群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野釣りブログ

最新のコメント

凡人代表さん、こんにちは..
by camelhd at 10:07
こりゃ参考になるね。 ..
by 凡人代表 at 21:18
uonokawaspey..
by camelhd at 08:56
ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 08:52
こんにちは。 戻りって..
by uonokawaspey at 22:31

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:犀川( 66 )

先週の利根川→犀川(今年7回目)→昨日の利根川

ぼちぼち利根川もいいシーズンに突入です。
c0157482_11494334.jpg
それに伴い、朝の仕事前釣行も本格化。
先週は週6で行きました。シーズンこれからなのに飛ばし過ぎな気も?(笑)
週6で釣れなかったのは1日だけで、小物~50cm半ばまで主に放流された魚だと思いますが、群漁下流部まで程良く散っていて主だったポイントでは反応がある感じ。

先週前半までは県庁から上の水量が多かったのですが、多いなりのポイントに入っていくつかイイ魚をキャッチ。

28日の金曜日に水量が落ちるとの情報をキャッチしていたので、翌朝はいつもより早く行って狙いのポイントでこんなの↓が3匹も♪
c0157482_11502553.jpg
と、先週の朝の利根はこんな感じ。



で、月曜日はルアーの友人K氏と犀川に!
c0157482_11583273.jpg
しかも久々な感じの殖産釣行。

4月半ばに放流があったようです。
しかしその直後から増水や濁りで釣れていなかったのが26・27日辺りからバタバタと釣れていた模様。
しかもそれがみんな大きいサイズ!55cm~60cmオーバーまでサイズだけでなく非常にキレイな魚体!いくつも写真を見せてもらいましたが知らなきゃ放流魚とは思わないでしょう。

で、朝イチはそれ狙いで2人して数日間良かったとの情報のポイントへ。

ところが!K氏には50cm位のレインボーがきましたが、オレは全くアタリ無し・・・・。
最後の最後でこんなの。。。
c0157482_12061274.jpg
小さいブラウンも久々です(笑)

さらに移動した某所。
絶対な場所なんですが、ちょうど先行者のフライの方が上がってきたところ。
聞くと60cmほどのレインボーをキャッチ! 凄くキレイだったそうですが、ご本人いわく放流魚だと。
写真も見せて頂きましたが、確かに凄くキレイな放流魚。分からない人には分からない感じ。見抜いたこのお方は流石でした。
コーヒーも御馳走さまでした(^^;

まぁ大型魚放流には賛否両論あるでしょうがこの質の魚を入れた殖産漁協、個人的には見事だと思います。


また別のラン。
殖産では絶対的自信のあるポイント。
でも何も核心部近辺は無し(笑)
もう核心部も過ぎて、その場所で最後の1投。

スイング中に『ゴゴン!ドンドン!』
「こ、ここでくる~!?」  ファイト開始したらいいサイズ。
しかしその割に走りません。「こりゃいいサイズのブラウンか?」
重量感あるファイトをいなして寄せるとなんと太い60cmくらいのレインボー。「あっ、これが放流のレインボー!?」とネットインしようと、1/3ほど魚がネットに入った時に暴れたので瞬間的にネットをひきました。
少し走られて再度ネットに誘導していた時に『プンッ!』とまさかのフックオフ・・・・。

「え”~~~(||゚Д゚||)」 もう外れないと思っていて完全に油断してロッドを立てていました。スクールでお伝えしたのと逆な事を自分がやってしまった(笑) 反省です。。。


で、気になる某所。
この頃から結構雨が降ってきました。
ピンポイントを狙うとスイング中にいきなり『ドドドン!!!!』
そのまま勝手にフッキング。バラした魚程じゃないですが、なかなか良さげなサイズ。
ジャンプを繰り返し、粘り強いファイトの末にキャッチ!
今度は丁寧にネットイン(笑)
c0157482_12475145.jpg
これぞ犀川レインボーというキレイな魚!
肉厚で筋肉質なパワフルなレインボー。測らなかったけど45cmくらいかな?
c0157482_12475774.jpg
腹ビレと尻ビレ先端の白いのがイイですよね♪


リリースしてアチコチ他の場所を狙うも何も無く、この日は昼過ぎまでしか出来ないのでタイムアップ。

久々の殖産。もっとイージーかと思いきや、意外とアタリが少ない。小物の「コン」とか「プン」って感じのは結構あったけど、いいアタリは釣ったのとバラした時の2回だけ。

ぼちぼち利根にシフトチェンジなので犀川はしばらくおあずけかな~?
c0157482_12550941.jpg




で!昨日の火曜日。
実は連休だったので午前中は利根川へ。
放流から2日目ってこともあって釣っても釣っても小ニジとヤマメ(笑)
c0157482_13023425.jpg
なんだかんだ20匹位は釣ったのか?

最後にここならイイのいるんじゃ?って入ったポイント。
スイング中に『ココン・・・コン。コン。』 「ん?また小物?」 って思ったら『ギギギ~~~!!!』
いやいや、いいサイズ!
途中跳ぶは走るはで絶対ハコスチだと思ってました。

ところが時間かかってキャッチしたら・・・。
c0157482_13023800.jpg
40cmほどの肉厚銀ピカレインボー。
c0157482_13024529.jpg
これ、たぶん20cmくらいで放流されて年を越しながら成長した魚です。
胸ビレと背ビレがありませんが、放流される小物に多いパターンですよね。しかし他のヒレは見事です。透き通った感じは犀川のそれと同じ。きめ細かな鱗の銀ピカ具合も。

そしてなんつってもファイトが違います!
ちょうど遠くからこの魚とのファイトを友人が見ていましたが、きっと50cmオーバーと思ったはずです。それくらい手こずりました。
年に1~2匹こんな感じのを釣ることがありますが、どれも肉厚・筋肉質で同じレインボーと思えないファイトをします。

例年9月の利根川で釣りしても釣れることは滅多にありません。
標高100m程で真夏は連日38℃の前橋。その夏を乗り切って育つレインボーが少ないけどもいることに驚きです。

稚魚放流したらヒレのキレイなレインボーが群漁管内でも育つんでしょうか?
もしそうなったら夢が広がりますね。
やってみる価値はあると思います!



[PR]
by camelhd | 2017-05-03 13:21 | 犀川 | Comments(8)

犀川(今年6回目)

久々の雨で犀川に限らず利根川や天竜川も増水。先週イイのを釣ったので今週は全く行く予定ではありませんでした。

しかし水位計を見てたら水位も落ち着き始めてる。
「あれ?犀川イイんじゃね?」な~んて思いだしたら、もう止まりません。
しかも前日行った仲間がいいブラウン釣っちゃいました!
それ見て「ヨシ!行っちゃおう♪」と(笑)


下道走って犀川に5時過ぎに到着。
夜明けも早くなってきているので、もう明るいです。
そのまま急いで準備してお目当てのランへ。

5時半頃から釣り開始。
心配してた濁りはそこまでじゃありません。朝で膝上くらいでしょうか。
全然釣りになります。増水後のこの色と透明度、むしろ理想的でしょう。

期待しながらスイングさせてると早速『グ、グ、ググン! グググ~~~!』 ときてフッキング。
いきなりいいサイズ! しかも走りまくりです。
「朝イチの魚だから無事キャッチして楽になるんだ」(笑)、と自分に言い聞かせ慎重にキャッチ!
c0157482_13214741.jpg
なんといきなり53cm!
増水でもまれたのでしょうか? 鱗が剥げていましたが、めちゃくちゃ強いレインボーでした。
ファイト中は「60くらいか?」って思ってたほどですから。

これ釣ったのはまだ6時前。
「まだテールの浅い辺りにいるんじゃ?」 って思ってたので、遠投してスイングさせると案の定30後半のレインボー。
「まだいるべ!?」と思ったのでその魚は写真も撮らず直ぐにリリースして再開。

2匹目のリリースからわずか5分後。クロスに投げてスイング始まって直ぐ『ググン!グン、グン、グン』ときたけど持っていきません。
そしたらそのうち勝手に『ドボ~ン! ドボ~ン!』と2回ジャンプ。「こりゃもう掛かってるべ」(笑) とファイト突入。これまた強いファイトであがってきたのは・・・
c0157482_13322348.jpg
泣き50cmのレインボー。
これまた強くて50UP確実と思っていたほどでした。


その後絶対と思っていたランを2ヶ所じっくりと流すも何もナシ。
この頃から陽射しも強く、急に暖かくなってきました。


でまた新たなラン。
いい感じのガンガンの流芯があっていかにもって感じ。
いそうな場所から開始して5投目くらい。
『クン、クンクン・・グ!・・・・・・・ドン!』って感じでフッキング!
いきなりロッドを絞り込んできます。瞬間的に「こりゃデカイ!」と。
そう思った瞬間に『ギギギギギ~~~~~~~!!!!!』 と凄い勢いで突っ走ります。
全然止められる気がしません。
なんとか止まってもまた直ぐに『ギギギギ~~~~~!!!!』っと走ります。
しかも結構早い流れの中だったので凄い突進力。
先週の65cmよりも走る感じ。

普段ファイト中は下らない自分ですが、たまらず下ります。
ランの頭で掛けたのに気がつけばもうテール近く。これ以上は下られないようにファイト。
10分近くファイトしてようやくキャッチ!
c0157482_14494795.jpg
いや、デカイ! 気になったので写真撮る前に計測するとなんと60cm!!!
まさかのサイズにびっくりです。
先週の2匹ほどの体高ではありませんが、筋肉質で肉厚感あります。
c0157482_14505071.jpg
そして全てのヒレがこれまた見事!
c0157482_14510211.jpg
大きさも嬉しいのですが、凄いファイトの魚をキャッチ出来た嬉しさでいっぱいでした!


リリースしてそのまま歩いて近かった下のランへ。
そこはよく反応のあるピンポイント。
今日の感じならいいんじゃ?と思ったら、やはりそのピンポイントをスイング中に『ドドン!』
ファイトに入ったらいきなり1m程の高いジャンプ! しかもジャンプ連発!
ダッシュも凄い魚でした!
c0157482_15083273.jpg
これまた泣き50cm。銀ピカ具合がイイ感じ♪
何回跳んだろ?ってくらいにジャンプしまくりでした!

リリースしてまた直ぐに♪
c0157482_15084629.jpg
45cmない位かな? 小さく長いアタリ方を我慢してフッキング出来ました。


その後はアタリもなく、お昼ごはん。
もうこの日はかなり釣れて余裕なので、気持ちが楽です。かなり暖かくなってきたので体も気持ちも心地イイ感じ(笑)


で、午後の部。
気になるいいラン。ちょうど早い流れと遅い流れの境目にいい感じの石?が沈んでました。
その前をスイングさせると…『グン、グ、グン・・・』 「キタ!持ってけ・・・」 『ググググ~~~!』
と来てフッキング。
あまり走りはしないけど重量感あります。
手前に寄せてくると真っ赤な魚体!
しかもなかなかサイズ。だけどすんなりネットイン。
c0157482_15184168.jpg
c0157482_15182787.jpg
今度は凄い色したレインボー!サイズももうちょいで60cmに届きそうなサイズ!
こういうレインボーもカッコいいです!


もうかなり満足しちゃって他のポイントは探索半分で回ります。
アタリも無かったのですが、昨年同じような水位と色の時に大物にやられた場所が気になります。
あの時も時間帯は夕方前。
今行けば同じ感じです。

で、そこに3時半頃到着。
昨年と全く同じ雰囲気です。そして昨年やられた辺りに差し掛かった時。
スイング中に『ゴゴン!ゴン!ゴン!』 「キタ~!去年と同じ感じ!」
いきなり『ギギギ~~~!!!』 「いいサイズ!」
ロッドにも激しく伝わる首振りの振動。
押しの強く早い流れだったのですが、最初に一暴れした後はスルスル手前に寄ってきます。
「このファイトとアタリ方はブラウン???」
手前に来てからは強い粘りで時間をかけて慎重にファイト。
水面にギランとした姿はやはりブラウン!
なんとか無事にキャッチ!
c0157482_16270470.jpg
c0157482_16302706.jpg
均整のとれた見事な魚体のブラウンの52cm!
この日はレインボーばかりの中で嬉しい一匹でした!

最後は別の場所を流して1アタリで終了。

なんとこの日、10アタリ8キャッチ!しかもその内4匹が50upという信じられない結果に。
増水の後のいいタイミングに当たると大きいサイズの反応がイイ時ってのがあります。
その証拠にこの日は小物が釣れませんでした。
乗らなかった2アタリはアタリ方からして小物かもしれませんが、釣れたのは全てがいいサイズ。

フッキング率にも注目です。
いいサイズってのは結構な確率でフッキングするってことの表れでしょう。
針の砥ぎ方を変えたのもフッキング率upの要因の一つかも?


釣れなきゃイブニングもって考えてましたが、当然真っすぐ帰宅(笑)
こんなイイ釣りしたのは初めてかも?ってくらいに、満足な一日でした。

c0157482_17265493.jpg
次はやられたままになってる天竜川だな(笑)

[PR]
by camelhd | 2017-04-11 17:28 | 犀川 | Comments(6)

犀川(今年5回目)

まずはWild-1のセミナーにお申し込み頂いた方々、申し込めなかったけどお問い合わせ頂いた方々、どうもありがとうございましたm(__)m
お昼に申し込み開始して翌日のお昼前には満員御礼となったようで、締め切り以降も次回のお問い合わせ等が多いようです。まだ初回も終えていないので今のところ次回開催は全く未定です。
当初定員が埋まるかどうかと心配していましたが、想像以上の反響を受けてビックリしてる次第です。



さてさて、本題に。


今週は連休でした。
凄~~~く迷ってたんです。九頭竜行こうかどうか…。
前日の夜に何だかんだ用事が出来てバタバタして、結局準備も間に合わず。
なので急遽犀川に行くことにしました。と言うか、犀川が(も?)凄く気になってたんです。
「何故犀川か?」って?
それは釣れてないから。釣れてない時こそチャンスと思ってます。
だから釣れてない九頭竜も迷ってたってワケ(笑)

3月半ば~後半頃の犀川、いつも難しいんです。
だけどボチボチ良くなるはずと検討をつけての釣行。
あっ!ちなみに先週は天竜川行きましたが、5アタリ3バラシしてデコってます。ブログupしようと思ってたらバタバタして書く暇ありませんでした。書くこともないからまぁいいかってのもありまして(笑)

ここのところ天竜川行ってますが、天竜川って明らかにダムから遡上してきたようなレインボーが釣れてるんです。
しかも釣れるポイントの特徴が見えてきた感じ。
ならば犀川でも同じ釣り出来るんじゃ?ってことで今回犀川なんです。

朝イチに遡上レインボーが釣れるならココってランの更に狙った所に入ります。
明るくなって直ぐに釣り開始(5時半ちょうど位)。

この日の朝は寒かったです(-4~-5℃位)
直ぐにガイドが凍ります。ロッドも凍ります。

まだランニングラインを引き出しきってないくらい。開始5分後。
スイング中に『グッ、グ~!』 「いきなりキタ!」
ロッドがイイ感じで曲がります。「デカイ!50位だ!」って思ったらフックオフ。その瞬間水面直下で『グワン!』と魚体をひるがえした波紋が大きそうな魚でした。

「貴重なチャンス逃しちゃった~(´д`|||)」とヘコんでましたが、核心部はまだまだこれから。まだ何かあるだろ?と釣り下ります。

で、核心部。
遠投してスイング中に『グ、グ、ドンドンドン!!!』 「ほらキタ!」
フッキングさせてやり取り開始直後に『ギギギギギ〰〰〰〰〰〰〰!!!』とダッシュ!
だけどリールの逆転が渋い。直ぐに「あっ!凍ってるんだ!」と気がつき、そのままロッドとリール全てを水中に浸けると『ギャバババ〰〰〰!!!』と水飛沫をあげてリールが水中で逆転。

水からあげてもさらに『ギギギギ〰〰〰〰〰!!!』
「ヤベ!止めらんね~!」 なるべくテンションを強くかけながら走らせます。
すると『ドッバ~ン!』とジャンプ。「うわっ!デカ!」
さらにまた『ドッバ~ン!』また直ぐ『ドッバ~ン!』
「外れないで~」と祈りながら耐えるしかありません。

何度も『ギギギギ〰〰〰〰!』と走られながらも、なんとか手前に寄せて魚を見ると凄い銀ピカ!
この大きさで流れに乗られると一気にラインを出されるので、流れに乗られないように気を付けます。
その後も跳んだり走ったり10分近くファイトしてようやくネットイン!
c0157482_11010758.jpg
まさかの59cm! そして凄い体高です。なんと17cmの体高。
シルバーメタリック感がたまりません。
c0157482_11013905.jpg

↑これだけ見せられて、海外のスチールヘッドって言われたら信じちゃいそうな見た目。
c0157482_11014826.jpg
c0157482_11015607.jpg
まだ朝陽が川に差し込む前だったので、ビッカビカに輝く写真が撮れなかったのが残念ですが、とにかく素晴らしい魚でした!
動画だと素晴しさが伝わりやすいかと思います。





リリースして興奮したまま釣り再開。

ランのテール。「遡上レインボーならココも怪しいよな~。」と早い流れをスイングさせてた時。
その前の2回と同じような『グ、グ~』と押さえ込むようなアタリから『ドドン!』
フッキングさせると凄い重量感。「さっきと同じくらいか?もっとデカイ?」
『ギギギギ〰〰〰〰〰!!!』 「いやいや、さっきより凄い‼ 止めらんね~。」
一気に15m程出されます。だけどこのテールは下られたくない。

2xのフロロティペットギリギリのところでテンション強く掛けて耐えます。
『ドンドンドン』と水中で大きく首を振る感触が伝わってきます。
ティペットがどこかに擦れてる感触も。
その前に釣ってからティペットをチェックはしたけど交換してません。だけど自信のあるフロロ。「大丈夫!」と自分に言い聞かせ、強いテンションを保ちながらカリカリとリール巻いて寄せます。
そうしたら今度は対岸に向かって『ギギギギ〰〰〰‼』
その途中『ドババン!』と水面を割りました。「太っ!」
だけど早い流れも手伝って全然寄せられません。もう腕もパンパンです。

やっと手前に寄せてからも最後の一寄せがなかなか寄せられません。
さっきよりも長い時間のやり取り。
いい加減、針の穴が広がるのが心配だと思ったので意を決して勝負に出ます!
「絶対にネットインはしくじらない!」と決意して慎重かつ大胆にネットイン!

「オッシャ〰〰〰!!!」
c0157482_12005913.jpg
デカイ!
さっきのレインボーよりまだ一回りデカイ!
震えながら計測したらなんと全長65cm!!!!!

しかも太いんですよ!
なんと体高が18cm!重さも重いんですよ。これがまた。
c0157482_11553387.jpg
またまた山が邪魔して陽射しがなかったのですが、薄っすらと青紫に光る魚体が見事です。
尾ビレも大きく見事ですが、他の各ヒレの大きさや色合いも素晴らしい!
c0157482_11560367.jpg
↑の写真、ロッドとよ~く比較してみて下さい。
なかなかストリッピングガイドまで一緒に写せる魚っていませんよ?





朝イチの一流しでこんなのが2本。
その後はもう釣りになりません。
ちなみに二川合流~殖産の大原橋とかなり広範囲を見て回りましたが、見かけた釣り人はたったの3人。
c0157482_12102086.jpg
↑更科橋上流。
↓大八下流。
c0157482_12111058.jpg
減水&クリアなのが分かりますかね?上の犀川漁協も同じく減水&クリアです。


テキトーに何か所か流すも、気分的にほわ~っとして全く釣りに身が入りません(笑)

なので午後は気分を変えて支流でフローティングラインにウェットを流します。
ちょうど移動中に激しく雨が降ってきましたが、カッパを着て開始。

ちょっと早いかな~?って流れをスイング中に『ドドドン!』ときてフッキング。
直ぐにロッドテンションが無くなります。
「あれ?外れちゃったよ」って思ってたら凄い勢いで早い流れを上流に走ってました。
直ぐにテンション掛けてファイト。ラインが水面に刺さってるのと違う方向に走って、ラインが『ビャババー』と音をたてます。
ゼニスも『ギギギギ〰‼』
そのまま下流に走られるも止められず結局フックオフ。
50半ばってところですかね~?
普段ならメチャクチャ悔しいんでしょうが、今日は「いや~、イイ魚だったな~(´ー`)σ」とあり得ないゆとり(笑)


そのまま夕方までのんびりやって終了。

凄い魚が釣れて嬉しいのはもちろんなんですが、何より読みがズバリ当たったのが嬉しくて…。
まずは行き先の川の選択。
狙いの魚の選択。
それに合わせたランの選択。
ランの中のピンポイントの選択。
フライの選択。
天竜川での経験が大きく役にたった今回。今までの自分だったら釣れなかった魚だったと思います。
もちろんタイミングが大きいのだとは思いますが、天竜川での経験がなかったら確実にそのタイミングも想像出来ていませんでした。

しかもそれが銀ピカの極太レインボーと65cmのこれまた極太レインボー!
こんなの滅多に釣れるもんでもありませんし、掛けてもキャッチできない可能性も高いです。今回のポイントにも一ヶ所障害物が近くにありましたがそっちに走られないように必死のファイトでした。
個人的には65cmのレインボーなんて正直サクラマスよりもレアだと思ってるのでとにかく嬉しいの一言。
59cmの時は写真撮りながら「ヤベ~。スゲ~の釣っちゃったな~」って。
65cmをキャッチした時なんかは叫びましたし、写真撮るときは震えちゃって最初上手く撮れませんでしたから(笑)


これぞ本流の魚!っていう本流らしく大きさと美しさを兼ね備えた素晴しい魚。
そんな魚と出会って震える感動を求めて本流をやってます。
「本流やってて良かった~♪」って心底思った一日でした(^^)
c0157482_12134030.jpg

[PR]
by camelhd | 2017-04-04 20:20 | 犀川 | Comments(10)

2017犀川漁協解禁後初釣行

前日のうちに天竜川から犀川近くまで移動し宿泊。

朝起きて「川が近くて楽~♪」なんて思ってたので、すきやに寄って朝定食。
今思えばこれが失敗でした。。。

ちなみに解禁日から5日後にして初釣行。叩かれてるのは覚悟の上。

解禁日から4日間、仲間内の誰かが毎日行ってました。
レインボー・ブラウンとそこそこ釣れてはいるようですが、仲間内や知り合いで大きい魚は50cmオーバーのレインボーが3つ。

ただ仲間内で安定して釣れてるポイントがありました。
「朝イチはそこ流しに行くか~。」 と車を走らせて現地に行くと、なんとすでに先行者が!
しかもファイト中でネットを出してランディングするとこ!
「うわ~、一足遅かった~(´д`|||)」

とりあえずソコに行ってみます。
見るとその方が下を向いて写真を撮ってるところ。
「おはようございま~す! イイの釣れました~?」 とオレが声をかけると・・・
その方が顔を上げてしばしこちらを凝視。
「あれ?正田さん???」 なんと仲間のTでした!
いや~、それは見事な抜け駆けくらいました(笑)

しかもキレイなレインボー!
c0157482_16235674.jpg
聞けばこれ釣る数分前にもう一回り大きいのを手前に寄せてバラしたそうで・・・。
「でも直ぐ釣ったんだからナイスキャッチじゃ~ん!」って言ってましたが、その時のオレの本心は、「すきやなんて寄らなきゃ良かった」でした(笑)


で、早速後ろから流しますが無反応。
すかさず移動して流すもまた無反応。

ここで当初予定していた地元のTさんと合流。
あの時の62cmのブラウン。横にいて一部始終を見ていたのがTさん。
それだけじゃありません。このお方が見ている時には必ずいい魚がかかるのです!
それも1度や2度じゃありません。

で、一緒にオレがやりたかったポイントへ移動。
そこは核心部が2ヶ所。
最初の核心部は何もナシ。
次の核心部のスイング中、やはりTさんが直ぐ横に立って見ていた時。。。

『グン、グン、ググ・・・』  「キタ!持ってけ・・・」 と待ってると・・・
『ギギギ~~~~!!!』  「ヨシ、キタ! デカイ!」
いきなり走り出したその魚。明らかに重量感あります。
コネコをバットまで曲げ込んで耐えるも『ギ~~~~~』っとラインを出されます。
ランのテールに近かったので、最初の走りは止められないかと思いましたがラッキーにもストップ。
そのままなんとか手前まで寄せます。
見えた姿はデカいブラウン!
慎重に浮かせ、いよいよランディング。
魚が若干上流に行ったので、そのまま寄せて下から掬おうとした、ネットまであと1mを切った時。
魚がネットに突っ込んできました。
すかさず避けようとしたら、針がネットに絡みました!
「ヤバい!」と、絡んだのは直ぐに分かり、瞬間的に「このままじゃ絶対入らないし外れる!だったらいっそのこと!」と、そのままネットに入ってない魚を岸まで持ち上げて(絡んでから持ち上げるまで2秒程)、それはそれは無様なランディングで(笑)何とかキャッチ。
c0157482_19173693.jpg
凄~くカッコいいオスのブラウン!
気になる針は口の硬い所にガッチリ。これなら持ち上げても外れません(笑)

そしてこの凄い口!
c0157482_19180564.jpg
写真じゃ分からないと思うけど凄く大きい口でした。
歯も凄くて手で針を外すのが怖くてフォーセップ使いました。

そして何よりTさんが見ていてくれたから釣れた魚かと(笑)
いい写真も撮ってもらい嬉しい限りです。

c0157482_19214905.jpg
2人でイイ魚にしばし見とれてからリリース。
そしてガッチリとTさんと握手。もうTさんに足を向けては寝れません(笑)


この後も気になってたけど歩くのが億劫なランへ。
いいと思っていた場所で反応なく、下って良さそうなピンポイントを発見。
ちょっと立ち位置を変えてキャスト&スイング。
そしたら突然『ドン!ギギギ~~~!』
そのまま高くジャンプ!2人で「レインボーだ!」
サイズはさほどでもないけど強いファイト。しかしネットインしたら・・・
c0157482_19533370.jpg
なんと銀ピカのブラウンでした(笑)
でも大きくなりそうなイイ顔してました。
c0157482_19541896.jpg
ここで上がって一旦お昼休憩。
雨なので橋の下で食べますが強風です。三川合流より下はそうでもなかったのに・・・
↑橋の上から降ってくる雨水が真横に飛んで行きます。


午後も気になるポイントを幾つか回ります。
c0157482_19574541.jpg
意外と釣り人は少ないです。

ところが全く何もありません。
人気の大場所も何も無し。
人目につかない小場所も何も無し。
凄く歩かないとダメな所も何も無し。
最初のブラウン釣った所も何も無し。

で、結局そのまま終了~。



解禁日から5日後。
朝イチから夕方までビッチリやって2アタリだけ。
しかしその2アタリを2キャッチ。少ないチャンスをモノに出来たのはラッキーでした!

簡単じゃないとは思っていただけに、いきなりあのブラウンは想定外。
しかし狙いのランの狙いのポイントからの一匹。
前日の天竜川のように手探りの釣りも楽しいのですが、通いこんだ川で狙い撃ちの一匹も非常に楽しいです。
今回は両方の楽しさを味わえた最高の連休でした(^^)




オマケ
川原を歩いていたら「ん?大きい鳥がいる!」 と一瞬足を止めます。
そのままそ~っと近づいても「あれ?逃げない」
いや、そりゃ逃げないワケですよ。ただの木ですから(笑)
c0157482_19571568.jpg
そ~っと近づいた自分が急に恥ずかしくなりました(笑)  誰も見てなくて良かったw
遠目で見たらまんま木にとまってる鳥でした(*_*)

[PR]
by camelhd | 2017-02-22 11:04 | 犀川 | Comments(8)

犀川(今年2回目)

ガッツリと丸一日釣りが出来るのを楽しみにしてました。昨日がその日。
なので雪が降ろうが寒かろうが、何が何でも犀川に行くと決めてました(笑)
c0157482_10021492.jpg
↑ガイドだけじゃなくてロッドも凍ってるの分かりますかね?

この週末に知り合いで60cmのブラウンを筆頭にいいブラウンを釣ってる方が3名いたので、否が応でも期待してしまいます。
とはいえ釣れた方々もその一匹のみとかで決していい状況じゃありません。
ボウズ食らってる人も結構います。
そりゃそうです。真冬の一番厳しい条件の頃。1匹釣れれば御の字です。
この時期、複数匹釣られる方はホント凄いと思います。


現地の朝の気温は-4℃。雪もちらついてます。
いつもの犀川の朝って感じでしょうか。
川の状況は前回と変わらず減水気味のクリアー。
朝イチは前回バラシたあのポイントへ。雪の中を鼻息荒く歩いて行きます(笑)

前回流した時はタイプⅡヘッドだったのですがイマイチ水を掴んでない感じだったので、この日は試しにタイプⅢヘッドを結びます。
何投かしてみるとやはりタイプⅢの方がイイ感じ。
そのまま釣り下り開始。
減水&クリアなのでなるべく遠投してスイングさせます。

開始から15分位。早い流れが若干緩く流れるようになってきた所に差し掛かった時。
スイング中盤に突然『ドン!』そのままフッキング。
「この時間にあの流れ、絶対ブラウンでしょ」と思いながらファイト突入。
そんなに大きくなさそうだけど、なかなかのサイズっぽいです。

さらに時折鋭い突っ込み。パーフェクトから『ギギギ~~~~』とラインを引き出していきます。
手前に寄せるとクリアな水中で見えたゴールドの魚体。
そこから更に粘りを見せます。
貴重な朝の一匹。アタフタしながらも(笑)、何とかキャッチ!
c0157482_10025823.jpg
いや、カッコいいブラウンです!
この写真じゃ分からないけど結構肉厚。これなら最後の粘り具合も納得。
なによりこのせり上がった頭がカッコ良かったです!
c0157482_10024820.jpg
まだ開始して15分くらい。

一匹釣れればいいと思って来てるんでホッとしたのもありますが、早々に釣れた安堵感とこんなイイ魚が釣れた嬉しい気持ちで気が抜けた感じに(笑)


それでも2匹目を狙いにアチコチ回るけどアタリも無し・・・。

で、某ランで開始しようかと『ギ~ギ~』とラインを引き出している時。
突然リールが『ス~~』っと。「????」何が起こった?

ひょっとして?

そうです。パーフェクトのクリックの板バネが折れてしまいました。
「いや~、魚が掛かってる時じゃなくて良かった~」と思いました。

そして偶然にもこの日、別で来ていた仲間のNさんと朝イチに釣りする前に落ち会いました。
同じリールのパーフェクト3-7/8を使ってるNさん、やはりバネが折れてバネ屋さんに頼んで作ってもらったそう。
1回目はダメで直ぐ折れちゃったらしい。で、2回目?3回目?の今回は絶対イケると・・・。
「余分に作ったんで良かったら使ってテストしてみて下さい」と頂いたんです。

貰ったその日に手持ちが折れるとは。何たる偶然(笑)

そしてありがたく装着。
c0157482_11330369.jpg
そしたらこれが凄くイイ感じ!
明らかに今までのバネよりも強くなってます。
オレのは純生のバネにプラスチックを挟んで強くしてたのですが、それよりも強く効きます。
ネジを緩めると純生よりも弱くなります。
ドラグの効き幅がかなり大きくなった感じです。バネひとつでこんなにも変わるもんなんですね。
あとは耐久性がどうかですね。


その後は相変わらず何もナシ。夕方まで(笑)

最後のラン。先行してたバイク屋さんがバラします。
そのちょっと後。オレもバラシ(笑) 
もう一流しくらい出来たんでしょうが寒かったのでそのまま終了~。


ちなみに最後のランは昼間入れ替わり立ち替わり釣り人が入っていました。
なので全く期待してなかったんです。
それでも夕方には2人して反応が。真冬の寒い時期でもやはり夕方は釣れますね。

この日は3アタリ1キャッチ1バラシ。
もう一匹釣れると思ってたんですが、なかなか上手くいきませんね~(≧д≦)
そこが真冬の釣りの面白いところでもあるんですが。
c0157482_10022716.jpg
九頭竜川も解禁して犀川漁協ももうすぐ解禁。
だんだん楽しくなってきますね♪

[PR]
by camelhd | 2017-02-08 12:47 | 犀川 | Comments(4)

犀川(今年1回目)

今年はなかなか犀川に行けずじまいでした。
年末の放流があったおかげか、正月休み辺りは結構釣れてたようでした。
しかし本格的に寒くなる1月半ば~2月半ば。寒さが本格的になってくると厳しくなるのが毎年のことですが、今年も1週間前程から厳しくなってきたようです。

真冬の犀川の釣りも大好きなので、ウズウズしてました。
ただ用事があって1時までしか出来ません。しかし、昨年末に行ったきりで、そろそろ犀川行きも我慢出来なくなってきたので強行です(笑)
c0157482_12215557.jpg
午前中だけなので朝イチに到着。道中の気温は軽井沢辺りは-9℃。現地も-5℃。
まぁ寒いのは覚悟のうえ。-5℃なんて想定内。
明るくなるのを待って準備。
朝は雪が降ってました。
c0157482_10212567.jpg
↑ちょうど小降りになった頃で降ってる雪が写ってませんが(笑)

まだ朝イチ過ぎて釣れなそう~なんて思ってキャストしてました。
この日は別でスナギモさん&バイク屋さんコンビが来てました。
そして釣り開始早々、スナギモさんからLINEが・・・
c0157482_10234861.jpg
は???何コレ??? もう釣れたの???
写真が送られてきた時間を見たら7時10分。オレなんてまだ10投もしてないですよ(笑) 
しかもやけにいいレインボー。寒さに馴染んで青みが強く出た低水温に強いタイプです。
興奮してサイズを測り忘れてリリースしちゃったようですが(笑)、50cmくらいだそうです。

俄然テンション上がるオレ。。。しかしテンションだけで魚が釣れりゃ世話ありません(笑)

朝イチのラン、何か違うよなと感じさっさと見切りを付けて移動。
今回、かなり水量も落ちてクリアになってます。
で、次に選んだランは思いっきり真冬パターンにハマりそうなランを選択。

到着してみたら案の定イイ感じです。
クリアなので思い切り遠投してスイングさせます。
絶対何かある!と思ったのでフックを新品に交換。
メインと考えていた10m四方のピンポイントは反応なしでした。

そこを過ぎたさらにもう一段階緩い流れに差し掛かる辺り。
スイングし終えたラインを手繰ろうかと左手が動き出した瞬間・・・
『ドン! ゴゴン!』 ときてそのままフッキング。
いいサイズです。でも真下に流れきってから、しかも緩い流れ。心配だな~なんて考えながらファイトしてたら案の定フックオフ。
ほんの5秒ほどのファイトでしたが、50cmは楽にあるような魚だと思います。
針も新品だったのにダメだったんだから仕方ないと思うようにしますが、それでもこの時期の貴重な反応を逃がした悔しさが(TдT)

気を取り直し再開。
そのまま釣り下ります。ガイドの氷を融かしながら丁寧に遠投。さらに緩めの流れなので90度に投げてそのままランニングラインを水面につけちゃう感じでスイング。
完全にライン先行のスイングですが関係ありません。よく聞かれるんですがフライ先行じゃなくてもフライがちゃんと泳いでさえすれば釣れるんです!

バラしてから20分後くらいかな?スイング中盤で・・・。
『コン、ゴゴゴン!グググ~!』
「キタ!またキタ!」 今度は大きくないですが、一度バラした後。慎重にファイトします。
相変わらず緩い流れだったのでフッキングが心配でしたが、ガッチリとフッキングしてました。
c0157482_10462957.jpg
キャッチしたのはブラウン。頭から川鵜に銜えられたんでしょうか、両面に縦に傷がありました。縦に銜えられて逃げられったって凄いですよね。
それでも元気に帰って行きました。

何はともあれホッと一安心。この時期は釣れた釣れた時の安堵感ハンパないです。
この感覚は他の時期にはないです。真冬ならではの嬉しさ。
一匹の重みを身に沁みて感じることが出来ます。


その後は似たような流れのあるであろうランへ。
流していたら自分の10mくらいの正面で40cm位のブラウンがライズ。魚は居ると信じキャスト。
このランでも一度アタリが。『ココン・・・コン・・ココン』って感じで追ってきた感じでしたが、フッキングには至りませんでした。小さい魚だったのかな?

それでも真冬のポイントを狙えば意外と魚の反応がある感じ。
試しにイイ時期には最高のポイントを狙ってみるも案の定アタリもありません。
いくつかのポイントを回って一度だけやはり小さなアタリがあっただけで、あっという間に終了の1時に。


ちなみに川原はこんな感じ。
c0157482_12021166.jpg
雪がまあまああります。水はかなりクリアです。深さを見誤るくらい。
土手の上もこんな感じ。
c0157482_12022657.jpg
日当たりのいい土手の上で積雪が30cmチョイってところでした。
どこの土手も車の入った形跡はありませんでした。オレが突っ込んでみた感じ車高のある四駆なら問題ないでしょうが、車で突っ込むならチェーン&スコップ&脱出テクは必須です。
ちなみに↑の写真の所、とりあえず見に行ってみたら、いつもならUターン出来る場所が竹が倒れてUターン出来ません。
オレも仕方無くバックで帰って来ました(笑)。行かれる方はご注意を。

魚の反応は思ったよりもありました。
スナギモさんも釣ったしバイク屋さんもしっかり釣りました。2人ともアタリは他にもあったようです。
この時期、普通なら1日中やってアタリが1回だけなんてザラです。この日は1時に上がったんですが、結局一日中ガイドは凍りっぱなしでした。
水温は相変わらず測ってないですが、利根川より確実に温かいと思います。

終わってみればもっとこうすれば良かった、とかアソコやれば良かったなんて考えが出てきます。まぁ毎回なんですが(笑)
その毎回の積み重ねが自分の引き出しになっていくんでしょうね~。
って言うか昼までとかじゃなくてガッツリ夕方までやりたい・・・・。

とりあえず前回の年末釣行で買いそびれた年券も無事ゲット。
c0157482_12290126.jpg
そして記念すべき犀川40連勝♪
あと一カ月もすれば上も解禁。今年は犀川に何回行けるかな~?

[PR]
by camelhd | 2017-01-24 13:17 | 犀川 | Comments(4)

犀川(今年17回目)

もう来年の年券が売ってるそうなんで買いに行かなきゃと思い、今年最後の休みに今年最後の犀川へ。

しかし事前情報はロクに釣れてない話しばかり・・・。
それでもまだ真冬じゃないんで、一日やってりゃ何とかなるだろうとたかをくくってGO!
c0157482_10134108.jpg
c0157482_10135079.jpg
チョッと早く着いたので釣りする前に何か所か回って撮影。
山の木々が薄っすら白いの分かります?
流石に朝は寒いです・・・。とはいえ、まだ-2度くらい。
今後を考えれば十分暖かい????

1ヶ所目。
朝イチにブラウン狙いで入ったラン、と言うかピンポイント。
いい所でいいアタリがあるものの乗らず・・・。
しかしいきなり反応あったのでこりゃイケるとほくそ笑むオレ(笑)

2ヶ所目。
考えてた移動先の途中に目に入った場所がたまたま空いてたので、ちょっと寄り道。
そしたらそこで・・・
c0157482_10192698.jpg
放流魚なんだろうけど取りあえずデコ回避♪
時間も確か8時過ぎ頃。気持的にずいぶん楽に。

で、3ヵ所目。
この頃から日が差し込みいい雰囲気に。
「釣れそうだな~?」って思ってたら・・・
c0157482_10274458.jpg
イイ所で小ニジが。

そしたらそこが良かったのかまたもヒット!
c0157482_10280094.jpg
↑リールが逆転してる写真が撮りたいんですがタイミング難しいっす。
ランニングラインも久々にピンク色使ったらよく見えていいですね♪
c0157482_10280941.jpg
ジャンプを5~6回も繰り返して楽しませてもらいました♪

さらにちょっと下ったら連発!
c0157482_10281804.jpg
c0157482_10282768.jpg
これらの他にもいくつも釣ったんですけどメンドクさかったんで写真撮ってません。
↑ネットが写ってないってことはネットも出してないってことです(笑)

どうもピンポイントで放流魚でも溜まっていたようです。じゃなきゃ不自然ですよね。
バラシも含めたら相当な数のコンタクトがありました。キャッチしたのだけでも10匹位かな?
釣りたいのは決して放流魚じゃないのに、あれだけ反応あると体も止まりません(笑)

勇気を出してそこを捨て(笑)、他に移動すると1アタリ。

で、いい時間になったのでお昼休憩。
c0157482_10453160.jpg
夏に中禅寺湖に釣り行った時に食べて以来ハマってるカレーメシ。
なかなか売ってないんで、釣り行く前に売ってる近所のスーパーで買ってから行きます。

午前中にたくさん釣ったので午後は偵察がてら気になるピンポイントを見て回ることに。

最近は殖産も釣り人が多くて、2~3年前までは秘密のポイントだった所も今や踏み跡がバッチリ。オレもブログには釣った場所の写真とかは犀川に限らず、今も以前もメジャーポイント以外は絶対出さないですが、中には分かりにくいポイントなのに堂々と背景ばっちりのファイト中写真やニコパチ写真を出しちゃう人いますから。。。
コアな釣り師の方々も一生懸命自分の足で稼いで見事に釣られてますし、もはや大人気の殖産で秘密のポイントなんてないですね。

この日は見て回ったピンポイントのほとんどがイマイチでしたが、パッと見じゃ分からないけど水中は良さそうっていうような今後に繋がりそうないい所もありました。
でもポイント探索って凄く楽しいですよね?
人に頼らず自分の足で探す。本流の醍醐味の一つじゃないですかね。
ん?オレだけ?(笑)


途中地元のNさんと会い情報交換。
c0157482_10550722.jpg
やはり自分の持つポイントでしっかり釣っていました。↑ここじゃないですよ。

ここの工事も気になりますね。
c0157482_10551695.jpg
橋げた補修して最後にあの足場を撤去するんでしょうが、その際にまた濁りが入るのは避けられないですから。


夕方近くになるとダム放水のアナウンスとサイレン。
状況が変わる前にと、最後に残しておいたポイントへ急ぎます。

あわてて用意して入るとなんとライズもしてるじゃないですか!
「こりゃ釣れる!」 と流します。すでに結んであったストリーマーを(笑)

そしたら・・・
c0157482_10553494.jpg

ライズしてるのにストリーマーで釣れるじゃん(笑)

その後も・・・
c0157482_10554300.jpg
この後も一本釣れましたが、終了間際で焦っていたので写真なし。



いや~、それにしても今回は釣れました!
大きいのは出なかったし、ほとんど放流魚なんでしょうが軽く10匹以上。正確に数えてないんですが15匹近くは釣れたかと。
お陰で色々と試すことが出来て非常に勉強になりました。
自分の考えが正しいこともあったし、今後こういう時はこうした方がイイってのも分かったし。


今年は何だかんだと犀川に17回も行きました。
最盛期は利根川なので、イイ時期に行かないにも関わらずこの回数。自分なりには結構通えたかと満足しています。
おかげで昨日を含め非常にいいタイミングで行けたことも数回ありました。

ただ回数通って分かったのは、単純にタイミングが合えばイイってわけじゃないです。
大事なのはタイミングと場所と釣り方の3つのマッチング。
同じ日に行ってたのにある人が凄くイイ釣りして、別の人は全くダメってのを何度も見ました。
オレが今年、ちょっと自分でも考えられないようなイイ釣りしたのは皆さんもご存じかと思います。しかし全てがマッチすれば効果は倍増なんです。今年はそれを身をもって経験しました。
「別の日の魚の写真じゃね?」とか疑われそうですが、一切そんなことはありません。
餌も使ってませんからね(笑)


今年の釣りはコレで最後ですが、今後とも釣れても釣れなくても『リアルな楽しい釣り』をUPしていけたらと思ってます。

しか~し!何気に数えたら今回の犀川釣行で犀川39連勝なんです!
小物1匹だけとかギリギリの時も結構あったけど、1匹は1匹。
40勝目は来年に持ち越しだけど、40勝目が掛かってるとあっては「釣れなくても」なんて悠長なことは言ってられません。年が明けて犀川行ったら何が何でもゼ~ッタイに釣ってやる!
ちなみに来年の年券は結局買うの忘れてました(笑)

皆様も良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願い致しますm(__)m

[PR]
by camelhd | 2016-12-27 20:53 | 犀川 | Comments(6)

犀川(今年16回目)

2週間ぶりの犀川です。
すっかり秋も深まってきました。
移動途中で見かけた軒先のキレイな柿。いかにも日本の秋って感じですね(笑)
c0157482_09401325.jpg
殖産の犀川周辺って柿の木がやたらと多くて秋はキレイですよね。



事前情報ではこの1週間かなり厳しい感じらしい。放流魚も放流ポイント以外ではロクに釣れなくなってきているとか。

今年は放流魚以外のイイ魚がかなり少ない気がします。大型の魚も例年と比べると餌釣り・ルアー・フライ共にいつもほど出ていません。
なので寒くなる今後が非常に不安です。。。

しかも今回は午前中だけの釣行。
まぁそれでも本格的に寒くなる冬に比べたら水温はベスト。前日行った仲間の情報では水量や色もベスト。午前中だけでも何とかなる自信があったので行ってみました。


今回はMYSTさんと一緒。
朝イチと夕方ラストはブラウンってイメージが強いので、まずは朝イチ、ブラウン狙いでピンポイントを目指して入ります。

ちなみに前回・前々回とブラウンを釣ってるポイント。
6時半頃釣り開始。
まだ日も差しこんでないので岸際まで丁寧にスイング。
釣り開始して10~15分後位。岸際までスイングさせた時に『トン・・・ググ~~~』
そんな大きくはないけど朝イチの貴重な一匹。丁寧に寄せてキャッチ!
c0157482_09395088.jpg
なんと狙い通りにブラウンが!
しかもまだ6時台。だいたい月曜の朝イチってのは期待出来ないんですが、これでもう今日は余裕(笑)

次はこの日「絶対釣れる!」 って思っていた本命ポイントへ。
そこをMYSTさんに流してもらうとレインボーの47cm!
オレは近くのポイントに歩いて行ってみるもスカ。

で、MYSTさんの流した後からやってみると『ゴン!ゴゴゴン!』 とキタけど何故か乗らず・・・。
他にも小物のアタリがあったけど乗らず。


3ヵ所目。
ここも期待していたポイント。長いランのこの辺かな~?ってピンポイント。
スイング中に『グ、ココン』と明確にアタルも小物っぽい感じ。

その5投後くらい。
『グ・・・ドン!』 といきなりロッドを絞り込まれファイト突入。
しかもデカイ感じ。振りかえって後ろを流してたMYSTさんに「キタ!デカイよ!」
バットまで絞り込まれ『ギ、ギギ~~~!』とラインを出されます。
一瞬「止められない???」 と思いましたが、長く走らなかったので「ブラウンの大きいヤツか?」 と考えます。
重量感も感じながらファイトしてたら『フッ・・・・』 「え”~~~!?バレた~~~(゚Д゚;)」
何が悪かったのか全く分かりませんが、めちゃくちゃショックでした。

姿は見なかったので大袈裟なことはいえませんが、控え目に見ても50cm台は確実。ひょっとしたら60cm位だったかもしれません。
後ろで見ていたMYSTさんも「かなりデカそうでしたね」と・・・。
しかも前回今回と2回連チャンでイイのをバラすという大失態・・・。
今年の殖産じゃ貴重なチャンスだっただけにヘコミまくりでした。


とはいえこの日はここまで3ヵ所読みが全て的中。
かなり自信に繋がります。


移動して殖産の中で一番手堅いポイントへ。
なんとそこではアタリ無し。そこで反応無かったなんて数年ぶりです。

他に見て回って気になった所をやるもアタリ無し。
見るからに釣れそうな場所だったのですが・・・。
その感じからしてみんなが厳しいと言う事前情報は間違いなさそう。

時間的に最後のポイントへ。
そしたらそこが意外と良かった。
入って直ぐに・・・
c0157482_12532947.jpg
銀ピカ系レインボー。

それからちょっと下って・・・
c0157482_12535902.jpg
40cm後半位の放流レインボー。何気にこの秋初めての放流魚。
しかしこの魚、背中の盛り上がりが凄かった!顔もカッコ良かったしヒレもキレイ。ガングロは卒業して美白に励んで欲しいと思います(笑)
他にも何度かアタリがあったけど、ちょうどこれを釣ってタイムアップ。



今回感じたのはポイントによって凄くムラがあるってこと。
放流魚を避けているのでさざなみや道の駅、さぎり荘なんかの放流ポイントはどうか分かりませんが、絶対ってポイントで無反応だったり逆になんてことない小場所で連発アタリしたり・・・。
フライも小型と大型で全く反応違った感じ。
なので釣れるも釣れないも紙一重って印象を受けました。
秋にしては珍しく水量があるので、もうちょっと減水してくれればまた違って良い反応になることでしょう。もちろん本格的に寒くなる12月後半からは難しくなりますが・・・。



今年も秋・冬は丸一日釣り出来ることが少なくなるのですが、今年の真冬は午前中だけで釣れる気しないんですけど・・・。

たぶんそれでも行っちゃうけどね(笑)

MYSTさん、お疲れさまでした~♪
c0157482_09394183.jpg

[PR]
by camelhd | 2016-11-22 15:57 | 犀川 | Comments(6)

犀川(今年15回目)&利根川ハコスチ

今週は連休でした。

月曜日は午前中利根川へ。
冬季釣り場後期がスタートしてます。
そして皆さんお待ちかねの箱スチが放流されたので、オレも期待して行ってみました。

まぁ人が多いです!
月曜なのに日曜日よりも多いと関係者の方が言ってました(笑)

朝イチの一流し。何もありません。

流れ込みにいた餌師の方々が移動したのでそこへ入ります。
見た目的には一番のポイント。
しかし餌師が攻めた後なので全く違ったアプローチで攻めると・・・
『コン・・・グ!ググ! プンッ・・・』
せっかく重量感ありそうなアタリもフッキングする前に放されてしまいました。

同じフライで下流を探るとスイング中に・・・・
『コン、ココン、コン』 「ん?小ニジ??」 と思ってたら『ゴゴン!!!』
ロッドをガッツリ曲げ込むいい魚。
派手なジャンプこそなかったものの流石の粘り。
ハコスチキャッチです♪
c0157482_09543815.jpg
今回のハコスチ、事前の冬季釣り場の大型レインボーと区別するために脂ビレをカットしてあります。
でも何か魚がかわいそうだし、脂ビレ好きなオレとしてはチョッと残念。
個人的には別に区別出来なくても、いいファイトが見られればそれで満足なんですが・・・。

午後も1時間位出来そうなので行ったら小ニジだけ。
c0157482_10043065.jpg
まぁこの日はフライで釣れてなかったんで釣れただけでもヨシとしましょう。



で、昨日火曜日。犀川へ!
c0157482_11275893.jpg
↑気になってた船場の工事。
この写真じゃ分かりにくいかもですが、上流にユンボが入ってます。
濁りも入ってますが釣りには影響ないでしょう。

朝イチに入ったラン、いきなりバイク屋さんがいいレインボーをキャッチ!
c0157482_10132881.jpg
ちょうど俺が見てる前の早い流れで。50cm弱でした!



で、次のラン。
ここがやりたくて仕方無かったオレ。
小場所なので先に釣った余裕のバイク屋さんは脇で見学。

本命と睨んでいたピンスポットは不発・・・。
セカンドスポットを探ると『ツ・・・グ! ググ!  ギギギ~~~~!』
すかさずフッキングするとかなりの重量感。と思いきや『フッ・・・・・・・』
「抜けた??? マジか~!?」

針先ギンギン。しっかり乗ったと思ったのに。
見てないからハッキリ分からないけど50cm半ばかそれ以上サイズ。
アタリ方からしてたぶんブラウンじゃないかと。

今年いいサイズの魚は高確率でフッキング&キャッチしてるので、めちゃくちゃ悔しかったです。




気を取り直してと行きたいですが絶対無理(笑)
思い切り引きずりながらもう一つ気になるピンスポットへ移動。

流速がイイ場所をスイングさせると・・・
『ココン、コン、コン・・・ドドン!』
重量感はさほどでもですが、なかなかイイ引き。
慎重にキャッチしたのは・・・
c0157482_10123998.jpg
犀川では珍しい朱点がキレイなブラウン!
計測しなかったけど40~42cm位かな?
これまたいつものチューブフライにタイプⅡヘッドで。

とりあえずホッと一息♪
実は前回ブラウン釣ったのと全く同じポイント(笑)
いい所にはちゃんとつくんですね~。


その後はアチコチ入って小物のアタリがあるものの乗らず。
c0157482_11413508.jpg
何だかんだ夕方まで釣れません。
放流魚を避けてポイント選択してますが、もうチョイ何かあっても良さそうな。。。


ラストに気になってた場所へ。
入ってすぐ小物のアタリ。しかし乗りません。
その後もなんとアタリ連発!しかし全く乗りません。辺りは少し薄暗くなってきました。
悔しくてやるものの全く釣れず。
そこの小場所15~20分で6回アタリましたが全部スカ。

最後にストレス残して終了(笑)




だいぶ水が落ち着いてきた犀川。
水温気温共に今がイイ感じです。しかし今年の大水でかなり虫が少なくなってます。
例年なら10月にハッチが始まり、昼間に中型メイフライが多く見受けられライズもあったりで表層ウェットでウハウハな時期があるのですが、今年はハッチがまばら。ライズなんてほぼ皆無です。
時折大型がドバ~ンと派手に跳ねてますが、毎年見る今時期限定の産卵がらみの大型ブラウンです。

フライサイズを落とせば良かったのかもしれないですが、やはり大きいサイズを釣りたいもので(笑)


釣れたには釣れた今回。
しかし大型サイズのバラシ&連続アタリのスカ、反応はまあまああったのに釣れたのは一匹とモロに惨敗気分・・・・。
次いつ行こう?(笑)

[PR]
by camelhd | 2016-11-09 12:11 | 犀川 | Comments(2)

犀川(今年14回目)

なんやかんやと休みの度に用事があって久々の本流です♪

そして今回はいつも利根川でお会いしていて仲良くなった『SAMONNGACHI HANDMADE LURES』のフィールドテスターであるK林さんとコラボ。
c0157482_10085595.jpg
K林さんは利根川での出動率激高の方。ふと気が付くと対岸に現れたりしちゃいます(笑)


待ち合わせをして犀川へ向かう道中。長野県に入った辺りから雨が本降り。
「こんなに降るのはヤバくない?」なんて話しながら犀川到着。

川を見るとまだ濁りは大丈夫そう。
準備してサラッと流してみます。

開始してすぐに瀬の中で15cm位のニジマスがスレでヒット。

そのまま釣り下り、怪しそうなピンポイント。
スイングさせると『コン、ココン!』 と来ましたがフッキングせず。小物っぽいです。

さらに3投後。『コン、コン、グ・・・、ココン、グ、グ・・・』 っと長~くアタリますが持って行きません。結局のらず。
放流魚独特のアタリ方です。

また直ぐに小物の『ココン!』 とのらないアタリ。

さらに同じ場所で放流魚独特の流し切ったところで『グ・・・ココン、コン、グ、グ~、コン・・・』 ときて、かなり待ったけど我慢ならずに試しにアワセてみたらのらず(笑)



4連続でのアタリに「こりゃ直ぐに釣れるんべ~」 と軽く考えていたら、そのうちにダム放水のアナウンス。
川の色も濃くなって小さなゴミも多く流れてきました。
相変わらず雨はザンザカ降ってます。

移動途中に見える小さな支流も真っ茶色。特にさぎり荘脇からの沢はいつもながら酷いです。
そのチョイ下流はこんな感じ。
c0157482_10090421.jpg
手前半分は真っ茶色。ここから下流は濁りも酷くなってます。

結局、道の駅から上流に頼らざるを得ません。
自然とポイントの選択肢も半減。

さらに水量も徐々にup。水位計を見ると1時間半で20cm増。
更級橋で1,08mと今まで殖産で釣りした中で一番高い水位。

釣りになりそうな所をアチコチ流すも全く反応なし。
放流魚でもと思い、放流魚狙いをするも全く反応ナシ・・・・。

現地で数名の知り合いに会うものの、皆ことごとくダメ。やはりロクにアタリもないそうです。
唯一一人、朝イチの濁る前に銀ピカのレインボーを釣られた方がいただけ・・・・。


お昼を食べて良さげな場所を求めてさまよいます。
なんせ1,08mの水位は未経験。水位に見合ったポイントにピンときません。
なのでチェックがてら長い距離を足早に探ってみました。
全く良い場所もなく「今日はこのまま帰ってもいいかな~?」位に考えてました。

しかし!急に良さげな流速のポイントを発見。
スイングさせてると・・・『ゴン、ココン・・・・コン・・・コン・・・』 と追い食いしてる感じだけどそれっきり。

とはいえ、久々のアタリにやる気メーターちょっと回復(笑)

で、数歩下ってキャスト→沈める→スイング開始→『ドン!ドドドン!』
いいサイズです!後方にいたK林さんに「キタ~!」と合図。

姿を見たいのに粘り強いファイトで全然浮いてきません。しかも流れも速く無理出来ない状況。
パーフェクトが『ギギギギ~~~~~~!』 と唸りをあげます。
手前に来てもなかなか浮かず、意を決してバットにためを作って浮かせると鮮やかな色したグッドサイズブラウン!
針もガッチリ口の中にかかってそう。
とはいえ「コレをバラしたら泣くに泣けね~!」 と(笑)、慎重にファイト。

珍しくネットインを1度ミスるも無事キャッチ!
c0157482_11593684.jpg
これまたカッコいいシャクレ三ツ口のオスのブラウン!
しかもこのヒレ!デカくないですか!?
c0157482_12013690.jpg
写真写りはイマイチですが、実物はお腹側の黄色も鮮やかでタマリマセン!




ラインは重い方のタイプⅡ。フライはブラスチューブに巻いた黒系でした。




久々の本流でイイ魚が釣れて大満足。
リリースして時間的にも最後となる他のランへ移動。

そこで先行していたK林さんにヒット!
c0157482_12163826.jpg
そして落ち着いたファイトで無事キャッチ!
c0157482_12170556.jpg
ルアーはもちろんSAMONGACHI。
しかもブラックベースのオレンジベリー。
c0157482_12240667.jpg
フライじゃ絶対的なカラーですよね。今時はこんなカラーもあるんですね~。
ルアーではハンドメイドならではなんでしょうか?
そりゃ釣れるでしょ(^^;



オレは最後に「キタ~~~!!!」って思ったら・・・
c0157482_12590440.jpg
本日3回目のスレ(笑)





とにかく厳しかったです。
朝イチに4連続でアタった場所はほんの15m位の区間。
濁り出してから再度そこに入りましたが、アタリ一つありませんでした。
そんな感じからして濁り&増水が放流魚でさえ口を使わなくさせたと言っても間違いじゃなさそうです。
前日・前々日はかなり良かったようですから。
この日は会う人会う人みんなダメと口を揃えていました。

普段ならこの時期は小物のアタリも頻繁にありますが、それもほぼ無しでした。
今までの経験上、雨の土砂降りの降り始めは凄くイイんですが、濁りが少しでも入り始めるとまるでダメです。目安は細かなゴミが流れだすと一気に反応なくなります。
この日も同じでした。

そして初経験の1mを超える水位。ポイント選択も考えさせられる結果になりました。
それでもあのブラウンが釣れたポイントは普段も実績ある場所。
その中でも普段は釣りにならない程の浅場が増水で埋まった場所でした。
増水の時ってそんなもんですよね。特にブラウンはその傾向が強いです。



まぁそれでもなんとかイイ魚が釣れて大満足!
K林さん、お疲れさまでした! 次はとりあえずハコスチですかね?(笑)

c0157482_12022087.jpg
やっぱ本流楽し~~~♪

[PR]
by camelhd | 2016-10-18 13:15 | 犀川 | Comments(6)