「ほっ」と。キャンペーン


 群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野釣りブログ

最新のコメント

てぃこまさん、一匹目にし..
by camelhd at 09:26
てぃこまさん、こんにちは..
by camelhd at 09:23
なんですか、一匹目ブラウ..
by snowtrout at 06:42
天竜本流でイワナ、綺麗な..
by snowtrout at 06:27
はっとりさん、こんにちは..
by camelhd at 11:27

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今期を振り返る

今期最後の休みとなった昨日は理容組合のソフトボール大会だったので、実質自分の今期の釣りは終了。
毎年のことですが終わってみれば早いもんです。

で、毎年恒例の個人的メモ。
久々の本流ネタがこんなんでスミマセンがこれをやらないとシーズン終わった感がないので(笑)


当然チョ~ディープ&イミフ~な話になるので本流ウェットに興味ゼロの方々はスルー必至です。

そしてムダに長く読みにくいので興味ある方も要注意(笑)





では・・・


今年の利根川の状況。まず漁協の放流がありませんでした。これがハイシーズンの魚影の少なさに影響したのは間違いないでしょう。
さらに4月~GW辺りまでは例年よりも激しい増水(雪代?ダム放水?)のためほぼ釣りになる日がありませんでした。この辺りが利根川の難しい点の一つでしょう。特に今年はホルムアルデヒト流出もありダム放水の増減が激しく、例年のダム放水のパターンと違うパターンもあったりして読みが難しかったです。ですが頻繁に放水を繰り返していたおかげでどこのダムがどれくらい放水して前橋でどれだけ水量が増えるか、前橋で増水しだす放水タイムラグ等がほぼ完璧に読めるようになってきました。今後に大きく役立つことは間違いありません♪

そんな中最も印象に残った魚がアレです。。。

初めてのことですが今年釣ったどの魚より、バラしたあの魚が最も印象に残ってます。やはり特大サイズはこんなタイミングなんですね~。
ですが前橋観測所で3mの水位の中、どんなタックルを使ったとしても未だあのサイズをキャッチ出来るイメージが湧きません。。。前橋で3m時なんて氾濫した時の流れとほぼ同じ感じ。
あれ以来YouTubeで様々なスチールヘッドの動画を見ていますが、あの時程の水量の中でキャッチしている映像に出くわしたことがないのです。
万が一、同じ条件下で次があるとしたらどうしましょ????? こればっかしは運かな(笑)



今年の増減水の繰り返しの中、増水から減水に向かう途中で『どれくらいの濁り具合で魚が反応しだすか?』これが初めて分かってきました(レインボーに限ってですが・・・)。同時に魚が岸際に留まるか留まらないかの濁り具合の境目も見えてきました(利根に限ってのことだと思うけど)。
これは大物のチャンスを逃さないためにも非常に重要なことです。
さらに増水時に大きい魚が付くポイント。よく言われる『増水時は岸際がいい!』ってのは当然ですが、それだけではない。すべての岸際がいいのではなく特定のポイントの岸際で可能性が高くなるのが分かりました。

ですが絞れば絞るほどに『例外の魚』ってのがいることにも気づかされます。この点は個人的に今後とも要注意です。そこが面白いとこでもあるんで(^^)



そしてシーズン後半。個人的な予想通り今年はモドリが少ない年でした。ちなみにモドリの多い少ないは、なんとここ5年位連続で予想的中!
結局モドリはビミョ~なサイズが一匹だけでしたが、モドリとのコンタクトはモドリの数の多かった昨年よりもありました。バラシが多いのは大問題&今後の課題ですが『いかにモドリに口を使わせるか?』これの新たなる手口が少~し見えてきたような???

ここ2~3年利根のモドリが大型化してきて、FFでは釣り難くなってます。と言うのも昨年・今年とヒゲナガがほとんどいないのが原因です。
ヒゲナガがいないのならストリーマーの釣りになるのですが、イントルーダー等のスイングで釣れた話を時々聞きます。確かに有効な釣り方なのでしょうが、どうも遡上直後のタイミング&朝夕のマズメ時っていう両方がそろった条件下でしか効かないような気がして、個人的には手が出しにくい釣り方です。

で、一筋の光が見えてきそうな対モドリの釣り方が普通にドロッパーとリードを付けたウェットの釣り。これを普通に流すのではなく誘う感じの釣り方。つまりは2つのウェットフライをストリーマー的に使う釣り方です。釣り方に関してはまだまだ大きく開拓の余地ありなので省略しますが、特に重要な気がするのが丁度今月発売のFF誌で杉浦さんが書かれていた、リードとドロッパーで色の差を付けること! 昨年位から感じていて以前にも書いていますがいかにバーバーラーバが釣れるとは言え(笑)、明らかに違う配色同士のほうが反応いいのです。
ただ面白いのがナチュラルで流す時にはその範疇ではないってこと! ナチュラルの時は同系色でも違う配色でもどちらもアリな感じで、魚の状態や流れ・タナにより変えた方がいい気が。そしてナチュラルとは対照的な流し方の時ほど、色の差があった方がイイ感じ! これはもう自分の中ではかなり確信めいてます。
さらに色の組み合わせで2~3の確実に反応がいい組み合わせがあることも感じていますが、まだまだ深くはわかりません。。。(この辺の有効な色は、先程と同じFF誌今月号の安田さんの記事が参考になります)



まぁ、いろいろと釣り方・流し方はあるんでしょうが、最近は釣り方よりも魚のいる場所や付き場の方が重要なのか?とも感じています。むしろ最近はその時々の魚の居場所を読んでそこの魚&流れに合った釣りをするのが凄~く面白くて仕方ないって感じ(笑)
必然的にここ数年の自分の釣り方もラン&ガンになってきています。
           ん???前にもこんなこと書いたっけ??? ま、いいや(^^)
ただレインボーはそれがある程度読みやすいのですがモドリに関しては難しいです。しかもサイズが良くなる程にヤツラはあまりに気まぐれな気がします。
特に今年良型と思われるモドリとコンタクトしたピンポイントや流し方はてんでんバラバラ。その日その時の条件と照らし合わせたとしてもイマイチ分かりません。
最近ではヤツラにある程度の行動パターンさえもあるのか?と思えるほどに・・・。
個人的統計では餌釣りやルアーでモドリを多く釣ってる方々は比較的に一箇所で粘る『待ち伏せタイプ』の方々が良く釣られています。そしてそれは個人的にチョ~苦手な釣り(笑)
何としてもモドリの付き場とタイミングを読んで一撃で仕留めたいのですが・・・。

何気に利根川のモドリはシーズンが短い(個人的には九頭竜川のサクラマスよりも遥かに短いと思う)ので、毎年チョッとずつコツコツと経験を積み重ねるしかないかな~?
取り敢えず、モドリの釣り方(ヒゲナガ以外の)や付き場は今後の大きな課題です。



それでも今年はイマイチだった年にも関わらず利根川への釣行日数が過去最高となったことだけは、自分で自分を褒めてあげたいですね~(笑)
[PR]
by camelhd | 2012-09-25 11:05 | Fly Fishing | Comments(16)

今期最終

いよいよ9月も下旬に突入。名残惜しいですが禁漁を迎える季節に・・・。
で、連休だったので2連チャンしてきました~。

初日。
気になっていた某沢を単独で新規開拓です。
c0157482_20261358.jpg
河畔林がキレイな感じで生えている美渓です。思っていたより水量もあります。
が・・・、全然釣れません。
あまりに釣れないので超ハイペース遡行をしていくと、ようやくひねくれたピンスポットから・・・
c0157482_20282424.jpg
ヒラキや流芯には全くいなくて、小さな穴のようなところからしか釣れません。かなりの距離を釣り上がりましたが、結局20cmサイズを10匹程のみ。ほとんどが穴暮らしをしているような黒いイワナでした。

もうこの沢には行くことはないでしょう(笑)



2日目。
Hさんと初コラボ♪
c0157482_2033163.jpg
かなりの距離を歩いて入渓。
この日は台風の余波なのかかなり風が強いです。狙ったピンポイントにもなかなかフライが入りません。そのせいか魚の反応はコンスタントにあるものの、乗らなかったりバラしたり見切られたり・・・。
昼過ぎ辺りからはポンポン出るようになってきました!
c0157482_20354139.jpg
↑サイズはイマイチですが。
でもこうなってくると俄然楽しくなってきます♪

Hさんも滝壺で見えていたグッドサイズを見事キャッチ!
c0157482_20402779.jpg
c0157482_20404114.jpg
イワナもいいですが個人的にはアリ・ハートが(*´∀`*)

この沢は魚影がかなり濃く、見えているイワナも多かったのですが、すでにペアリング行動しているイワナも見ました。
サビ始めているようなイワナも。
c0157482_20445265.jpg

尺を超えるサイズには恵まれませんでしたが、2人で30~40匹位は釣ったでしょうか?
お互いミスが多かった前半が悔やまれますが、後半が良かっただけにいい終わり方が出来ました♪

そして帰りは大崩落!
c0157482_2051953.jpg
自分の立ち位置がコチラ側の林道。足元はズバっと切れてます。斜面も上の稜線からズッポリです。
↓自分の立ち位置から撮影。
c0157482_2055712.jpg
赤い矢印横のチョット平らな所が反対側の林道。崩落の大きさがわかるでしょうか?
慎重に木がある辺りをトラバース。ルートを示すような踏み跡はいっさいありません。
帰りも長~い林道をテクテク歩いてヘロヘロになりながら車に到着。
リュックにしまったままの携帯電話の万歩計によると18km以上歩きました。
ちなみに初日は10km。2日間よく歩きました。

最終釣行、かなり満足です!いや~、楽しかった!
Hさん、おつかれさまでした~! また来年もお願いしま~す!
[PR]
by camelhd | 2012-09-17 21:18 | Fly Fishing | Comments(4)

青き沢

今日はNさんと水が青くてキレイな沢に行ってきました~!
沢に向かう途中にはフカフカのコケの絨毯で休憩。
c0157482_2213581.jpg
この上でしばらく寝たくなりました(笑)
しかしながら決して楽に簡単に行けるような沢ではありません・・・。
c0157482_21584722.jpg
↑真剣です。
2人ともヒィヒィ言いながらも、なんとか無事沢に到着。
c0157482_2244662.jpg
どうですか!?このキレイに青い水!
渇水続きの最近で、心配していた水量もこの沢としては少なめですが渇水とまではいかず一安心。

息を整え、釣り開始!
いきなり反応アリアリです!
c0157482_19261160.jpg
 サイズ的には20~25cmがメインですが反応ないポイントがない程!↑のポイントでは数匹釣れました。
さらに下の写真では分かりにくいですが5匹程が定位しています。
c0157482_22112731.jpg
岩盤際の中央~右にかけて。わかりますかね~?
その後も連発でした。
c0157482_2216497.jpg
↑日陰から引きずり出した黒イワナ。
一部ナメ滝区間は反応渋く釣れませんでしたが、そこを過ぎると今までよりさらに濃い反応!
c0157482_2218675.jpg
Nさんもバンバン釣ってます。
Nさんが一つの渕で一人連発してる間にお花なんぞを(笑)
c0157482_22362894.jpg
c0157482_23141558.jpg
↑美味そうなので食べちゃいました(笑)

で、しばらく行ったところで大き目の渕。
覗くと見えるだけでも6~7匹。Nさんが手前のを釣って自分も2~3匹釣りました。
まだ手をつけていなかった奥を自分が狙うと、フライが着水と同時に奥から大きな影がフライ目掛けて猛突進!
『バシャ!』と出て合わせると「あれ?他の小さいのが先に横取りしやがった~」って笑ってたら、突進してきた大きいのが掛かった小さな魚についてきてます。
取り敢えず掛かった小物を寄せ、抜き上げると大物はすぐ目の前に定位し始めました。
すかさずNさんに「早く狙って!」と言い、Nさんが打ち込むこと3投目。
自分たちの目の前でゆ~っくり『ぱく♪』 沢に響き渡る「食った~!!!」の声!
2人とも大騒ぎでネットイン(笑)
c0157482_22251652.jpg
「うおぉ~!デケ~!!!」
c0157482_2227566.jpg
しかも無班っぽい!少なくとも背中の模様はない!まるでヤマトイワナのよう。
c0157482_22462512.jpg
顔やヒレもメチャクチャカッコいい35cmのオスイワナでした!

その後は自分優先で釣らせて頂き、ある渕では10匹近くも!
最後は滝下で尺はないけどいいサイズが釣れて満足でした~♪
c0157482_22324780.jpg
今回2人で釣った数は70~80匹位でしょうか?数えてないのでよく分かりませんでしたが、こんなに釣れたのは初めてです。Nさんに大物もでて言うことありません!

今回沢の行き帰りの土斜面対策で、昨年登山をするお客様から頂いた軽アイゼンを試してみました。
c0157482_22375555.jpg
腐葉土が積もった土の斜面では抜群のグリップ力で登りも下りも大いに助かりました。こんなことなら早く使えば良かった・・・。
土斜面ではかなりオススメです!

Nさんお疲れ様でした~♪
c0157482_22523362.jpg

[PR]
by camelhd | 2012-09-10 22:53 | Fly Fishing | Comments(12)

新規開拓!

今回は最近の雨不足もあり、どこの沢も渋く・・・
なので急遽ソロで気になっていた沢へ新規開拓に行ってきました~!

長い林道があるので久々MTBの出番です。
c0157482_2137248.jpg
結構な登り坂で自分的に行きでの乗車率は1/3ってとこでしょうか? もっと筋持久力があれば・・・。

ゼェゼェ言いながら出発から約1時間後、沢に到着。
c0157482_21393219.jpg
なかなかの美渓です。
ところがこの沢。事前にネットで調べまくってみたものの、まるで情報が出てきません。唯一出てきたのが『鉱泉成分が流れていて魚がいない』って情報だけでした。
確かに沢は微かに硫黄や鉄分の臭いが漂ってます。

しかしこの沢の大分下流でイワナを釣ったこともあり『支流を分ければいるはず!』と目星をつけての釣行。
ですがボーズも覚悟の上!

開始早々にイワナがフライを見切りました! 「ヤッパいるじゃ~ん!!!」
その後も釣り上がりますがそれっきり・・・。2度ほどイワナの姿を見ただけです。
「でも魚がいるなら種沢みたいのがあるはず!」と思い遡行を続けます。

だんだん川に硫黄の気配が多くなってきたと思ったら・・・
c0157482_21471364.jpg
途中からの支流が真っ赤っか。思ったとおりです。

もちろんいい色の方に進んですぐ!
c0157482_21481270.jpg
ようやく一匹目です!小さいですが凄く嬉しかった~(^^)

その後もこのサイズがポンポン出ます。しかし雨不足のせいなのかフライを見切る魚も多いです。
さらに釣り上がるとゴルジュ帯です。
c0157482_21542226.jpg
へそ上まで浸かりながら中央突破。水量の少ない今だから簡単に行けるのでしょう。
c0157482_21553960.jpg
最後は両手両足を左右に突っ張りながら進みました。

すご~くいいポイント続きなのに急に反応がなくなりました。気づけばまた沢が鉱泉っぽい感じ。
ちょうどめんどくさそうなCS滝が出てきたので・・・
c0157482_21585498.jpg
いいところで出くわした枝沢に入りました。

出合いで小休止して枝沢にフライを入れた途端
c0157482_2204775.jpg
連発です。相変わらず小さいですがアチコチにイワナがいます。フライに出なくても次のポイントに足を進めようとすると必ずイワナが走ります。
やはり想像通りここが種沢となっていたのでしょう。
ですがいかんせん少ない水。少ないところはこんなです。
c0157482_2252898.jpg
魚も神経質になっているのかフライの着水と同時に逃げる魚も。
スレてはいないようで遠くからフライを追ってきますが、ギリギリで見切りられたりします(たぶん大きいフライだから?)

でもいい場所からは
c0157482_226990.jpg
c0157482_2275724.jpg
25cm位のも出てきます。
途中、尺クラスにも2度ほどUターンされました。
上に行くと25cm位が多くなってきてヒキを楽しめました。
キリのいいところまで釣り上がってGPSを見ながらなんとか林道に出れて終了。

そのまま林道を歩いて下りましたが、誰も通らないようで草ボーボー&落石多数。MTBで来た林道はキッチリ整備されてたのにおかしい???
鈴を鳴らしまくりながら歩いていくと・・・
c0157482_22104430.jpg
案の定ガッポリ山抜けしてます。幅にして50~60m位かな?戻って沢を下るかとも考えましたが、よく見たら行けそう。
慎重にルートファインドしながら行くと思ったより全然簡単にトラバース出来て一安心。

デポしたMTBを回収して帰りは道幅もあって気持ちいいロングダウンヒル!

今回はボーズも覚悟しての釣行だっただけに、良い方に想像していた展開になって良かったです。
サイズはイマイチでしたが数だけなら25~30匹位かな? 出てものらない魚も多かったんで。あの魚の数からしていいタイミングで入れればこんなもんじゃないはず!
この沢は来年までのお預け~(^^)
[PR]
by camelhd | 2012-09-03 22:28 | Fly Fishing | Comments(8)