群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野釣りブログ

最新のコメント

お疲れ様です。さすが正田..
by ネコ好きヘッダー at 12:42
石原さん、こんばんは。 ..
by camelhd at 23:12
ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 23:11
パック3!! 酒ふきだし..
by 石原 at 21:30
お疲れ様です。ハコスチ、..
by ネコ好きヘッダー at 15:23

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

犀川(今年9回目)

9月下旬以来となる久々の犀川釣行。
行きたかったけども度重なる台風で長引いた濁り、その他諸々の用事もあったりでなかなか行けませんでした。

今回もどうしようか考えてました。
って言うのも天気予報は数日間の強い冷え込み。しかも月曜は雨→雪の予報。
車のタイヤもまだスタッドレスに履き替えてません。

先週までは型の良い放流魚が結構釣れていたようです。
しかし同じ放流魚ならハコスチ釣ってた方が面白いし近いしな~と・・・。

日曜日はもう一つの趣味の剣道の試合がありました。
若く強い選手を相手に4試合もやったので体はピキピキ。筋肉痛も。

などなど・・・イマイチ犀川に向かいたくなる要因が少なかったのです。

しかし「急激な冷え込みできっと放流魚が口を使わなくなる!だから逆に寒い朝のうちならいいブラウンや銀ピカレインボーを釣るチャンスかも?」 と相変わらずの釣り人的前向き思考が働き心を揺さぶられます。
寝る前まで悩んでいましたが、結局夜中の2時半に目覚まし掛けなかったのに目が覚めたので出発(笑)


道中の軽井沢の気温は-6℃。真冬並みの気温です。

暗いうちに到着。
雪も若干舞っていました。

空が明るみ始めてから支度して、完全に明るくなってから朝イチはブラウン率の高いピンポイントへ。
しかし反応ありません。ピン狙いなのでほんの15~20分で終了。

セカンドポイントへ。
この日期待していたメインの場所。って言っても狙いはほんの20m位のとこ。

開始5投目くらいでした。
スイング中に『グン、ググン、」グ・・・ゴゴゴン!』
十分待ってフッキングさせると手元に伝わる重い重量感!
「ヨッシ!こりゃなかなかサイズ!」 と慎重にファイトすると重量感あるものの大きく暴れたりはありません。意外とすんなり手前に寄せられます。
「あれ?放流魚か?」と思ったら、手前に来てから猛ダッシュを繰り返して手こずりましたが無事キャッチ!
c0157482_15055171.jpg
青光りがなんともカッコいいレインボー。薄く輝くピンクとブルーのコントラストがいいです!
サイズも53cmとグッドサイズ。
お腹がへこんでお尻がチョッと出てるから産卵した魚でしょう。最初のヒキが弱かったのはこのためかな。
尾ビレにも傷が回復してきてる感じがありました。

色合いもカッコ良かったんですがヒレがカッコイイんです。
c0157482_15055953.jpg
この大きな背びれ! こういうの好きなんですよね~♪

で、これをリリースして再開の1投目。
まだヘッドも出し切っていなかったのですが、いきなり『グググン!』 「うぉ!またキタ!」
ファイトに入るといきなり目の前でジャンプ!
45cmほどのブラウンです。
「さっきのレインボーをリリースしなけりゃツーショットが撮れたなぁ」などと考えながらファイトしてたらバレました(笑)

しかし朝の早い段階でイイ魚が釣れちゃったので気分的には凄く楽に。
と言うより気が抜けました。筋肉痛も酷いしもう帰ろうかな?って思っちゃったくらいに(笑)

夏の大増水と秋のW台風でかなり川が変わった感じを受けたので、今後のために広く浅く探ることにしました。

c0157482_15060693.jpg
パッと見変化はないんですが、流してみるといいピンポイントが狭くなっていたり、かけ上がりができていたりetc,,,
しかし全体的には良くなったかと思います。

寒いことには寒いのですが水温は思った程冷たく感じません。
その証拠に小物のアタリが結構ありました。大きい針を使ってるんで乗りませんが・・・。
小物が元気にアタるってことは適水温ってことだと考えてます。
しかし長い間養魚場で育った放流魚が急激な冷え込みで動きがスローなのでしょう。
それらしいアタリは一切ありません。

冷えた体をカップラーメンで温めます。
児玉橋の脇で地元のNさんと情報交換しながらお昼を。

c0157482_15061247.jpg
↑この鉄橋、いつもこの角度から見るとカッコいいと思うのはオレだけ?

2時半頃には上がらなきゃいけなかったので、昼食後は長いランを一流しだけ。
c0157482_15061801.jpg
ここには数年ぶりに入ってみたけど小物のアタリだけでした。


結果的にはアレ一本。
ザッと流しただけとはいえ、反応は思ったより少なかったです。
冷え込んだからとは思いません。まだ真冬じゃないし元から川で生まれ育った魚にとってはあれしきの冷え込みは何てことないはず。

この日2人友人に会いました。
2人とも釣りましたが、一人はオレが釣ったのと同じポイント。
もう1人は別の一か所で3本。
しかもそのお2人それぞれ放流魚じゃないレインボーやブラウンをキャッチ。

どうも魚のいる場所に偏りがあるようです。
水質もクリアーになって人もそこそこいるんで、プレッシャーもかかってきてるのかな?
今回釣れたレインボーも口先に針掛かりしてたし、バレたブラウンも掛かりが浅かったんでしょう。
イイ魚は時間帯が良ければ口を使うけどいつでも釣れる感じじゃない印象を受けました。

そろそろ荒川の鮭も迫ってるし、利根のハコスチも釣りたいので犀川はしばらくお預けかも?
まぁそう思って今回は無理矢理行ったんですけどね…。

寒くなってくれば人も減るし釣れる魚がイイ魚の確率も高くなるので楽しみです。まぁそもそも魚の釣れる確率はぐ~んと下がるけどね(笑)



[PR]
# by camelhd | 2017-11-22 11:08 | 犀川 | Comments(1)

利根川冬季釣り場(後期C&R)

台風の影響で休業だった冬季釣り場。
先週末より再開されました。そして初の試みでもあるC&Rです。
c0157482_13150259.jpg
なんとステッカーも頂きました。せっかくなので何かに貼りましょう(笑)
ステッカーよりも券が変わりました。これイイです。
何がイイって切れません。
先日の丸沼なんぞは爆風だったこともあり気がついた30分後には券が千切れて無くなっていましたから・・・。



利根川の濁りは落ち着いたものの水量は多いです。
初回の放流は100kg+30kg。
魚自体が大型なので数にしたら少ないはず。しかも水量多めなので魚の密度も薄い上に狙いにくい。
毎年初回の放流後はイマイチなので期待せずに向かいました。
c0157482_12481695.jpg
c0157482_12481021.jpg
管理棟前からの写真ですが鉄骨は完全埋まってます。
流れを見る限り大増水で若干変わったようです。3~4年前に戻った感じ。
個人的には嫌いじゃありません。


朝一番に入れば何かあるだろ?と考え、一番で入ります。
案の定核心部で『ゴン!』 しかし乗りません。

もう一度流します。
またも『クン、ゴン!』 乗らず・・・。

さらにもう一度。
またも『ゴン!ゴゴン!』でお終い・・・。


その後はアタリ無く、小移動。
そちらでも小さいアタリが。

フライは大きめのチューブフライのストリーマー。
たぶん小さいフライの方がいいんだろうな~、と思いつつも今後のことを考え、カエシを潰してバーブレスにしたくなかったので、そのままチューブフライで継続。

何度目かに明確なアタリ。
下流に流れ切ったところで『クン、ククン、クン・・・ククン、クン・・・』
全然持っていきません。5~6秒待って乗ったかな?と思ってアワセるといい重量感!
しかし直ぐにバレました。

そのうちかなり暖かくなってきました。
明らかに雰囲気が変わった感じ。
たまたまオレの前を流している釣り人もいない。
「このターンで釣れそうだな!」と思い、ミスの無いように釣り下ります。
丁寧に流すと先ほどバレた辺りで『クン、ゴゴン!』
しかし軽い・・・。
キャッチしたのは・・・
c0157482_12491236.jpg
なんと大増水前に放流されたであろう小ニジ。
ハコスチではないと思うのですが(笑)

で、これをリリースして浅く早い流れがありました。
陽射しも強くなってきたのでフライをチェンジ。
「この陽気ならココかな~?」と集中して釣っていたら・・・
『ククン、クン・・・グググ~~~!』
フッキングさせるといい重量感!

すぐに水面から『ドバン!』  ナイスサイズのハコスチです。

しっかり竿を曲げながらプレッシャーをかけてるとまた『ドバン!』 さらに『ドバドバン!』とジャンプ!

相変わらず派手なジャンプで楽しませてくれます。
キャッチすると結構な太さのハコスチでした!
c0157482_12491959.jpg
測らなかったけどサイズは50cmチョイですかね?
c0157482_14404081.jpg
長いダッシュこそなかったものの派手なジャンプはドキドキします。
しかも久しぶりにバンブーだったのでネットインしようとしたけど、魚が重くて折れそうだったので岸に寄せました。

ちなみにフライはWILD‐1さんのイベント時に限定で作ってもらった「Camelグリーン」のゾンカーを使ったチューブフライ。
晴れた時には抜群に効きます!

↓K林さんに撮って頂いた動画です。




お昼を食べて午後は探索がてら足を使ってアチコチへ。

かなり流れも変わってるのでその調査も兼ねて動きます。
午後は竿もコネコに変えて釣りしたらメチャクチャ楽です(笑)

そのうちここ良さげと思ったところをスイング中に・・・『クン、ククン、クン、クン・・・ググ~』 ときてフッキング。

これまた同じようなサイズのハコスチ。ジャンプとダッシュを繰り返しやっと手前に寄ってきました。ネットを準備して寄せに入るとまたダッシュ。こんなのを3回繰り返し、ようやくネットを差し出して寄せにかかったところでフックオフ。

あと2mくらいだったのですが・・・。
バーブレスにしてたの忘れてました(笑)

夕方までやったけどその後は小さなアタリが2回で終了。



まだまだ放流魚の数が少ないので難しいです。
しかし魚はスレてないので上手く流せば口を使う可能性大です。
ただいかにも放流魚らしいアタリ方をするので我慢しないとダメです。フライも多分小さめの方がいいような気がしました。

今週の土曜日にも追加放流があるのでもっと楽しめるようになることでしょう。
C&Rなので確実に魚は残りますしね!


そうそう、漁協の受け付けに凄い兵器が・・・
c0157482_12483696.jpg
カワウ迎撃システムPAC3と呼ばれてるそうです(笑)
これまた優れもので発射角度調節機能も!

漁協組合員の方々、発射台を自作している方々が多く、アルミパイプを改造したコンパクトなタイプを携帯されている方も。
オレもカワウ迎撃ミサイル発射台を自作してみよう♪


[PR]
# by camelhd | 2017-11-14 14:08 | Fly Fishing | Comments(4)

タナゴ釣り&チョロっと利根

今週は連休でした。しかし利根の冬季釣り場も休業。犀川も釣り出来なくはないけど水位高いまま。

で、月曜日はチョロっと利根川へ。
水量は多めながらも色的にはイイ感じ。「これなら釣れんじゃね?」ってことで、冬季釣り場が休業中なのでエリア外で竿を出してみることにしました。

とは言え、あの大増水の後・・・。果たして魚がいるのか???


この水位ならココ!って所にエントリー。
大増水で若干変わって入るものの大丈夫と判断。
核心部は何もナシ。「やっぱ魚いなくなっちゃったん?」と釣り下ると浅い場所で『グググン!』

スイング中の大きめストリーマーをガップリ食ってきました!
c0157482_12320923.jpg
色が白っぽくなってます。小さいですが大増水を無事やり過ごした魚です。
ちょっと感動しました。

その数投後にもまたアタリ。しかも乗らなかったけど3回連続。
そのちょっと後に・・・
c0157482_12321777.jpg
似たようなサイズだけどこれもガップリ。
直後にも一匹追加。

ほんの30分間で6アタリ3キャッチ。
魚が残ってることに一安心しました。

で、釣れたら腹減ったのでうどん(笑)
c0157482_12364678.jpg
なんと並盛り+かき揚げで309円!

友人一押しのうどん屋さんなんですが凄く美味しかった♪

食後は他のポイントを一流し。
そっちは2アタリ2キャッチ。同じ様なサイズでしたが、結構魚いる感じです。



翌日の火曜日。
実は一人でワカサギ釣りに行くつもりでした。
餌のサシも買って準備済みでしたが、前夜にNさんから「タナゴ釣り行くけど行く?」てお誘い。

ワカサギ準備しちゃったけどみんなでタナゴ釣り楽しそう♪ってことで急きょタナゴ釣りへ!

メンバーはNさん、MYSTさん、まこっちさんとオレ。
釣りってことに関してはある意味完全にダメなメンバーです(笑)

MYSTさんがタナゴ釣りの道具を持っているので全てお任せのおんぶにだっこです。
竿を借りて・・・
c0157482_12431086.jpg
ちっちゃい針の仕掛けもセットしてもらって・・・
c0157482_12431606.jpg
餌も作ってもらって(笑)
c0157482_12432295.jpg
みんなで釣り開始。
c0157482_12433536.jpg
↑オレ凄く前のめり(笑)

いや~、やってみると繊細です。
c0157482_12462677.jpg
餌はグルテンなんですが、餌を付けるのさえ難しい。

タナの調整や投入場所によってはエビの猛攻に合うし・・・。

「キタ~!」って思ったらクチボソだし(笑)

しかし徐々にコツを掴んでタナゴも釣れるように。

それでもNさんはオレがたまたま釣ったエビみて「エビカッコいい~!」を連発。
タナゴそっちのけでエビやザリガニを狙ってます(笑)
c0157482_12504424.jpg
それはそれでなかなか釣れなくて面白いんですが(笑)

途中チョッと移動したらそっちは大型のタナゴばかり。
数も釣れましたがタナゴ釣りは大型じゃなくて小型の方が重視されるんですよね。
それでも初めてなんで、釣れれば嬉しいです。

お昼も忘れるほどに集中して釣りしてたくらいですから(笑)
c0157482_12555610.jpg
結果思ってたよりも釣れて大満足!
c0157482_12505195.jpg
タナゴってキレイですよね~♪
ヤマメやイワナとは違ったキレイさがあるって言うか・・・。

まこっちさんは小さいタナゴばかり。
c0157482_12505709.jpg
たぶんこの日の竿頭。この人何釣りやっても上手いんだよな~。


それにしてもタナゴ釣りがこんなに面白いとは!
小学生の頃、埼玉まで連れて行ってもらって釣ったことはあります。
でも高崎辺りだとタナゴっていないんですよね。昔オレが小学生の頃は少しいました。ビンドなんかで数匹獲った記憶があります。
それでも当時でさえレアな魚。なので高崎辺りに住んでる身としてはタナゴって憧れの魚でした。

現場で会った常連のおじさんは道具の全てが自作。
竿はもちろん仕掛け入れや、なんと針まで!
そういうのがタナゴ釣りなんですよね。
何か趣味として洗練された世界って感じを受けました。

とりあえず道具を用意して川がダメな時に行けるように備えとこうかと(笑)

[PR]
# by camelhd | 2017-11-10 13:07 | Fly Fishing | Comments(6)

大荒れの丸沼釣行

全く釣りに行けてません・・・。
最後は前回の犀川釣行。
あっ!一度群漁の冬季釣り場へ行きましたが濁ってきちゃって2時間後には撤収。不完全燃焼な感じ。。。

今週も台風で本流は完全アウト。
ワカサギ釣りでも行こうかと準備してましたが、山方面は雨。

「また行くとこないよ~。何しよう?」って考えてたらバイク屋さんが丸沼に行くそう。
「台風通過後で爆風なんじゃん?しかも午後は雪予報だよ?」って聞いたら、「先週の台風通過後も行ったから大丈夫!何とかなるはず!」って言葉に騙されて3人で・・・

現地に着いたら・・・

爆風です!

しかもミゾレが・・・。
個人的にはただでさえテンションの上がらない湖。着替えるのも嫌です。

仕方なく着替え、先に来ていた友人2人と合流。
この2人、この悪天候の中を嬉しそうに発券30分前から並んでます・・・・。

そしてこの2人は真正面からの爆風を受ける流れ込みへ。
オレは顔にミゾレを受けながらは絶対嫌だったので一人で牛舎方面へ。

とは言えこっちも爆風。斜め風下にしか投げられません。
c0157482_12565815.jpg
↑風が若干落ち着いたタイミングで撮影。
寒いのも嫌だったので水面ギリギリに頭を出していた切り株の上に立って釣りします。

普通の放射角度でキャストするとラインが岸に落ちてしまいます。なので低めの放射角でキャスト。
あまりに凄い突風で吹き飛ばされて切り株から落っこちること数回(笑)
ここまでの体を持って行かれる風って一年の中でもそう経験するものではありません。
この風とミゾレは荒川の鮭釣りを思い起こします。

一度50cmはありそうなのが掛かりましたが、ファイト半ばでバラシ。

「いつ帰るんだろ?」って考えながら(笑)、釣りしてると何だかアタリのようなのが数回。
爆風もあるし湖経験の少ないオレは「ボトム?アタリ?」とよく分かりません。

そのうちまたも微妙な違和感。一応合わせると何か付いてます。
しかし横からの爆風で良く分かりません。

魚だと認識したのは半分位手繰ってから(笑)
c0157482_12570543.jpg
小さいながらもキレイなニジマスでした!

って言うかこの天候の中で釣れたことにビックリ(笑)

7時半頃だったんですがもう帰ってもいい気分。
友人たちは頑張ってますがダメな模様。

しばらくすると隣でやっていた方が一匹釣られました。
この悪天候の中やっている同士としてかなり励まされます。
(この方、後に同じKⅡロッドユーザーの知り合いだったことが判明。流石です!)

休憩をはさみながら釣りしますが、そのうち爆風が強風くらいに若干弱まってきました。
その代りに雪が強くなってきます。
c0157482_13104926.jpg
気温も明らかに朝より低いです。
ずっと同じ切り株の上でやってましたが一匹釣れてからはほぼ何もありません。
どうやら朝イチのボトムみたいな感触はアタリだったようです。


ずっと正面の流れ込みでやってた友人も諦めてオレの隣へ。

そしたらなんとニジマスキャッチ!
続いてもう一人の友人もキャッチ!

さらにその2人はその後同時にダブルヒット!
朝イチに並んだ苦労も報われたことでしょう(笑)

しかしいい加減手が限界です。感覚がなくなってきました。
2時過ぎまでやって帰ろうって予定でしたが、もうダメ・・・。
c0157482_13105578.jpg
それでも1時過ぎまでやりました。
周囲はいつの間にかすっかり雪景色。
c0157482_13110155.jpg
ウチら5人以外には誰もいません。

手が痛くて動かなくて着替えるのにも一苦労。
暖かい缶コーヒーがこんなにシアワセだとは(笑)

気分的にはまだ秋だったのでいきなりこの天気には体がついていきませんでした。
外気温は-2℃。しかし風も強かったから体感温度的には-10℃くらいな感じ。
真冬の犀川よりも寒い感じがしました。。。



丸沼から上の金精峠は何だか分かりませんが規制かかってました。
帰りの道中、たぶん大尻沼の横辺り。
c0157482_13110679.jpg
丸沼へ行かれるみなさん、スタッドレス必須です。

オレ?もうしばらく湖は行きません(笑)

[PR]
# by camelhd | 2017-10-31 13:33 | Fly Fishing | Comments(4)

2017 利根川群漁冬季釣り場

今年もそろそろ冬季釣り場の季節がやってきました。

もう結構前から群馬漁協のブログに案内が出てますね。

冬季釣り場自体は10月15日から開始。
しかし今年からなんと11月~12月は完全キャッチ&リリースに!

前期冬季釣り場の10月15日~31日までは例年通り、持ち帰りOK(40cm以上の大型は1匹だけ)。
区分けも例年と同じ感じ。
c0157482_08595354.jpg
ただ区間が上流に広くなりました。
右岸側の神社の下に総社緑地公園がありますが、実質その前の淵(左岸が護岸されてる)辺りから下流ということになる感じでしょう。

グーグル衛星写真で簡単に書いてみました。
c0157482_08595868.jpg
↑期間中は区分けの境界に赤旗が立っていると思うので、この図よりも赤旗に従ってください。これはあくまでイメージ図ってことで・・・。

おおよその駐車場所も描いてみました。
恐らく放流場所は管理棟近辺がメインになるかとは思いますので、気になる方は管理棟で聞いてみてください。

なお、管理棟近辺はグランドも多く、休日は野球やサッカーの試合等が行われて車が混雑します。
土・日はなるべく川沿いの道路上には停めないで駐車スペースに停めるようにしましょう。

そして待望の後期冬季釣り場のキャッチ&リリース期間。
c0157482_08594951.jpg
まず前期との大きな違いはオールキャッチ&リリース!
ストリンガーやびく、クーラーの持ち込みに関しては一切禁止(厳しく指導するそうです)。

そして前期にあった区分けが無くなります。
餌、ルアー、フライ共に区間内であればどこでもOK。
※トラブル防止のためにも、先に釣りをされている方の近くに入る時は必ず一声かけてから釣りしましょうね。(ルアーやフライは基本下流に向かって投げて釣りしているので、直ぐ下流には入らない方が賢明です。)


さらにシングルフックでバーブレスの使用が義務化されます。
ただミノーに関してはシングルバーブレスを前後両方に付けてもOKだそうです。
もし餌釣りで針を飲まれてしまった場合は、無理に外そうとせずギリギリで糸を切って針はそのままにしてリリースして下さい。
とある研究結果では、そうやってリリースした魚はほとんど生き残っていたそうです。

フライはドロッパーに対する言及はありませんが、やられる方は節度を持ってやりましょう。

何か疑問・質問等がある方は管理棟で直接聞いてもらうのが確実かと思います。



そして一番難しい話しですが、リリースについて。
こういうことに関して普段は全くもって個人の自由でいいと思ってますが、後期はC&Rが義務なのでチョッとだけ・・・・。

とにかく魚を水から出さないようにしましょう。
それさえ気を付けていれば簡単には弱らないはずです。
特にハコスチは激しいファイトで弱りやすいので注意です。

フィッシュグリップで持ち上げたり引きずったりもダメージ大きいはずです。
手で強く握るのも良くありません。特にグローブをした手で強く握ると魚のヌメリもとれて病気にかかりやすくなります。
魚に触る際は優しく触れるようにしましょう。
余談ですが海外のスチールヘッドなんかだとフィッシュグリップ使用や素手以外のグローブで触れるのはご法度と聞いたこともあります。。。
何が正しいリリース方法だとかはケースバイケースかと思いますが、愛情を持って魚に接してあげましょう!

たまに犀川殖産のC&R区間でも見かけますが、釣った魚を生かしてキープしといて最後に放すってのもC&R区間ではいけません。
すぐにリリースするようにしましょう。



後期は放流する魚もハコスチ。
2kgを超えるような60cmクラスも入るそうなので覚悟しといて下さい(笑)

群馬漁協としても初めての試みとなるC&R。
昨年とったアンケートでは80%以上の釣り人がC&Rを希望されたそうです。
もし上手くいけばゆくゆくは区間もさらに広がるかもしれません。

今までの経験上、ハコスチは上手くリリースすれば何度も口を使います。
本流のいいトレーニングにもなりますのでC&R区間は非常に楽しみです♪

[PR]
# by camelhd | 2017-10-11 09:48 | Fly Fishing | Comments(2)