群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野釣りブログ

最新のコメント

ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 15:03
お疲れ様です。自分も某湖..
by ネコ好きヘッダー at 14:37
ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 13:40
totoさん、はじめまし..
by camelhd at 13:38
お疲れ様です。清涼感いっ..
by ネコ好きヘッダー at 19:04

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

犀川(今年11回目)

すっかり暖かくなって朝イチもジャケットが要らない位に・・・。
c0157482_12470135.jpg
そして今回はしばらく前から約束して楽しみにしていたこの人との釣行!
c0157482_12572958.jpg
皆さんご存知、まぁとにかく良く動き良く釣る人です。
特に真冬の殖産での釣果は目を見張るのもがありますよね。
あと毎回美味しそうな食事も(笑)

朝イチは期待の持てるランに入るも何も無し・・・。
続けてその周辺のランに入るも、まこっちさんがいいサイズをバラシ。
さらに大きく移動して入るも小物のアタリのみ。

この時点で10時過ぎ。
2人で「今日ヤバいね~」って(笑)

で、朝に入ろうか迷っていたランがあってそこに移動。
白泡が立つ流れ込み。いい石が多く入ってそうな感じです。
その白泡に投げてスイングし始めたその時、突然・・・『ドン!』
まだ2投目くらいだったのでそんなに遠投してませんでしたが、重量感ある魚。
ダッシュも凄く一気にラインを出されます。寄せてくると太いレインボー!
結構手こずったものの無事キャッチ。
c0157482_12590375.jpg
50半ばのこれぞ犀川っていう見事なレインボー!
c0157482_12593264.jpg

再開して直ぐ。遠く上流に入っていたまこっちさんが何やら叫んでます。
よく見るとロッドがぐんにゃり曲がってゴンゴンしてます(笑)
ロッドとバッグを川原に置いて走って駆け付けると、これまた太いレインボー!
しかもさっき釣った↑よりワンサイズ大きそう。
だけども柔らかいロッドでガンガン瀬に入られて厳しい状況。
ネットを準備して寄せに入ったところでフックオフ・・・。

ロッドとバッグの置いてあった所に戻って今度は同じ所を2人で再開。
そしたらまたも『ドン!ギギ~~~!』
c0157482_13354388.jpg
↑魚もギランと写ってます♪
さっき程の重量感はないものの凄いダッシュ力。
c0157482_13403039.jpg
これまた銀ピカヒレピンなレインボー。
まこっちさんが持ってたポンプでお腹を見せてもらうと・・・
c0157482_13410543.jpg
みんな小さなものを食べてます。一番大きくて細~いラーバ。
このサイズの魚がそんなの食べるのね・・・。初めて本流の魚のストマック見ました。
ちなみに釣ったフライは1インチのチューブフライ。

で、いい時間だったのでお昼休憩。
まこっちさんにホットサンドを御馳走になりました♪
c0157482_10191690.jpg
いや、美味いっす!
いっつもカップラーメンだけどこういうのイイですね!
ついつい食べ過ぎました。クセになりそう(笑)


で、午後の部開始。
まこっちさん、午前中にバラした場所が気になる様子で相性の悪いネットをチェンジして(笑)、バラしたポイントへ。
小場所だったんですが再トライ。
そしたら見事・・・
c0157482_13533682.jpg
流石です。オレならもっと時間たってから入り直すところでしたがあっさりキャッチ。
嗅覚がイイというか狙いが素晴らしいっす!

その20分後。リリースした後に移動した先でも・・・
c0157482_13584387.jpg
今度はデカそう!
c0157482_13591230.jpg
#5のツーハンドでこのサイズ。楽しそうでした。

そのまま釣り下っていって最後のヒラキ。
まこっちさんがチョイ早く切り上げたので最後の最後の浅い所を流したら・・・
c0157482_19140927.jpg
c0157482_14071974.jpg
こんな写真なかなか撮れないんで2枚も(笑)
で、↑の魚がコチラ。
c0157482_14092696.jpg
c0157482_14111116.jpg
この後、まだ行ってない場所をチェック→何もナシ
朝まこっちさんがバラしたポイント→何もナシ


何だかんだでいい時間。
最後に「ここ絶対いるでしょ?」ってランに。

馬の背状に岩盤が10mほど入っています。沈んでる岩盤帯がうっすら見えるくらい。
その岩盤をスイングさせた時・・・
『コン・・・』 「ん?魚? ラインが岩を擦った?」
そのままスイングさせるとスイングが止まる感じ。だけど重みは全く感じません。
「???」 聞くようにゆっくり合わせてみると重量感のある『ゴンゴンゴン!』

ファイトが何となくブラウンぽかったのでブラウンかと思ってたら、寄せてきた時に見えた凄いレッドバンド!
ドキドキしながらアタフタしてみっともないネットイン(笑)
c0157482_14130922.jpg
ちょ~カッコいいオスのレインボー!
こんなの久々見ました。銀ピカもカッコいいけどこんなのもいいですよね~!

あまりにカッコいいので離れた場所でやってたまこっちさんに見せようと、ちゃんと冷たい水が通るように生けすを作って入れておきました。


釣れたのがランの頭だったのでまだ可能性大。

今度は先ほどの岩盤帯の切れ目。
イイ感じのモワモワが出来てます。丁寧に流すと『モゾ・・・コン・・・モゾモゾ』 とキタけどそれっきり。
一瞬ツーショットが撮れると邪念が頭をよぎったのがマズかったのか?(笑)

一番のピンポイントでダメだったのでそこからはさらにラインを引き出し遠投で広く探ります。
大きいランじゃないんですが中間辺り。遠投してフライとラインが馴染んだ頃・・・
『ドン!ドンドン!』
いい角度で遠投していたこともあって勝手にフッキング。

デカイです!ラインが出ていることを差し引いても重量感が違います。
その重いのが時折止められない感じでつっぱしります。

夕方はランのテールに期待していたので普段なら走られて荒らされたくないと思うところだけど、もう今日は時間的にも最後だしと考えじっくりファイト。
途中邪念もよぎりながら(笑)、ロッドをバットまで曲げて無事キャッチ!
c0157482_14133947.jpg
なんと60cmジャストの砲弾タイプ。こりゃ強いワケだ(=v=)
そして念願のツーショット♪
c0157482_14140919.jpg
しかもレッドバンドくっきりのオスと銀ピカのメス。
これ以上ないツーショットのモデルさん達。
c0157482_15244688.jpg

釣り終えたであろうまこっちさんを呼んで・・・
c0157482_14152473.jpg
今回もいい釣り出来ました。
増水から数日後ってのがレインボーにはいい条件だと思ってます。
今回もその条件に上手くあった感じ。

しかしそれよりも今回はまこっちさんの釣りが見れたのが良かったです。
流し方やシンクレート選択なんてのはそんな変わりません。
冒頭にも書いたけど魚に対する嗅覚っていうのかな? バラした後に釣っちゃうタイミングはオレとは違う嗅覚を感じました。
あとフライ。なかなか普通は使わなそうなフライです。そして錆びたフックがいいみたい(嘘)


犀川も4月いっぱいまでは通おうと決めていたので、とりあえず今回で一区切りかな?
今年は利根のモドリも早そうだし気になる頃なんで、ボチボチ利根にシフトチェンジしていこうかと思います。ツライ釣りの始まりかな(笑)


まこっちさん、お疲れした~!メチャクチャ楽しかったです!またよろしくです~(^^)
c0157482_15323299.jpg

[PR]
by camelhd | 2016-04-26 22:05 | 犀川 | Comments(4)

犀川(今年10回目)

今年はあまり行けないかな~?と思いきや気づけば10回目(笑)
c0157482_14045356.jpg
こんなカッコいい尾ビレのレインボーが釣れるんだからそりゃ行っちゃいますよ。。。(↑銀スジが一つ入ってます。)


最近の定点観測所からの写真(笑)。
c0157482_13573051.jpg
車停めてすぐに川の全体像を撮れるんで便利な場所。
先週は山に桜がキレイに咲いてましたが、今週は山桜も散ってます。
水量は相変わらず多め。色も先週よりずいぶんマシですが、クリアーではありません。でもちょうど好みの色です。

それらを踏まえ「今日は絶対釣れる!」と思い(毎回?)、狙いのランへ。

今回はバイク屋さんと一緒。
長~いランの前半をオレ。後半をバイク屋さんが流します。
メチャクチャ良さそうだったけど何もナシ。バイク屋さんが遙か下流で何か叫んでます。
どうやらデカそうなのをバラした模様。

移動して2ヶ所目。
オレが先行してすぐ。『クン・・・』っと小さなアタリがあったけどそれっきり。
もう一度同じ所に投げ、スイングさせると『クン・・・クン、ゴゴン!』ときてフッキング。

結構強い魚で『ギギ~~~』っと何度もドラグを出されます。
50あると思ったけどキャッチしたら45cm。
c0157482_14574465.jpg
だけど銀ピカの強い魚。これならあのヒキも納得です。
c0157482_14575964.jpg
ランの頭で早々にイイのが釣れたんでバイク屋さんと交代。

「まだ釣れるべ!?」って流すと案の定バイク屋さんにヒット!
こちらも『ギ~ギ~』ドラグを出しながら上がってきたのは・・・
c0157482_15132353.jpg
これまた見事ないいレインボー!確か48cm。
横で動画撮りながら見てたけどファイトっぷりは50半ば位な感じでした。


で、3ヵ所目。
モヤモヤした流れをスイングさせると『コン、コココン』 と小物っぽいアタリ。
しかしファイトはなかなか! しかも水面直下でシルバーの魚体がギランギラン!
「サクラマス???」っと緊張気味にキャッチしたら・・・
c0157482_15201735.jpg
c0157482_15200891.jpg
プラチナシルバーボディーのレインボー。
全くレッドバンド的な赤みがありません。↑の写真でおなかが赤っぽく写ってるのはネットの色が映り込んでるから。
これじゃあパッと見、サクラと見間違うのも無理ないです。
サイズは測らなかったけど45cmくらいかな?

で、4ヶ所目。
オレは2本釣ってるのでバイク屋さんに先行してもらい流し始めます。
で、下流のバイク屋さんが何やらヒット!
大きそうです。慌てて駆けつけてみると・・・
c0157482_15303495.jpg
ダッシュしないけど粘りのあるファイトをいなしてネットイン!
c0157482_15304385.jpg
なんともかっちょいいオスのブラウン55cm!

今日は2人ともどうしたんでしょう???調子いいです(笑)

で、バイク屋さんの釣った後をオレが流します。
そしたら・・・・
c0157482_15355949.jpg
なんと48cm! しかも食ってきた所がほぼ一緒でバイク屋さんが釣ったわずか10分後。
だけどなぜオレの方が小さい?(笑)


もう余裕でお昼を食べてゆっくりコーヒーも飲んで休憩。

で、目の前のランで再開。
オレが3匹、バイク屋さん2匹なんでバイク屋さんに先行してもらいオレが後追いで同じ個所を流します。

そしたらイイ所で『コココン!』 と小さなアタリ。
フッキングしてもスルスル寄ってきたので小さいかな?と思ったら途中から『ギギギギ~~~~~!!!!』

全然寄らずなんとかネットイン。
c0157482_17053657.jpg
これまた銀ピカレインボー! 49cmでした♪
冒頭の尖った尾ビレ写真はこの魚。そりゃ強いですよね~。

さらにその10分後。
やはり小さなアタリで『コココン!』 ときてフッキング。
「こりゃ明らかに小さいな~」って思って寄せてきたらやけにギンギラギン。
「2匹目のこともあるし銀ピカレインボーだな~」って思ってたら背びれ先端が黒い!
「いやいや、本物だべ!?」 そこからは急に慎重に(笑)
c0157482_17081622.jpg
まさかの犀川でサクラマスです! サイズは42cmとサクラとしては小型ですが、どこからどう見てもサクラマス。薄っすらパーマークすらありません。
一時犀川で話題になった銀鮭かとも思いましたがやっぱりサクラマス。
c0157482_17084566.jpg
撮影時に魚が暴れると鱗が落ちます。上ってきたのか下ってきたのか?
もちろん湖で育ったランドロックでしょうが、犀川本流でこのサクラ。
犀川の可能性を感じさせます。

オレはサクラマス専門ってワケじゃないんでコレ系は多く釣ってないのですが、利根のモドリとも九頭竜のサクラとも銀山湖のサクラとも顔つきが違います。
ですがカッコいい顔した犀川のサクラマス。
犀川では想定外の魚で、非常にレアな魚。感動しました!


最後。
大場所に挑みました。

早い流れをスイング中、突然・・・
『ズドン!!!!  ギギギギギ~~~~~~~!!!!!!』
勝手にフッキング。そのまま凄い勢いで突っ走られます。パーフェクトがバックラッシュするかと思いました。そしてそのままイルカのようにジャンプ!
銀ピカのぶっといレインボー! 60は軽くありそうです。
だけど広い大場所だったのでなんとかなると思ったらフックオフ・・・。
針先ギンギンだったのに何故???(TдT)

何故だか今回は非常に調子良かったです。
最終的に何だかんだで2人で10本。
前日の日曜日は大荒れの強風だったので釣り人がほとんど入ってなかったからでしょうか?
もちろん他の要因もあるんでしょうが、それが結構効いたのかなと。
この日はいいサイズは大体上手くフッキング出来たのですが、最後の特大は悔やまれます。
またリベンジ行かなきゃ???


[PR]
by camelhd | 2016-04-19 18:33 | 犀川 | Comments(8)

犀川(今年9回目)

数日前の雨で大増水した犀川。
ようやく落ち着き始めたかな~?ってタイミングで行ってみました。
っていうより月曜日だから行っただけ???

しかし三才山峠を越える辺りから雪が・・・。

安曇野に着くと本降りです。

しかも本流は結構強めの濁り。

天気も雪のおかげでどんより暗い感じで濁った本流では全く釣れる気がしなかったので、朝イチは支流に入ってみました。

深々と降る雪の中、シングルハンドのフローティングラインにウェットつけて流すと2回いいアタリが。
一つはフッキングしたけど直ぐにドバドバされて外れちゃいました。50ないかなってサイズ。
って言うか、チョ~寒いです。真冬と同じ位。手もかじかむので久々グローブしました。
そこでは釣れなかったけど、シングルのフローティングウェットもやっぱ面白いですね~♪

雪がちょっと小降りになったので7時半頃本流へGO!
c0157482_10202787.jpg
↑もう止んだ頃の写真ですが、良く見ると白い雪が降ってるのが写ってるかと。

本流は結構な濁りなので少しでも色の薄いエリアを探して釣り開始。

ウェーディングしてみたら明らかに水が冷たいです。
それも2~3℃とかじゃなくて、いつもより5℃位は低い感じ。

濁りも残ってるので浅いところをメインに流しますが、一か所目・二ヶ所目と何もナシ。

で、三か所目。
流していたら突然隣に人がいてビックリ!地元のNさんでした(笑)
Nさんと話しながら釣りしてたリトリーブ時でした。
『グ!』っと抑え込まれてそのままフッキング。
『ゴンゴンゴン!』と大きな首振り。「キタ!いいサイズ!」 と思って手繰ったランニングラインを巻きとろうとリールを巻き始めたら『フッ・・・』 「ウソ~?バレた~~~」
重量感と首振りの感じからして最低50cmってところでしょう。
その直前にたまたまフックを研いでも掛からなかったんだから不運でした。

その後移動して朝イチには入ったランへ。
ここには絶対いると思ったので朝イチは手前狙いだったけど、ラインを変えて少し流芯狙いに。
「ここいいな~」と思ってた時『グ、ゴン!』 とキタのにそれっきり・・・。
フックも新品に取り換えたばかりだったのに。

昼飯もそこそこにアチコチ移動を繰り返し流すも何にもナシ!

殖産の気になる大物ポイントを一か所だけ流しにも行ったけど何にもナシ!

桜がキレイだったけどオレの心は真っ暗です(笑)
c0157482_10460445.jpg
↑暖かそうな写真だけど寒いんです。

その後、もう一度バラしたポイントに入って手を変え品を変えてようやく小ニジが一つ。
c0157482_11073204.jpg
もう相変わらずギリギリのデコ回避っすよ(〃´o`)=3<
メチャクチャ寒かったのですが、不完全燃焼なオレはそのままイブニングも(笑)

ダウンジャケットを着こみ川へ向かうとなんとしょぼい感じのライズが二つ!
この寒さじゃ絶対ライズしてないと思ったのに。

まずは手前のライズ。
一撃で食わせるもフッキング出来ず・・・。
でも小さいかな?

奥のライズ。
こちらも一撃で食わせました。
フッキングして水面で『ドバドバ!』としてファイト突入。しょぼいライズがあらまぁいいサイズ!
リールのドラグを締め、しばらく耐えていたらフックオフ・・・。
50半ば位かな~?

その後は当然シ~ンとしたまんま(笑)


とにかく昨日は厳しかったです。
ここまで厳しいのはしばらくぶりです。
濁り・寒さ・向かい風の強風。悪条件がきれいにそろってしまいました。
釣り人も三川合流から殖産大原橋までNさんの他に一人見ただけ。
それでも何とかなると思ってやりましたが、昼を過ぎても寒くなる一方。おそらく朝より午後の方が冷たかった気がします。
なので朝の支流やイブニングはおまけとしても、午前中の本流でのバラシをモノに出来なかったのが敗因です。

一昨年からずっと大物にターゲットを絞って試行錯誤してきました。
その甲斐あって昨年位から大きい50cmクラス以上の魚がそれまでと比較したら頻繁にかかるようになってきましたが、その反面小さい魚があまり釣れなくなってきました。
特に今年に入ってメインで使ってるフライを変えてからはその傾向が顕著です。
もちろんそれはそれで大いに結構なのですが、小物からの反応でその日の傾向を掴めることもあるので難しいところです。

それでも昨日のように厳しい状況の中でもいいサイズからのコンタクトがあるので、魚からの反応ではなくその日の状況から傾向を徐々に掴めるようにはなってきたのかな?と感じてます。
理想は釣り開始前に《川の雰囲気を肌で感じて》傾向を読むことなので少しは上手くいってるのかな~?



変わって朝の利根川。
c0157482_11084414.jpg
先週4/7の朝。57cmでした。

行って開始したら結構雨が降ってきました。
「こりゃ釣れるな!」と思い移動して直ぐ。
ジャンプしまくりで1m位の高さまで飛んだのは久々でした。ファイトと見た目からしてたぶん昨年末放流のハコスチじゃないかな~?
今となってはごちゃ混ぜで分からないけど。
パンパンで体高もあったんで結構手こずりました(^^;

ちなみにこの日もアタリはこれだけ。小物のアタリすらありませんでした。。。

[PR]
by camelhd | 2016-04-12 12:16 | 犀川 | Comments(6)

犀川(今年8回目)

え~、ついに4週連チャンです・・・。

犀川までの道のりが近く感じる今日この頃。

今回は犀川漁協・殖産とモーニング~イブニングまでガッツリやってやろうかと(笑)
そのハードな釣行の道づれ(生け贄?)はMYSTさん。

まだ真っ暗なうちに現地着。
空が明るみ始めたタイミングで準備開始。周りが見え始めて釣り開始。

流石にモーニングは早いのか何にもありませんでした・・・。

いい時間に期待のランへGO。
ここ最近、そこへ入れば必ず何かしらアタリがあったんですが、二人で丁寧に流したにも関わらず何もナシ・・・。

こりゃ今日はおかしいのか???

もう一つ手堅い?ランに。

核心部では小物のアタリが一つ。
もうダメかな?ってところで『クンクン・・・・・グ、グ、ギギギギ~~~~~!!!!!!』
小さいアタリからいきなりのダッシュ!
ところが手前にスルスル寄ってきます。
「???30cmくらいなの?」 と思ったらまた『ギギギギギ~~~~~!!!!!!』 とパーフェクトが鳴りやみません。

「いやいやデカイじゃん(笑)」 何度も走られるし重量感もなかなか。手前に来てからの粘りが凄い。
それどころか時折見えるその魚体。銀々のブッといレインボー!
「こいつはバラシたくない」なんてドキドキしながらなんとかネットイン。

そしていきなりこんな写真をドン(笑)
c0157482_10501397.jpg
凄いでしょ!?
c0157482_10492345.jpg
全長51cmに対して体高がなんと16cm。そりゃ粘るワケだ(笑)
この戦闘機の翼のように尖りまくった全てのヒレ!もうタマリマセン♪

ここ最近ブラウンばかりだったので久々にレインボー釣った気が。
しかも犀川でこんないいレインボーはあれ以来かな?
c0157482_10500409.jpg
MYSTさんに水中写真も撮ってもらいました。
各ヒレがほんのりピンク色なのが分かります? いいレインボーはこれがキレイなんですよね~。
ドクリアーな本流も水中を覗けば結構色がついてるんですよね。
とにかく文句無しのキレイでいいレインボーでした♪


その後はアチコチ回ります。
昼頃には場所によってはこんなのも大量に・・・
c0157482_10504750.jpg
フラットな流れのあちこちでライズしてます。
そのライズにそそのかされ、小さめなウェットで表層を流すもウグイ?がかかっただけ。
水面を流れるダンを食ってる時ってウェットは絶対効かないですよね~。
時折いいサイズもライズしてるんだけど・・・。


ここのところ上だけだったけど今日は殖産も。
c0157482_10504158.jpg
上はクリアーだったけど殖産は色がついてます。
とはいえ、ちょうどイイ位かな~? 釣れなかったけど(笑)
釣り人は犀川漁協より殖産の方が多い感じ。
c0157482_10493846.jpg
犀川漁協はクリアー。けど人は全然見ませんでした。ルアーマンを一人見ただけ。相変わらず川鵜は多かったけど・・・。

基本反応は薄かったです。ただ昨日もそうでしたが、イイサイズのレインボーが時折釣れるようになってきたようです。
昨日は小物のアタリが数回あっただけで、それすら追い食いしてくる感じもなくヤル気のなさを感じさせます。
ここのところずっとそんな感じなので、暖かくなってきたとはいえ決して簡単じゃありません。
フライもウェットなのかストリーマーなのか迷う季節。中途半端な時期でもあります。

もうチョイすれば流芯の表層でガツンと食ってくる季節になるのですが・・・。
待ち通しいですね~(^^;

[PR]
by camelhd | 2016-04-06 13:36 | 犀川 | Comments(8)

ロッドインプレッション スコットT3H

ここのところずっと使ってたスコットのツーハンド。

ことの発端はスコットの正規取扱店でもあるアクロポリスさんとの話の中でオレが「スコットのツーハンドって振ったこともなけりゃ見たこともないんですよね~」って話をしたら、「マーベリックにデモロッドがありますよ。聞かないと分からないけどダブルハンドもたぶん?あると思うから(笑)、もしあれば好きなの借りますよ!」 と仰っていただき、お言葉に甘えて気になるスペック3本をお借りしました。

スコットのツーハンドは現在3シリーズ。
・T3H
・T2H
・ラディアン

今回はT3Hをお借りしました。何故かって? どうせ振るなら一番高いのをって思ったから(笑)

で、ロッドを受け取りに行ったらアクロポリスさんが「釣り竿なんだから振るだけじゃなく実際に釣ってみて下さい。振るだけじゃ分からないこと沢山ですから。」と・・・。

今までツーハンドの試投はライン通して川原で振るのが普通と思ってました。
しかし釣りしてもいいならガッツリと使って試してみようと(^^)

今回お借りしたのはこの3本。
c0157482_11321908.jpg
上から・・・
・13’6”の#7  ・12’8”の#6  ・10’6”の#4

まず最初に使ったのは12,8ftの#6
ウェーディングして振った最初の感想はバットが強い。
ライン通さず素振りするとグリップの中も曲がって良さそうですが、ラインを通すと曲がりが浅く感じます(たぶんガイド位置の影響かな?)。 普段軽めのラインを乗せてるオレとしては尚更そう感じます。
なのでキャスティングが少しシビアに感じます。スイートスポットが狭い感じ?
ですが、1番・2番・3番の曲がりは秀逸です!
当初「フッキング良さそうな竿だな~」って思ってましたが、良さそうどころじゃありません!
特にティップ。魚のアタリにしっかり追従するというのか?
魚のアタリに応じてロッドティップが吸いつく感じ。だけど吸いついたら離れないみたいな。この感覚は初めての感覚です。
おかげでこの魚は自信を持ってフッキング出来ました。
c0157482_09243750.jpg
このロッド、合うラインが決して多くはないであろうものの、使いこなせればメチャクチャ戦闘力の高いロッドです。慣れれば番手以上の遠投もやすやすと出来ます。持ち重りもなく軽くて扱いやすいので、アチコチ釣り歩くようなある程度の経験がある人で通常の水位ならコレ1本でどこでもOKでしょう。
しかし初心者にはオススメしません。あくまで玄人好みな感じがします。
個人的には大好きです♪




次に使ったのは10,6ftの#4

こちらは利根川で使用。
手持ちにはないスペックで気になってた竿です。スペックだけ見るとスイッチロッドかと思いきや、本国HPを見るとどうやられっきとしたツーハンド。スイッチロッドとしてメーカーが称しているのはT2Hシリーズの低番手ロッドのようです。
似たスペックですが、グリップ形状が違います。T3Hはリアグリップが長いです。

で、ラインをコマンドヘッドの225grを乗せてみたら、まぁ気持ちイイ(笑)
10,6ftのくせにしっかり飛びます。曲がり方も上から下まで凄くスムース。
自作ヘッドの6,5m19gのヘッドも気持ち良く飛びます。
いつものKⅡのコネコよりも明らかに一番手くらい下の感じ。
気になってたのはバットの強さ。
こういった低番手のロッド。大型魚と対峙するとバットパワーに欠けていて最後のネットインが出来ないってのがほとんどです。オレがスイッチロッドを嫌いな大きな理由の一つでもあります。
他にも特に国内スイッチロッドは両手で振るにしてもオーバーヘッドかスペイかどっちかが良くてどっちかがダメってのが多いですが、これは両方気持ちイイです。って言うかスペック以上の飛びを見せてくれます。

試投中(試釣中?)におあつらえ向きの大型箱スチをかけました。
c0157482_16531284.jpg
途中何度か「ウィ~~~ン」とラインを引き出される程の強い魚でしたが、試しにある程度流れのある所でネットインを試みると、すんなり寄せれて楽にネットイン。
これには驚きました!
その翌日も粘り強い魚でしたが、難なくキャッチ。
c0157482_16532017.jpg
実は今朝も(笑)
c0157482_09091046.jpg
なんと62cm!!! 体高16cm。たぶん3,5kgくらいの魚だと思います。
割りと早い流れでかけました。下られちゃうかな?と覚悟しましたが、最終的にはこの重量ある魚をしっかりと止めてくれました。
ネットインの時の最後の寄せも全く問題なし。

ティップのアタリに対する吸いつき具合?は上記の12,8ftの#6には敵わないですが、そのぶんロッドの先端~中間にかけてアタリに吸いついてくれる感じ。
これ非常にいい竿です! オレのロッド購入条件である『ロッドの性能+α』が確実にあります。
ぶっちゃけ今すぐにでも欲しいです!!! そのうちオレが持っていても笑わないでね(笑)



最後に13,6ftの#7

いつものKⅡの13ft #6/7と似てるスペックでは?と思い、気になってました。
同じラインを乗せて振ったら『ズド~ン』と飛んでくトルクあるロッド。って言うか投げていてメチャクチャ気持ちいいです。
しかもアクションはKⅡ13ftの#6/7とそっくり! 
なので全く違和感なく使えます。若干KⅡの13ftより全体が均一に強い感じでしょうか?
KⅡ13ftが#6/7に対し、このスコット13,6ftは#7。正にそんな感じの強さ具合。
曲がり具合も素直でどちらかと言うとバットが強めですが、KⅡのように強くてもちゃんと曲がる感覚。
前回の犀川で初めて使いましたが、ホント同じようなアクションなので非常に使いやすく感じました。

で、あの魚を釣ってしまったワケですが・・・
c0157482_15455052.jpg
番手的にもちろんパワーは申し分ありません。かけた直後も早い流れからキッチリと連れ戻せました。魚の動きに対しても常にプレッシャーをかけ続けていたわけですが、今思えば上手くトルクをかけやすい感じがしたのを思い出します。
って言うのもあの時はそんな余裕ありませんでしたから(笑)

上記したようにキャスト時にバットが強いけどしっかり曲がる感覚が、魚とのやりとりでも発揮されてるんだと思います。要は浅い曲がりでもしっかり強いプレッシャーを掛けられるってこと。もちろん深い曲がりなら尚更しっかりとです。

アタリに対するティップの感じですが、やはりそこは秀逸過ぎる#6には及びません。
しかしなかなかイイ線いってます。ロッド自体が若干強いぶん、そこまではわずかに及ばないって感じでしょうか?
溺愛してるKⅡ13ftに似てるだけあってかなりトータルバランスに優れたロッドです。
犀川・利根川・魚野川等のレインボー、九頭竜川などのサクラマス、これ一本あればどこ行っても困らないでしょう。
このレベルで仕上がってるロッドってそうはないと思います。これも性能+αのあるロッドです。



と3本個別にインプレッションしてみましたが、3本並べるとこんな感じ。
c0157482_16044234.jpg
グリップの長さは#6と#7で同じ。

しかしスコットらしくグリップ上部のクルク部にエポキシ塗装。手書きのカッコいいレタリング。リールシートも決して緩んでこないでしっとり締まる感じ(これ個人的に意外と良かった点)。
ハーフサンドのブランクもイイ感じ♪

何だかんだ見た目がカッコイイです! 流石スコットと言うべきでしょうか。

当然スコットですからお値段が・・・
でもスコットは生涯保障なんですよね。

以前一緒に山岳渓流にNariさんと行った際、帰りにアクシデントでスコットの4pが折れてしまいました。しかも竿袋に入れたままだったんで4pが8pに(笑)
流石にコレはどうよ?って思っていたら、何と新品に蘇って帰ってきました!
もちろん生涯保障適用です。それ聞いてスコットも高くないんだな~って思いました。
正規輸入代理店のマーベリックも信頼出来るのでいざって時は安心ですね。

某社は1度の破損で数か所以上は有償とかの噂も聞いたことあります。ホントかどうか知りませんが。



3本に共通する性能として高反発を感じました。ロッドのしなやかさを使いDループで溜めたパワーを、ロッドを前に振り出した際に早い段階でキャストが終了する感じ。
だけどそういうロッドって大概フッキングに難ありなんです。そんなロッドいくらでもあります。陸の上でウェーディングもせずに投げてテストしてるだけで、ロクに魚も釣ってないで販売しちゃうんでしょうね~。イイと思っても実際魚をかけてみないと分からない事って結構あると思うんですよね。例えどんな凄い人が作った竿でも。
しかしスコットは上手く両立させてます。何がイイんだか分かりませんがフッキング性能はかなりのものです。

ちなみにその後のやりとりで『バレる・バレない』は個人的にどの竿も同じと思ってます。
バレやすいとかバレにくいってのは竿の性能とは違うと思ってるからです。
よっぽど投げられない程に一つも曲がらない棒のようなものでもなければ、そこは変わらないと思ってます。
しかしウェットの釣りにおいてロッドの持つフッキング性能は非常に重要です!
釣りに使うならフッキング性能にも重きを置いてロッドチョイスすべきです。


とまぁ好き勝手に釣って書いてみましたが(笑)
いつも同じ竿ばかりで釣りしてますが、たまに違う竿を使うのも非常に勉強になりました。
今回ホントに竿は釣りに使ってみてナンボだと痛感しました。恐らく川原で試し振りした位じゃ、この3本の真価は分からなかったと思います。
今後は試し振りならぬ試し釣り?をしてからじゃないと竿を購入する気になれないくらい。
メーカーやショップさんもそうしてくれると、消費者としては嬉しいですよね。高~い買い物なんですから。

みなさんも決してネット通販で振ったこともない竿を買ってはいけないですよ。お金持ちの方以外は(笑) 自分の釣りスタイルを理解している方からのアドバイスは大いに役立つと思いますが、いくら口コミや販売店で「軽く○○mの飛距離!」なんて書いてあっても使うのは自分。
本気で迷ったり悩んでいるならば必ず試してから買いましょう。全うなロッドメーカーなら言えば貸出くらいはしてくれるでしょう。
人気で常時デモロッド貸し出し中なんて時は仕方ないけど・・・



今回ジャンルは少々違いますが真の釣り人だからこそ、その辺のことを理解しているアクロポリスさんのお言葉とご厚意に感謝ですm(__)m
さらにマーベリックさんもありがとうございました。

[PR]
by camelhd | 2016-04-01 11:39 | Fly Fishing | Comments(6)