群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野釣りブログ

最新のコメント

てぃこまさん、こんにちは..
by camelhd at 10:46
やはりポイントになる場所..
by snowtrout at 06:05
ネコ好きヘッダーさん、こ..
by camelhd at 08:49
お疲れ様です。普段行かな..
by ネコ好きヘッダー at 21:09
kawasakiMさん、..
by camelhd at 09:04

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

利根川

久しぶりの利根川です(笑)
今年はまだあちこちのお気に入りポイントをチェックしていません。なので、チェックがてら一通り回ってみることに。
朝イチは群漁下流部へ。
c0157482_09314658.jpg
たくさん釣れるポイントじゃありませんが、好きなエリア。
いくつかのポイントを回りましたが、どこもイイ流れで昨年とほぼ変化はありません。



今度は中流部。
前日に大利根緑地公園前で放流がありました。
「平日だしエリア的に人が少ないかな~?」と思って覗きに行ったら意外や?長いランに人がたくさん!
c0157482_09320473.jpg
多いときで7~8人。
なので竿は出さなかったけど友人のルアーマンに聞くと、朝から魚の反応は結構あるよう。
ちなみに今朝はかなり釣れてたようです。
今まで中流域への放流は皆無でした。
しかし釣り人も餌釣り・ルアー・フライといろんな釣り方で多数の方が楽しんでいたし、公園の駐車場もあり、みんなが気軽に入れる今回のここへの放流は大きな一歩だと思います!




そのまま群漁の上流部へ。
c0157482_09315454.jpg
気になるポイントをチェック。しかし流れは最高なのに反応は小物のアタリが一回だけ(=_=)
やりたいポイントも思い浮かばず徐々にネタ切れです(笑)

先日のスクールをやったポイントへ。
ちょうどスクール最中に緩い流れの説明をしたポイントがスクールやってた時から気になったので(笑)、ダイレクトにそこへ入りました。
5投目くらいかな?
スクールの時に説明したのと全く同じようにキャストしてスイング。
そのスイング半ば…
『クン、ククン』 「おっ!きた!でも小さい?」と、思ってそのままアタリを待ってたら『グ、グググ~‼』
いやいや、イイサイズです!
ファイトも跳ねはしないけど強いヒキ。
全然浮いてきません。それをなんとか寄せてネットイン!
c0157482_09322481.jpg

サイズは56cm。おそらく先週か先々週に放流された魚でしょう。
でもお腹もパンパンで強い魚でした!
一緒にやってたルアーの友人に撮ってもらいました(^^;
c0157482_09322942.jpg
スクールで説明したのと全く同じ場所で全く同じ釣り方だったのが嬉しかったです♪




その後はもう一ヶ所流してお昼を食べに一旦帰宅。

午後の部は3時過ぎから再開。
c0157482_09321835.jpg
昨日は午前中もそうだったのですが、凄く良さそうなのに反応ありません。
午前中はイイ所を流してるにも関わらず2アタリだけ。
なので午後は期待せずポイントチェックを中心に流します。
今の水量だと多過ぎなところも。
c0157482_09321455.jpg

で、最後の30分。
何も無いのも寂しいので、毎年絶対釣れるポイントへ。
ちょうど核心部。長いアタリからようやくフッキングしました(^^;
c0157482_09323457.jpg

小ニジでしたが早い流れの中、いいファイトしてくれました(σ≧▽≦)σ


既に3回の放流がされていて水量も多くて釣られずにかなりの魚が残っていると思われます。なので、昨日は絶対楽に釣れるとたかをくくっていました。
ところが!予想に反してまぁ渋い渋い(笑)

釣れてたのは放流場所の大渡橋上流左岸だけな感じ。この水量ならかなりの魚が放流場所から散ってるとは思いますが、何故反応が少なかったのか?全くもって分かりません。
水温も全く問題ないし、水の色もイイ感じ。
水量も個人的には一番好きな水量なんですが。

まぁこれからに期待ですかね~(^^;

[PR]
# by camelhd | 2017-04-25 08:47 | Fly Fishing | Comments(4)

WILD-1本流フライフィッシング・ツーハンドセミナー開催!

4/16にいよいよ開催された自身初の講師を務めたスクール。
当初は募集かけて集まらなかったらど~しよ?って心配していましたが、なんと募集から24時間ともたずに定員の20名に達しました!
WILD-1でも色んなイベント募集でそんなに早く定員達したのは初めてだそうです。
しかも県外の方々が多く、遠くからの参加者がほとんど。
本流FFの人気を実感しました。


心配していた天気にも恵まれ過ぎ?暑い1日となりました。
c0157482_10105006.jpg
なんつったって初めての大役!
もちろん緊張はありましたが、それも最初のあいさつだけ。
やはり大好きな釣りの事ですから、勝手に自分の中のテンションもupでスムースに言葉がどんどんと出てきたのは自分でも驚きでした(笑)

事前に皆さんに一番伝えたいことがありました。
それは『釣れるスイング!』

自分もそうでしたが、本流って結果が出にくい釣りですよね。
そんな中で何が魚への近道なのか? 大物への近道なのか?
なので、どうしても迷いが生じる→色々試す→釣れない→迷う…の悪循環なのです。
それを断ち切って頂くためにも、自分自身が経験から得たスイングの手法を皆さんにお伝えしたかったのです。

まずはブラックボードを使って・・・
・何故スイングが釣れるのか?     ←これと・・・
・何故スイングに大物が反応するのか? ←これ凄~~~く重要!
・スイングの基本的動き 等々を説明。
c0157482_10235426.jpg
で、その後は実際に川の中での説明。
c0157482_10150370.jpg
上手くスイングさせた時のフライの泳ぎ、ダメな泳ぎ、何故根がかるのか?等々を実際水面直下のフライを見て解説。

その後はそれを演出するためにラインをどうコントロールするのかを実演。
c0157482_10151210.jpg
みなさんが普段使ってるラインシステムごとに説明しましたが、基本は全て同じです。

で、驚いたのが皆さんが凄~くたくさん質問をして下さったこと!
初めてなのでヒジョ~に進行具合に不安があったのですが(笑)、皆さんの投げ掛けてくださった質問がこれまたイイ感じで的を得た質問で、こちらもとても助けられました!

あとメモや動画をとられていた方々が非常に多かったです。
皆さんの熱意がビシビシ伝わりました!

人数と時間的にどうかな~?と思っていたのですが、一人ずつスイングの体験もきちんと出来たので良かったと思います。



お昼はWILD-1スタッフさんと友人HさんとMさんが作ってくれたホットサンドやスープをみんなで頂きました。
スクール終えて戻ってきたら昼食が用意されてるって凄いですよね?
しかも美味しい♪
県外の方が多かったので、その場で焼いた焼きまんじゅうも!
「県外の方にどうなの?」って思いましたが、おかわりされてる方もいましたね~(^^;



午後は昼食終わったその場で質問タイム。
フライに関する質問や川での狙い方の質問等々、次から次に出てきたので他の方々にも参考になったかと思います。

他にもノットやフックの説明もしました。
c0157482_10105661.jpg
フライフィッシングでイイとされてるノットでも、本流のような力がかかるのには不向きなノットがあるので、普段自分が使ってるノットをいくつか説明。
さらにフックもこういう感じのがいいですよとご紹介。

針と糸は大物を捕るためには何より重要な道具!
切られた・伸ばされたなんてことがないようにしっかり解説させて頂きました。


さらにフッキングのやり方も。
c0157482_10103879.jpg
↑友人Hさんに魚役やってもらってます。
外道ではなく、いいトラウトを演じてくれました(笑)

それに続きフッキング後のファイトの仕方。

仕上げのランディングのやり方まで。
c0157482_10150850.jpg
このフッキング&ランディングは是非とも皆さんに経験して頂きたかったことでした!
一通り皆さんに体験して頂けたので一安心。


とこんな感じで大物に口を使わせる→フッキング→ファイト→ランディングまでの一連を説明しました。
あと残すはカッコいい写真の撮り方くらいか?(笑)


最後に解散してからゴミを拾って終了。
(拾ってと言うか当日のゴミは皆無。元々落ちてたゴミを探して拾ってと言った方が正しいです。)



いや~、終わったらドッと疲れが(笑)

当初スクールの内容を考えていた時に「自分が迷っていた時にこんな感じのを受けたかったな~」 という内容にしよう!と思いました。
もちろん自分も迷っていた時期があるので皆さんの気持ちはよ~く分かります。
「それを払拭できるスクールじゃなきゃ意味がない!」 と思っていたので、単に事実を伝えるだけではなく、過去のこのブログの記載を引用したりしてなるべく説得力ある説明をしたつもりです。

スクール終了後に参加者の方々から・・・
「本流で釣るということに、ここまでこだわったスクールは初めてで凄く良かったです!」
「いくつもスクール参加してきたけど今回のが一番良かったです!」
「悩んでいたことが一気に解消されました!」
「大物が釣れる気がしてきました!」
などなど、講師を務めた自分にとってこれ以上ない嬉しいお言葉を頂きました!

当日だけでなく翌日や今日も参加者の方々からメッセンジャーを通してや実際お会いして、嬉しいお言葉を頂き、悩んでいたけど今回やって良かったな~と心底思いました。


あとは実際参加者の皆様がスクールでの内容を役立てていい魚が釣れればこんな嬉しいことはありません。
スクールでも最後に言いましたが、この日の内容を駆使してイイ魚が釣れたら是非教えて下さいね(^^)

参加者のみなさま、大変ありがとうございました!

最後になりましたが主催のWILD-1スタッフの方々、当日のお手伝いを買って出てくれたHさんとMさん、みんなの協力なしではここまで素晴しいスクール開催は絶対にあり得ませんでした。
本当にありがとうございましたm(__)m
c0157482_10152145.jpg
こちらにも今回のレポートがありますので是非!




もう一つ最後に・・・。
実は今回のスクール。希望はあったのですが仲間内からの多くの参加は辞退してもらいました。
単独で参加される方々も多い中、一部の仲間内だけで盛り上がっちゃうような雰囲気にしたくなかったからです。
オレの仲間は決してそんな場で勝手に盛り上がっちゃうようなKYな人達じゃありません。
でも他の単独で参加した参加者が「知り合いばっかりじゃん」と変な気を使わせてしまうのも申し訳ないと思ったので、仲間には無理を言って見送ってもらった形でした。
ですので形上決して表には表れないけども、陰で今回の自分のこととこのスクールのことを応援してくれた仲間にも心から感謝しますm(__)m


[PR]
# by camelhd | 2017-04-18 10:03 | Fly Fishing | Comments(6)

犀川(今年6回目)

久々の雨で犀川に限らず利根川や天竜川も増水。先週イイのを釣ったので今週は全く行く予定ではありませんでした。

しかし水位計を見てたら水位も落ち着き始めてる。
「あれ?犀川イイんじゃね?」な~んて思いだしたら、もう止まりません。
しかも前日行った仲間がいいブラウン釣っちゃいました!
それ見て「ヨシ!行っちゃおう♪」と(笑)


下道走って犀川に5時過ぎに到着。
夜明けも早くなってきているので、もう明るいです。
そのまま急いで準備してお目当てのランへ。

5時半頃から釣り開始。
心配してた濁りはそこまでじゃありません。朝で膝上くらいでしょうか。
全然釣りになります。増水後のこの色と透明度、むしろ理想的でしょう。

期待しながらスイングさせてると早速『グ、グ、ググン! グググ~~~!』 ときてフッキング。
いきなりいいサイズ! しかも走りまくりです。
「朝イチの魚だから無事キャッチして楽になるんだ」(笑)、と自分に言い聞かせ慎重にキャッチ!
c0157482_13214741.jpg
なんといきなり53cm!
増水でもまれたのでしょうか? 鱗が剥げていましたが、めちゃくちゃ強いレインボーでした。
ファイト中は「60くらいか?」って思ってたほどですから。

これ釣ったのはまだ6時前。
「まだテールの浅い辺りにいるんじゃ?」 って思ってたので、遠投してスイングさせると案の定30後半のレインボー。
「まだいるべ!?」と思ったのでその魚は写真も撮らず直ぐにリリースして再開。

2匹目のリリースからわずか5分後。クロスに投げてスイング始まって直ぐ『ググン!グン、グン、グン』ときたけど持っていきません。
そしたらそのうち勝手に『ドボ~ン! ドボ~ン!』と2回ジャンプ。「こりゃもう掛かってるべ」(笑) とファイト突入。これまた強いファイトであがってきたのは・・・
c0157482_13322348.jpg
泣き50cmのレインボー。
これまた強くて50UP確実と思っていたほどでした。


その後絶対と思っていたランを2ヶ所じっくりと流すも何もナシ。
この頃から陽射しも強く、急に暖かくなってきました。


でまた新たなラン。
いい感じのガンガンの流芯があっていかにもって感じ。
いそうな場所から開始して5投目くらい。
『クン、クンクン・・グ!・・・・・・・ドン!』って感じでフッキング!
いきなりロッドを絞り込んできます。瞬間的に「こりゃデカイ!」と。
そう思った瞬間に『ギギギギギ~~~~~~~!!!!!』 と凄い勢いで突っ走ります。
全然止められる気がしません。
なんとか止まってもまた直ぐに『ギギギギ~~~~~!!!!』っと走ります。
しかも結構早い流れの中だったので凄い突進力。
先週の65cmよりも走る感じ。

普段ファイト中は下らない自分ですが、たまらず下ります。
ランの頭で掛けたのに気がつけばもうテール近く。これ以上は下られないようにファイト。
10分近くファイトしてようやくキャッチ!
c0157482_14494795.jpg
いや、デカイ! 気になったので写真撮る前に計測するとなんと60cm!!!
まさかのサイズにびっくりです。
先週の2匹ほどの体高ではありませんが、筋肉質で肉厚感あります。
c0157482_14505071.jpg
そして全てのヒレがこれまた見事!
c0157482_14510211.jpg
大きさも嬉しいのですが、凄いファイトの魚をキャッチ出来た嬉しさでいっぱいでした!


リリースしてそのまま歩いて近かった下のランへ。
そこはよく反応のあるピンポイント。
今日の感じならいいんじゃ?と思ったら、やはりそのピンポイントをスイング中に『ドドン!』
ファイトに入ったらいきなり1m程の高いジャンプ! しかもジャンプ連発!
ダッシュも凄い魚でした!
c0157482_15083273.jpg
これまた泣き50cm。銀ピカ具合がイイ感じ♪
何回跳んだろ?ってくらいにジャンプしまくりでした!

リリースしてまた直ぐに♪
c0157482_15084629.jpg
45cmない位かな? 小さく長いアタリ方を我慢してフッキング出来ました。


その後はアタリもなく、お昼ごはん。
もうこの日はかなり釣れて余裕なので、気持ちが楽です。かなり暖かくなってきたので体も気持ちも心地イイ感じ(笑)


で、午後の部。
気になるいいラン。ちょうど早い流れと遅い流れの境目にいい感じの石?が沈んでました。
その前をスイングさせると…『グン、グ、グン・・・』 「キタ!持ってけ・・・」 『ググググ~~~!』
と来てフッキング。
あまり走りはしないけど重量感あります。
手前に寄せてくると真っ赤な魚体!
しかもなかなかサイズ。だけどすんなりネットイン。
c0157482_15184168.jpg
c0157482_15182787.jpg
今度は凄い色したレインボー!サイズももうちょいで60cmに届きそうなサイズ!
こういうレインボーもカッコいいです!


もうかなり満足しちゃって他のポイントは探索半分で回ります。
アタリも無かったのですが、昨年同じような水位と色の時に大物にやられた場所が気になります。
あの時も時間帯は夕方前。
今行けば同じ感じです。

で、そこに3時半頃到着。
昨年と全く同じ雰囲気です。そして昨年やられた辺りに差し掛かった時。
スイング中に『ゴゴン!ゴン!ゴン!』 「キタ~!去年と同じ感じ!」
いきなり『ギギギ~~~!!!』 「いいサイズ!」
ロッドにも激しく伝わる首振りの振動。
押しの強く早い流れだったのですが、最初に一暴れした後はスルスル手前に寄ってきます。
「このファイトとアタリ方はブラウン???」
手前に来てからは強い粘りで時間をかけて慎重にファイト。
水面にギランとした姿はやはりブラウン!
なんとか無事にキャッチ!
c0157482_16270470.jpg
c0157482_16302706.jpg
均整のとれた見事な魚体のブラウンの52cm!
この日はレインボーばかりの中で嬉しい一匹でした!

最後は別の場所を流して1アタリで終了。

なんとこの日、10アタリ8キャッチ!しかもその内4匹が50upという信じられない結果に。
増水の後のいいタイミングに当たると大きいサイズの反応がイイ時ってのがあります。
その証拠にこの日は小物が釣れませんでした。
乗らなかった2アタリはアタリ方からして小物かもしれませんが、釣れたのは全てがいいサイズ。

フッキング率にも注目です。
いいサイズってのは結構な確率でフッキングするってことの表れでしょう。
針の砥ぎ方を変えたのもフッキング率upの要因の一つかも?


釣れなきゃイブニングもって考えてましたが、当然真っすぐ帰宅(笑)
こんなイイ釣りしたのは初めてかも?ってくらいに、満足な一日でした。

c0157482_17265493.jpg
次はやられたままになってる天竜川だな(笑)

[PR]
# by camelhd | 2017-04-11 17:28 | 犀川 | Comments(6)

犀川(今年5回目)

まずはWild-1のセミナーにお申し込み頂いた方々、申し込めなかったけどお問い合わせ頂いた方々、どうもありがとうございましたm(__)m
お昼に申し込み開始して翌日のお昼前には満員御礼となったようで、締め切り以降も次回のお問い合わせ等が多いようです。まだ初回も終えていないので今のところ次回開催は全く未定です。
当初定員が埋まるかどうかと心配していましたが、想像以上の反響を受けてビックリしてる次第です。



さてさて、本題に。


今週は連休でした。
凄~~~く迷ってたんです。九頭竜行こうかどうか…。
前日の夜に何だかんだ用事が出来てバタバタして、結局準備も間に合わず。
なので急遽犀川に行くことにしました。と言うか、犀川が(も?)凄く気になってたんです。
「何故犀川か?」って?
それは釣れてないから。釣れてない時こそチャンスと思ってます。
だから釣れてない九頭竜も迷ってたってワケ(笑)

3月半ば~後半頃の犀川、いつも難しいんです。
だけどボチボチ良くなるはずと検討をつけての釣行。
あっ!ちなみに先週は天竜川行きましたが、5アタリ3バラシしてデコってます。ブログupしようと思ってたらバタバタして書く暇ありませんでした。書くこともないからまぁいいかってのもありまして(笑)

ここのところ天竜川行ってますが、天竜川って明らかにダムから遡上してきたようなレインボーが釣れてるんです。
しかも釣れるポイントの特徴が見えてきた感じ。
ならば犀川でも同じ釣り出来るんじゃ?ってことで今回犀川なんです。

朝イチに遡上レインボーが釣れるならココってランの更に狙った所に入ります。
明るくなって直ぐに釣り開始(5時半ちょうど位)。

この日の朝は寒かったです(-4~-5℃位)
直ぐにガイドが凍ります。ロッドも凍ります。

まだランニングラインを引き出しきってないくらい。開始5分後。
スイング中に『グッ、グ~!』 「いきなりキタ!」
ロッドがイイ感じで曲がります。「デカイ!50位だ!」って思ったらフックオフ。その瞬間水面直下で『グワン!』と魚体をひるがえした波紋が大きそうな魚でした。

「貴重なチャンス逃しちゃった~(´д`|||)」とヘコんでましたが、核心部はまだまだこれから。まだ何かあるだろ?と釣り下ります。

で、核心部。
遠投してスイング中に『グ、グ、ドンドンドン!!!』 「ほらキタ!」
フッキングさせてやり取り開始直後に『ギギギギギ〰〰〰〰〰〰〰!!!』とダッシュ!
だけどリールの逆転が渋い。直ぐに「あっ!凍ってるんだ!」と気がつき、そのままロッドとリール全てを水中に浸けると『ギャバババ〰〰〰!!!』と水飛沫をあげてリールが水中で逆転。

水からあげてもさらに『ギギギギ〰〰〰〰〰!!!』
「ヤベ!止めらんね~!」 なるべくテンションを強くかけながら走らせます。
すると『ドッバ~ン!』とジャンプ。「うわっ!デカ!」
さらにまた『ドッバ~ン!』また直ぐ『ドッバ~ン!』
「外れないで~」と祈りながら耐えるしかありません。

何度も『ギギギギ〰〰〰〰!』と走られながらも、なんとか手前に寄せて魚を見ると凄い銀ピカ!
この大きさで流れに乗られると一気にラインを出されるので、流れに乗られないように気を付けます。
その後も跳んだり走ったり10分近くファイトしてようやくネットイン!
c0157482_11010758.jpg
まさかの59cm! そして凄い体高です。なんと17cmの体高。
シルバーメタリック感がたまりません。
c0157482_11013905.jpg

↑これだけ見せられて、海外のスチールヘッドって言われたら信じちゃいそうな見た目。
c0157482_11014826.jpg
c0157482_11015607.jpg
まだ朝陽が川に差し込む前だったので、ビッカビカに輝く写真が撮れなかったのが残念ですが、とにかく素晴らしい魚でした!
動画だと素晴しさが伝わりやすいかと思います。





リリースして興奮したまま釣り再開。

ランのテール。「遡上レインボーならココも怪しいよな~。」と早い流れをスイングさせてた時。
その前の2回と同じような『グ、グ~』と押さえ込むようなアタリから『ドドン!』
フッキングさせると凄い重量感。「さっきと同じくらいか?もっとデカイ?」
『ギギギギ〰〰〰〰〰!!!』 「いやいや、さっきより凄い‼ 止めらんね~。」
一気に15m程出されます。だけどこのテールは下られたくない。

2xのフロロティペットギリギリのところでテンション強く掛けて耐えます。
『ドンドンドン』と水中で大きく首を振る感触が伝わってきます。
ティペットがどこかに擦れてる感触も。
その前に釣ってからティペットをチェックはしたけど交換してません。だけど自信のあるフロロ。「大丈夫!」と自分に言い聞かせ、強いテンションを保ちながらカリカリとリール巻いて寄せます。
そうしたら今度は対岸に向かって『ギギギギ〰〰〰‼』
その途中『ドババン!』と水面を割りました。「太っ!」
だけど早い流れも手伝って全然寄せられません。もう腕もパンパンです。

やっと手前に寄せてからも最後の一寄せがなかなか寄せられません。
さっきよりも長い時間のやり取り。
いい加減、針の穴が広がるのが心配だと思ったので意を決して勝負に出ます!
「絶対にネットインはしくじらない!」と決意して慎重かつ大胆にネットイン!

「オッシャ〰〰〰!!!」
c0157482_12005913.jpg
デカイ!
さっきのレインボーよりまだ一回りデカイ!
震えながら計測したらなんと全長65cm!!!!!

しかも太いんですよ!
なんと体高が18cm!重さも重いんですよ。これがまた。
c0157482_11553387.jpg
またまた山が邪魔して陽射しがなかったのですが、薄っすらと青紫に光る魚体が見事です。
尾ビレも大きく見事ですが、他の各ヒレの大きさや色合いも素晴らしい!
c0157482_11560367.jpg
↑の写真、ロッドとよ~く比較してみて下さい。
なかなかストリッピングガイドまで一緒に写せる魚っていませんよ?





朝イチの一流しでこんなのが2本。
その後はもう釣りになりません。
ちなみに二川合流~殖産の大原橋とかなり広範囲を見て回りましたが、見かけた釣り人はたったの3人。
c0157482_12102086.jpg
↑更科橋上流。
↓大八下流。
c0157482_12111058.jpg
減水&クリアなのが分かりますかね?上の犀川漁協も同じく減水&クリアです。


テキトーに何か所か流すも、気分的にほわ~っとして全く釣りに身が入りません(笑)

なので午後は気分を変えて支流でフローティングラインにウェットを流します。
ちょうど移動中に激しく雨が降ってきましたが、カッパを着て開始。

ちょっと早いかな~?って流れをスイング中に『ドドドン!』ときてフッキング。
直ぐにロッドテンションが無くなります。
「あれ?外れちゃったよ」って思ってたら凄い勢いで早い流れを上流に走ってました。
直ぐにテンション掛けてファイト。ラインが水面に刺さってるのと違う方向に走って、ラインが『ビャババー』と音をたてます。
ゼニスも『ギギギギ〰‼』
そのまま下流に走られるも止められず結局フックオフ。
50半ばってところですかね~?
普段ならメチャクチャ悔しいんでしょうが、今日は「いや~、イイ魚だったな~(´ー`)σ」とあり得ないゆとり(笑)


そのまま夕方までのんびりやって終了。

凄い魚が釣れて嬉しいのはもちろんなんですが、何より読みがズバリ当たったのが嬉しくて…。
まずは行き先の川の選択。
狙いの魚の選択。
それに合わせたランの選択。
ランの中のピンポイントの選択。
フライの選択。
天竜川での経験が大きく役にたった今回。今までの自分だったら釣れなかった魚だったと思います。
もちろんタイミングが大きいのだとは思いますが、天竜川での経験がなかったら確実にそのタイミングも想像出来ていませんでした。

しかもそれが銀ピカの極太レインボーと65cmのこれまた極太レインボー!
こんなの滅多に釣れるもんでもありませんし、掛けてもキャッチできない可能性も高いです。今回のポイントにも一ヶ所障害物が近くにありましたがそっちに走られないように必死のファイトでした。
個人的には65cmのレインボーなんて正直サクラマスよりもレアだと思ってるのでとにかく嬉しいの一言。
59cmの時は写真撮りながら「ヤベ~。スゲ~の釣っちゃったな~」って。
65cmをキャッチした時なんかは叫びましたし、写真撮るときは震えちゃって最初上手く撮れませんでしたから(笑)


これぞ本流の魚!っていう本流らしく大きさと美しさを兼ね備えた素晴しい魚。
そんな魚と出会って震える感動を求めて本流をやってます。
「本流やってて良かった~♪」って心底思った一日でした(^^)
c0157482_12134030.jpg

[PR]
# by camelhd | 2017-04-04 20:20 | 犀川 | Comments(10)

WILD-1本流フライフィッシングセミナー

え~、突然ですがこの度、WILD-1様主催での本流フライフィッシングツーハンドセミナーの講師をやらせていただくこととなりました!
c0157482_12101854.jpg
実は結構前々から「スクールをやって下さい」って感じの問い合わせが多々ありまして、昨年秋頃にでも個人的にやってみようかな~?と考えてました。しかし休みの度に予定が埋まっていまして結局考えていただけで流れていました。

で、今回あのWILD-1様よりこのお話しを頂き、こちらとしてもイイ機会でしたので引き受けさせて頂いた次第です。

このブログを読まれている方はご存知でしょうが、色々なスタイルがあっていいと個人的に思ってます。効率的に楽に釣りたい。カッコいいフライで釣りたい。大物だけを釣りたい。数を釣りたい。どのスタイルが正解なんてありません。
その中でオレが経験から学んで得た本流で釣れる釣り方をお伝え出来ればと考えてます。
なので初心者の方は「まず一匹を確実に釣るためには」って感じで見てもらえばいいし、上級者の方は「こんな釣り方でも釣れるのか」と自分の釣り方を見て引き出しを増やしてもらえば幸いです。

おそらく参加される方はこのブログを読まれている方が多くなるかと思っています。
なので、「ブログに出てたあの魚はこんな感じで釣れた」なんてふうに、ブログ連動でお話しするのも面白いかなと考えています。


基本的にツーハンドをある程度投げられる方が対象になりますが、お使いのラインシステム等は何でも結構です。システムに応じた流し方・釣り方を説明します。
もし定員に達した場合は人数の関係上、個別指導ってのはなかなか難しくなるとは思いますが、流し方はもちろん雑誌やDVDには出ていない本流で釣りする上で非常に大切になることを説明出来ればなと。
それにプラスしてみなさんが日頃疑問に思っていることや、当日の内容からでた疑問点などにお応えする質疑応答の時間もとる予定です。

個人的にも初のセミナーだし、そもそもそういうのに参加したことがほとんどないので全てが円滑に滞りなく上手く出来るか分かりませんが、やるからには参加された方々の『記憶に残る一匹』に繋がるためのサポートを自分なりに全力でやらせて頂きますので何とぞ宜しくお願い致しますm(__)m


詳しいお問い合わせはWILD-1高崎店 027-363-7511 担当:高橋さん、澤出さん まで。

[PR]
# by camelhd | 2017-03-14 14:05 | Fly Fishing | Comments(10)