群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野釣りブログ

最新のコメント

お疲れ様です。さすが正田..
by ネコ好きヘッダー at 12:42
石原さん、こんばんは。 ..
by camelhd at 23:12
ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 23:11
パック3!! 酒ふきだし..
by 石原 at 21:30
お疲れ様です。ハコスチ、..
by ネコ好きヘッダー at 15:23

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:Fly Fishing( 343 )

利根川冬季釣り場(後期C&R)

台風の影響で休業だった冬季釣り場。
先週末より再開されました。そして初の試みでもあるC&Rです。
c0157482_13150259.jpg
なんとステッカーも頂きました。せっかくなので何かに貼りましょう(笑)
ステッカーよりも券が変わりました。これイイです。
何がイイって切れません。
先日の丸沼なんぞは爆風だったこともあり気がついた30分後には券が千切れて無くなっていましたから・・・。



利根川の濁りは落ち着いたものの水量は多いです。
初回の放流は100kg+30kg。
魚自体が大型なので数にしたら少ないはず。しかも水量多めなので魚の密度も薄い上に狙いにくい。
毎年初回の放流後はイマイチなので期待せずに向かいました。
c0157482_12481695.jpg
c0157482_12481021.jpg
管理棟前からの写真ですが鉄骨は完全埋まってます。
流れを見る限り大増水で若干変わったようです。3~4年前に戻った感じ。
個人的には嫌いじゃありません。


朝一番に入れば何かあるだろ?と考え、一番で入ります。
案の定核心部で『ゴン!』 しかし乗りません。

もう一度流します。
またも『クン、ゴン!』 乗らず・・・。

さらにもう一度。
またも『ゴン!ゴゴン!』でお終い・・・。


その後はアタリ無く、小移動。
そちらでも小さいアタリが。

フライは大きめのチューブフライのストリーマー。
たぶん小さいフライの方がいいんだろうな~、と思いつつも今後のことを考え、カエシを潰してバーブレスにしたくなかったので、そのままチューブフライで継続。

何度目かに明確なアタリ。
下流に流れ切ったところで『クン、ククン、クン・・・ククン、クン・・・』
全然持っていきません。5~6秒待って乗ったかな?と思ってアワセるといい重量感!
しかし直ぐにバレました。

そのうちかなり暖かくなってきました。
明らかに雰囲気が変わった感じ。
たまたまオレの前を流している釣り人もいない。
「このターンで釣れそうだな!」と思い、ミスの無いように釣り下ります。
丁寧に流すと先ほどバレた辺りで『クン、ゴゴン!』
しかし軽い・・・。
キャッチしたのは・・・
c0157482_12491236.jpg
なんと大増水前に放流されたであろう小ニジ。
ハコスチではないと思うのですが(笑)

で、これをリリースして浅く早い流れがありました。
陽射しも強くなってきたのでフライをチェンジ。
「この陽気ならココかな~?」と集中して釣っていたら・・・
『ククン、クン・・・グググ~~~!』
フッキングさせるといい重量感!

すぐに水面から『ドバン!』  ナイスサイズのハコスチです。

しっかり竿を曲げながらプレッシャーをかけてるとまた『ドバン!』 さらに『ドバドバン!』とジャンプ!

相変わらず派手なジャンプで楽しませてくれます。
キャッチすると結構な太さのハコスチでした!
c0157482_12491959.jpg
測らなかったけどサイズは50cmチョイですかね?
c0157482_14404081.jpg
長いダッシュこそなかったものの派手なジャンプはドキドキします。
しかも久しぶりにバンブーだったのでネットインしようとしたけど、魚が重くて折れそうだったので岸に寄せました。

ちなみにフライはWILD‐1さんのイベント時に限定で作ってもらった「Camelグリーン」のゾンカーを使ったチューブフライ。
晴れた時には抜群に効きます!

↓K林さんに撮って頂いた動画です。




お昼を食べて午後は探索がてら足を使ってアチコチへ。

かなり流れも変わってるのでその調査も兼ねて動きます。
午後は竿もコネコに変えて釣りしたらメチャクチャ楽です(笑)

そのうちここ良さげと思ったところをスイング中に・・・『クン、ククン、クン、クン・・・ググ~』 ときてフッキング。

これまた同じようなサイズのハコスチ。ジャンプとダッシュを繰り返しやっと手前に寄ってきました。ネットを準備して寄せに入るとまたダッシュ。こんなのを3回繰り返し、ようやくネットを差し出して寄せにかかったところでフックオフ。

あと2mくらいだったのですが・・・。
バーブレスにしてたの忘れてました(笑)

夕方までやったけどその後は小さなアタリが2回で終了。



まだまだ放流魚の数が少ないので難しいです。
しかし魚はスレてないので上手く流せば口を使う可能性大です。
ただいかにも放流魚らしいアタリ方をするので我慢しないとダメです。フライも多分小さめの方がいいような気がしました。

今週の土曜日にも追加放流があるのでもっと楽しめるようになることでしょう。
C&Rなので確実に魚は残りますしね!


そうそう、漁協の受け付けに凄い兵器が・・・
c0157482_12483696.jpg
カワウ迎撃システムPAC3と呼ばれてるそうです(笑)
これまた優れもので発射角度調節機能も!

漁協組合員の方々、発射台を自作している方々が多く、アルミパイプを改造したコンパクトなタイプを携帯されている方も。
オレもカワウ迎撃ミサイル発射台を自作してみよう♪


[PR]
by camelhd | 2017-11-14 14:08 | Fly Fishing | Comments(4)

タナゴ釣り&チョロっと利根

今週は連休でした。しかし利根の冬季釣り場も休業。犀川も釣り出来なくはないけど水位高いまま。

で、月曜日はチョロっと利根川へ。
水量は多めながらも色的にはイイ感じ。「これなら釣れんじゃね?」ってことで、冬季釣り場が休業中なのでエリア外で竿を出してみることにしました。

とは言え、あの大増水の後・・・。果たして魚がいるのか???


この水位ならココ!って所にエントリー。
大増水で若干変わって入るものの大丈夫と判断。
核心部は何もナシ。「やっぱ魚いなくなっちゃったん?」と釣り下ると浅い場所で『グググン!』

スイング中の大きめストリーマーをガップリ食ってきました!
c0157482_12320923.jpg
色が白っぽくなってます。小さいですが大増水を無事やり過ごした魚です。
ちょっと感動しました。

その数投後にもまたアタリ。しかも乗らなかったけど3回連続。
そのちょっと後に・・・
c0157482_12321777.jpg
似たようなサイズだけどこれもガップリ。
直後にも一匹追加。

ほんの30分間で6アタリ3キャッチ。
魚が残ってることに一安心しました。

で、釣れたら腹減ったのでうどん(笑)
c0157482_12364678.jpg
なんと並盛り+かき揚げで309円!

友人一押しのうどん屋さんなんですが凄く美味しかった♪

食後は他のポイントを一流し。
そっちは2アタリ2キャッチ。同じ様なサイズでしたが、結構魚いる感じです。



翌日の火曜日。
実は一人でワカサギ釣りに行くつもりでした。
餌のサシも買って準備済みでしたが、前夜にNさんから「タナゴ釣り行くけど行く?」てお誘い。

ワカサギ準備しちゃったけどみんなでタナゴ釣り楽しそう♪ってことで急きょタナゴ釣りへ!

メンバーはNさん、MYSTさん、まこっちさんとオレ。
釣りってことに関してはある意味完全にダメなメンバーです(笑)

MYSTさんがタナゴ釣りの道具を持っているので全てお任せのおんぶにだっこです。
竿を借りて・・・
c0157482_12431086.jpg
ちっちゃい針の仕掛けもセットしてもらって・・・
c0157482_12431606.jpg
餌も作ってもらって(笑)
c0157482_12432295.jpg
みんなで釣り開始。
c0157482_12433536.jpg
↑オレ凄く前のめり(笑)

いや~、やってみると繊細です。
c0157482_12462677.jpg
餌はグルテンなんですが、餌を付けるのさえ難しい。

タナの調整や投入場所によってはエビの猛攻に合うし・・・。

「キタ~!」って思ったらクチボソだし(笑)

しかし徐々にコツを掴んでタナゴも釣れるように。

それでもNさんはオレがたまたま釣ったエビみて「エビカッコいい~!」を連発。
タナゴそっちのけでエビやザリガニを狙ってます(笑)
c0157482_12504424.jpg
それはそれでなかなか釣れなくて面白いんですが(笑)

途中チョッと移動したらそっちは大型のタナゴばかり。
数も釣れましたがタナゴ釣りは大型じゃなくて小型の方が重視されるんですよね。
それでも初めてなんで、釣れれば嬉しいです。

お昼も忘れるほどに集中して釣りしてたくらいですから(笑)
c0157482_12555610.jpg
結果思ってたよりも釣れて大満足!
c0157482_12505195.jpg
タナゴってキレイですよね~♪
ヤマメやイワナとは違ったキレイさがあるって言うか・・・。

まこっちさんは小さいタナゴばかり。
c0157482_12505709.jpg
たぶんこの日の竿頭。この人何釣りやっても上手いんだよな~。


それにしてもタナゴ釣りがこんなに面白いとは!
小学生の頃、埼玉まで連れて行ってもらって釣ったことはあります。
でも高崎辺りだとタナゴっていないんですよね。昔オレが小学生の頃は少しいました。ビンドなんかで数匹獲った記憶があります。
それでも当時でさえレアな魚。なので高崎辺りに住んでる身としてはタナゴって憧れの魚でした。

現場で会った常連のおじさんは道具の全てが自作。
竿はもちろん仕掛け入れや、なんと針まで!
そういうのがタナゴ釣りなんですよね。
何か趣味として洗練された世界って感じを受けました。

とりあえず道具を用意して川がダメな時に行けるように備えとこうかと(笑)

[PR]
by camelhd | 2017-11-10 13:07 | Fly Fishing | Comments(6)

大荒れの丸沼釣行

全く釣りに行けてません・・・。
最後は前回の犀川釣行。
あっ!一度群漁の冬季釣り場へ行きましたが濁ってきちゃって2時間後には撤収。不完全燃焼な感じ。。。

今週も台風で本流は完全アウト。
ワカサギ釣りでも行こうかと準備してましたが、山方面は雨。

「また行くとこないよ~。何しよう?」って考えてたらバイク屋さんが丸沼に行くそう。
「台風通過後で爆風なんじゃん?しかも午後は雪予報だよ?」って聞いたら、「先週の台風通過後も行ったから大丈夫!何とかなるはず!」って言葉に騙されて3人で・・・

現地に着いたら・・・

爆風です!

しかもミゾレが・・・。
個人的にはただでさえテンションの上がらない湖。着替えるのも嫌です。

仕方なく着替え、先に来ていた友人2人と合流。
この2人、この悪天候の中を嬉しそうに発券30分前から並んでます・・・・。

そしてこの2人は真正面からの爆風を受ける流れ込みへ。
オレは顔にミゾレを受けながらは絶対嫌だったので一人で牛舎方面へ。

とは言えこっちも爆風。斜め風下にしか投げられません。
c0157482_12565815.jpg
↑風が若干落ち着いたタイミングで撮影。
寒いのも嫌だったので水面ギリギリに頭を出していた切り株の上に立って釣りします。

普通の放射角度でキャストするとラインが岸に落ちてしまいます。なので低めの放射角でキャスト。
あまりに凄い突風で吹き飛ばされて切り株から落っこちること数回(笑)
ここまでの体を持って行かれる風って一年の中でもそう経験するものではありません。
この風とミゾレは荒川の鮭釣りを思い起こします。

一度50cmはありそうなのが掛かりましたが、ファイト半ばでバラシ。

「いつ帰るんだろ?」って考えながら(笑)、釣りしてると何だかアタリのようなのが数回。
爆風もあるし湖経験の少ないオレは「ボトム?アタリ?」とよく分かりません。

そのうちまたも微妙な違和感。一応合わせると何か付いてます。
しかし横からの爆風で良く分かりません。

魚だと認識したのは半分位手繰ってから(笑)
c0157482_12570543.jpg
小さいながらもキレイなニジマスでした!

って言うかこの天候の中で釣れたことにビックリ(笑)

7時半頃だったんですがもう帰ってもいい気分。
友人たちは頑張ってますがダメな模様。

しばらくすると隣でやっていた方が一匹釣られました。
この悪天候の中やっている同士としてかなり励まされます。
(この方、後に同じKⅡロッドユーザーの知り合いだったことが判明。流石です!)

休憩をはさみながら釣りしますが、そのうち爆風が強風くらいに若干弱まってきました。
その代りに雪が強くなってきます。
c0157482_13104926.jpg
気温も明らかに朝より低いです。
ずっと同じ切り株の上でやってましたが一匹釣れてからはほぼ何もありません。
どうやら朝イチのボトムみたいな感触はアタリだったようです。


ずっと正面の流れ込みでやってた友人も諦めてオレの隣へ。

そしたらなんとニジマスキャッチ!
続いてもう一人の友人もキャッチ!

さらにその2人はその後同時にダブルヒット!
朝イチに並んだ苦労も報われたことでしょう(笑)

しかしいい加減手が限界です。感覚がなくなってきました。
2時過ぎまでやって帰ろうって予定でしたが、もうダメ・・・。
c0157482_13105578.jpg
それでも1時過ぎまでやりました。
周囲はいつの間にかすっかり雪景色。
c0157482_13110155.jpg
ウチら5人以外には誰もいません。

手が痛くて動かなくて着替えるのにも一苦労。
暖かい缶コーヒーがこんなにシアワセだとは(笑)

気分的にはまだ秋だったのでいきなりこの天気には体がついていきませんでした。
外気温は-2℃。しかし風も強かったから体感温度的には-10℃くらいな感じ。
真冬の犀川よりも寒い感じがしました。。。



丸沼から上の金精峠は何だか分かりませんが規制かかってました。
帰りの道中、たぶん大尻沼の横辺り。
c0157482_13110679.jpg
丸沼へ行かれるみなさん、スタッドレス必須です。

オレ?もうしばらく湖は行きません(笑)

[PR]
by camelhd | 2017-10-31 13:33 | Fly Fishing | Comments(4)

2017 利根川群漁冬季釣り場

今年もそろそろ冬季釣り場の季節がやってきました。

もう結構前から群馬漁協のブログに案内が出てますね。

冬季釣り場自体は10月15日から開始。
しかし今年からなんと11月~12月は完全キャッチ&リリースに!

前期冬季釣り場の10月15日~31日までは例年通り、持ち帰りOK(40cm以上の大型は1匹だけ)。
区分けも例年と同じ感じ。
c0157482_08595354.jpg
ただ区間が上流に広くなりました。
右岸側の神社の下に総社緑地公園がありますが、実質その前の淵(左岸が護岸されてる)辺りから下流ということになる感じでしょう。

グーグル衛星写真で簡単に書いてみました。
c0157482_08595868.jpg
↑期間中は区分けの境界に赤旗が立っていると思うので、この図よりも赤旗に従ってください。これはあくまでイメージ図ってことで・・・。

おおよその駐車場所も描いてみました。
恐らく放流場所は管理棟近辺がメインになるかとは思いますので、気になる方は管理棟で聞いてみてください。

なお、管理棟近辺はグランドも多く、休日は野球やサッカーの試合等が行われて車が混雑します。
土・日はなるべく川沿いの道路上には停めないで駐車スペースに停めるようにしましょう。

そして待望の後期冬季釣り場のキャッチ&リリース期間。
c0157482_08594951.jpg
まず前期との大きな違いはオールキャッチ&リリース!
ストリンガーやびく、クーラーの持ち込みに関しては一切禁止(厳しく指導するそうです)。

そして前期にあった区分けが無くなります。
餌、ルアー、フライ共に区間内であればどこでもOK。
※トラブル防止のためにも、先に釣りをされている方の近くに入る時は必ず一声かけてから釣りしましょうね。(ルアーやフライは基本下流に向かって投げて釣りしているので、直ぐ下流には入らない方が賢明です。)


さらにシングルフックでバーブレスの使用が義務化されます。
ただミノーに関してはシングルバーブレスを前後両方に付けてもOKだそうです。
もし餌釣りで針を飲まれてしまった場合は、無理に外そうとせずギリギリで糸を切って針はそのままにしてリリースして下さい。
とある研究結果では、そうやってリリースした魚はほとんど生き残っていたそうです。

フライはドロッパーに対する言及はありませんが、やられる方は節度を持ってやりましょう。

何か疑問・質問等がある方は管理棟で直接聞いてもらうのが確実かと思います。



そして一番難しい話しですが、リリースについて。
こういうことに関して普段は全くもって個人の自由でいいと思ってますが、後期はC&Rが義務なのでチョッとだけ・・・・。

とにかく魚を水から出さないようにしましょう。
それさえ気を付けていれば簡単には弱らないはずです。
特にハコスチは激しいファイトで弱りやすいので注意です。

フィッシュグリップで持ち上げたり引きずったりもダメージ大きいはずです。
手で強く握るのも良くありません。特にグローブをした手で強く握ると魚のヌメリもとれて病気にかかりやすくなります。
魚に触る際は優しく触れるようにしましょう。
余談ですが海外のスチールヘッドなんかだとフィッシュグリップ使用や素手以外のグローブで触れるのはご法度と聞いたこともあります。。。
何が正しいリリース方法だとかはケースバイケースかと思いますが、愛情を持って魚に接してあげましょう!

たまに犀川殖産のC&R区間でも見かけますが、釣った魚を生かしてキープしといて最後に放すってのもC&R区間ではいけません。
すぐにリリースするようにしましょう。



後期は放流する魚もハコスチ。
2kgを超えるような60cmクラスも入るそうなので覚悟しといて下さい(笑)

群馬漁協としても初めての試みとなるC&R。
昨年とったアンケートでは80%以上の釣り人がC&Rを希望されたそうです。
もし上手くいけばゆくゆくは区間もさらに広がるかもしれません。

今までの経験上、ハコスチは上手くリリースすれば何度も口を使います。
本流のいいトレーニングにもなりますのでC&R区間は非常に楽しみです♪

[PR]
by camelhd | 2017-10-11 09:48 | Fly Fishing | Comments(2)

今季ラストのお山釣行

8月のお盆明けからお山の5連チャン(笑)

来週は世間が連休なので大混雑は必至。なので今回が締めの釣行です。

今回はペンキ屋ボブとその弟のNくんと3人での釣行。
歩ける2人なのでガンガン上を目指します。

先週がサッパリな感じだったので、流石に今回は違う沢なんですが全く期待していません。
3人で楽しく釣り出来ればいいやって軽~い感じ。
終盤ってなんだか厳しくなること多いですよね~。でもたまに爆発することもあったり・・・。



釣りを開始すると直ぐに・・・
c0157482_11520618.jpg
最初のお出迎えはなんとキレイなヤマメちゃん♪
こんな感じのを釣りたかったんで嬉しいです。写真じゃ分かりにくいけど尻ビレも大きくなって秋を感じさせます。

Nくんも直ぐに1匹目をキャッチ。
c0157482_12024623.jpg
こちらはイワナでした。
その後もいい意味で期待に反してポンポンと反応があります。
サイズは25cm止まりですが、飽きない感じで釣り上がれます。

c0157482_12145912.jpg
開けた川原もあればゴルジュっぽい所も。
c0157482_12163896.jpg
いろんな渓相を見せてくれるので景色にも飽きません。

3人でテンポ良く釣り上がって行き、途中のゴルジュ帯。
ふとオレの投げた所に鯉のような尾ビレが『ユラ~』っと。
デカイイワナが石の陰に定位しています。40cmくらいはありそう!
しかし障害物もありかなり際どい所。

案の定ミスキャストで深みに逃げちゃいました(笑)

それでもモチベーションup。

で、進んで行ってちょっとしたポイント。
ちょっとした釜をヘツった先の小場所。
c0157482_12224523.jpg
いつものように帰り途中に撮った写真ですが、赤丸の反転流に投じたフライに『ユラ~。パク』

「デカイ!!!」 と早アワセにならないようにしてフッキング。
いきなり#3の竿がのされます。
すかさず手元に余ってたラインをリールに巻きとってその後のファイトに備えます。
絶対下られちゃうだろ?と思ってたのでなるべく耐えます。
ロッド持ってファイトしたまま下の釜はヘツれないと思ってたのでドキドキのファイト。
とにかくランディング場所がなくて苦労しました。

そこからは動画で!


いや、太い!
c0157482_12430895.jpg
c0157482_12432138.jpg
尖ったヒレとシャープな顔だち。メチャクチャかっこいいイワナ!
c0157482_12443751.jpg
動画を見ての通りドタバタのランディングでしたが、バレずに一安心。


で、これ釣って直ぐ。
ボブが奥の赤丸から・・・
c0157482_13032114.jpg
c0157482_12481489.jpg
ほぼ尺イワナ(笑)
c0157482_13380856.jpg
兄貴が釣った魚を弟が計測。ん~、イイ姿(笑)

お昼休憩には農園勤めのNくんが美味しいブドウを♪
c0157482_13390235.jpg
スーパーで売ってるブドウなんかとは比べ物にならない程の美味しさ!
こんな山奥で甘いブドウを食べれる幸せ…タマリマセン♪

イイのを釣って余裕もあったので午後はコレも。
c0157482_13390941.jpg
ニンフも楽しいです!数匹釣れましたが、相変わらずアタリの出かたが楽し~♪
c0157482_13391683.jpg
c0157482_13392196.jpg
c0157482_13392897.jpg
c0157482_13443634.jpg
キレイな景色を楽しみながら釣り上がって予定時間に終了。

そして帰る途中にまたもや水晶発見!
c0157482_13491796.jpg
矢印のところのは、写真じゃ白く見えるけど凄く透明な水晶。
一抱えくらいある大きめな石で持ち上げることも割ることも出来ないのでそのままにしてきましたが、裏側にも水晶が見えていました。
結構あるもんなんでしょうか?
今まで意識してないから見つからなかっただけなのか?

これからはタガネとハンマーも持ち歩こうか?(笑)


Aブラザーズの2人、お疲れさまでした~♪
c0157482_13444154.jpg
ボチボチ本流の用意もしないとね~。
シーズン中の毎朝の利根で、手持ちの弾を使いきってフライBoxもスッカスカだし(笑)
リールもどこに埋もれてるやらw

[PR]
by camelhd | 2017-09-13 10:32 | Fly Fishing | Comments(4)

2日連チャンお山釣行

なんと今回は2日連チャンのお山です(笑)

初日はセレブなザックを背負っているNさんと。
c0157482_08583613.jpg
カッコいいザックです。オレもこんなん欲しいな~。
↑「このリュック安かったんだよ~♪」と。でも釣り具屋の1000円チョイのフロータントには「高け~な~」だって(笑)

ここのところ調子良かっただけに2人で期待しながら釣り上がるも小物のみ。
それでもキレイなイワナが釣れるので飽きない感じで釣り上がれます。
c0157482_08592663.jpg
この日は釣れるイワナにやたらとハリガネムシが
c0157482_08591280.jpg
口から出てたりするのを2人で何匹も釣りました。
c0157482_08590678.jpg
↑群漁の年券ぶら下げてるけどモチロン群漁管内じゃありませんよ(笑)

途中あまりにも反応もないのでウェットフライなんぞをやってみます。
c0157482_09271324.jpg
釣れるのは釣れるんですが、ドライから切り替えるとフライも見えないのでイマイチ面白くありません。
同じウェットでもダウンで流すウェットの釣り方とは全く別物な感じです。
3匹ほど釣って直ぐにまたドライへチェンジ(笑)

しかし釣れども釣れども15~20cmサイズ。2人でかなりテンポ良く釣り上がったって行ったので、かな~り上まで。
c0157482_08593154.jpg
山の稜線が「あの辺ならこのまま行けるんじゃ?」なんて錯覚おこすほど近くに見えます。
Nさんはこんな熊の痕跡も発見。
c0157482_09233625.jpg
いや~、会ったことないけど確実にいるんですよね。

結局最後にポポポンと25cmくらいが連発して終了~。




帰ってゲーター干して洗濯して風呂入って早めに就寝 zzzzzz



2日目はアクロポリスのM島さんとMYSTさんと3人で。
出発から20~30分後。なんとオレが昨日干しておいたゲーターを忘れたことが発覚!
Uターンして取りに帰ります。
渓流・本流含めてこんな忘れ物は初めてです(笑)


ちょっと遅れましたが釣り開始。
c0157482_09573157.jpg
まぁ水量が少ないです。
それでも魚は濃いと思ったので選んだ沢でしたが、全く反応ありません。
時折稚魚みたいなのがパチャっと出る位。

しかしM島さんの釣り。初めて見たのですが見事です。
c0157482_10441644.jpg
特別なことは全くしてないのですが、一つ一つがシンプルに洗練されて完成されてるっていうか・・・。
夏しかドライの釣りをしないオレが言うのも何ですが、まさに理想形。
初めてそういうのを目にして目指すもののイメージが凄くハッキリしました!


で、釣りの方はと言うと・・・。サッパリです(笑)
時間がたってもオレはゼロ。

しばらく行った大場所でMYSTさんが!
c0157482_11153428.jpg
チョ~美形のヤマメ!
しかも体高が凄い。
c0157482_11031635.jpg
またこんな山岳っぽい所にヤマメがいるってのがステキです♪
c0157482_11033025.jpg
流石!昨日の赤いセレブザックに続き、セレブの帽子の人、やりますな~♪


これに刺激を受けて釣り上がるものの渋すぎます。
こんな渋いのは数年に一度ってくらい(笑)

しかし流石のM島さんだけは小さいながらも釣っていきます。

途中MYSTさんが持ってきたルアーにもみんなでチャレンジ。
c0157482_13100401.jpg
何気にバンブーのルアーロッドなんですよ!
c0157482_13103144.jpeg
バンブールアーロッドは初体験でしたが、素直なアクションで使いやすかったです。
しかしルアーは凄いですよね。
フライを投げて何の反応もなかったのにルアーを投げるとイワナがワラワラと湧いてきます(笑)

そんなこんなで遊びながら釣り上がります。

そしてようやくオレも・・・
c0157482_10440146.jpg
c0157482_13052642.jpg
バラシも数回あったのでこれがこの日の初フィッシュ。
c0157482_13082438.jpg
尺はないけどキレイなイワナちゃん♪

その後はM島さんにハードシェルアントの使い方を教えて頂きました。
面白くて写真撮るのも忘れてたんですが、これがまた楽しい!
フライは沈めて小さなマーカーを付けるんですが、マーカーが『ピコっ!』と反応するのが見えて凄く楽しいです。
しかもドライのタックルのまま、フライを付け変えて粘土状マーカーを付けるだけ。
非常にシンプルだし、直ぐにドライに戻せます。
流す際のラインの置き方がドライの時と違ったりしますが直ぐに慣れるはず。


でも沈めれば釣れるかってこともなく、マーカーに出ちゃう魚もいたりして「あれ?ドライの方がいいのか?」って思うことも(笑)
やはり状況によりけりで使い分けるのがいいんでしょうね。
けど前日のウェットフライもこんな感じでやったらもっと面白いのに違いありません!

フライフィッシャー誌でも出ていたりしたので見たことのある方も多いでしょうが、ナマで見るとさらに面白いです!
オレはかなりハマりました!

何つったって家に帰ってからハードシェルアントを巻いたくらいですから(笑)
c0157482_13312080.jpg
↑これは今日撮った写真ですが、今まで遠くに釣りに行って、家に帰ってからその日のうちにフライを巻いたことなんて一度もありません!



この日はMYSTさんのあのヤマメ、M島さんの釣りとハードシェルアント。非常にイイものを見せてもらいました!

月曜日のNさん、火曜日のM島さん、MYSTさん、お疲れさまでした~!
c0157482_13224281.jpeg
県内は来週で最後かな?とにかく早くハードシェルアントを試しに行きたい(笑)

[PR]
by camelhd | 2017-09-07 13:44 | Fly Fishing | Comments(6)

息子も連れて山岳渓流へ

今週は元々Yさんと一緒にお山に行く予定でしたが、息子の夏休みの宿題も目途が立ちそう?ってことで、息子も交えて3人でお山に。

息子は本格的な山岳渓流は初めて。
体力に見合った沢をチョイスして鈴や笛も準備して、ルアーをやってみたいってことなのでタックルも準備して出発。

歩いてポイントに到着し、一休みしながらタックルセット。
とりあえずオレは竿を出さずに息子のガイド。
で、最初のポイント。
息子に「こうに投げてこうに巻くんだよ」って教えてたらいきなりヒット!
c0157482_14590842.jpg
なんとキレイな幅広なヤマメ!
色合いも夏ヤマメらしくて素敵です♪

Yさんに息子をかなり優先させてもらいながら釣り上がりますが、チェイスはあるもののフッキングまで至りません。たまに掛かっても直ぐバレたりです。
しかもルアーで現場に出るのが初めてな息子。
キャスティングが上手く決まりません。
家の前で数回練習した時はかなりイイ感じだったのですが、現場に出ると感覚が違うんでしょうね~。

それでも山の中の沢の気持ちよさを感じながら釣り上がります。

そして遂に息子がキャスト→リーリング→ヒット!緊張しながらも無事キャッチ!
c0157482_15061309.jpg
自分で釣りあげた記念すべきイワナです!

オレはもちろん、見ていたYさんも興奮でした。
見ていた人も面白いっていうこの辺は釣りの面白さですよね~♪

これを釣る30mくらい前から自分のタックルをセットしたオレ。
これで心おきなく釣り出来ます。

大場所は息子とYさんに譲る感じで釣り上がると小さいのが何度か出ますがフッキングまではいきません。
で、↓こんな感じの小場所にフライを入れたら・・・
c0157482_15262000.jpg
大きな影がユラ~っと来て水面に浮かんだフライをパク!
一瞬大きな影が見えたのですが、あまりに小場所だったので偶然大きく見えたんだろ?って思ってアワセたらやはり大きな魚体がギランギラン!
「キタ!デケ~~~~!!!」
写真の瀬の中を縦横無尽に走り回ります。
「バレないで~」って堪えていたら、↑写真の右下の岩の切れ間の入りましたがそこは運良く袋小路。
あわてて駆け寄ってネットイン!
c0157482_15243164.jpg
なんと43cm!!! 沢での自己記録更新です!
c0157482_15450785.jpg
フライもガッツリといい所に掛かってます。
何より自分の竿を出し始めてコレが1匹目(笑)
しかもフライは先週使ってボロくなってたフライの使い回しw

口もカッコいいでしょ。
c0157482_15451301.jpg
Yさんにネットインからの動画を撮ってもらいました。
興奮の度合いが分かるかと。
あとで見返すと恥ずかしい程の興奮っぷりですね(笑)
息子もこんなサイズのトラウトはニジマスしか見たこと無いので「これイワナなの???」って。


一本しか釣ってないオレはこれでもう満足。
息子も疲れたとは言いながら沢を楽しみながら登って行きます。
c0157482_15562433.jpg
↑あそこに入ってみたいと言ってわざわざ渡ってパチリ。子供って狭い所が好きですね(笑)

Yさんに優先してもらって釣り上がります。
c0157482_15263804.jpg
小さいのは出るけどなかなか大きいのが出ません。
しかし↑の写真の奥の辺りで・・・
c0157482_15264658.jpg
Yさんも尺!

で、何だかんだ結構上の方まで来たので、Yさんはもうちょっと釣ることにしてオレと息子は早めに下ります。
普段川を歩かない息子にとっては結構ハードなようですが、アスレチックより面白いそうです。大人も気を使うような厳しいヘツリも楽しんでました。
まぁ、こんなとこにいく小学生はそういないでしょうからイイ経験になったかな?
c0157482_15570953.jpg
Yさんにもお世話になりました!ありがとうございます~(^^)

[PR]
by camelhd | 2017-08-29 16:49 | Fly Fishing | Comments(12)

イワナと水晶の渓

久々の釣りです。
夏休みなので家族で出かけたり、子供の習い事なんかで休日も何かと忙しかった感じ。
なので釣りに行くのもほぼ一か月ぶりです。

今回は行ったことがない沢。
仲間内では調子がイイよとのことなので期待してバイク屋さんと2人でGO!

到着して開始するも小物ばかりです。
小物と言ってもホント小さいのは5cmくらい(笑)
良くて15cmってところでしょうか。

しばらく行った辺りでやっとオレに25cmくらいの良型が。
で、それを釣ってバイク屋さんと交代。
ちょっと上流に釣り上って直ぐ。バイク屋さんが「キタ!デカイ!」
見ると尋常じゃない程ロッドが曲がってます!
そして水面を『ドバドバ!』と下る魚。「うぉ~!デケ~!」

見てるこっちもドキドキハラハラしながら無事キャッチ!
c0157482_13271882.jpg
「こりゃ40イッたろ~!?」と計測したら38cm!
それでもデカイ!
こんなの久々に見ました。しかも全然大場所じゃありません。
帰りに撮ったのですが、↓こんな感じの赤丸のとこからです。
c0157482_13514765.jpg
これで俄然ヤル気が出ました!

イイ感じの所で強いヒキで来たのは・・・
c0157482_13274746.jpg
尺もありません・・・。
キレイなイワナなんですが、さっきの見ちゃったらね~(笑)

で、またバイク屋さん。「キタっ!デケ~!」
c0157482_13275741.jpg
今度は太い36cm!
見てた限り先ほどの38cmよりいいファイトしてました。

それからはほぼオレ優先で行かせてもらいます(笑)
しかし小物のオンパレード。
小物が食いそうな時はピックアップして食わせないようにしたくらいです。

とある小場所。
流芯脇を流したフライを下から追う大きな魚影。
しかしもうチョイのところでUターン・・・。
粘りましたが結局それっきり。


そこから50mほど進んだポイント。
ちょっと深さのある赤丸の所から・・・
c0157482_13584442.jpg
大きな魚がゆっくり『ユラ~』っと現われてフライを『パク!』
またゆっくり水中に帰っていくのを確認してからアワセました!

いや、それからが大変!
以下写真でどうぞ。ロッドもグンニャリ(笑)
c0157482_13583307.jpg
c0157482_13585333.jpg
c0157482_13585901.jpg
c0157482_13590355.jpg
ここからさらに数十m下られ・・・
c0157482_13590879.jpg
↓やっとキャッチで安堵の表情(笑)
c0157482_13591272.jpg
↑そして魚のデカさが分かりますかね?

キャッチした魚がコレ!
c0157482_15092791.jpg
c0157482_15093546.jpg
計測すると38cm! いや~40cmいったと思いましたが・・・。
このサイズを釣ったのは何年ぶりでしょう?
川の大きさに比較して似つかわしくないサイズです。

サイズもさることながらヒレもキレイ!
c0157482_15094291.jpg
ゆっくりフライに出たところからキャッチするまでがドタバタでしたが興奮しました!
赤丸でフライをくわえてからキャッチしたのは赤い矢印の先。
写真では見切れている場所でした。
c0157482_15102012.jpg
かつて釣った30cm後半サイズの中じゃ、この魚が一番強かったかもしれません。


その後はこんな感じの大場所も反応無く・・・
c0157482_15261369.jpg
結構上まで釣り上がりましたが、上に行くほど反応が無くなってきたので撤収。
c0157482_15262308.jpg
上の方は人が入った形跡はサッパリなかったのですけどね~?

そうそう!今回凄いの見つけました!
c0157482_15344498.jpg
水晶です!
何気に足元を見たら落ちてました(笑)
家に持ち帰って余分な所を割って洗って・・・
c0157482_10430946.jpg
でも石が硬すぎてほとんど割れません。。。

昔の古い記録にはこの沢近辺の上部には鉱山があったようなので、こういうのも出てくるんでしょうかね~?

お店なんかじゃ見かけるけど現場でこんなの発見したら大興奮でしたよ!

[PR]
by camelhd | 2017-08-24 10:46 | Fly Fishing | Comments(5)

ボートでダム上のお山へ!

今週はボブとハードな渓に行く予定だったのですが、前日午後にシマノのインストラクターの井上さんから「ボートを出すから奥利根湖に流れ込む沢に行こう」とお誘い頂きました。
ボートを持ってない俺としてはこんなイイ話しはないので二つ返事でお願いです。
↓ちょっと早く到着したのでゲート前で待機。
c0157482_08575705.jpg
すぐに管理人さんが来てゲートを開けて道路を上って行くとなんと!!!
c0157482_08564403.jpg
倒木が道を塞いでいます!
頭上を見上げると20mほど上にある木の枝が折れたもよう。
枝と言っても写真の通り太い幹です。
その場にいた4人で動かしますが、車が通れるほどにはなりません。
するとほどなくもう一人が来て5人で押したらなんとか通れる程に。
c0157482_08565049.jpg
楽しみにしてた今日一日がダメになるかと心配したのですが一安心(^^;

ダムサイトで受け付けをしてトレーラーからボートを降ろしていざ出航!
c0157482_08563832.jpg
いや~、湖上を走るボートは気持ちイイです!
正面の山にはまだ雪も見えるのが分かりますかね?

実は奥利根湖は3回目。
前の2回は小学生の時かな。その時は奥利根湖の高柳氏に乗せて頂き一緒にトローリングをした記憶が。

で、目的のバックウォーターに到着。
c0157482_10011318.jpg
そしていきなり2投目。
c0157482_10065612.jpg
なんとヤマメです。聞いてはいましたが、いきなり釣れるとは・・・・。
渓流でヤマメって意外かもしれませんが久々なんです。
なのでちょっと嬉しい♪

その後も直ぐに・・・。
c0157482_10155819.jpg
こんなのがポンポンと。

川は開けていてバックを気にすることもほぼありません。
非常に気持ちイイ川なんですが、ザラ瀬も多く意外とポイント少ない感じ・・・。
c0157482_10165323.jpg
c0157482_12074272.jpg
時折現れる淵をメインに釣り上がりますが、なかなか大物には出会えません。
c0157482_10204586.jpg
c0157482_10245756.jpg
c0157482_10252613.jpg
途中、オレのフライに出た35cmクラスを痛恨のアワセ切れ。

c0157482_10164315.jpg
↑このキノコ、美味しそうだけど食べられるんでしょうか???


前日に入ったと思われる足跡があるせいか、途中の反応はイマイチ。
なのでどんどん飛ばして釣り上がっていくと足跡も消え、急に反応濃くなってきました。
c0157482_10212730.jpg
こんなサイズがいいペースで釣れます。
イイ所で気持ちよく出たのはまたも・・・
c0157482_10213334.jpg
結構上まで上って来てもいるんですね~。

ここまでなかなか尺は出ず・・・。
「ここいいべ!?」ってポイントでようやく。
c0157482_10255843.jpg
白いキレイな尺イワナが♪
c0157482_10260110.jpg
オレンジの斑点がキレイでしょ?
この沢のイワナは総じてオレンジが強くてキレイです。
c0157482_10260626.jpg
尾ビレの赤さもタマリマセン♪



そしてある程度の所まで行くと二股に。

このチョッと前に支流をやってた井上さんと合流。
釣果を聞くと38cmを頭に尺超え4本!
c0157482_10361962.jpg
ん~、さすがです!

井上さんは先に下ってイイ所だけを釣っていくと言うので、ボブと2人でそれぞれの沢に30分だけやることに。
ここからが凄かった。
出るは出るは。30分間で15匹くらいは釣りました。
しかもサイズもなかなか。この調子なら?なんて期待してると30分経った頃にいい滝が!
c0157482_10393831.jpg
かなり期待したんですが小さいイワナが2本(笑)
ここで待ちあわせ時間の1時半だったので終了。

ボブと合流して早いペースで下って、かなり下流で井上さんと合流。
ちょうどイワナをキャッチしてたところ(笑)

また3人で早いペースで下ってバックウォーターまで1時間ちょうど。
平坦なザラ瀬なんかも多いんで飛ばしてきたから、結構上まで行っちゃいました。
にしても井上さんの下るスピードも早い!
オレも結構早いと思ってるのですが、ほぼ変わらない速さです。
普通の人だったらあのペースはまずついてこれないペースですよ。

あっ、帰り道にカワイイのが♪
c0157482_12053215.jpeg
テンですかね。
こちらに気が付いてこちらと同じ様なペースで振り返りながら歩く姿が可愛かったです。
最後は川をジャンプしながら渡って対岸の茂みに消えて行きました。


最後の快進撃が効いて数はかなり出ました。40匹は釣れてないけど30匹以上は釣ったでしょう。
特大は出ませんでしたが、キレイな尺イワナも釣れて大満足です。

何よりもボートでアプローチってのがアドベンチャー的で楽しかったです!
魚も期待できますが雄大な自然も素晴らしいんです!

とにかく今回は楽しかったです!!!
井上さんのお陰で大変貴重な体験が出来ました。
ありがとうございましたm(__)m
c0157482_12322528.jpg

[PR]
by camelhd | 2017-07-26 12:46 | Fly Fishing | Comments(2)

巨岩の渓

前回のお山釣行は増水&濁りで釣れはしたものの不完全燃焼。
今回はなんとかイイ釣りしたいな~ってことでペンキ屋ボブと出撃。
ただ日曜日だったので普段より早めに出かけました。

向かった先はこんな岩がゴロゴロしてる沢。
c0157482_11003112.jpg
全てがこんな感じじゃないんですが、上へ行くほどこんな巨大な岩が密集してます。

釣り始めからそこそこ反応もあって、直ぐにいいサイズのイワナが♪
c0157482_11054781.jpg
かなりいいヒキしたので尺あるかと思ったら、ギリギリ足りず(笑)
c0157482_11045226.jpg
久しぶりで最初は手こずっていたボブも直ぐにキャッチ。

こんな感じのいい渓相もあるんですが・・・
c0157482_11044886.jpg
釣れるのは巻き返しの穴みたいな所が多かったです。
「スレてるのかな?」と思ったんですが、この沢は割とそういう所に付いていることが多いのを思い出しました。
沢によってイワナの性格って絶対違いますよね?

区間ごとに釣れる区間とそうでない区間がありました。
でも釣れる区間は・・・
c0157482_11094304.jpg
c0157482_11123149.jpg
こんなアワセの瞬間の写真を狙って撮れるほど♪

しかし途中に現れる巨岩帯。乗り越えるのがとにかく大変。
乗り越えられる場所も限られるんでアッチコッチ動かされる迷路のよう(笑)
c0157482_11184133.jpg
それでもどんどん上に登っていくにつれ、反応も濃くなってきました。
c0157482_11043685.jpg
ここまで2人でかなりの数を釣ってますが、大物は出ません。


で、巨岩帯の中のいい流れ。
いきなり尺は楽にある魚がフライを見切ります。
もう一度投げるとさっきとは違う魚(とは言え、それも尺くらい)が追いますが、それもUターン。
ここでフライをチェンジ。それまでは#11でしたが、一気に#18位に。

12時半頃です。フライを変えている最中のことでした・・・・。
片膝立ててしゃがんでフライを変えていたのですが、なんか体が揺れてる?
気のせいかと思ったけどボブに「揺れてる?」と聞くと、大きな岩の上にうつ伏せで寝そべっていたボブも「スゲ~揺れてますよね!?」
しかも大きな横揺れ。東日本大震災の時の感じに凄く似てます。あそこまでの震度ではないにしても震度4は確実な感じ。
「ヤバくね?」と辺りを見回しますが、落石とかはなさそう。山鳴りもしてません。
しかも結構長いです。恐らく1分以上2分以上。

だんだん治まったので「どうする?」と2人で相談。
「とりあえずソレ釣っちゃう」とオレ(笑)

目の前にイワナはまだいるので小さいCDCパターンに変えてキャスト。
一発で『パクッ!』
c0157482_11042501.jpg
かなりの強いファイトで楽しませてくれました。
写真を撮ってリリース。

「あれだけの地震なら直ぐに余震もありそうだよね?」ってことで気にしてましたが、そんな感じもありません。
しかし帰りの道中が崩れてたりとかも心配なのでチョッと早いけど撤収。

沢を約一時間かけて下って林道に出ます。
途中崩れたりって所は一切ありません。
休憩もそこそこに一気に車まで戻りました。

あれだけ長く揺れてたんだから震源地は遠くてもきっと大きな地震だろうと思ってました。
下界はきっと大変なことになってるに違いないって話しながら下りました。

で、車に到着して直ぐに携帯を見るとカミさんと娘からの着信が6件も。
こりゃ心配してかけてきたに違いないと思ったオレ。
すぐに部活に行ってた娘に電話。

オレ「大丈夫?」
娘 「は???」
娘 「部活終わって映画に行こうと思ったから、一緒に行くかどうか電話したんだけど?」
オレ「凄い地震なかった?」
娘 「地震?部活してたから分かんなかったけど、多分ないよ」
オレ「アレ????」

電話を切って携帯で地震の履歴を調べたら長野南部で震度1ってのがあったくらい。
二人で「アレ?」「えっ?」(笑)


結局地震じゃなかったようです。
でも確実に揺れてました。
しゃがんでたオレはともかく、イワナに見つからないように大岩の上で寝そべっていたボブも感じているんだから間違いないはず。。。

ん~、何だったんだろ???

[PR]
by camelhd | 2017-07-19 12:43 | Fly Fishing | Comments(4)