」と、上流の小場所に。
寒いのでラインをよ~く引き伸ばしながら、リールからランニングラインを出していきます。
ヘッドをロッドから全部出したところでキャスト&スイング。
1mくらいずつランニングを出しながらキャスト。
5投目くらいだったかな? スイング後半で『グ、グ~!』「うっそ!もうキタ!」
フッキングさせるとシルバーの魚体が水中で『ギランギラン!』
朝イチに掛けた魚、絶対にバラシたくありません!
慎重にやり取りしてネットイン!
c0157482_09443735.jpg
新年初釣りなのにいきなりの50up!
まだ開始数分です。魚から外したフライがまだ水を吸収して濡れきっておらず、水面に浮いてます(笑)
寒いので釣る前にフライを揉んで湿らすなんてやりませんから、結んでそのままです。開始直後過ぎてガイドもまだ凍ってません。

普通に明るくはなっていましたが、まだ山から朝陽が射し込む前でした。

この魚、撮影中に小魚を吐き出しました。
c0157482_09593800.jpg
しかもなんとその小魚は生きてたんです!
ちゃんとリリースしたら元気に泳いでいきました(笑)

真冬の朝イチは釣れないなんて大ウソなんですよ。魚はオレが釣り始めるよりも早く餌を食べてるって証拠ですよね。実際に現場で経験しないと分からないいい事例です。

その後は直ぐにガイドも凍ります。
c0157482_10032609.jpg
でももう釣れたので気が楽々♪

ただ寒いです。
c0157482_11475436.jpg
日陰は普通に雪が残ってます。

で移動して数日前に仲間がバラシたというポイント。
一目見て「ここだな!」と分かるピンポイント。
ラインがtypeⅡヘッドではダメそうだったので、インタミにチェンジ。
核心部をスイングさせると『グ、グググ、ググ、グ~!』と来てフッキング!
直後に水面で『ドバドバン!』いいサイズです!
レインボーの赤みが見えました。
なかなか寄らなかったんですが、上手くネットイン。
c0157482_10110585.jpg
秋の放流魚なんでしょうけど太ってます!
しっかり餌を食べてるんでしょう。
一匹目を釣ってからまだ一時間。釣れるときはこんなもんですかね?
c0157482_10131404.jpg
やっと太陽も山から顔を出して朝陽が出て来ました。

この時期に朝イチに2本!こりゃ今日はもう帰ってもイイかなと思えるほどですよ(笑)
とは言え久々に丸一日釣りが出来る貴重な休日なので、そんな気サラサラありませんけど。。。

で、移動してめちゃくちゃ釣れそうなラン。
でもそこはアタリ無し。よくよく考えると真冬向きのランじゃないんですよね。イイ時期なら絶対ってランなんですが。
だけどこれを機に真冬の釣りを思い出した感じです。

真冬向きなランに移動。
イイ所をスイング中に『コン…』「ん?葉っぱ?」そのままスイングを続けていると5秒後くらいに突然『ドドドン!』
「キタ!」そのままロッドを絞りこみ水中で大きく『ドンドンドン』と首振り。「これイイサイズ!」バットを曲げてしっかりプレッシャーをかけてファイト。重量感ある感じでやり取りしてると『フッ…』なんと無情なフックオフ。

移動してここ良さそうと感じたラン。
そこでもせっかく掛けたのにバラシ。そんな大きくはありませんでしたが。

一緒に来ていた仲間二人とお昼休憩。
二人はアタリ無しだそうです。

お昼を食べた後は普段入らないランへ探索。
なかなか良さそうでしたがアタリ無し。時間帯を変えれば何かありそうな感じ満々なランでした。

また移動。
典型的な真冬向きのラン。そこでスイング後半に『グ~。』って感じの鈍いアタリ。
ファイトも良くかったんですが、上げてみたらちょっと痛んでるレインボー。なので一枚だけ写真を撮って手早くリリースしました。
c0157482_10332851.jpg

さらに下って中間辺りで『トトン!』と1アタリ。まぁ乗らなそうなアタリですけど(笑)

もう下れないかなって所まで来たスイング後半。『グ、ドンドン!』ときてフッキング!
水中で『グワングワン』と頭を振ってるのが伝わってきます。しかも早く重い突っ込みに「デカイ!」
岩盤帯で足場が悪かったのでまずは安全な足場を確保。そこで慎重にやり取り。寄せてくると「あれ?そんなデカくない(笑)」
でも姿が見えると「あっ!ブラウンだ!」
フライはばっくり口の奥に入ってます。なので安心してネットイン。
c0157482_10463979.jpg
いや~、久しぶりのブラウン。50はないけど良型ブラウンです!
朱点の無い犀川っぽいブラウン。
c0157482_10493524.jpg
ヒレも透き通っていて背ビレも大きな見事な魚。
顔つきもイイですね~♪
c0157482_10510222.jpg
最初のファイトはかなりの大物かと思いましたが、やはりブラウンは強いですね。

そこのランをもうちょいやろうかと思ったんですが、このブラウンに満足して移動。
その後は今後の為に気になるランを調査。3ヶ所回って最後の場所は絶対って感じでしたが、いかんせん夕方過ぎて薄暗くなってたので反応無しでした。

今回一本出ればイイなぁと思っての釣行でしたが、終わってみれば7アタリ4キャッチ2バラシのハイシーズン並の結果。
この時期でこんなのはそうは無いでしょう。今までの真冬の釣りの経験が生きた感じでしょう。
頭じゃ分かってるんですが、ついつい現場に立つとそんなこと吹っ飛んじゃうんですよね(笑)
今回はたまたま現場で感じれたからこそ、真冬一発目の釣りでも真冬パターンを実践出来たってところでしょう。

今年の冬はそんなには行けないかもしれませんが、真冬のイイ魚に出会うべくまた犀川行きたいと思います(^3^)/
c0157482_11465350.jpg




by camelhd | 2019-01-09 08:46 | 犀川 | Comments(2)

犀川(今年10回目)

久しぶりの犀川です。
前回デコってからしばらく厳しい状態が続いていたようです。聞く話しはゼロなんてざら。アタリもろくにない状態。
寒くなってくると放流魚が口を使わなくなります。その代わり例年だと在来のブラウンや銀ピカレインボーが反応し出すのですが、今年は上の犀川漁協管内が凄く魚が薄い状態でした。なので春から今年の冬はこうなるだろうとは予測してました。

それに加えて週末の寒気。
いい要因がないので全く期待してはいませんでした。
唯一、釣れてないから他の釣り人が少ないってことだけ。


3時に家を出発。
国道18号で軽井沢を抜ける時の気温は-6℃。
それを見て「いよいよ冬だな~。」と感じたけど「まだ真冬じゃないよな~。この気温なら何とかなりそうだな~。」と…。
普段からよほど極端な低水温でない限り、あまり水温とかは関係ないと思ってるので。むしろ水温なんかより雨や強風で流れてくるゴミなんかのほうがよっぽど釣れない要因です。。。


明るくなって7時前に釣り開始!
c0157482_09235835.jpg
川面が煙る幻想的な風景。キーンと寒さが身にしみます。今期初の手袋着用。
ガイドも凍って全然飛ばなくてイライラします(笑)

川は減水&かなりクリアー。この時期ならばこれは悪くありません。むしろ好条件かと。
狙いは大型ブラウン、若しくは銀ピカレインボーです。

まずは銀ピカレインボーが付きそうなポイントに差し掛かります。
ところが何も無し。かなり期待していたんですが…。

次にブラウンが付きそうなポイント。
スイング中に明確な『コン!………ククン』 だけどそれっきり。
「小物か?」でも貴重なアタリなので、もう一度同じ立ち位置から丁寧にスイング。
すると全く同じ所で『グン、ググン、ドンドン!』「よっし!きた!デカイ!」
いきなりバットまで絞りこまれまれ、グイングイン頭を振ってる手応えが。
テンションを強く保ちながら耐えていると『フッ…』
なんとフックオフ。「お~い、マジかよ…。」
姿は見えませんでしたが、結構なサイズ。たぶん55~60ってところでしょうか。この寒さの中、かなり早い流れの中でした。

凄~く落胆して「今日はもう終わったな…」と(笑)

移動した先でも一アタリでしたが明らかな小物の感じ。

ここで長野のNさんと合流。Nさんが先週釣ったランを一緒に釣り始めます。
早々に二人してそれぞれ一アタリ。しかし乗りません。
そのランは凄くイイ感じなのですが、見切りを付けてオレが良さそうと感じたランへ。

ちょうと隣でNさんが見ていた時。緩い流れをスイングさせていると…「クン、ククン」
だけどそれっきり。

もう一度キャストしてよりきれいにフライが泳ぐように丁寧にスイング。すると…『グン、グン、グン』と長いアタリ「キタ!持ってけ!」と待っていると『ググググ~!』「よっしゃ!乗った!」
クリアーなので遠くの水中で首を振る凄く真っ白な姿が!
慎重に寄せてくるとなんと銀ピカなレインボー。
ドキドキしながらネットイン!
c0157482_09533169.jpg
なんともまぁキレイな魚です!しかも54cmとイイサイズ!
c0157482_09560502.jpg
尾びれやそれぞれのヒレもピンとしていて凄くキレイ。
c0157482_09574994.jpg
赤みがかった胸ビレや腹ビレがタマリマセン!
お腹もほんのり赤くなってます。
c0157482_09585377.jpg
殖産でこんなキレイなレインボーは久しぶりかも?

フライは最近定番のキャメルレモンゾンカー
利根でも犀川でも頼りになる一本。

その後は別のランへ移動。
そこで開始早々、早い流れをスイング中に『ゴン!』しかし乗りません。
もう一度スイングさせると『グ~、ドドドン!』ときてフッキング。
最初はいいファイトだったけど途中からお疲れモード(笑)
やはり放流魚でした。
c0157482_10073149.jpg
でもサイズもまあまあ。測らなかったけど50くらいですかね?
c0157482_10092223.jpg
これを釣ってちょっとして終了。
もうちょいじっくりやりたい場所もあったんですが、用事のために早上がり。

全く期待してなかったんですが、何だかんだ反応はありました。
5アタリ2キャッチ。2時まででこれなら今の殖産ではかなり良かったんではないでしょうか?
ただ針に掛かった3匹はどれも一発では乗らず2投目でのフッキングでした。たまたまなのかもしれないけど、食い気はあるけど追いがイマイチなんでしょうか?それとも単純にフライがデカイだけなのか?(笑)

何はともあれ素晴らしい魚が釣れて大満足な犀川でした(^3^)/
c0157482_10303734.jpg

by camelhd | 2018-12-11 08:57 | 犀川 | Comments(2)