人気ブログランキング |


 群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野フライきちがいのブログ
ブラッドノット/岡田裕師...

最新のコメント

ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 22:49
お疲れ様です。少し間が空..
by ネコ好きヘッダー at 10:26
ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 12:23
お疲れ様です。魚種にかか..
by ネコ好きヘッダー at 12:09
kikuさん、こんばんは..
by camelhd at 22:14

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

犀川 2019(今年6回目)

すっかりご無沙汰してしまいました(笑)

4月に入り最初の休みは連休。月曜日は春休みの息子の部活にオレも一緒に参加。翌日火曜日は娘の部活の大会応援に新潟市へ。しかも道中は4月なのに思いっきり雪!
c0157482_21443353.jpg
↑除雪車で前が詰まって止まった時に撮ってます。念のため。
履き潰そうと思ってた古めのスタッドレスじゃ怖くて怖くて(*_*;

翌週、犀川に行く気マンマンでしたが、色々な疲れが出てなんと発熱。それでも行こうと思って(笑)、2時に起きるも38℃弱あって断念。三年ぶりくらいの風邪っぴきでした…。

で、今週。もう行くっきゃないでしょ~!

天竜川と迷いましたが、来週のスクールの場所の下見もしたかったので犀川へ。
c0157482_21494868.jpg
最後に犀川行ったのが2月の最終週。
かれこれ1ヶ月以上経ってます。凄い久しぶりの感じです(笑)

朝イチはイチかバチかの大物狙いで入りますが、アタリもありませんでした。

移動してお気に入りの某ポイント。
開始数投のスイング後半で『ドドドン!』
そのままフッキングすると水面高々とジャンプ!
遠すぎて魚種は分かりません。時折パーフェクトを『ギギギギ~!』と唸らせてダッシュ。
「50は楽に越えてる魚だろ」って思って寄せたら「あれ?そんなでもない(笑)」
でもなかなか寄らずにやっとこさランディング!
c0157482_21590966.jpg
なんとキレイなブラウン!
c0157482_22221249.jpg
45cmくらいでしたが、筋肉質な見事な魚体でした。
ちなみにいつものチューブストリーマー。

とりあえず一本釣れたので、ロッドチェンジ。ビューラーからKⅡへ。深い意味はありません。両方好きなので両方使いたかっただけ(笑)。

イイと思ってた場所で何も無し。
ここで車に戻る途中で友人のNさんからLINEで凄いのが!
それは後程…。

ちょうどこの頃からかなりの強風に。

移動してピンポイントだけど、いいヨレが出来ている場所。
割りと浅く、流れも弱めだったので、フライをチューブストリーマーから小さめのマラブー系に。ラインもシンク1/2。

風が強くて上手くキャストしづらかったけど、風にあおられないよう角度に気をつけてキャスト。
着水してスイング開始して数秒後。『グン!グイ!グググ~!』
イイ角度で食ってきて、フッキングのタイミングもバッチリ。
なかなかの重量感があったけど、バレないと思って安心のファイト。
じっくりファイトしてネットイン!
c0157482_22425132.jpg
意外とデカイ。測ってみると52cm。
c0157482_22473231.jpg
色合いもきれいなレインボー。
針もイイ所に刺さってました!

その後は今年大物をバラシてる深いポイント。
スイング後半でアタリが来てファイトするもフックオフ(*_*;
50は越えてるようないいサイズでした。

移動して冬場はやらなかったような早い瀬のポイント。
まだ時期的にちょっと早いかな~?と思いつつ流していると…
『ゴン!』「お~、ビックリ~(笑)」
3秒後に『ゴゴン!グイ、グググ!』ときてフッキング。
これまたいいフッキングが出来たので安心のファイト。早い瀬の中でゆっくり寄せてネットイン。
c0157482_22572131.jpg
陽射しが強かったのでキャメルグリーンのゾンカー。やはり晴れた時には信頼出来るカラーです!

その後も幾つか回るも何も無し。
結局この日は4アタリ3キャッチ1バラシ。悪くない成績です。
スクールの下見ってこともあったので、あまりガツガツまわらなかった割には反応もあって上手く針にも掛けられたかと思います。
真冬から比べると水温も暖かくなってきて魚のファイトも強くなってる印象を受けました。
ただあれだけの強風の中だと釣りが難しく、キャストとスイングにかなり影響が出ちゃいますね。


そうそう!途中で連絡のあったNさん!
送られてきた写真がコレ!
c0157482_23025168.jpg
なんと立派なサクラマス!
日曜日から九頭竜川に行ってたNさん。ちょうど日曜日の夜に電話して「明日ど~しよ?」なんて話しをしてました。
他の河川ではサクラマスを釣ってましたが、九頭竜川ではまだ釣ってなくて今回めでたく初の九頭竜サクラマス!
仲間内では何人も九頭竜川で釣っているので、自分もどうしても九頭竜川で釣りたかったそう。本人も「ホームランを打つなら甲子園で」って(笑)

チューブに巻いたストリーマーをがっつりスイングさせて『ドン!』だそうです。
Nさんはこれまでやはり普通にスイングで九頭竜のサクラとのコンタクトを何度か取ったりしてました。普段の本流でも普通に釣ってるし、九頭竜川でもそのうち釣るとは思ってました。『そのうち』って突然やってきますね。
この時期のフレッシュで銀ピカのサクラマスをフライで釣るのは価値ありますよね!
注:↓写真は一部加工してあります(笑)。
c0157482_23105447.jpg
見事なホームラン、おめでと~(^з^)-☆
# by camelhd | 2019-04-15 21:37 | 犀川 | Comments(2)

天竜川 2019(今年3回目)

前回あんなにアタリがあったのだから絶対に釣れるだろうと、非常に浅はかな考えで(笑)、一路天竜川に。
金曜日に行った友人は大きくないけど4本も。やはり暖かくなって虫も出ていたようです。
かたや翌日土曜日はイマイチだったようで…。

道中の軽井沢の気温は-7℃。意外と寒いけど日中は暖かくなる予報なので心配してませんでした。

朝イチはここ最近割りと反応あるラン。
c0157482_09022728.jpg
寒いけど底冷えする感じではありません。
とりあえず手堅く一本を…って考えが甘かった。何も反応ありません。
続いて近くの割りと魚のいるであろうラン。
やはり何も無し。

この2ヶ所、何故か反応あるのは日中なんです。
朝イチにもしや…と思って入ったんですが、やはりダメですねぇ(´-ω-`)

で、3ヶ所目。
この日のメインポイント。
チューブストリーマーで流すと2回ほど『ゴン、ゴゴン!』といいアタリがあったものの乗りません。
テールの早い流れでいい石が入っている場所をスイング中に『グ、ググググ~!』ときてフッキング。
いきなりロッドが折れそうなほどの重量感。絶対鯉です(笑)
どけどフライを切られたくなかってので丁寧かつ大胆にファイト。
c0157482_09103143.jpg
あまりの巨体にメジャーを出してざっと測ったら89cm!
たぶん重量も10kgは越えてるんじゃないですかね?
フロロ2号でよくキャッチ出来たと思います。
とりあえずフライは無事でした(笑)。ちゃんと口に掛かってました。あの流れの中、口じゃなけりゃ取れなかったかも…。

で、移動してそろそろイイだろうと朝イチに入ったラン。
下流側からの風が強くなってきましたが案の定、イイ所で『クンクン、クン、ゴゴゴン!』ときてフッキング。
大きくないけど凄い早い機敏なダッシュと鋭い突っ込み。
銀ピカパンパンのレインボーです。
ネットを出してもまたダッシュ。せいぜい30~35cmくらいなんですが、なかなかのファイト。
ネットを出してややぶら下がり気味にネットイン。その瞬間針が外れてネットの中に。だけど同時にハイジャンプをして脱走!
「あ"~!貴重な一匹目が~(°Д°)」
一応ネットに入ってキャッチはしたけど?、自分の中では写真を取れなかったのでバラシも同然。

移動して朝2番目に入ったラン。
この頃から虫が大量に出てきました。
c0157482_09295294.jpg
前回と同じパターンです。釣れそうです。
それにしてもこの日は半端ない数の虫。たぶんまたナミヒラタなんですが、ここまでの数は初めて見ました。
下流からの強風に煽られて顔にバンバン当たってきます(笑)

だけどまだウェットじゃないと読んで、チューブストリーマーで流すとイイ所で『ゴゴン!ゴン、ゴゴン!』ときたけどそれっきり。

この大量の虫が強風で飛ばされ流れに揉まれて下流に流されてるんじゃ?と思って下流に移動。
入って直ぐに『ゴゴゴン!』ときて乗らず。
そのままずっとランを2つ下ったイイ所。ウェットに変えて流すとヒラキの浅い所で『クン、クンクン、ググ~!』ときてフッキング。
5~6回ほど高くジャンプしていいファイト。ネットを出そうと思った辺りでバラシ。サイズも最初のバラシと同じくらいでした。

ヤバい…。
凄く嫌な流れ…。

移動してやはりウェットで流します。
スイング後半に『ゴン、ゴゴゴン、ゴゴン!』と来てフッキング。
決して大きくないけど鋭い突っ込みとジャンプ。
今度はしっかりキャッチ!
c0157482_11224542.jpg
銀ピカパンパンのレインボー。極細チューブウェットがガッチリでした。それにしてもこのサイズでこのプロポーション。このまま大きくなったらさぞかし凄いんでしょうね~!
c0157482_11242458.jpg
体高もあって色合いもまぁキレイです。

とりあえず一安心(笑)

そのまま下って深さのある場所をウェットでスイング中。『グ、グングン!』これまたいきなり凄い重量感(笑)
だけど凄い勢いで突っ込みます。そして水中で『ドンドン!』
「絶対鯉の重量感だけどひょっとして60クラスのデブレインボー?」
そのうち上流にダッシュしてなんと水面に全身を出して大ジャンプ! そのまま空中で首降り!
「うわっ!スゲー!!! 」それ見た瞬間鳥肌立ちました!
「だけどどう見ても鯉だよな(笑)」
そんなジャンプを3回もしてようやくキャッチ。
c0157482_11204311.jpg
ゴールドがキレイでカッコいい鯉でした。カッコいいけど鯉です(笑)


そのまま夕方までやって何も無し。
何だか鯉の印象ばかりが目立つ今回になってしまいましたが(笑)、実際あのファイトは凄かったです。鯉があんなに何度もジャンプしてエラ洗いするとは、恥ずかしながら初めて経験しました。鯉に対する見方もガラリ変わりました。

肝心なレインボーのほうは確か6回位のアタリでキャッチが一本。
たぶんアタってきたのはみん何度も30~35位でしょう。
写真でも分かるように体高あって凄いプロポーションなんですけど、口が小さいんですよね。そしてアタリ方も独特。表現としたら『カカン、カン!』って鋭角的なアタリ方。ああいうのって乗せるの難しいんですよね~(*_*;
前回も今回もフライサイズを下げてやっとフッキングでしたから。
でも普通サイズ下げると反応悪くなるんですが、そこは虫に救われてるんだと思います。

前回ほどの反応はありませんでしたが、今回もそこそこの反応。ただ今回はデカイのが反応しませんでした。
それっぽい所を入念に流したんですが…。タイミングなんですかね~。

もう一度行きたいんですが犀川も行きたいし、利根川も気になる。
フライも今回・前回の釣行で色々と課題が出来たので、巻かないとなぁ(^^;






# by camelhd | 2019-03-26 08:53 | 天竜川 | Comments(2)

天竜川 2019(今年2回目)

まず最初にスクールにお申し込みの方々、ありがとうございました!
今回はかなり早い段階で満員となってしまいました。キャンセル待ちの方々も多いのでキャンセル待ちも締め切らせて頂きます。
皆さまのご期待に添えられますよう頑張りますので宜しくお願い致しますm(_ _)m



さて本題です。

先週に天竜川へ行こうかと予定していましたが、日曜日にまとまった雨で増水&濁りで行くまでもない感じ。なので今週はもう行きたくて仕方なかったので(笑)、凄~くやる気マンマンでした。

また前日の予報が微妙だったのですが、どうやら前日の現地はミゾレ混じりの雪で冷え込んだ模様。だけど増水も大丈夫そう。月曜の予報は朝は放射冷却で冷え込んで終日晴れ予報。これ、釣れるパターンです!

いつもより早く家を出て、暗いうちに現地着。
空が白み始めると同時にウェーダーを履き、タックルも準備。
完全に明るくなった頃合いを見て川へ。

最初のポイント選択に迷いました。
朝イチは遡上レインボー狙いで、その条件を満たしそうなランへ。
開始してしばらくした頃、スイング終わって回収しようとラインに手を掛けた瞬間『ドドドン!』反射的にロッドを立てファイト突入。大きく首を振る感触と重量感を感じます。
「真下で食ってフッキングヤバそうだなぁ」って思いながらファイトしてたら案の定フックオフ…。
時間はまだ6時前でした。

2ヶ所目も遡上レインボー狙い。
c0157482_09160974.jpg
でもこちらは何も無し。
「今日の反応が朝イチのアレだけだったらスゲー悔やまれるなぁ(´-ω-`)」と考えながら移動。

で、移動先でスイング中に「ク…ギギ~!」っと来たけどそれっきり…。

さらに歩いて次のラン。
またスイング終わって回収しようとラインに手を掛けた瞬間『ドドドン!』
今度はかなりデカイ! 「よっしゃキタ!」
早い流れを下られないようにキッチリとプレッシャーを掛けます。だけど15秒くらいファイトしたところでフックオフ…(*_*;

移動して次のラン。
先行のルアーマンが釣り終わった時にスイング半ばで『ドン!』
だけどそれっきり…。
その頃やけに濁りが強まってきました。膝下が水面で靴がやっと見えるくらい。
工事かと思ったのでかなり上流まで行ってみます。
工事はしてたものの濁りが入るような工事ではありません。ついでに上流も2ヶ所ほど流します。初めて来たエリアですがなかなかイイ感じのところがありますね~。

でも気になる場所があるので下流に戻ると何故か濁りもなくなってます。
原因が分からず府に落ちませんが、その頃から虫がかなりの数のハッチしてきました。
c0157482_09162712.jpg
↑ナミヒラタ???
これはチャンス!とばかりに最後にアタリのあったランに行ってウェットを流すも何も無し。「ウェットじゃないのかなぁ?何か違うのかな~?」
ただコレ系メイフライは流下してるからといって反応良かった経験が少ないです。違うメイフライの流下の時はイイんですが…。
ちなみに凄い数が流下してるもののライズもありません。
この時点で既に1時。
空は晴れきっていて遠くの山々が凄くキレイです。
c0157482_17251944.jpg
しかしいつまでも山を見ている余裕はありません(笑)
移動していつものチューブストリーマーで流すも何も無し。
次のランをチューブフライじゃなくてバーバーラーバで。すると『ゴン、ゴゴゴン、ゴゴン!』と激しくアタるも持っていかず。

戻って先ほどいつものチューブストリーマーで流した場所をバーバーラーバで。
するとスイング終わった辺りで『ゴゴゴン!』と来てフッキング。
ところがネットを出したところでフックオフ。

下った所でまたスイング終わりで『ゴゴゴン!』
それもまた手前まで寄せた位でフックオフ。

もう発狂寸前です…(´д`)
やはり真下で食ってくるのはダメですね~。

移動して今度はドロッパーにバーバーラーバ。リードに極細チューブウェット。
スイング中に『ゴゴゴン、ゴン、ゴゴゴン!』
そんなに大きくはないけど、ここまで反応多数なのにノーキャッチ。もう何でもいいからキャッチしたい!
寄せてきてネットを出すとなんとイワナ!
緊張の末にネットイン!
c0157482_09155105.jpg
苦労した後の魚ってホントにサイコーです(笑)
しかも天竜川のイワナ!
c0157482_09184464.jpg
サイズは大きくないけれどもとにかくキレイです♪
そしてチラリ写ってる極細チューブウェット。昨年モドリも釣ってる自信のフライ。

とりあえず一安心。
ここまで何度アタリがあったのか、もうよく分かりません(笑)

また移動して先ほどと同じシステムですが、ラインをタイプ2からタイプ3に。
するとスイング前半。
『ドン!ドドドン!』「お~!乗らない…」そのままスイング継続。
直後『ドドドン!ギギ~!』「うおっ!また来た!」とアワセてしまいましたが乗らず…。「うわ~、やっちゃった~。」
だけどまた『ドン!ギギ~!』と今度はフッキング!ここまで投げ直してないんですよ。一回のスイング中の出来事です。
いきなり猛ダッシュで『ギギギギ~!』とにかく凄いファイトだったのは…。
c0157482_10471178.jpg
砲弾型の見事なレインボー!
典型的一番強いタイプの体型です!
食ってきたのは極細チューブに巻いたバーバーラーバ。バーバーラーバの底力を感じます。

この後、移動先でドロッパーに同じバーバーラーバ。リードにバイク屋さんのマラブー虫バージョン。ちなみにコレ、九頭竜のサクラマスも仕留めていて仲間内での呼び名は伝説のスコットランドマラブー(笑)。
またスイング終わりに『ドドドン!』やはり途中でバレます。

さらに10mほど下った所。
スイング中に『グ、グ、ドドドン!』ときてフッキング。
なかなかのサイズ感。そして『ギギギギ~!』っと突然の猛ダッシュ!
全然寄りません。でも重量感はそこまでじゃありません。
何度も寄せては『ギギギギ~!』と出されること4~5回。しかもその一回一回が長いダッシュ!
とにかくめっちゃ強い魚です。今日の感じからするとバレるのも覚悟してましたが無事キャッチ!
魚を見た後に自然に出た一言が「おい、何だよコレ!?」
c0157482_11355541.jpg
まるでセッパリのカラフトマスのような体型。
戦闘機を彷彿させる見事な尖った各ヒレ。
何気にお腹のパンパンさも凄いです。
c0157482_11373459.jpg
それにしてもこの体型じゃ簡単に寄ってこないはずです。
ここまで見事な体型のレインボーは初めて見たかもしれません。
c0157482_16541970.jpg
釣り人目線ですがホント見事な体型。
ちなみに釣れたのはスコットランドマラブー。略してスコマラ(笑)


で、時間も時間だしこれを釣って満足しちゃったので終了。

今回、めちゃくちゃ反応がありました。
『ドン!』とか『ゴゴン!』って明確なアタリだけでもたぶん14~15回。『コン』とかのビミョーなアタリを含めたら18回位でしょうか?
天竜川でこんなにも反応を得られたのは初めてです。
ただバラシも多かった…。
フッキングしてファイト途中でバレたのは6回。
そのほとんどが真下でのフッキングや回収リトリーブでのフッキング。内、スイング終わって回収をもう1~2秒でも待ってれば…ってのが4回。
今まで気が付かなかったフッキングに対する自分のクセっていうのが今回凄く分かりました!
これを改良すればたぶんフッキング率はかなり上がるんじゃないかと…。


フライに関しても凄く勉強になりました。
6時前の朝イチから終日反応があったのですが、朝はチューブの大型ストリーマーで反応ありましたが、途中からそれもダメになってウェット系に。でもあれだけメイフライが流下していたのにバーバーラーバも強かった。
恐らく種類を問わず虫っぽければ良かったのかな?
だけど反応が良くなったのは大量の流下が完全に終わってから。
大量流下中は予想通りさっぱりでした。流下が終わってからが良かったのは流れていたダンや羽化失敗が流れに揉まれて水面下を流れるようになったからなのか?それとも羽化形態が違うからなのか?その辺ははっきりしませんが、いずれにせよ虫によって釣れる時間差があるってことです。



突然の濁りの流入や虫のハッチ。今では状況変化にはある程度対応出来るつもりではいますが、さらに色々なことが見えてきた今回。まだどれが正解なのかは分かりませんが、引き出しが一気に増えた感じもあって凄~く勉強になりました!

でもあれだけ反応あって最初の一匹目をキャッチしたのが4時過ぎって…ホント胃が痛くなりますよ(笑)
今度は朝イチから釣りたいな(*´ー`*)
c0157482_17521583.jpg

# by camelhd | 2019-03-20 11:20 | 天竜川 | Comments(4)

犀川スクールのご案内

おかげさまで定員に達しました!
ありがとうございます。
これ以降はメールを頂いた順にキャンセル待ちとなります。次回のは開催は今のところ未定ですが、やる場合にはキャンセル待ちの方々にはブログで告知前に優先してご案内差し上げます。
宜しくお願い致しますm(_ _)m

3/20追記:キャンセル待ちも締め切らせて頂きます。


昨年9月に新たなチャレンジとして犀川で初めて個人でスクールを開催し、参加者の方々より大変有難いご好評を頂きました。そして参加してくださった方々や参加出来なかった方々から、是非ともまた犀川で開催して欲しいとのご要望も頂きました。

昨年・一昨年と4月はWild-1さんの主催で利根川でやっていましたが、今年は曜日の巡り合わせの関係で自分の休みがWild-1さんのセール期間と重なってしまうため今年の春は見送りに…。
で、前回秋の犀川スクールの際のキャンセル待ちの方々に一年間お待ち頂くのも心苦しかったので、これを機に4月に犀川スクールを開催させて頂くことになりました!


もちろん今回も『本流をスイングで釣る!』がテーマ。
今まで同様スイングの有効性をお伝えしていきます。
何故スイングが釣れるのか?
基本のスイングとは?
複雑な流れをスイングさせるにはどうするのか? などなど…。
私自身が"現場での経験から得た確かな正解"をみなさんにお伝えします。
犀川でやるのですから、犀川を攻略する上で大切になる鍵もお伝えできればと考えております。

二年前の魚で恐縮ですが…
c0157482_17030823.jpg
犀川でキャッチした59cmのレインボー。
これなんかは犀川の特徴をもろに意識して釣った会心の一本でした。まぁタイミングもあるのでこんなのはめったに釣れませんが、これを狙って釣れるのがスイングの凄さと犀川です。


これまで三回、スクールをやらせて頂きました。
多くの参加者の方々から「釣り方がハッキリと分かった!」や「実践しても全く釣れなかったメディアの方法とは全く違う」等々様々なお言葉を貰い、さらにはその後にこちらが羨むような(笑)、見事な魚をキャッチして写真を送ってくださる方も多数です!
厳しいと言われる条件の時の犀川、魚の薄い天竜川や魚野川、はたまた九頭竜川や他のサクラマス河川でもしっかりスイングでキャッチしています。
これらの結果は講師として非常に嬉しい限りなのですが、何よりスイングで釣ることの興奮を味わってもらえたのが嬉しいです!

そして他の熱い本流フリークのフライフイッシャーの方々にもその興奮を味わって頂きたい!
ブログ読まれている方は分かると思いますが、寝ても覚めても本流のことを考えているような熱い方は凄~く大好きですので(笑)、そういった方々に是非ともあの興奮を味わって頂きたい!
それがスクールをやる一番の目的でもあり目標でもあります。


ツーハンドで本流フライフィッシングをやられている方が対象ですが、以前私のスクールに参加された方の再度の参加も大丈夫です(復習したい、もう一度受講して自信をつけたい等の要望もあるので)。
その際は以前のスクールと内容の重複も結構あると思いますので、そこはご了承ください。

もちろん初参加となる方や、どうすればスイングで釣れるのか?犀川に通ってるのに小物や放流魚ばかり、犀川でデカイのを釣りたい!など初心者から上級者まで本流好きな方なら誰でもOKです!

いつもの通りお使いのロッドやラインシステム等、何でもOKです。スペイorオーバーヘッドも問いません。


*スクール詳細*

日時:4月21日(日曜日)  8時45分集合 9時開始 15時半終了(途中お昼休憩あり)

場所:犀川の殖産漁協管内 (他の釣り人の邪魔にならない所を考えています。参加者の方々には直接詳しい場所を連絡いたします。)

参加費:一人7000円 (当日お願い致します。)

応募人数は10数名を予定しています。

入漁券は必ず各自でご用意ください。(こちらで用意はしません。)
・昼食は各自でご用意ください。
・ウェーダー等、普段の釣りと同じ格好の準備をお願いします。
・ロッド等道具の破損や紛失、参加者の怪我等に関してはこちらでの責任を負いかねます。
・荒天や河川が危険な程に増水した時は中止とします。
・当日に魚を釣ったり釣らせることを目的としたスクールではなく、参加者の今後のステップアップのために釣り方等を詳しくレクチャーするためのスクールです。


*応募方法*

メールでのみの受け付けです。
以下のアドレス宛てにメールでお願いします。

0000000000@0000000

↓をコピペして記入して下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・氏名(ふりがな):        (           )
・住所:
・年齢:
・携帯電話番号:
・返信先のメールアドレス:
・およその本流FF歴:
・スクールに関してのご希望や疑問点があればお気軽に何でもお書き下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


*頂いた個人情報に関して今回のスクールのこと以外での使用は一切ありません。

*メールを送信しても返事がない場合は何らかの理由で受信出来ていない可能性があります。
送信後数日経っても私から返信が無い場合は、こちらの記事のコメント欄に必ず非公開で連絡先等を教えてください。こちらから電話連絡させて頂きます。



# by camelhd | 2019-03-19 11:50 | Fly Fishing | Comments(0)

魚野川

この休み。天竜川へ行くつもりでしたが前夜から雨の予報でした。
しかも予報では南ほど降る予定。犀川も似たような予報。
そんなことで悩んでいた矢先に魚野川が解禁。数日前に会っていたAさんが魚野川の解禁に行ってくると言ってました。
で、3/1の昼。LINEで突然写真が。
c0157482_17392352.jpg
「うわっ!やっぱ釣れたんだ!」
直ぐさま電話すると昼までに45cm位のイワナが2本とレインボーが1つの計3本!
しかも他にもアタリがあったらしい。こちらに他の写真が
他の友人もアタリがあったよう。ルアーの友人のKさんも大物とファイトの末に痛恨のフックオフ。針が伸ばされたそうです。

翌日の土曜日。
仲間のSさんが魚野川へ。
50cm位の太いイワナを掛けてネットイン直前でバラシ。

翌々日の日曜日。
魚野川へ行った栃木のKⅡの仲間のSHIBA四段からLINEで写真が!
c0157482_17461943.jpg
なんと58cm! レインボーとはちょっと違う雰囲気。たぶんロックトラウトとか美雪マスみたいなイワナとレインボーのハイブリッド系ですかね~???
ご本人もファイト中はパープルの感じがイワナに見えたと。
それにしてもデッカイひれと凄い体高の見事でカッコいい魚体!
流石のSHIBA四段です!

その数時間後。
昼から魚野川へ行った仲間のボブ。
c0157482_17522044.jpg
「はぁ?何コレ?」直ぐに電話するとまだ釣った直後のようで、興奮してます(笑)
そしてサイズは59cm!
本人もその場にいたSHIBA四段も軽く60オーバーかと思ったようです。
c0157482_17583952.jpg
いや、そりゃそうも感じることでしょう。写真だけ見てももっと大きそうに見えます。ファイトも10分以上掛かったようです。
それにしても見事なレインボー。魚野川のポテンシャルを感じます。


みんなからこんなにも写真が送られてきたらもう鼻息フガフガですよ(笑)


しかし魚野川も前夜から雨の予報。
雪の多い地方なので、雨が降れば直ぐに雪代が入ります。それでも午前中まで釣りになれば…と思い魚野川に決定。

早めに出発すると高崎も雨。そのまま下道で三国峠を抜けると土砂降りです。
魚野川に到着すると土砂降りではないものの普通に雨。

明るくなって川に行くと心配だった川の色はかなりクリアー。
一ヶ所目。何も無し。
二ヶ所目。昨年連続で反応のあったラン。ここは期待してました。
昨年とは流れも変わっていたものの、悪くありません。
緩い流れから流速が速まり変化する辺り。
スイング中盤で『ク………』と葉っぱでも引っ掛かったような感じ。
ラインはtype2。そこは深さもあって根掛かるような浅さではありません。
そのまま待つと『クン………』「やっぱ魚だ!」
さらにそのまま待つと『グ~……クン…グ~……』全然持っていきません。
さらに待つと『グ~』っと更に十分な重みを感じたところでフッキング!

ロッドに『ドンドンドン!』と首を振る手応えが!
「よっしゃ!いいサイズ!50くらいか?」しかしその5秒後くらい。突然フックオフ…。「え"~(°Д°)」

狙い通りの時間に狙い通りの所でイイ魚が掛かったのに痛恨のバラシ。いつ濁り出すか分からないのに痛いミス。

もう一本いると信じ、同じランを再度流すも何も無し。

三ヶ所目。この頃から雨足が強くなってきました。
c0157482_18292035.jpg
細かなゴミの流下も増えてきました。
泊まりでやっていたSHIBA四段やボブの話しでは前日より水が冷たいと。
もう正直釣れる気しない状況。

四ヶ所目。何も無し。
少し増水してきて色がついてきました。
SHIBA四段達やボブは昼前に撤収。

五ヶ所目。何も無し。
濁りも朝はどクリアーだったのに、気が付けば膝くらいの濁り。
分かっちゃいたけど最悪パターンです。
c0157482_18383874.jpg
下が見えなくて釣り下るのもちょっとおっかない感じ。
それでも4時過ぎまで雨の中、何ヵ所も休まずやるも何も無し…。


完敗です。
朝だけ勝負になることは予想していました。
そこでせっかく掛けたのにバラシたのが全ての敗因。
アタリ方と短かったけどファイト具合からして間違いなくイワナでしょう。
とにかくワンチャンスをものに出来なかったってことが全て…。

この記事だけ見ると一見凄く釣れてるようですが、他にあまりイイ話しを聞かない今年の魚野川。元々決して魚の多い川ではありませんが、いる所にはいる感じっぽいです。釣れてる場所が同じ場所だったりしてます。今年の天竜川と似ているのかな?
特にイワナはスイッチが入りにくい魚と思ってます。だけど一旦スイッチが入ると簡単にガップリとフライを食うイメージがあります(ドライとかじゃなくて本流のウェット&ストリーマーの話し)。
バラシた魚は追い気はあるけど何かが足りなかったんでしょう。だからあんなアタリ方だったのかと思います。
だからこそ余計にいいタイミングで確実に釣るのがキモなんでしょう。

とりあえずリベンジに行きたいところですが、今のところまた日曜日&月曜日が雨の予報。
天竜川も行きたいんだよなぁ~(´-ω-`)
他にも行きたいマイナーな本流が…

行きたい場所が迷っちゃうほど増えるイイ時期になってきたってことですかね(笑)



# by camelhd | 2019-03-05 17:33 | Fly Fishing | Comments(2)