群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野釣りブログ

最新のコメント

ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 13:40
totoさん、はじめまし..
by camelhd at 13:38
お疲れ様です。清涼感いっ..
by ネコ好きヘッダー at 19:04
はじめまして。素晴らしい..
by toto4543 at 17:36
いわなたろうさん、こんに..
by camelhd at 10:18

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:Fly Fishing( 334 )

巨岩の渓

前回のお山釣行は増水&濁りで釣れはしたものの不完全燃焼。
今回はなんとかイイ釣りしたいな~ってことでペンキ屋ボブと出撃。
ただ日曜日だったので普段より早めに出かけました。

向かった先はこんな岩がゴロゴロしてる沢。
c0157482_11003112.jpg
全てがこんな感じじゃないんですが、上へ行くほどこんな巨大な岩が密集してます。

釣り始めからそこそこ反応もあって、直ぐにいいサイズのイワナが♪
c0157482_11054781.jpg
かなりいいヒキしたので尺あるかと思ったら、ギリギリ足りず(笑)
c0157482_11045226.jpg
久しぶりで最初は手こずっていたボブも直ぐにキャッチ。

こんな感じのいい渓相もあるんですが・・・
c0157482_11044886.jpg
釣れるのは巻き返しの穴みたいな所が多かったです。
「スレてるのかな?」と思ったんですが、この沢は割とそういう所に付いていることが多いのを思い出しました。
沢によってイワナの性格って絶対違いますよね?

区間ごとに釣れる区間とそうでない区間がありました。
でも釣れる区間は・・・
c0157482_11094304.jpg
c0157482_11123149.jpg
こんなアワセの瞬間の写真を狙って撮れるほど♪

しかし途中に現れる巨岩帯。乗り越えるのがとにかく大変。
乗り越えられる場所も限られるんでアッチコッチ動かされる迷路のよう(笑)
c0157482_11184133.jpg
それでもどんどん上に登っていくにつれ、反応も濃くなってきました。
c0157482_11043685.jpg
ここまで2人でかなりの数を釣ってますが、大物は出ません。


で、巨岩帯の中のいい流れ。
いきなり尺は楽にある魚がフライを見切ります。
もう一度投げるとさっきとは違う魚(とは言え、それも尺くらい)が追いますが、それもUターン。
ここでフライをチェンジ。それまでは#11でしたが、一気に#18位に。

12時半頃です。フライを変えている最中のことでした・・・・。
片膝立ててしゃがんでフライを変えていたのですが、なんか体が揺れてる?
気のせいかと思ったけどボブに「揺れてる?」と聞くと、大きな岩の上にうつ伏せで寝そべっていたボブも「スゲ~揺れてますよね!?」
しかも大きな横揺れ。東日本大震災の時の感じに凄く似てます。あそこまでの震度ではないにしても震度4は確実な感じ。
「ヤバくね?」と辺りを見回しますが、落石とかはなさそう。山鳴りもしてません。
しかも結構長いです。恐らく1分以上2分以上。

だんだん治まったので「どうする?」と2人で相談。
「とりあえずソレ釣っちゃう」とオレ(笑)

目の前にイワナはまだいるので小さいCDCパターンに変えてキャスト。
一発で『パクッ!』
c0157482_11042501.jpg
かなりの強いファイトで楽しませてくれました。
写真を撮ってリリース。

「あれだけの地震なら直ぐに余震もありそうだよね?」ってことで気にしてましたが、そんな感じもありません。
しかし帰りの道中が崩れてたりとかも心配なのでチョッと早いけど撤収。

沢を約一時間かけて下って林道に出ます。
途中崩れたりって所は一切ありません。
休憩もそこそこに一気に車まで戻りました。

あれだけ長く揺れてたんだから震源地は遠くてもきっと大きな地震だろうと思ってました。
下界はきっと大変なことになってるに違いないって話しながら下りました。

で、車に到着して直ぐに携帯を見るとカミさんと娘からの着信が6件も。
こりゃ心配してかけてきたに違いないと思ったオレ。
すぐに部活に行ってた娘に電話。

オレ「大丈夫?」
娘 「は???」
娘 「部活終わって映画に行こうと思ったから、一緒に行くかどうか電話したんだけど?」
オレ「凄い地震なかった?」
娘 「地震?部活してたから分かんなかったけど、多分ないよ」
オレ「アレ????」

電話を切って携帯で地震の履歴を調べたら長野南部で震度1ってのがあったくらい。
二人で「アレ?」「えっ?」(笑)


結局地震じゃなかったようです。
でも確実に揺れてました。
しゃがんでたオレはともかく、イワナに見つからないように大岩の上で寝そべっていたボブも感じているんだから間違いないはず。。。

ん~、何だったんだろ???

[PR]
by camelhd | 2017-07-19 12:43 | Fly Fishing | Comments(4)

今季の利根川2017 ~モドリの対策~

群漁のシーズンは一段落な感じなので今年の利根川のまとめでも・・・。

今年はみなさん何と言っても水量の多さに悩まされたんじゃないでしょうか?
前橋で2,3~2,4mくらいは好きな水位でまだ全然イイんですけど、2,7~2,8m辺りで濁ってるのは勘弁して欲しかったですよね。
どうも群馬県北部の山々は積雪が多かったようです。雪の融け方も徐序にって感じじゃなかったようで。

個人的にも前半の休日は犀川や天竜川に行ってたので、ガッツリ利根をやってたワケじゃありません。でも4月半ば頃から毎朝仕事前には通ってました。
今年は漁協の放流も4月に入ってからでした。ちょうど水量の多い時の放流で、持ち帰られた魚は例年に比べてかなり少なかったかと思われます。
にも関わらず大型のレインボーを始め、小ニジも思ってたほどは釣れませんでした。水量が多く狙い所が少なかったことや、狙いきれなかったのが原因かも?
(ひょっとしたら改修工事された坂東堰のコンクリートが魚に何かしらの影響を与えていたのかも?)
魚も多くが下流に下っていて、群漁下流部で意外と釣れました。



そしてモドリの時期。
結果から言うと非常に魚の少ない年になってしまいました。
ここ数年が良かっただけに難しく感じた方も多かったんじゃないでしょうか?
オレが確認した群漁管内のフライでのモドリの釣果はオレ以外ではたった3匹(ちゃんと確認出来るものだけです。胡散臭いのはカウントしてません)。


今年は水量も多く水温も低かったので、前橋に来るのは遅めと読んでいました。
案の定、前橋辺りで釣れ出したのは6月入ってから。
ちょうど5月下旬はヒゲナガも出ていた頃だったので非常に期待していたのですが、モドリが来てからはヒゲナガも急激に終息(笑)
これでは虫に頼った釣りが出来ません。

今までの経験を生かし、ヒゲナガに頼らない釣りを展開。
そしたら狙いの場所で!
c0157482_15293264.jpg
いきなり1本目がこんな立派な魚で感動しました。


2本目とカウントしてもイイのか迷うサイズですが(笑)、10年前ならしっかりモドリのサイズ。
c0157482_12185426.jpg
これまた狙いの流芯。と言ってもあまり早い流れじゃありません。

3本目。
c0157482_10013628.jpg
2本目と同じポイントでしたが、こちらは割と手前で釣れました。
ただ沈み根絡みです。そこは通常水位じゃ見えない沈みテトラが一つだけぽつんとあるんです。去年と比べてかなり埋まったので今や減水しても分からないと思います。

そして4本目。
c0157482_10194101.jpg
ようやく減水してきた時でした。ただ例年のようにはっきりした減水ではなかったので心配でしたが、減水一発目は狙ってました。
まさに狙ってたピンポイント(わずか3m四方くらいです)で会心の一匹!

7月頭までにもう一匹と思ってたけど、濁りで終了。


魚の少ない今年に群漁管内だけで4本は自分でも出来すぎと思います。
しかも3本がいいサイズ。
「神ってる」ってこういうことでしょうか(笑)

その3本とも違うポイントでしたが、似たようなポイントなんです。
去年・一昨年と釣ったモドリもそうでしたが、大型のモドリと40cm前後以下のモドリはどうも付く場所に違いがあるような感じ。特にヒゲナガが絡んでいない時程、その傾向は強いように感じます。

たまたま5月のGW頃に読み返した2013年12月号のフライフィッシャー誌。
c0157482_10275918.jpg
書いた当時は「かなりコアなことだよな~」って思ってたんですが、「オレ、なかなかイイこと書いてたじゃん?」(笑)と読み返して自分の記事からヒントを得ました。
ウチのお店に置いてありますが、貸出禁止図書です(笑)

とにかく大事なのはモドリが居着く場所じゃなくて・・・口を使う場所”
大型モドリ狙いでそんな場所を探すとなると、例えば群漁管内を探してもそう何か所もあるとは思えません。もちろん魚が留守な時の方が断然多いのですが・・・。
いい時間帯に(←コレ大事!)そういう所だけをピンポイントで効率良く回れてたから今年の出来過ぎな結果に繋がったのかな~?と思ってます。

あと意外と大事なのがニジマスを捨てきること!
何の反応もないとつい小ニジでも、って思っちゃうんです。オレだけ?(笑)

そして情報も大事です。
前日ここで釣れたとか跳ねてたなんて話があれば、翌日はここら辺かな?と見当をつけて入るのも非常に大事です。堰下で待ち構えたり同じポイントで待ち構えたりする釣り方だとまた話しは別ですが、オレのように狙いをつけてポイントに入る釣り方にとっては、遡上魚ゆえに当日・翌日に同じ場所で二匹目のドジョウの確率は少ないかと・・・。魚の多い年なら直ぐに新しい魚が入って来るんで可能性高いですが、特に今年のように魚の少ない年なら尚更です。

迷うのが出会い頭の一匹。
こういうヤル気マンマンの魚ってのは確かにまあまあいるんです。個人的にはこういうパターンであまり釣ったこと無いんですが。。。
ただこいつらをフライで狙って釣るには難し過ぎると感じてます。サイズも選べません。ルアーならもっと確率高く狙えるんじゃないでしょうか?
なのでそういうポイントはとりあえず流しはしますが、あくまでサラっとです。


年々ホントに少しずつですがフライでのモドリの釣り方が見えてきています。
今年はバラシも含めたら魚の少ない年にも関わらず、それなりのコンタクトがありました。
モドリの期間が約1ヶ月と短いので進歩の度合が非常に低いのですが、今年になってその釣り方もようやく間違いないと言えるレベルにまでなってきたと思います。

聞いてる話しと比較すると、北陸・東北のサクラマスと利根川のモドリとではやっぱり釣り方が結構違う感じがします。魚の数も海からの距離も断然違うから当たり前なのかもしれませんが・・・。



今年確信となったことを来年も試すべく今から準備しとかないと!
来年の大量遡上を期待しましょう♪



[PR]
by camelhd | 2017-07-11 14:32 | Fly Fishing | Comments(0)

今季初お山&バスフィッシング!

利根川も坂東漁協管内は釣りになるようですが、群漁管内はまっ茶色。。。

って言うかもうストレスの溜まる釣りに嫌気がさしてきたので(笑)、この連休は本流と無縁の釣りへ。


今年初のお山釣行なので非常に楽しみにしてました!
ところが・・・・。
c0157482_12120005.jpg
途中の本流は酷いチョコレート色の濁り。。。
ここがこんな色になってるのは初めてです。
恐らく未明に降った雨がかなりのまとまった雨だったようです。

迷いましたが支流ならなんとかなるんじゃん?ってことで、とりあえず歩いて行ってみることに。
ところがそこもダメ・・・。

仕方なく「帰るか・・・」 なんて帰っていたら、途中に割とクリアな沢を発見!

そこはいつも気になっていた沢ですが、行ったことはなかったんです。
「どうせ帰ってもすることないし見るだけ見てみる?」 ってことで入渓。
c0157482_09181783.jpg

まぁ水が多いです。きっと普段の倍は流れているんでしょう。ポイントがほとんどありません。
それでも竿を出してやってみたら・・・
c0157482_12194166.jpg
いました! 今季初イワナです!(お山のね)

魚がいるのかどうかも分からなかった沢なので、釣れただけでも嬉しいです。
c0157482_12194757.jpg
↑ピントが魚じゃなくて沢で恐縮です(笑)
サイズはこんなんばかりですが、いることにはいます。

最初は見ていただけのバイク屋さんも竿を出して数匹キャッチ。
c0157482_12245415.jpg
沢の狭さが分かるでしょ?
普段なら絶対に竿出しませんよ(笑)
c0157482_12255402.jpg
↑これがこの日の最大サイズ(笑)

1時間も釣り上がると源頭の雰囲気になってきたので撤収。
まぁこんな日もあります・・・。




そして翌日は番長さんと昨年から約束していたバスフィッシングへ!
バス釣り自体は20数年ぶりになります。
タックルはほとんど売ったりくれちゃったりしたので手元に残っていた竿は3本。
確か15本位持ってたはずなんですけどね~(笑)
c0157482_12291823.jpg
左のロッドは小学生の時に買ったMr.Don。
右は高校生の頃に買ったスーパーストライクのテラミス。
フィーダーボックスにメガバスのピンクの初期のステッカーが泣かせますよね(笑)


当然ワームも昔のまんま。腐って無くて一安心です(笑)
流石に今回のためにラインだけは買いましたよ。

c0157482_12290774.jpg
葦打ちがしたかったのでここの沼です。
オレ達にバス釣りのために遠くに行くまでの気力はありません。今のところ(笑)

バスの自己記録は57cmですが、それを釣ったのもここ。
54cmを頭に40upを一日に10本とか、考えられない程釣れたこともあります。20数年前は(笑)

ピッチングやフリッピングが出来るかな~?って心配してましたが、全く心配ありませんでした。
体って覚えてるもんなんですね~。
c0157482_12375160.jpg

それにしても楽しいです!
投げてピンスポットに打つだけでも楽しいです!
c0157482_12375640.jpg
このピンスポットを次から次にテンポ良く打って行く感覚はイワナ釣りに似てるところがあります。

オレのメインはギドバグの青ツメ、ドゥードゥルビーバーの205をフロリダシンカーにリグって葦の隙間をフリップしていきます。
c0157482_12440698.jpg
ところが全く反応なし。
結果から言うと番長さんにワンバイトあっただけ。

でもたまには違った釣りも面白いんですね~。
普段の本流フライフィッシングとはまるでかけ離れているので凄く新鮮な感じでした。
全く使っていなかったタックルを使うのもイイです!
年に一度くらいはこういうのはやるべきですね~。

この昔のタックルでいいバスを釣りたくなってきました。
来年は絶対釣ってやろうと思います♪




後ほど書く暇があれば今季の利根川総括なんぞをup出来ればと思ってます。
期待せずにお待ちください。

って言うか、濁りが引けばまだまだ行きたいんですけど。。。
最後にニジのイイのでも釣って締めたいんだよな~。

[PR]
by camelhd | 2017-07-06 08:58 | Fly Fishing | Comments(4)

昨日の利根川

ここのところサッパリです。
先週の24日にあの48cmを釣りましたが、ホントそれっきり。
あの日もアタリはそれだけ。
小ニジも釣れないんですよ。

日曜日。
この日は恒例の餌釣り大会でした。仕事前の朝に行きましたが、川霧が出ていて雰囲気良かったんです。
モドリの跳ねも3回見ました。雰囲気抜群だったんですが、川霧が出てる時って個人的にはイマイチなんです。
「こりゃ今日は朝じゃなくて9時~昼頃だな。」って思いながら帰宅。
案の定、仲間がビッカビカのモドリをその時間帯に釣りました。

日曜は仕事が早く終わったので一流しだけイブニングに行きました。
例年この時期のイブニングなんて何かしら釣れて当たり前。
ところがアタリすらありません。
ウグイとおぼしきアタリは3回ほど。
もちろんヒゲナガなんぞ皆無に等しい状況。


そんなこともあり、昨日の月曜日は全く期待せず行きました。
結果から言うとまるで予想通り(笑)

しかし久しぶりに小ニジを釣りました。
c0157482_10173171.jpg
ちょっとどころか結構嬉しかったです♪

で、直ぐに陽射しも強くなってきて全く釣れる気しない状況。
今後のためにいくつかポイントを見て回って9時過ぎには終了。

だいぶ減水してきた利根川。
水温も急激に高い感じ。
普段滅多に水温測らないんですが久々に、って言うか今年初めて(笑)測ってみたら・・・
c0157482_10173687.jpg
大渡橋の所で17,5℃。時間は9時50分。

その後は暇だったんで、坂東堰を見に。
c0157482_10171674.jpg
工事が終わって初めて来てみました。
写真じゃ分かりづらいですが、相変わらずこれじゃあ魚が遡上するのに苦労するだろうな~って堰です。
左岸側の魚道もソコのぼるの?って感じの見た目。
せっかく改修するなら魚道もイイのを作れば良かったのにね~。

手前には鮎のドブ釣りの方々。
奥の秋山側にはモドリ狙いの餌師の方々。
アイスを食べながら見学です♪
c0157482_10172414.jpg
↑これ美味しいですよね~♪

ちなみに群漁でほぼ入ったことのない場所はないってオレ。
唯一入ったことのないのがその堰下左岸です。
昔から餌釣り師の聖地的なイメージがあったので、勝手にそういう所だと思ってましたが数年前からはルアーの方々もかなり多いようですね~。

右岸は群馬県がルアー解禁になった年にルアーでよく通ってました。
当時は堰のチョッと下流がいいランになってたんですよね~。(↑の写真には写ってない右側の、今はテトラがなくなる辺の岩盤が出てる辺りだったかな?)

今みたいに大きいモドリは釣れなかったけど、解禁当初から尺ヤマメが釣れてた記憶があります。




だいぶ減水してきた利根川。
虫もあまりハッチしていなかったんですが少しずつ出ているようです。
c0157482_10174229.jpg
↑今朝の写真ですが岸際にいっぱいいました。
例年だとこのカディス、もっと早い時期に見るんですが・・・。

でもここ数日で遅れていた状況が一気に追いつき追い越すでしょう。
アユの跳ねも結構見られるようになってきました。
個人的には昨日・今日辺りで急に川の季節が追いついた感があります。


ちなみに今朝の利根川。
アタリ無し。
凄い鯉を掛けましたが10分程ファイトして痛恨のティペット切れ。1,5号のフロロじゃあれが限界だな~(笑)
上げてれば鯉の自己記録達成したかも?



モドリの時期もあともうチョイ。
特に魚の少ない今年は必然的に釣れる時期も短いかと思います。
個人的に頑張るのはあと10日間くらいかな?ラストスパートです!

[PR]
by camelhd | 2017-06-27 12:04 | Fly Fishing | Comments(2)

今朝の利根川 号外パートⅢ

久々のまとまった雨で増水&濁り。

その間、せっせとフライを巻きました。5本だけだけど(笑)

そのフライを引っさげ、今朝出撃。

昨日の午後から群漁管内も急激に回復。
しかし昨日は良さそうだったにも関わらず、イマイチだったそうです。

30cmほど減水したのでかなり期待していました。ところが昨日夜にチョイ増水。
結局-20cm。何だか中途半端。
そのせいでポイント選択にかなり迷います。
結局いつもとは違うポイントを選択。
気合いMAXだったんで目指すポイントには一番で到着。


朝イチはフローティングで。
ヒゲナガはスケーティングこそしてませんが、まあまあ飛んでます。
核心のピンポイントは反応ナシ。

そこから直ぐ下のヨレを流してた時。
いきなり『ゴン!ゴゴゴン!』 何も反応ないところから突然なのでかなりビックリ。

そのままフッキングさせると『ギギギギ~~~!!!!!』 と凄いダッシュ!
「レインボー? でも去年のモドリもこんな感じだったしひょっとして?」
ちょうど沈み根があるのが分かっていたので、あえて止めずに走らせました。
で、止めようかと思ったけど止まりません(汗)

なんとか止めると『ドンドンドン!』と凄いヘッドシェイク。
じわりじわり寄せるとなんか変なファイトに。「ん???」と思ったら尻尾から寄ってきます。
「あれ?スレなん???」
そこからは苦労せずにキャッチ。

なんとローリングされて体に5回くらい巻かれていました。
針は前日巻いたフライが口の中の硬いところに外れない程にガッチリ!
しかもデカい!
c0157482_10194101.jpg
ドキドキしながらすぐに計測したら48cm!
c0157482_10195110.jpg
↑ラインの跡が・・・。
しかし精悍な顔つき!
c0157482_10201861.jpg
いや~、嬉しい一匹です!
減水して一発目は狙ってましたから。
ポイントもギリギリまで迷って選んだ甲斐がありました。

それにしても去年の51cm、一昨年の48cm、今回の48cm。40cm半ばとは全くヒキが違います。
たまたまかと思ってたけど、オレが釣った40cm後半以上は走りが凄いです。
ほんのちょっとのサイズ違いなのにこうも違うんでしょうかね?
まだあまりそのサイズを釣ってないんでよく分かりませんが・・・。


まだまだ本格的な減水ってワケでもないんでまだ釣れそうです。
って言うかこれからな感じもします。
今年は数が少ないのはもう明らか。ただ釣れればいいサイズっぽい。

今年は全体的な数が少ないのに個人的には何だか調子イイんで、こういう時こそ畳みかけて行きたいと思います!!!

[PR]
by camelhd | 2017-06-24 12:52 | Fly Fishing | Comments(5)

最近の利根川

仕事と釣りで更新する暇がないです。ネタもないんですが(笑)

今日のこの雨で利根川も濁り、ようやく休めます。ちょっとホッとする時。
なかなか釣りに行けない人にはぶっ飛ばされそうな感じですが・・・。

ここしばらく厳しい状況が続いてます。
低水温だからなのか虫のハッチがない。と言うかどんどん減少してる感じ。
虫が出ないので魚も浅場や早い流れに入っておらず、フライでは非常に難しい状況。

朝行ってもアタリがあればマシ。一匹釣れれば上出来といった感じです。

暖かい日となった月曜日は多少良かったようですが、そんな日に限って用事があって出かけてました。
ただ朝イチだけはやりました。
しかしネットまであと1mのところでフックを伸ばされてバラシ。
キャッチ出来ていれば今季一番のサイズのモドリだったでしょう。



ここのとこの状況を打破すべく作戦を練り直して挑んだ今朝。
某ポイントで一流し。
なんかビミョ~なアタリ?みたいなのがあったので、フライを変えて二流し目。
突如『ゴン!』
水面直下でグリングリングリン! 
手前に寄せてもグリングリン。姿が見えると40cm強のモドリ。
ネットを差し出したところでフックオフ。

もちろんバレたのは悔しいのですが、今までと違う釣り方で掛かったのがとにかく収穫です。
読みがドンピシャで当たったのが嬉しくて・・・。

バラシた話しばかりでお恥ずかしいのですが現実なので。

今年、現段階で小さいのを含めて3本。確実にモドリってのをバラシたのを含めたら、モドリの数が少ない年の割に意外とコンタクトを取れています。
っていうのもポイントとその釣り方が結構見えてきた感じなのか?狙った感じでのコンタクトが結構多いのです。
前にも書きましたが犀川と天竜川の経験が多いに役立ってます。それがなけりゃ今年は釣れてなかったかもしれません。魚種は違えどやはり経験の積み重ねなんですよね~。


そうそう!こちらに利根川のモドリに関する研究結果があります(pdfです)。
耳石 Sr:Ca 比によって推定した利根川産大型ヤマメの回遊履歴
↑非常に興味深い内容です。
海に行ったかどうかなんですが、個人的に面白かったのは45cm前後でも海に行った個体とそうでない個体がいるってこと。

胃の内容物も面白いですね。
先日友人が釣った43cmの利根のモドリは胃の中はキレイに何も入ってませんでした。しかし別の友人が釣ってきた北陸のサクラマス(海からほど近い河川で釣れた55cm)には小さな川虫がちょっとだけ入ってました。

まぁ全てのサクラマス系の魚が全く何も食わないとは思ってませんが、やはり基本的には少食なんでしょうかね~?
でもヒゲナガがビッチリ入ってたってのも聞いたことありますし。

そして海から200km以上ある前橋やさらにそれ以北で釣れる。
そりゃそんだけの距離を遡上してくれば釣り難くもなりますよね。

見た目の美しさだけでなく謎のある魚です。
個人的には全くもってサクラマス至上主義ではありません。イワナもニジマスもブラウンも皆同じように大好きです。
しかしこの短い時期限定の利根のモドリには凄~く惹かれるものがあるし、期間限定ゆえに昔からの憧れでもあります。

あともう一度、今朝見えてきた釣り方でモドリと出会いたいな~。
c0157482_19131994.jpg

[PR]
by camelhd | 2017-06-21 19:55 | Fly Fishing | Comments(6)

今朝の利根川 号外パートⅡ

ここ数日は小ニジのアタリを引き出すのもやっと・・・。
それくらい難しく感じてます。

火曜日は低水温のまま曇り。
水曜日はようやく晴れた。
で、今朝の木曜日は絶対イイと思ってました。

朝、家を出発して「どこに入ろうかな~?」って考えながら車を走らせます。
テレメーターで水位を見ると昨日・一昨日より若干増えてる。「じゃあアソコに入ろう♪」みたいな感じで行き先決定。

行ってみたら案の定イイ感じ。

開始してラインを出して、ランニングラインを出しきった頃。5~6投目くらいかな?
スイング中に『クンクン、ゴゴゴン!』  「えっ!? もうキタ!」
すかさずファイトに入るといいサイズっぽい。
しかしいきなり1m近い高さのジャンプ!「かぁ~ニジか?」
その後も鋭い突っ込みを繰り返し、もう一度今度は低くジャンプ。
「ニジっぽいけどサイズ的にモドリかも?」

とにかくネットインすべく慎重によせるとやはりモドリ!
そして無事キャッチ!
c0157482_10013628.jpg
これまたいいサイズの45cm!
いや~、モドリにあんなに高くジャンプされたの初めてです。
ファイト自体も先日の46cmより強かった~(^^;

嬉しいのでいっぱい写真貼ります(笑)
c0157482_10014331.jpg
↑ヒレが尖っていてカッコいいですよね♪
c0157482_10014963.jpg
↑角度を変えてメタリックな感じを♪
c0157482_10015465.jpg
↑違う角度からは薄っすらと婚姻色♪


ここのところ何とな~く、ホントに何とな~くモドリの付く場所が見えてきた感じ。
過去の経験からってのもありますが、一番は天竜川での経験。
レインボーですが移動してるような魚の付く場所の一部があるのが見えてきたような?
あの時の犀川もそうでした。
まぁ移動する魚だからいない時の方が多いと思うんですが。。。

それにプラス今は低水温が関係してるのかと。



おそらくそろそろ急激な減水になるはず。
そうすれば状況もガラリ変わるので、対策も大幅に変更していかないと。

まだまだ下流で釣れてるので高崎・前橋もまだイケそうです。
頑張りましょうね!!!

[PR]
by camelhd | 2017-06-15 10:25 | Fly Fishing | Comments(4)

利根川 

前回upしたモドリを釣って以来、なかなか厳しい日が続いてます。
c0157482_12183799.jpg
こんな朝っぱらからやってるにも関わらず、毎朝小ニジが1~3匹程度。
そもそもあのモドリを釣った日だってアタリはあれだけ。

ここ1週間ほど大型ニジマスのアタリもサッパリ。それどころか小ニジのアタリも少ないです。
やはり虫が少ないのが関係しているのか?
水温も低め。
低水温→虫のハッチ無し→魚のやる気もイマイチ…的な感じなんでしょうか?



昨日の月曜日も朝イチから。

まずはフローティングラインで開始。
ところがヒゲナガはたまに流れてくる程度。水面をスケ-ティングしてるのも見たのは3匹位。
当然アタリなし。

でも自信のある場所だったんで、ラインをタイプⅡに変えて再度流すと流芯で『ゴゴゴン!』ときて勝手にフッキング。
大きくないけど変なファイト。鋭い突っ込みとローリングメインなんですが、何だろ?表現出来ません(笑)
で、寄せるとなんとモドリじゃないですか!
いや~、ラッキー♪
c0157482_12185426.jpg
小型サイズですが、体型がイイ感じですよね。
まるでサクラマスをまんま小さくしたみたい。
腹ビレの透け具合もイイですね~♪
c0157482_12185941.jpg
指先がお腹に反射してるの分かりますかね?
このメタリック感、タマリマセン♪

朝イチに釣れたので他でも期待をしますがまるでダメ。
アチコチ回ってかろうじて小ニジが2匹。

ところがこの日はルアーで4匹釣れてました。
やはりルアー強しですね~。

ちょうど昼前にシマノのインストラクターの井上さんが釣りをされてたので、しばし見学&質問。
まぁ当然上手いです!釣りしてる数が違います。
年間の利根での釣行回数がオレより確実に多い人です。そんな人そうそういません(笑)
c0157482_12453997.jpg
見ていたら流す筋が自分で魚がいるとイメージしていた筋と同じ。
やはりああいう所で良いんだな~とちょっと安心しました(笑)
上手い方の釣りはジャンルが違えど非常に参考&刺激になります。


夕方も再出撃しましたが、強風で全然ダメ。

今朝も行きましたが全部で3回アタリでこんなんが2つ。
c0157482_12450912.jpg
銀ピカだったんでまた小さいモドリかと(笑)
ちょっと一段水位が落ちたので期待していたのですが・・・。

今朝は友人がフライでモドリの43cmをキャッチしています。
午後には別の友人がレインボーの54cmも。
モドリは餌釣りでも徐々に釣れだしてきてはいるようなので、フライはまだこれからに期待出来ますかね。



ちなみに・・・どんなフライでモドリが釣れてるのか?気になりますよね?

ぶっちゃけ何でもOKです(笑)
オレのはウェット。今期のフライでの釣果である今朝の友人のや他の方お一人はチューブフライ。
これじゃなきゃダメって感じは全くありませんが、どうもモドリは流れに応じたフライにシビアな気がします。前にも書いたかな?

最近はラインにも関係あるような気がしてきました。凄~く当たり前なんですがね(笑)
残されてるのはわずかな期間ですが色々と試していきたいと思います♪


[PR]
by camelhd | 2017-06-13 17:25 | Fly Fishing | Comments(6)

今朝の利根川 号外?(笑)

今朝の5時頃、ついにやりました!
c0157482_15294470.jpg

一昨日の朝、やけに寒くてダメだったんですよね。
昨日も「状況変わらずだな~」と思ったんで、昨日の朝は体を休めるためにもお休み。
案の定昨日は全体的にダメだったようです。
川の状況と体がだいぶマッチしてきてます(笑)

で、ダメな日が続いた後の朝。昨日の天気の具合からして今朝は絶対イイと思ったんで出撃。
ところが痛恨の30分寝坊(笑)
急ぎますが目当ての場所には先行者。

で、連休中に目を付けておいたセカンドポイントへ。
どの道今朝は一番いい時間にそこへ入る予定でした。
30分の寝坊でちょうどその時間頃になってましたけど。。。


流し始めて10投もしたころでしょうか。
スイング後半で『グ・・・クンクン!』 「キタ!持ってけ!」
『グググ~~~~!』 ときてフッキング。

あまり強いヒキじゃないけどなかなかサイズ。 
途中グリングリンと・・・。「これひょっとして??? でもネットインまで分かんね~な」

手前に寄せたら「うわ!本物じゃん!」 そして慎重にネットイン!
c0157482_15292666.jpg
この銀ギラでプリップリな魚体!
遡上中に石にぶつけたりしたんでしょう、口の先が若干赤く傷んでます。
c0157482_15293869.jpg

それにしてもまぁ利根川らしい見事なモドリ! 
サイズも46cmとシーズン一匹目なのに素晴しいサイズ。


ちなみに普通にいつものタイプⅡで沈めてでした。

いや~、とにかく釣れて嬉しいし一安心ってのが釣った時の素直な気持ち。

毎年顔を拝みたいってのもありますが、水量の多い今のうちにどうしても釣りたかったんです。
フライだと減水すれば釣れそうな感じになってきますが、水量の多い段階はなかなか釣れないのを少しでも攻略したいと思ってるからです。
火曜日の朝のバラシもあったりで、何となく見えてきた感があったので数日以内には何かしら反応あると思ってました。

なので今日の一匹は本当にうれしい一匹になりました。


まだまだこれからが一番釣れる時期。みなさんも頑張りましょうね!
オレもサイズup目指して頑張ります♪

[PR]
by camelhd | 2017-06-09 16:04 | Fly Fishing | Comments(0)

利根川

ぼちぼちピークを迎えるはずの利根川群漁管内。

ところがモドリがいまいちパッとしないようで・・。

ルアーでチラホラ釣れてますがチラホラ程度。フライはもちろん(笑)、餌でも芳しくないようです。


しかしそれでも当然毎朝行ってます。
まずは先週の釣行から。
c0157482_11171118.jpg
ぼちぼちウェットでの反応が良くなってきました。
↑の魚も60cm欠ける程でしたが、#8のメイフライ系のウェットで。ラインはいつものタイプⅡ。

フローティングラインのウェットでも小物が多数。
c0157482_11170007.jpg
いよいよウェットが楽しくなってきたな~♪なんて思ってたところに深夜の雷雨でど茶濁り・・・。
c0157482_11172028.jpg
赤い土色の濁り。この時期にしては珍しい色の濁りでした。

しばらく回復しないかと思っていたら日曜の午後から急に回復。
案の定、日曜の午後はモドリが数本釣れてたようです。ルアーでね。
利根がダメならこの連休は天竜と思って準備してましたが、迷わず利根に決定!


月曜日。

朝イチにフローティングラインにヒゲナガ系ウェットで・・・。
c0157482_11173538.jpg
こんなのが3匹。

ところがこの日の朝はめっちゃ寒い!
水温も明らかに低いです。測ってないけど毎朝入ってるんですから分かります。

絶対ってポイントに入るもアタリすら無しを×3回(笑)
この日は人もかなり多いです。

「もう行くとこね~な~」 と車で見て回ると某激戦区が餌釣りの方がお1人だけ。
ちょっとお話しをしてから下流に入れて頂きました。個人的にモドリのポイント。
だけど朝から何人も入ってるはず。何となくバーバーラーバかな?って思い、途中でフライをチェンジ。でも全然期待せずに流し始めて直ぐでした。

遠投して流芯をスイング中。『クンクンクン・・・グ、グググ~!』 「マジ?キタ~!」
上手くフッキングさせると水面直下でギランギラン! 「もしや!? キタか本命!?」
とにかく丁寧にファイトを。跳ねないけどなかなかのサイズです!
慎重にネットイン!
c0157482_11174106.jpg
アレ???

まぁそう簡単に釣れないですよ・・・。

とはいえ、素晴しいレインボー。時間も10時頃で晴れていたので写真もキレイに♪
c0157482_11174661.jpg
↑この体型、モドリっぽいでしょ?(笑)

で、こいつをリリースして直ぐ。
『クン、ククン!』 「またキタ!」

今度は大きくないけど動きが鋭い!
サイズ感もリアルな感じ!
手前に寄せると背中の黒点がそれっぽい!

しか~し(笑)
c0157482_11175862.jpg
40cmはなかったけどニジマスです。

他に行くあてもなかったので、さらにウェットからチューブに変えてもう一流し。
すると上の2匹を釣ったチョイ下流で『グ・・・ギギ~~~!』 ときたけど乗りませんでした。
結構なサイズだったと思います。


で、この日は長野からいつも色々と情報を頂くNさんが利根川に来ていました。
みんなでランチに行ってデザート?に群馬名物のアレを♪
c0157482_11181907.jpg
他県民には不評だけど群馬県民は愛して止まない焼きまんじゅう!
Nさんに受け入れられるのか心配と言うか興味津々(笑)でしたが、どうやら美味しかったようです。
c0157482_11190999.jpg
午後はポイントチェックがてら気になってた所へ。

釣れなそうな時間帯だったので、全く期待してなかったのですが、チューブフライで良さそうなアタリが2回。
内1匹をバラシ。
で、もう一回『ゴン!ギ~!』 ときて乗らず。すぐさまフックを新品に変えて流すとまたも『ゴゴン!』 ときて今度はしっかりフッキング。
c0157482_11193245.jpg
先日WILD-1で限定発売されたゾンカーテープの特注カラー『キャメルグリーン』で♪
c0157482_11193969.jpg
やっぱ日中の日差しがある時は効きますね~。

その後はイブニングまでやるも不発。
c0157482_11194598.jpg
虫っけゼロでしたが夕焼けだけはキレイでした。



で、昨日の火曜日。
朝イチに昨日良かった所へ。
前日はバーバーラーバでしたが、この日は何となくウェットな感じがしたので#6のヒゲナガ系と#10のウェットをタイプⅡで。

核心部は何も無く。スイングが終わろうかという岸際で『ドドン!』
いいサイズ!朝イチのウェット、これは! と慎重にファイト&ネットイン。
c0157482_12442989.jpg
ん?何か見覚えが?
すぐさま昨日の写真を見たら、昨日と全く同じ魚(笑)

だけどここでお気づきの方、流石です。
昨日は流芯で釣れた魚が、この日は岸際。これはひょっとして?

普段なら一流ししかしないのですが、リリースして先行のルアーの方の後からもう一度流します。
ルアーの方の後なので、釣り方も対ルアーシフトにチェンジ(笑)

やはり核心部でした。
『コン、クククン。。。グイグイ!』 「ヨシ!キタ!」
いいサイズ! 鋭角的な走りと鋭い突っ込み。時折『ギギ~~!』と突発的に走ります。
「これは間違いないべ!」と慎重にファイト。徐々に寄せてもう少しで魚が見えそうな時にフックオフ・・・・。

隣で見ていた方と「何だったんでしょうね~?せめて魚体を見たかったですね~。」と。

さらに移動した先でもいいのを掛けます。
ところがコレも10秒ほどでフックオフ。魚体は見てません。


もう自分の下手さ加減に嫌気がさして(笑)、癒されに小ニジを釣りに。
ここで4匹の小ニジに癒されます♪

その後は全くダメ。
番長さん、Nさんとお昼を食べに。
c0157482_13591162.jpg
大渡橋近くの洋食屋さんですが、何を食べても安定の味。量もバッチリ♪

もちろん夕方もやりましたがまるでダメ。
2日間の長丁場。この連休中にモドリをキャッチの予定でしたが上手くいきませんでした。
ここ1週間、極端に虫が少なくなりました。
そのせいかフライを追わなかったり小さいものを食わないのかな?と。
餌でも釣れてなくてルアーだけ釣れてるってことがその証明かなと思います。

まぁ直ぐに減水して水温上がって虫が出だすでしょうから、今後に期待です。
釣り人もかなり増えてきています。トラブルの無いように場所もシェアしながら気を配っていきたいですね。

ちなみに今朝の利根川。
c0157482_13591795.jpg
モドリじゃなくてクダリでしょうか(笑)

[PR]
by camelhd | 2017-06-07 15:57 | Fly Fishing | Comments(4)