群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野釣りブログ

最新のコメント

石原さん、また機会があり..
by camelhd at 22:04
もう満員御礼!はやいです..
by 石原 at 20:43
uonokawaspey..
by camelhd at 16:27
石原さん、こんにちは。 ..
by camelhd at 16:25
武さん、はじめまして。 ..
by camelhd at 16:22

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

号外!


いつもの仲間のバイク屋さんが初めて九頭竜川にチャレンジ。
で、初九頭竜にして初のサクラマスをキャッチ!
c0157482_10563600.jpg
いや~、仲間内から快挙!ホント嬉しいです!
聞いた時には自分のことのように興奮しました(笑)

シーライス付きのフレッシュランだそうです。
フライで釣果の出やすいGW頃の魚と違って、この時期ならではの銀ピカパンパンなサクラマスですよね!
これぞサクラマスって感じの見事な魚。

c0157482_10560255.jpg
行く前日に会って「明日・明後日辺りは絶対釣れるから!」 とその気にさせて送り出したもののホントに釣っちゃうとは(笑)


どうに釣れたか聞いたら、○○な感じだったからいつもの○○なフライ使って○○したら釣れたと。いつもの利根や犀川で本人が釣ってるシチュエーションと全く同じ。この人の得意パターンです。
写真見てもフライは写ってないけどこのブログでよく見るロッドとラインでしょ?違うのはティペットの太さくらいなんじゃ?

サクラマスだから特別な釣り方や特別なフライってワケじゃないんだと思ってます。
その辺のことを前日にバイク屋さんと話をしてました。サクラもニジも同じ本流の魚なんだと。本人は覚えていてやったかどうか知らないけど(笑)
オレの周りでも本流でよく釣る人はサクラマスもしっかり釣るし、サクラマスをよく釣る人はたまに犀川なんか行ってもしっかり釣りますから。

そういう意味でも釣ってしかるべき人が釣った感じです。決して初九頭竜でラッキーにもサクっと釣ったのではないのです。利根や犀川で鍛えたきちんとした実力と釣り感を持っていたからこそ初めてでも釣れたんだと。

まぁ要は釣る人はどこ行っても釣るってことですよ(笑)

ホントおめでとう!!!!!


※次回予告
最近使ってたスコットロッドのインプレッションを。
記事は先週とっくに書いてあるんで明日か明後日あたりにでも♪

[PR]
by camelhd | 2016-03-30 12:22 | 九頭竜川 | Comments(8)

犀川(今年7回目)

ど~しても確かめたい犀川のポイントが3ヵ所あるんです。

底流れはどんな感じなのか?

今は釣れなくてもアソコなら魚が付くんじゃないか?

気になって夜も眠れずご飯も喉を通りません(嘘)。

気がついたら・・・
c0157482_09190729.jpg
川鵜よりも早く川に到着(笑)

先週より水量が落ちてるので狙いやすいです。しかしそれはみんな一緒なんでしょう。
全く反応ありません。

確かめたかった気になるポイントでやっと小物の1アタリ。

春めいて雰囲気はいいのですが・・・
c0157482_09260409.jpg
ハチが花粉を求めてブンブン飛びまわってます。
c0157482_09261020.jpg
気温も上がってすっかり春な感じ。
それに反して反応無さ過ぎ・・・。

いきなり朝から歩きまわってるんでちょっと早めにお昼休憩。
c0157482_09255180.jpg
と言っても今のオレに休んでる余裕なんぞこれっぽっちもないので、さっさとお湯を沸かし、さっさとかっ食らって出発(笑)

午後も小物のアタリすらありません。

某ランでようやく50位の何かをかけますが5秒くらいのファイトでサヨナラ・・・

その後ようやく小ニジをキャッチ。
ウェーディングしていて岸に戻るのもメンドクサかったんで、手持ち写真を撮ろうと小ニジを持ってカメラを出す間に逃走。

夕方、温存しといたランの狙いのピンスポットで50位のをかけますが、これまた5秒くらいで瞬殺(T_T)

小ニジのアタリもありましたがのらず。



まぁ悔しくて仕方ないのでイブニングにまで突入。
今季初のイブニングでしたが、例年今頃から釣れ出すって頭があったんでシングルを一応持っていきました。

で暗くなった頃にポイント到着。
着いて川を見たらライズしてるじゃないですか!
この時期なんでライズしてる時間はまだ短いはず。焦って準備します。
ところが全く無視。相変わらずイブニングの釣りは下手クソなオレ(笑)

それでも粘ってようやくフッキング。
メチャクチャよくヒキました(^^;
c0157482_09261856.jpg
一瞬銀ピカで斑点も少ないからニジ?って思いましたが、ブラウンでした。
サイズを測ってみたら50cmを数cm超える位。ライトも落っことしそうになったりで正確には測れませんでした。

これで満足したんですが、この後・・・

恥ずかしながら切られました。しかも0xを。
実は切られたのは初めてなんです。
鮭釣りや冬季釣り場でティペット使い回して切られたことってあるんですが、意外かもしれませんがそれ以外では1度も切られたことってなかったんです。
普段はフロロ使ってるんですが、フローティングの釣りなんでナイロンリーダー&ナイロンティペットにしてました。
恐らくドロッパーを丸のみ的なアタリ方と食い方だったんで結び目辺りを歯でやられたのかな?と
焦って準備したのも良くなかったんでしょう。ナイロンに慣れてないのもあったでしょう。
この時に限っていつもとは違う結び方をしてしまいました。決して強くない結びってことを知ってはいましたし、結束部を切られたのかどうかも分かりませんが、まさかそんなサイズがくるとは・・・。

10分位やりとりして最後の寄せに入ったところだったんで凄くショックでした。
前回の70cmより遙かに太かったし重量感もあったので悔やみきれません。
何より切られたってのが100%自分のせいなので尚更です。

でもまぁ、普段あまりやらないイブニングの釣りってのが凄く勉強になりました!
おかげで次回からはミスなく行けそうな気が???

あっ、他にも40cm位のレインボー釣ったんですが、そんなん頭の中からスッカリ飛んでます(笑)

今や70cmを釣った喜びよりも切られた魚の方が印象深く心に刻み込まれてしまいした・・・。


[PR]
by camelhd | 2016-03-29 13:29 | 犀川 | Comments(6)

犀川(今年6回目)

え~、2週連チャンです。

今週月曜日は祭日だったのですが、行きたくて仕方無かったので(笑)

理由は3つあって・・・
①祭日の釣り人が多い中でも釣ってみたい。
②前回見つけた2つのスポットを釣ってみたい。
③川鵜より早く入りたい(笑)

ってことで先週より20分早く家を出発。
祭日の国道18号はトラックも少なくて快適です。高速使うのとそう変わらない時間で到着。
薄暗い中、支度してさっさと川原に。

当たり前ですが川鵜はいません。
まだ光量が少なかったんですがとりあえず開始。

時々飛んでくる川鵜にグルグルと腕を回して人間をアピール。
驚いて急上昇していきます。

いよいよ核心部。
川鵜も入ってないので「絶対釣れる!」って意気込んでましたが、なんとアタリなし!

ちなみに先週より水位は10cm上昇。前回ギリギリでウェーディング出来た所が入れません。

その後も一人果敢に瀬を切り歩きキャストしまくるもののアタリ無し・・・。

前日・前々日情報でいい話しを頂いてるだけにかなりアセリます(笑)

ここで覚悟を決めました。
とにかくランガン。ダメな時はこれしかありません。

車で行けるとこまで突っ込み、ひたすら歩きます。ここは人がやらないって所も躊躇せず。

それでも昼前に小物のアタリがやっと1回。ちょっと嬉しかったですw

この時点で昼飯抜きと決断(笑)

当然そんな状況と精神状態ですから今回、川の写真はありません。
ご了承くださいm(__)m

さらに歩いて前回見つけたスポットへ。

ここでも小物の明確なアタリが1回。

そのまま10~15m下って怪しい沈み石を岸際近くに発見。
流速も水深も申し分ないピンポイント。

ラインがスイングし終わる頃にその沈み石の前をフライが通過。
とその時、何となく違和感を感じました。直後ティップが『グッ!』っと抑え込まれます。
同時にロッドに凄い重みがかかって勝手にフッキング。

ボトム辺りでゴンゴンとロッドを絞りこんできます。「デカイ? 流れが早いからか?」と50半ばを想像した次の瞬間・・・『ギギギギ~~~~~~!!!!!』 っと一気に走られました。
下られたくない場所だったので止めようとしたけど止まりません。
しかし幸い長くは走りませんでしたが、走りと重量感からしてただ者ではないと認識。

何とか最初フッキングさせた所まで寄せてきます。
この時点で長く走り続ける感じでもないのでブラウンだと思いました。
しかし気になるのはそのサイズ。魚を見たくても全く浮いてきません。それでも「ここで焦ったらダメだ。プレッシャーをかけ続けつつ持久戦覚悟でいくべ!」っと腹をくくります。

ようやくヘッドがロッドに入るとこまで寄せたのですが、それでも浮く気配がありません。
それどころかグイグイ流芯に逃げ込みます。
その時クリアーな水中で一瞬見えた大きな魚体! 「うわっ!見たこと無い大きさのブラウン!」

そこは岸からいきなり腰位の水深だしズリ上げる場所もありません。
寄せてはきてるのですが、流れも早いし50位ならなんとかネットイン出来そうだけど、この重い魚体じゃ絶対不可能。

下流はもうガンガンになるし下れる感じじゃないので上流に行くしかありません。
自分もウェーディングしながら、だましだまし魚を上流に移動します。その間も流芯に突っ込まれること数回。こっちの腕ももうパンパン。
40~50m程上流まで来てようやくネットイン出来そうな場所へ到着。
早い流れの中をプレッシャーかけながらここまで連れてきたにも関わらずまだ粘ります。

やっと浮かせてネットインの瞬間。「デカイ!入るか?」と一瞬怯みましたが、ここで怖気づいたら負け。一気に勝負して一発でネットイン!



「オッシャ~~~!!!」


c0157482_13281224.jpg
どうですか!? このデカさ!  
すぐに震える手で4~5回測り直してみてキッチリ70cm。
c0157482_22303807.jpg
しかもこの時点ですでに針が外れてました・・・。
c0157482_15472642.jpg
危なかったけど念願だったナナマル超えです。まるで日本じゃないみたい。
写真じゃ分かりにくいけど丸太のような体型。イトウのようです。
おそらくファイト時間は10分以上。
あまり時間をかけないオレとしては最長時間かも。
c0157482_16112409.jpg
この大型ブラウン特融のうちわ状の尾ビレ。
ちなみにリールはパーフェクトの3-7/8。
c0157482_15475663.jpg
↑長いでしょ?背後のロッドと比べてみて下さい。

↑リリース動画。しばらく石裏に定位してから勢いよく帰って行きました。



この後、数人にメールして多くの方々から祝福頂きありがとうございましたm(__)m

昼飯抜きの予定でしたが、これで落ち着いてお昼が食べられます(笑)
ちょうど地元の長野のTさん、Nさんの2人と愛知のIさんで合流して情報交換がてらお昼休憩。

いろいろ話も盛り上がり時間も押してしまいましたが、午後の部再開。

午後は長野のTさんが一緒について釣りすることに。
このTさん、以前も一緒についてもらって釣りしましたが凄いんです。
Tさんがそばにいてもらうと何故かメチャクチャ多くのアタリが(笑)

で、気になってた某所。
午後は下流からの風も強く遠投もできません。
向かい風の強風なので丁寧に投げます。

開始5投目くらいでした。
Tさんと話しながら釣りしてたら『ギ~、ギギ~!』 「キタ!」
Tさんは「いきなり~!?」と笑ってます。

ところがこいつも強い!さすがに昼の70cmほどの重量感はないですが、フッキング直後は『ゴンゴンゴン』と激しく首振り。
レインボーかと思いきや寄せた瞬間水面直下で黄色っぽい尾ビレが。

簡単なやりとりじゃなかったけどなんとかネットイン。
c0157482_16382270.jpg
またまたいいサイズ。50後半くらいかと思って計測したら62cm!
さっきのナナマルでサイズ感覚麻痺してます(笑)
c0157482_16383710.jpg
今度は口の中に針が外れない位にガッチリ。Tさんに写真も動画も撮って頂きました♪



たぶん釣れたのはTさんが隣にいたから(笑)


いや~、こんなことがあってもいいんでしょうか?

今までブラウンの自己記録は62cm。それが一日で自己記録タイとそれをさらに上回る70cm。
しかし他はとにかく渋かったんです。
午後はともかく午前中は死ぬほど歩きまわって休む間もなく釣りしたけど、この2本以外に明確なアタリは小物の小さいアタリが3回。

確かに一日中寒かったけどそれだけが原因かとは思えない。それなのに大型&徳大が釣れた。
全くもって理解不能っす・・・。





ちなみに利根川。
これは3/18 6時半頃。
c0157482_16531284.jpg
実は友人Sさんが釣った魚と同じ魚(笑) なのでハコスチ。55cmくらい?

その翌日。やはり6時半頃。
c0157482_16532017.jpg
群漁の監視員の方と川を挟んで話をしてる最中に(笑)  50cm弱?


ちなみにブラウンの70cm・62cm、レインボーの上記2本、全部同じ一つのフライ。
ちょっと前に魚に壊されケチってバイスも使わずフリーハンド?で再生させたリビルド品(笑)

[PR]
by camelhd | 2016-03-22 17:07 | 犀川 | Comments(10)

犀川(今年5回目)

長野県は雪予報が出ていた昨日の月曜日。

「峠越えるのが不安だな~。」って思ってたんですが、雪の日は釣れる!って思ってるだけに、今年雪が降るのはラストチャンス???なんて考えたら止まらなくなっちゃって・・・。
午前中しか出来ない日でしたが行っちゃいました♪
c0157482_09092748.jpg
↑帰りの三才山峠の写真ですが、往路も雪は降ってるものの道路に積もる感じじゃありませんでした。

ちょっと早く着いて、雪が降ってて明るくなるのが遅ので時間を潰しながら十分に明るくなるのを待ってから川へGO。
思えばこれが失敗でした。


目当てのランは一年ぶり。
川原を歩いて流れに到着すると既にカワウが・・・。しかも数匹。

うかつでした。最盛期の利根ならカワウを想定して薄暗い時間に川に立つのですが、まさか犀川にこれだけいるとは。

移動するのも面倒なのでカワウが入っていないランの頭辺りを流し始めます。

しばらく流すといきなり『ドン! ギギ~~~~』
フッキングしてロッドをためるとかなりのサイズ。
しかしゴンゴン首を振られたところでフックオフ・・・。

回収した針には口の中の薄皮が。おそらく表面だけを針が付きぬけたのでしょう。
いいサイズだっただけに悔やまれます。

再開して下りますがまだカワウが入ってます。グルグル腕を回して追い払うとやっと飛び立っていきました。
さっきまでカワウがいた辺りで『コココン』っときましたがのらず。
次のキャストで同じ辺りを流すと『ゴン! ゴゴゴ!』っと来てフッキング。

大きくなさそうだけど早い流れの中をいいファイト。近くに来ても粘ります。
上手くネットインしたと思ったら針が外れました。
アブネ~(笑)
c0157482_09243750.jpg
銀ピカヒレピンのレインボー。めちゃくちゃキレイで鱗も落ちるくらい。
朝イチに釣れるって気持ちイイですね~♪

で、この写真を撮って再開するとまたもやカワウが(笑)
完全に諦めますが、川の様子を知りたかったので大雑把に流してから移動。

2ヶ所目。ここも気になっていた所。
前回来た際も入ったけど何もなかったんでイイ時間に入りたいと思ってました。
開始早々、早い流れをスイング中に。
c0157482_09295402.jpg
小さいけど銀ピカヒレピン小ニジちゃん。

リリースして再開して10分後にも同じようなのを追加。


ここまで2流しで4アタリ3キャッチ。やはり雪の日は釣れるんでしょうか?
朝から結構降っていて止む気配はありません。
c0157482_09094135.jpg
その後前回良かった所やダメな所を流すもアタリなし。

途中でgnndtさん兄弟と遭遇。その時点では2人で一本とのことでしたが、その一本がまあスバラシイこと(笑)
詳しくはgnndtさんのブログで!

その後、朝イチに釣ったランに入り直しますが、相変わらず川鵜が・・・。

とりあえず釣れたはいるので、まだ今年は行ってないランを回ります。
ところが三川合流より上流に行ってみたら何だか濁りが???

時間もないのでそのまま流しますが、何事も無く昼過ぎ辺りには終了~。


反応が良かったのは朝だけでした。
一日を通して手がかじかむような寒い日でしたが、朝イチの反応は良かったです。
ただ川鵜を想定していなかったのが大きな敗因でした。核心部じゃないとこで釣れたんだから、川鵜がいない状態で核心部を流せたらもっと釣れたのかな?と・・・。

生坂ダム湖湖畔に相当数の川鵜の巣があります。
3年前くらいと比べるとその数もかなり増えてますし、若い川鵜の個体が目立ちますね。
しかも利根川の川鵜と比べて明らかに人間との距離感が近いです。
人間と川鵜の間合いと言うんでしょうか?
犀川の川鵜はある程度の距離でも逃げていきませんでした。
(ちなみに知る限り一番間合いが近いのは丸沼の川鵜)
利根川は群漁の監視員の方々がマメにロケット花火等で川鵜撃退しているのがかなり効いているのかもしれません。
利根川は釣り人がいれば着水してこないものの、犀川はお構いなしで着水してきました。


帰り道に奈良井と梓の合流を見たら・・・
c0157482_09093402.jpg
ガードレールの下にちょっと写ってるのが奈良井川。クリアーです。
奥の白っぽい流れが梓川。普段ドクリアーな流れが色濃くなってます。田沢橋あたりで膝下が見えないくらいでした。



そうそう、気がついた方もいるでしょうがロッドがいつもと違います(笑)
こちらについては後ほどインプレッションを♪

[PR]
by camelhd | 2016-03-15 10:00 | 犀川 | Comments(10)

利根川ハコスチ&犀川(今年4回目)

3月になってあちこち解禁となって本格的にスタートです。

今年は群漁で好評だったハコスチをいつもの放流の前にプラスして放流してくれました。
嬉しいことです。ありがとうございますm(__)m

放流翌朝に行きましたがいいアタリだけでのせられませんでした。
その翌朝も行ったけどアタリなし。
放流から日曜日までフライの仲間内で釣れたの2匹。

水量が増えて難しくなってるとは言え、何だか渋いようです。


で、月曜日。気合いを入れて行ってみました。
この日はなんと仲間内だけで8人も(笑)

「こんだけいれば誰かが釣れるだろ?」って思ってましたが、誰も釣れません。アタリもないくらい。
全然釣れないまま皆でお昼を食べに行って、午後の部開始。

しばらくしたらバイク屋さんがついにヒット! しかしネットまで出したところでバラシ・・・。

その20分後くらい。
浅く早い流れを流していたら「モゾモゾ・・・グ~!」っときてフッキング。
早い流れなので全く寄ってきません。それどころか突然のダッシュで『ギギギ~~~~~』っとラインを出されます。
しばらくやりとりして「針穴広がりそう・・・」と心配してましたが無事キャッチ。
でもネットインの瞬間、針外れました。
c0157482_12292740.jpg
今回はオスの箱スチの放流だったのでオスです。
サイズは測らなかったけど55位かな?
流石にいいヒキしてくれました♪

この日は一日やりましたが、目についたのが釣りのゴミの多さ!
c0157482_12294240.jpg
冬季釣り場管理棟下だけでざっと目についたものを拾っただけでこんなにも。
根がかりではなく明らかに故意に捨てた糸がほとんど。他にもラインのパッケージや餌の箱を拾いました。

写真を見れば分かると思いますが、ここ最近の糸とゴミですよね。
たった1回の放流でこんなにものゴミが出るんです。これからまだ4回の放流があって多くの人出が予想されます。
本流なんで生活ゴミは多少仕方ない面もありますが、釣り人が釣りのゴミを捨てるのは許せません。
捨てないのは当たり前。皆さんも見かけたら拾うクセをつけましょう!




火曜日はバイク屋さんと犀川へ。
c0157482_12442967.jpg
朝イチ&朝2にポイント選択を完全にミス(笑)
貴重な時合いをみすみす逃します。

おかげで朝から難しい展開に。バイク屋さんはその後に大きそうな魚のアタリがあったもののフッキング出来ず。
オレなんぞはアタリもありません・・・。

昔一度入ったきりのポイント。
小さな核心部を流します。ゴミや草の流下も多く、時折ひっかかります。
その時も『グ・・・』 「ん???草???」と思ったら・・・
『ギ、ギギ~~~~』と来てフッキング。
大きくなさそうだけど貴重なこの日最初のコンタクト。慎重にネットイン。
c0157482_12521054.jpg
犀川らしいキレイな一匹でした。


移動してメインのポイントをバイク屋さん。オレは下流に歩いて探索がてら釣り開始。
良さげな所で小物の1アタリ。

さらに歩いた所で気になるポイント発見。
そこは緩い流れなんで、いるならココだろうって所へスイングさせると突然『ズドン!』っと引っ手繰られました!
すぐに水面直下で大きくギランギランとローリング。「デカイ!」
そして間髪入れず物凄い突っ込み。『ギギ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~』
っと久々に聞く、止まりそうにないパーフェクトの長い唸り声。
「60くらいか?こいつはバラシたくない!」と思いながらファイトしますが一向に寄る気配がありません。
遠くでドボ~ンと横っ飛び。「???そんなデカくない?遠いから?」
何度もドラグを鳴らし手前に寄せると太い魚だけど50位。
それでもなかなか寄せられずようやくネットイン。
c0157482_14225242.jpg
銀ピカヒレピンの奇麗なレインボー。しかしサイズは50cmもありませんでした(笑)
それでも写真じゃ分かりづらいですが、体高もあってそれは見事なプロポーション。
もし『センチ辺りのファイトの強さ』って割合があったとしたら間違いなく過去最高のファイターです。
c0157482_14232278.jpg
この銀色具合タマリマセンよね~。
水面直下でギランギランした時は九頭竜川のサクラマスが頭によぎりましたもん。
尖ったヒレ・銀ピカボディー・ネットの杢・リールの質感、鼻血でそうです(笑)
c0157482_14232999.jpg
↑お腹の膨らみ具合も分かりますかね?
とにかく素晴らしい魚でした。さらに大きく育って欲しいものです。


これ釣ったのがちょうどお昼頃。
そのまま昼食となりました。

で、今回は以前よりメールでやり取りしていたフライの達人Mさんとそのお友達でブログ犀川攻略のはっとりさんと合流。
さらには同じ群馬から別で来ていたFさんとも一緒に5人でお昼休憩。
犀川の話しや釣りの細かい話しで大盛り上がりして楽しく過ごさせて頂きました。
結構長い時間話していたのですが、気づけばアッと言う間の楽しい時間でした。

午後も数か所回りますが、小物のアタリがたまにある程度。
結局午後は釣れずに終了。



今回異常なほどに暖かい日でした。
なので状況イイかと思いきやそんなことありませんでした。
暖かい割に虫も多くありません。今日だけ暖かいからって急にハッチがあるワケでもないんです。暖かくても虫の量としては寒い時期とそんなに変わらない印象でした。
なのでいきなり暖かくなったからっていきなり釣れるとは思いません。
ただ水温も上がってはいるのでこの日の魚のようにファイトも強いです。

逆に急に冷え込んだからって急に釣れなくなるってのも違うと思います。
急激に冷え込んだ朝にイイ思いをしたことだって何度もあります。
冷え込んだからダメだってのは釣り人の言い訳なんでしょう。まぁオレも良く言うけど(笑)
なので最近は急に冷え込んだからダメとは思わないようにしています。

山々の雪もほとんどなくなっていた印象でした。雨で増水はしても、もう昨年のような雪代らしい雪代はないでしょうね~。
ホントに楽しくなってくるのはこれから。
そのへんも踏まえて次回の作戦考えよ~っと♪


[PR]
by camelhd | 2016-03-09 17:25 | 犀川 | Comments(10)