群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野釣りブログ

最新のコメント

てぃこまさん、こんにちは..
by camelhd at 10:50
素晴らしい魚ですね。 ..
by snowtrout at 06:03
MYSTさん、こんばんは..
by camelhd at 21:06
camelさん 初レイ..
by MYST at 11:06
ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 22:27

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

犀川(今年5回目)

まずはWild-1のセミナーにお申し込み頂いた方々、申し込めなかったけどお問い合わせ頂いた方々、どうもありがとうございましたm(__)m
お昼に申し込み開始して翌日のお昼前には満員御礼となったようで、締め切り以降も次回のお問い合わせ等が多いようです。まだ初回も終えていないので今のところ次回開催は全く未定です。
当初定員が埋まるかどうかと心配していましたが、想像以上の反響を受けてビックリしてる次第です。



さてさて、本題に。


今週は連休でした。
凄~~~く迷ってたんです。九頭竜行こうかどうか…。
前日の夜に何だかんだ用事が出来てバタバタして、結局準備も間に合わず。
なので急遽犀川に行くことにしました。と言うか、犀川が(も?)凄く気になってたんです。
「何故犀川か?」って?
それは釣れてないから。釣れてない時こそチャンスと思ってます。
だから釣れてない九頭竜も迷ってたってワケ(笑)

3月半ば~後半頃の犀川、いつも難しいんです。
だけどボチボチ良くなるはずと検討をつけての釣行。
あっ!ちなみに先週は天竜川行きましたが、5アタリ3バラシしてデコってます。ブログupしようと思ってたらバタバタして書く暇ありませんでした。書くこともないからまぁいいかってのもありまして(笑)

ここのところ天竜川行ってますが、天竜川って明らかにダムから遡上してきたようなレインボーが釣れてるんです。
しかも釣れるポイントの特徴が見えてきた感じ。
ならば犀川でも同じ釣り出来るんじゃ?ってことで今回犀川なんです。

朝イチに遡上レインボーが釣れるならココってランの更に狙った所に入ります。
明るくなって直ぐに釣り開始(5時半ちょうど位)。

この日の朝は寒かったです(-4~-5℃位)
直ぐにガイドが凍ります。ロッドも凍ります。

まだランニングラインを引き出しきってないくらい。開始5分後。
スイング中に『グッ、グ~!』 「いきなりキタ!」
ロッドがイイ感じで曲がります。「デカイ!50位だ!」って思ったらフックオフ。その瞬間水面直下で『グワン!』と魚体をひるがえした波紋が大きそうな魚でした。

「貴重なチャンス逃しちゃった~(´д`|||)」とヘコんでましたが、核心部はまだまだこれから。まだ何かあるだろ?と釣り下ります。

で、核心部。
遠投してスイング中に『グ、グ、ドンドンドン!!!』 「ほらキタ!」
フッキングさせてやり取り開始直後に『ギギギギギ〰〰〰〰〰〰〰!!!』とダッシュ!
だけどリールの逆転が渋い。直ぐに「あっ!凍ってるんだ!」と気がつき、そのままロッドとリール全てを水中に浸けると『ギャバババ〰〰〰!!!』と水飛沫をあげてリールが水中で逆転。

水からあげてもさらに『ギギギギ〰〰〰〰〰!!!』
「ヤベ!止めらんね~!」 なるべくテンションを強くかけながら走らせます。
すると『ドッバ~ン!』とジャンプ。「うわっ!デカ!」
さらにまた『ドッバ~ン!』また直ぐ『ドッバ~ン!』
「外れないで~」と祈りながら耐えるしかありません。

何度も『ギギギギ〰〰〰〰!』と走られながらも、なんとか手前に寄せて魚を見ると凄い銀ピカ!
この大きさで流れに乗られると一気にラインを出されるので、流れに乗られないように気を付けます。
その後も跳んだり走ったり10分近くファイトしてようやくネットイン!
c0157482_11010758.jpg
まさかの59cm! そして凄い体高です。なんと17cmの体高。
シルバーメタリック感がたまりません。
c0157482_11013905.jpg

↑これだけ見せられて、海外のスチールヘッドって言われたら信じちゃいそうな見た目。
c0157482_11014826.jpg
c0157482_11015607.jpg
まだ朝陽が川に差し込む前だったので、ビッカビカに輝く写真が撮れなかったのが残念ですが、とにかく素晴らしい魚でした!
動画だと素晴しさが伝わりやすいかと思います。





リリースして興奮したまま釣り再開。

ランのテール。「遡上レインボーならココも怪しいよな~。」と早い流れをスイングさせてた時。
その前の2回と同じような『グ、グ~』と押さえ込むようなアタリから『ドドン!』
フッキングさせると凄い重量感。「さっきと同じくらいか?もっとデカイ?」
『ギギギギ〰〰〰〰〰!!!』 「いやいや、さっきより凄い‼ 止めらんね~。」
一気に15m程出されます。だけどこのテールは下られたくない。

2xのフロロティペットギリギリのところでテンション強く掛けて耐えます。
『ドンドンドン』と水中で大きく首を振る感触が伝わってきます。
ティペットがどこかに擦れてる感触も。
その前に釣ってからティペットをチェックはしたけど交換してません。だけど自信のあるフロロ。「大丈夫!」と自分に言い聞かせ、強いテンションを保ちながらカリカリとリール巻いて寄せます。
そうしたら今度は対岸に向かって『ギギギギ〰〰〰‼』
その途中『ドババン!』と水面を割りました。「太っ!」
だけど早い流れも手伝って全然寄せられません。もう腕もパンパンです。

やっと手前に寄せてからも最後の一寄せがなかなか寄せられません。
さっきよりも長い時間のやり取り。
いい加減、針の穴が広がるのが心配だと思ったので意を決して勝負に出ます!
「絶対にネットインはしくじらない!」と決意して慎重かつ大胆にネットイン!

「オッシャ〰〰〰!!!」
c0157482_12005913.jpg
デカイ!
さっきのレインボーよりまだ一回りデカイ!
震えながら計測したらなんと全長65cm!!!!!

しかも太いんですよ!
なんと体高が18cm!重さも重いんですよ。これがまた。
c0157482_11553387.jpg
またまた山が邪魔して陽射しがなかったのですが、薄っすらと青紫に光る魚体が見事です。
尾ビレも大きく見事ですが、他の各ヒレの大きさや色合いも素晴らしい!
c0157482_11560367.jpg
↑の写真、ロッドとよ~く比較してみて下さい。
なかなかストリッピングガイドまで一緒に写せる魚っていませんよ?





朝イチの一流しでこんなのが2本。
その後はもう釣りになりません。
ちなみに二川合流~殖産の大原橋とかなり広範囲を見て回りましたが、見かけた釣り人はたったの3人。
c0157482_12102086.jpg
↑更科橋上流。
↓大八下流。
c0157482_12111058.jpg
減水&クリアなのが分かりますかね?上の犀川漁協も同じく減水&クリアです。


テキトーに何か所か流すも、気分的にほわ~っとして全く釣りに身が入りません(笑)

なので午後は気分を変えて支流でフローティングラインにウェットを流します。
ちょうど移動中に激しく雨が降ってきましたが、カッパを着て開始。

ちょっと早いかな~?って流れをスイング中に『ドドドン!』ときてフッキング。
直ぐにロッドテンションが無くなります。
「あれ?外れちゃったよ」って思ってたら凄い勢いで早い流れを上流に走ってました。
直ぐにテンション掛けてファイト。ラインが水面に刺さってるのと違う方向に走って、ラインが『ビャババー』と音をたてます。
ゼニスも『ギギギギ〰‼』
そのまま下流に走られるも止められず結局フックオフ。
50半ばってところですかね~?
普段ならメチャクチャ悔しいんでしょうが、今日は「いや~、イイ魚だったな~(´ー`)σ」とあり得ないゆとり(笑)


そのまま夕方までのんびりやって終了。

凄い魚が釣れて嬉しいのはもちろんなんですが、何より読みがズバリ当たったのが嬉しくて…。
まずは行き先の川の選択。
狙いの魚の選択。
それに合わせたランの選択。
ランの中のピンポイントの選択。
フライの選択。
天竜川での経験が大きく役にたった今回。今までの自分だったら釣れなかった魚だったと思います。
もちろんタイミングが大きいのだとは思いますが、天竜川での経験がなかったら確実にそのタイミングも想像出来ていませんでした。

しかもそれが銀ピカの極太レインボーと65cmのこれまた極太レインボー!
こんなの滅多に釣れるもんでもありませんし、掛けてもキャッチできない可能性も高いです。今回のポイントにも一ヶ所障害物が近くにありましたがそっちに走られないように必死のファイトでした。
個人的には65cmのレインボーなんて正直サクラマスよりもレアだと思ってるのでとにかく嬉しいの一言。
59cmの時は写真撮りながら「ヤベ~。スゲ~の釣っちゃったな~」って。
65cmをキャッチした時なんかは叫びましたし、写真撮るときは震えちゃって最初上手く撮れませんでしたから(笑)


これぞ本流の魚!っていう本流らしく大きさと美しさを兼ね備えた素晴しい魚。
そんな魚と出会って震える感動を求めて本流をやってます。
「本流やってて良かった~♪」って心底思った一日でした(^^)
c0157482_12134030.jpg

[PR]
# by camelhd | 2017-04-04 20:20 | 犀川 | Comments(10)

WILD-1本流フライフィッシングセミナー

え~、突然ですがこの度、WILD-1様主催での本流フライフィッシングツーハンドセミナーの講師をやらせていただくこととなりました!
c0157482_12101854.jpg
実は結構前々から「スクールをやって下さい」って感じの問い合わせが多々ありまして、昨年秋頃にでも個人的にやってみようかな~?と考えてました。しかし休みの度に予定が埋まっていまして結局考えていただけで流れていました。

で、今回あのWILD-1様よりこのお話しを頂き、こちらとしてもイイ機会でしたので引き受けさせて頂いた次第です。

このブログを読まれている方はご存知でしょうが、色々なスタイルがあっていいと個人的に思ってます。効率的に楽に釣りたい。カッコいいフライで釣りたい。大物だけを釣りたい。数を釣りたい。どのスタイルが正解なんてありません。
その中でオレが経験から学んで得た本流で釣れる釣り方をお伝え出来ればと考えてます。
なので初心者の方は「まず一匹を確実に釣るためには」って感じで見てもらえばいいし、上級者の方は「こんな釣り方でも釣れるのか」と自分の釣り方を見て引き出しを増やしてもらえば幸いです。

おそらく参加される方はこのブログを読まれている方が多くなるかと思っています。
なので、「ブログに出てたあの魚はこんな感じで釣れた」なんてふうに、ブログ連動でお話しするのも面白いかなと考えています。


基本的にツーハンドをある程度投げられる方が対象になりますが、お使いのラインシステム等は何でも結構です。システムに応じた流し方・釣り方を説明します。
もし定員に達した場合は人数の関係上、個別指導ってのはなかなか難しくなるとは思いますが、流し方はもちろん雑誌やDVDには出ていない本流で釣りする上で非常に大切になることを説明出来ればなと。
それにプラスしてみなさんが日頃疑問に思っていることや、当日の内容からでた疑問点などにお応えする質疑応答の時間もとる予定です。

個人的にも初のセミナーだし、そもそもそういうのに参加したことがほとんどないので全てが円滑に滞りなく上手く出来るか分かりませんが、やるからには参加された方々の『記憶に残る一匹』に繋がるためのサポートを自分なりに全力でやらせて頂きますので何とぞ宜しくお願い致しますm(__)m


詳しいお問い合わせはWILD-1高崎店 027-363-7511 担当:高橋さん、澤出さん まで。

[PR]
# by camelhd | 2017-03-14 14:05 | Fly Fishing | Comments(10)

天竜川 (2回目)

今回も2日連チャン釣行です。
しかし初日は犀川の気になるポイントが2~3ヶ所あったので、午前中だけそこら辺をやりに。
そして一匹釣れたらさっさと天竜川に向かおうという作戦。

その犀川。前日の日曜日は良かったようです。
仲間がブラウンの59cmを釣り、他にも釣ったりバラしたりもあったそう。同じ日には他の釣り人も50半ばを釣ってる方もいらしたそう。

期待しながら犀川到着。
気になるポイントや前日良かったランを流すも何の反応も無し・・・。
絶対ってポイントも何の反応もありません。
そうこうしてるうちに早くもお昼。

釣れてないのでもちろん昼飯抜きで続けます。
1時頃に今日初の小さいアタリ。
そして2時頃やっと小ニジが釣れました。
予定より大幅に遅れてようやく天竜川に向けて出発出来ました(笑)
c0157482_12435564.jpg

まずアンパラさんに寄ってごあいさつとお取り置きしてもらっていたマテリアルを購入。
そろそろ釣り場に向かおうかと思ったら、同じ日程で朝から初めての天竜に来ていたラブライバー氏からラインの写真が。
c0157482_12410252.jpg
天竜初フィッシュがこれまたカッコいいレインボー!!!
すかさず電話して話しをしたらこれからオレが向かおうかと思っていたポイントで釣ったそう。
犀川で手こずっていたせいで先を越されました(笑)

気になる他のポイントに入るとそこで『ゴン、ゴゴン!』 といいアタリ。
フッキングさせて直ぐ、まあまあサイズを核心したところでフックオフ・・・。

この日はこれで終了。

夜はアンパラ山本さんと長野のN氏、ラブライバー氏、オレの4人でこちらの名物でもある馬肉が食べられるお店へ!
c0157482_12474044.jpg
(↓の右)赤味の馬刺しがめちゃくちゃ美味い!
c0157482_12511379.jpg

そして『おたぐり』と呼ばれてる馬のホルモン(↑の左)。これも普通のホルモンとは違った感じ。
非常に食べやすくて味も美味しい!

さらに馬テキ。馬肉のステーキです。
これがもう最高! 高級な牛ステーキを食べてるような美味さ。
馬肉って言うと脂が強いイメージがあったのですが、馬刺しも馬テキも全くそんな感じがありません。
むしろ牛より美味いんじゃないか?ってほど。

4人で釣りの話に盛り上がってこの日は就寝zzzzz


翌朝、ビジホの朝食を食べてから川に出撃。
この日はとにかく多くのランに入って川を知ろうと思いました。
流れとラインがマッチしてなくても、ライン交換する手間も惜しいので釣るというよりはとりあえず多くの流れを流すのを最優先。

朝イチは陽射しもあって結構暖かでした。
ダウンを着て歩くと汗をかくくらい。
c0157482_12581104.jpg
ところが一流しした頃から下流からの強い風が。
陽射しも雲で遮られてだんだん寒くなってきます。

下流からの強風でキャストも一苦労。
それでも多くのポイントを足で稼ぎます。
c0157482_14412088.jpg
ちなみにアタリ一つありません。

で、ラブライバー氏とあと一流ししたら昼にしようと打ち合わせて入ったラン。

頭から流すも頭付近は一見良さそうだけどパッとしない感じ。
釣り下ると急に釣れる流れになりました。
この日これまで既に9か所のランをやって、ここが10か所目。
一番いい流れです。この日初めて「今釣れなくても、もう一度夕方入ってもいいな~」って思って釣りしてました。
その核心部。強風の中、しっかりターンさせて着水。スイング半ばで・・・
『クンクン、クン・・・・』 と明確なアタリ!
この日初めてのアタリに緊張しながら持っていくのを待ってからフッキング!
「よっしゃ!のった~!」

そんなに大きくはないけど貴重な一匹。絶対バラしたくありません。
ジャンプしないしボトムで強い粘りをみせます。
アタリとファイトからして「こりゃひょっとして???」

手前に浮かせるとキレイなゴールドな魚体。
やはりイワナでした!
c0157482_13130149.jpg
しかも斑点がほとんど無い感じ。ホント薄っすら見えてる程度です。
場所柄ヤマトイワナの血が真っざってるんでしょうか?
c0157482_13145287.jpg
この色合いがまたカッコいいですよね。
前回のイワナは銀ピカでしたが、ヌメっとした質感のゴールド。こういうのも凄く好きです。
c0157482_13152093.jpg
↑分かりにくいかもしれませんが、腹ビレに銀スジ。

貴重なアタリをモノに出来て良かったし、こんないい魚で喜び倍増です(^^;



お昼は二人でもちろんソースかつ丼♪
c0157482_14430258.jpg
なんとラブライバー氏、右側の大盛りチャレンジ!
しかも完食(笑)

オレも今日は完食。しかも若干余裕もあったので次回は大盛りイケるかも???




午後も相変わらずの下流からの強風。加えて雪も降ってきてとにかく寒いです。
それでも数多くのランを回るべく色々な場所で釣りをします。
c0157482_14451715.jpg
↑こんなにも長~いランなのにイイ場所はピンポイント。

↓風情のある橋の下にミステリーサークル(笑)
c0157482_14450317.jpg
結局午後はアタリ一つありませんでしたが、かなりイイ場所も発見出来たりしたので今後が楽しみです。
ここ2年位の本流の釣りでこの日が一番多く歩いて、一番多くのランで釣りをしたのかもしれません。
ラインも変えずにやりましたが、おかげでここはどのラインでちょうどイイとかってのが分かりました。天竜川の特徴もずいぶん掴めました。
次回来た時には狙い撃ちも出来そうです。
なんつったって伊那市南端から上は南箕輪まで入れそうな所はほぼ全部入ってきましたから。馬肉のおかげであれだけ歩けたのかも?


そしてこれがあるから次はいつでも大丈夫だし~(笑)
c0157482_14554127.jpg
めでたそうな色の年券ですよね~♪

[PR]
# by camelhd | 2017-03-08 14:59 | 天竜川 | Comments(6)

2017犀川漁協解禁後初釣行

前日のうちに天竜川から犀川近くまで移動し宿泊。

朝起きて「川が近くて楽~♪」なんて思ってたので、すきやに寄って朝定食。
今思えばこれが失敗でした。。。

ちなみに解禁日から5日後にして初釣行。叩かれてるのは覚悟の上。

解禁日から4日間、仲間内の誰かが毎日行ってました。
レインボー・ブラウンとそこそこ釣れてはいるようですが、仲間内や知り合いで大きい魚は50cmオーバーのレインボーが3つ。

ただ仲間内で安定して釣れてるポイントがありました。
「朝イチはそこ流しに行くか~。」 と車を走らせて現地に行くと、なんとすでに先行者が!
しかもファイト中でネットを出してランディングするとこ!
「うわ~、一足遅かった~(´д`|||)」

とりあえずソコに行ってみます。
見るとその方が下を向いて写真を撮ってるところ。
「おはようございま~す! イイの釣れました~?」 とオレが声をかけると・・・
その方が顔を上げてしばしこちらを凝視。
「あれ?正田さん???」 なんと仲間のTでした!
いや~、それは見事な抜け駆けくらいました(笑)

しかもキレイなレインボー!
c0157482_16235674.jpg
聞けばこれ釣る数分前にもう一回り大きいのを手前に寄せてバラしたそうで・・・。
「でも直ぐ釣ったんだからナイスキャッチじゃ~ん!」って言ってましたが、その時のオレの本心は、「すきやなんて寄らなきゃ良かった」でした(笑)


で、早速後ろから流しますが無反応。
すかさず移動して流すもまた無反応。

ここで当初予定していた地元のTさんと合流。
あの時の62cmのブラウン。横にいて一部始終を見ていたのがTさん。
それだけじゃありません。このお方が見ている時には必ずいい魚がかかるのです!
それも1度や2度じゃありません。

で、一緒にオレがやりたかったポイントへ移動。
そこは核心部が2ヶ所。
最初の核心部は何もナシ。
次の核心部のスイング中、やはりTさんが直ぐ横に立って見ていた時。。。

『グン、グン、ググ・・・』  「キタ!持ってけ・・・」 と待ってると・・・
『ギギギ~~~~!!!』  「ヨシ、キタ! デカイ!」
いきなり走り出したその魚。明らかに重量感あります。
コネコをバットまで曲げ込んで耐えるも『ギ~~~~~』っとラインを出されます。
ランのテールに近かったので、最初の走りは止められないかと思いましたがラッキーにもストップ。
そのままなんとか手前まで寄せます。
見えた姿はデカいブラウン!
慎重に浮かせ、いよいよランディング。
魚が若干上流に行ったので、そのまま寄せて下から掬おうとした、ネットまであと1mを切った時。
魚がネットに突っ込んできました。
すかさず避けようとしたら、針がネットに絡みました!
「ヤバい!」と、絡んだのは直ぐに分かり、瞬間的に「このままじゃ絶対入らないし外れる!だったらいっそのこと!」と、そのままネットに入ってない魚を岸まで持ち上げて(絡んでから持ち上げるまで2秒程)、それはそれは無様なランディングで(笑)何とかキャッチ。
c0157482_19173693.jpg
凄~くカッコいいオスのブラウン!
気になる針は口の硬い所にガッチリ。これなら持ち上げても外れません(笑)

そしてこの凄い口!
c0157482_19180564.jpg
写真じゃ分からないと思うけど凄く大きい口でした。
歯も凄くて手で針を外すのが怖くてフォーセップ使いました。

そして何よりTさんが見ていてくれたから釣れた魚かと(笑)
いい写真も撮ってもらい嬉しい限りです。

c0157482_19214905.jpg
2人でイイ魚にしばし見とれてからリリース。
そしてガッチリとTさんと握手。もうTさんに足を向けては寝れません(笑)


この後も気になってたけど歩くのが億劫なランへ。
いいと思っていた場所で反応なく、下って良さそうなピンポイントを発見。
ちょっと立ち位置を変えてキャスト&スイング。
そしたら突然『ドン!ギギギ~~~!』
そのまま高くジャンプ!2人で「レインボーだ!」
サイズはさほどでもないけど強いファイト。しかしネットインしたら・・・
c0157482_19533370.jpg
なんと銀ピカのブラウンでした(笑)
でも大きくなりそうなイイ顔してました。
c0157482_19541896.jpg
ここで上がって一旦お昼休憩。
雨なので橋の下で食べますが強風です。三川合流より下はそうでもなかったのに・・・
↑橋の上から降ってくる雨水が真横に飛んで行きます。


午後も気になるポイントを幾つか回ります。
c0157482_19574541.jpg
意外と釣り人は少ないです。

ところが全く何もありません。
人気の大場所も何も無し。
人目につかない小場所も何も無し。
凄く歩かないとダメな所も何も無し。
最初のブラウン釣った所も何も無し。

で、結局そのまま終了~。



解禁日から5日後。
朝イチから夕方までビッチリやって2アタリだけ。
しかしその2アタリを2キャッチ。少ないチャンスをモノに出来たのはラッキーでした!

簡単じゃないとは思っていただけに、いきなりあのブラウンは想定外。
しかし狙いのランの狙いのポイントからの一匹。
前日の天竜川のように手探りの釣りも楽しいのですが、通いこんだ川で狙い撃ちの一匹も非常に楽しいです。
今回は両方の楽しさを味わえた最高の連休でした(^^)




オマケ
川原を歩いていたら「ん?大きい鳥がいる!」 と一瞬足を止めます。
そのままそ~っと近づいても「あれ?逃げない」
いや、そりゃ逃げないワケですよ。ただの木ですから(笑)
c0157482_19571568.jpg
そ~っと近づいた自分が急に恥ずかしくなりました(笑)  誰も見てなくて良かったw
遠目で見たらまんま木にとまってる鳥でした(*_*)

[PR]
# by camelhd | 2017-02-22 11:04 | 犀川 | Comments(8)

天竜川 初釣行!

今週は連休でした。
で、珍しく2日間フリーに。「月曜日は犀川に行くとして日曜日はどうっすかな~?今時期じゃ利根川も釣れなそうだしな~。でも2日間犀川もな~。」って感じで悩んでいました。
そこで突然「そうだ天竜川行こう!で、泊まって犀川行こう!」って決断したのが夜11時。

実は去年から天竜川に行ってみたかったんですが、昨年は犀川があまりに良すぎたために天竜川に行くチャンスを逃してました。

そして3時に家を出発。軽井沢辺りは久しぶりにガチガチです。
c0157482_10394739.jpg
↑ブレてるけど一応止まって撮ってますよ。
三才山もこんな感じでした。

今回事前情報ゼロです!
調べたのは管轄の漁協名だけ。
何も知らない方が絶対楽しいと思ってたので、あえて自分の勘に頼って行きます。

なにしろ犀川から先は道が分からないので、とりあえず松本から高速に。
どこのインターで降りればいいかすら分かりません。
途中SAで地図を見ると伊那市辺りは川と国道が平行に走ってます。「じゃあ国道で川を見ながら良さそうな所を探してみっかな?」って感じで伊那インターで降りてみました。

川と平行に走る国道153に出てみるとホント街の中を流れる川。
石が小さい感じですがイイ感じの流れです。ただ思っていたより水量が少ないので、もうちょっと下ってみることに。

真っすぐ下っていくと川と国道が離れるようなので国道から土手沿いを走ります。
下流は石も大きめ、水量もイイ感じ。「この辺のエリアがいいな~」って感じで車を走らせますが、意外と駐車スペースに困ります。
見ていてもラチがあかないので魚の匂いを頼りに(笑)、河畔林をテキトーに突っ切って車からは見えない川に出てみました。


流れを見もしないのにテキトーに突っ込んだ割にはいい流れ!
c0157482_12394954.jpg

しかしそれ以上に感動したのはその景色!
c0157482_12334726.jpg
c0157482_12360663.jpg
南アルプスのカッコいい山々の姿がクッキリと。右岸側には駒ケ岳。左岸側は仙丈ケ岳?と2000m級の山々が間近に。
早い時間だったので山が朝日に照らされて赤く染まってます。プチモルゲンロートです。

で、目の前にいいピンポイントを発見。
まあまあ長いランでしたが「絶対ここだ!」って思ったので丁寧に流すと・・・
スイングしてたラインが止まります。
「あれ?根がかり?思ってたより浅かったん???」 まだ川に日が射してないので水深が良く分かりません。
ロッドを聞くようにゆっくり立てると『ゴン!』  「違う!魚だ!」
すかさずファイト突入。なかなかの重量感「デカイ、60位か?」
しかし絶対フッキングが上手くいってないはず。丁寧にファイトするも案の定10秒ほどでスッポ抜け。

バラした悔しさもありましたが、自分で見極めたエリアの狙ったピンポイントで掛けた嬉しさもありました。

で、次のラン。
車から見えた小場所。かなり良さそうに見えました。
「ちょっとやれば終わるからサクっとやってみっか~。」って感じで開始。
開始から5~6投目。流芯をスイングさせてた時・・・
『クン、クンクンクン』 「キタ!けど小さい?そのまま持ってけ!」 って待ってると『グググ~!』ときてしっかりフッキング!
「いや、小さくない!いいサイズ!」
なかなかの重量感で流芯の中を走ります。その走りっぷりと重さから絶対いいレインボーだと思ってました。
ところがキャッチしてみたら・・・
c0157482_12502607.jpg
なんとめちゃくちゃカッコいいイワナの46cm! しかもパンパン。色も銀ギラです。
いきなり天竜川ファーストフィッシュが噂に聞く天竜イワナ!
本流らしい立派なイワナに感動です!
ヒキも強かったです。レインボーかと思うくらいに!
c0157482_12503814.jpg
ただでさえイワナ自体が久々なので嬉しいのですが、右も左も分からない中、自分の勘と経験だけを頼りに釣ったのが嬉しくて・・・。
こういうのを本当の意味で《釣れた》じゃなくて《釣った》と言うのかな?
いつもとは違った嬉しさのある記憶に残る一匹でした(^^)

そしてその後はいつもFBや通販でお世話になってるアングラーズパラダイスの山本さんと合流。
この日の山本さんは友人の岡田さんとSさんをガイドされていましたが、急遽訪れた自分も一緒にとお誘い下さってくれました。イイ魚を釣ってもう十分に満足なのでお言葉に甘えて一緒に各ポイントの入り口等を教えて頂くことに。
c0157482_13182199.jpg
意外と駐車スペースが無かったり、川原も広く道からは見えないポイントもあるので非常に助かります。
対岸への移動ルートなど絶対一人じゃ分からなかったな~ってのも教えて頂き助かりました。
後で聞いたらオレが入ったエリアはドンピシャだったそうです。見当違いの所で釣りしてなくて一安心です(笑)


そして美味しいポイントも(笑)
c0157482_13280691.jpg
どうですか!? このボリューム感! これで中ですよ?
「フタの意味ないじゃん?」って言ったら、これはフタじゃなくて大量に乗ってるカツを一時的に置くお皿と言われて納得(笑)
オレ、決して小食じゃありません。でもカツを一枚食べ切れませんでした。
しかし量だけじゃありません。カツが柔らかくて凄く美味しかったです!


午後はお腹の苦しいまま川原を歩き(笑)、オススメのポイントへ4人が二手に分かれて入ります。
ちょうど対岸には釣り終えた地元の方と犀川の達人達4人が。
いい流れをスイング中・・・
『グン! グググン!ギ、ギ~~~!』 ときてフッキング。
直後に『ドボ~ン』と高いジャンプ! 大きくないけどいいヒキと突っ込み。
対岸で4人が見てるので絶対にバラせません(笑)
なんとかキャッチして4人から拍手を頂きました(^^;
こちらの5枚目がオレの写真です。
c0157482_13383357.jpg
小さいながらも体高あって銀ピカヒレピン!
めちゃくちゃイイ魚です。こういう魚がいる天竜川の懐の深さが垣間見えます。

そして4人で行った最後のラン。
みんなが見ていた前で3番手で流したSさん、キャスト→メンディング→スイング開始→ロッドが『ゴンゴン!』
c0157482_13464450.jpg
強いファイトで上がったのはいいレインボー!こちらにも写真が。
ご本人はもちろん、アタリから見ていたみんなも大盛り上がり!
人が釣るところを見るのって凄く面白いですよね~。
c0157482_13511365.jpg
最後の最後で見事な締めを飾ったSさん、おめでとうございます!!!
岡田さんの釣りも見られて非常に参考になりました!

最後はみんなで合流してから山本さんのお店へ。
c0157482_13575863.jpg
この日は定休日でしたが店内も見せて頂きました。とてもカッコいいお店です!

みなさんとしばし談笑させて頂きましたが地元のみなさん、オレの地元の仲間たちと同じ雰囲気がするのでホント釣り好きなんだな~って印象を受けました。みなさん初対面のはずなのに凄く居心地のいい感じです。

天竜川、石が小さくサラっと流れてるような勝手な印象がありましたが、いい石が入ってます。
利根川もそうですが、いい石が多い所ってどこで来るか分からないからドキドキしていいですよね。
流していても心地よいラインテンションがたまりません!
放流はほぼないようですが、そのぶん釣れればイイ魚です。
地元の方々の話しを聞いても決して良く釣れる川じゃないと思います。でも本来本流なんてそんなもんです。
意外と支流が多くてそういう支流群にも支えられているのでしょう。

ぜひまた来たい川です!って言うか近いうち必ず行くと思います(笑)
お会いしたみなさま、大変お世話になりました!
また宜しくお願い致しますm(__)m

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・
・・・

そしてみんなと別れ、オレはそのまま翌日の犀川に向けて一路北へ。。。


そして次回、2017犀川漁協解禁後初釣行へと…
c0157482_15294905.jpeg
2日いっぺんに書こうかと思ったけど長すぎて無理(笑)
結果だけじゃツマンナイでしょ!? 途中の過程が面白いんですもんね(^^)

[PR]
# by camelhd | 2017-02-21 15:44 | 天竜川 | Comments(4)