群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
天竜川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
tkoma_fishin...
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
天竜川ガイドサービス
安曇野釣りブログ

最新のコメント

はっとりさん、こんにちは..
by camelhd at 08:58
利根川の時代が一気に進み..
by はっとり at 21:16
てぃこまさん、こんにちは..
by camelhd at 08:45
てぃこまさん、こんにちは..
by camelhd at 08:43
凄い魚体ですね 殖産の..
by snowtrout at 05:46

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

スイング

通年レインボーを釣ることが出来る犀川。
フライもルアーも餌釣りも本流釣りが流行ってきているのか、多くの釣り人が通う言わずと知れた人気河川。

漁協の放流も多いので魚影も多く、素晴しい景色や流れの中で生まれ育ったネイティブな魚もいます。

もちろん犀川を訪れる釣り人も多数。当然釣りにくくなります。
利根川も同じく、最盛期にはモドリ人気の上昇と共にここ2~3年は入る場所も迷う程の釣り人の数です。

特にプレッシャーが高まる程、フライでは難しくなってきます。
それでもキレイな魚、出来れば本流らしい大きな魚に出会いたい。
でもスレているからスイングじゃ釣れないのか?
決してそうではないと思います。

スイングするフライを追いかけるのは魚の本能じゃないか?と最近感じてます。

海外のアトランティックサーモンやスティールヘッドじゃないんだから日本のトラウトはスイングじゃ釣れないって記事を目にしたことがありますが、ハッキリ言ってまるで説得力ありません。
だって普通のスイングで多くの人が国内の河川でしっかり釣れてるんですから!
ハイシーズンだけではなく1~2月の厳冬期の犀川でも普通のスイングで釣れるんです。
今や「釣れるスイングってのがある!」って自信もって言えます。



3か月前位?に子供と管釣りに行きました。
クリアーな池の流れ込み。ソフトハックルで水面直下をかなり早めにスイングさせると、凄い勢いで追いかけてくるのです。
もちろん何度も繰り返していると渋くなりましたけど。
そこでしばらく場所を休ませて再度同じ場所を同じフライで、今度は縦にナチュラルに送り込んでみました。
すると今度は全くフライに見向きもしないのです!
何投かしてダメなのでスイングさせたら追って来て口を使うんです。

管釣りだからってことだけじゃ片付けられない現象だと思います。
実際に本流でも似たような縦の送り込みがダメでスイングに反応するってことを何度か経験していますから。



じゃあ、どうすりゃハイプレッシャー下の犀川なんかでスイングで釣れんの???

①安定したスイング
一定のスピードを維持したスイングを心がける。どんな流れの中でも途中で加速したり失速させずにフライを泳がせるのが大事。
スレた魚にはなるべく一発目で食わせたいのでスイングのミスは禁物。

②タナを合わせる
魚の目線か魚よりも上をスイングさせなくてはなりません。餌釣りやルアーのように魚が底にいるからって、決してボトムを舐めるほどフライを沈めてスイングさせてはダメなんです。そこまで沈めてしまうと確実にフライは泳がず死んでしまいます(理由はメンドクサイので省略)。
スイングの釣りとは魚にフライを追わせて食わせる釣りと思ってます。
魚がフライに興味を持つ範囲(水の色等にもよる)のタナをスイングさせるのが大切。
どうしても底べったりにいる魚が釣りたいならアウトリガーやった方が断然効率いいです。

③スイングスピード
そもそも「スイングスピードって何よ?」って思いません?
オレ的には真横にフライが移動する速さと思ってます。例えば斜めにスイングさせたとしてもそのスイングスピードってのはフライが真横に移動する時間のこと、とここでは定義します。

フライがぶら下がり状態になるよりは横に移動していた方がいいのですが、あまりに早すぎる移動は小物はアタックしてきますが、大きな魚は追ってこないように感じます。
かと言って遅すぎるのもイマイチな感じがします。
上記の①と繋がりますが早い流芯を抜けた後も岸際まで一定スピードが保てるようにメンディング等でコントロール。早い流芯を斜めにスイング(スライド)させて緩い流れは横にスイングさせる感じ。

④スイングが完全に終わるまで待つ
シンクレートの高いラインを使ってる時や手前が極端に浅かったり、根掛かりしそうな障害物がない限り、手前までキッチリとスイングさせるべきです。特にフルシンクでは意外とライン自体がスイングし終わってもリーダー&ティペットがスイングし終わってません。
朝イチで誰も入っていない時や手前にいいかけ上がりがある時などは、フライが真下に来るまで待つと結構アタリがあったりします。
自分の真下で食うのでバレ率も高いですが、フッキングまでかなりの時間を置くことやラインの角度を保つで多少のリスク回避は出来ます。



これらは何もスレた魚だけってことではありません。
あくまでスイングの基本だと思います。スレた魚にはその精度が求められるのだと思います。
あまりにスレていると犀川にあれだけの数が放流されている放流魚でさえ、簡単には口を使ってくれませんから・・・。そう言う意味でも放流魚だからって決してバカには出来ません。

もちろん他にも時合いなんかのタイミングを読んだりポイントを読んだりってのも重要です。って言うかむしろそっちの方がもっと重要だったりします。しかしそれもスイングの基本が出来ていなけりゃ、どんないい時間帯にどんないいポイントに入っても意味がありません。


ですが勘違いしないでもらいたいのは、決してスイングが万能なワケでもありません!
深く沈めて縦に送り込んでトゥイッチする方法なんかはスイング同様、シーズンを通じていつでも有効な手法だと思いますし、スイングが効かない状況下でも有効だったりします。
またスイングとは正反対にただ流れに対してフライをぶら下げておくことが有効なことだってあります。絡んだランニングラインを時間かけて解いていたら魚が掛かった!ってのを経験した人も少なくないでしょ???
注:ちなみにこれを仲間内では知恵の輪メソッドと呼んでいてスナギモさんの得意技。もちろん命名もスナギモさんw

魚が相手なんですから常に正解なんてありません。人間がどんなに偉そうなこと言っても所詮魚の気分次第(笑)
そもそも魚の気分を読んであれこれ考えるのが『釣り』ってもんでしょ!?



ただスイングってのはたまらなく魅力的なスタイルであると思います。
だってスイング中のあのアタリ! いきなり『ズドン!ギ~~~~!』だったり『モゾモゾ・・・』だったり、アタリ方も千差万別ですがどれも「ドキっ!」っとさせられるものばかり。まして強いアタリの瞬間、誰だって最初はいきなりアタってビックリアワセしちゃうでしょ?
オレだって今でこそビックリアワセはないけど、未だに強いアタリの瞬間は心拍数急上昇(笑)

個人的にはアタリ~フッキングまでってのがこの釣りの醍醐味のかなりの部分を占めています。フッキングのやり方まで書くとキリがないので書きませんが、最近はアタリ方に対するフッキング方法も見えてきているので余計に面白い瞬間です。
ちなみにもう一つ大好きな瞬間はネットインの瞬間♪

まあ、スタイルや好みの瞬間なんて人それぞれ。
長くなったけど今回はスイング好きな人やスイングに自信を持てなくなってる人向けに参考になればと・・・。

[PR]
by camelhd | 2015-11-25 10:37 | Fly Fishing | Comments(13)
Commented by ネコ好きヘッダー at 2015-11-25 13:26 x
お疲れ様です。スイングはいつもの自分のスタイルですね。”縦に送り込む”ということはほとんどやりません、というか遠投大好きな自分は自然とスイングでしか釣ってないですね。ただ、スイングの基本は流れが速いなら、その流れが作り出すスイングをややゆっくり目に、流れが緩いなら、スイングが速めになるよう、心がけてます。いわゆる若干の”違和感”を作り出すことがトラウト、サーモン、スティールなどを刺激すると考えてます。それをロッド操作で行うんじゃなくて、流れのどこに投げるか、リーダーやティペットの長さ、これらで調整することができますね。超遠投して”縦”なんて30フィートくらいのロッド使わなければできませんよ。それでも無理だと思います。アングラーは右岸か左岸、どちらかにおりますので、スイングが発生しないということはありえません。フライラインという”ヒモ”を使う釣りなんですから、必然的に発生するスイングを武器にする、ということが最もスペイフィッシング、フライフィッシングで重要で楽しいことだと感じますね。
Commented by 凡人代表 at 2015-11-25 19:16 x
長文ご苦労様。面白く読んだよ。
『ズドン!ギ~~~~!』や『モゾモゾ・・・』魚の動きが想像できてワクワクするね。
俺は最近水面上の釣りだけでスイングの釣りはしてないけど、気持ちは分かる。
さすが心の友だぜ。ガハハ
Commented by 犀川ファン at 2015-11-25 23:42 x
有難うございます!スイングの釣りの参考になりました!
Commented by 犀川ファン at 2015-11-25 23:49 x
超遠投ファンでもありますが、超遠投での縦の送り込みを30feet超ロッドで試したいと思います。ヘラクレス級の身体が出来るのを”寝て待ちながら”、それまではスイングでの釣りで犀川を満喫したいですね。
Commented by camelhd at 2015-11-26 08:56
ネコ好きヘッダーさん、こんにちは。
ラインやフライを落とす場所、リーダーやラインやランニングライン、フライの大きさ等々… 色んなことを調整してスイングスピードをコントロール出来ますよね。
無理なく行うことによって集中力も持続するし、なにより効率UPしますからね。
『必然的に発生するスイングを武器にする』…素晴らしい言葉です!
Commented by camelhd at 2015-11-26 08:57
凡人代表さん、こんにちは。
そう言ってもらうと長く書いた甲斐がありますよ~(笑)
ドキドキは水面下の釣りも水面上の釣りも同じでしょ?
それがあるからこそ俺らは釣りしてるんですよね~♪
Commented by camelhd at 2015-11-26 09:01
犀川ファンさん、こんにちは。
果報は寝て待てと言いますからね(笑)
参考になれば幸いです。是非ともスイングでいい釣りして下さい♪
Commented by MYST at 2015-11-26 11:50 x
camelさん こんにちは。
「釣れるスイング」
勉強になりました!!
が、そこに至るまで私にはまだまだ先が長いです。
色々なメソッド(知恵の輪も)を経験しながら早く成長したい再度実感した内容でした!(^^)!
Commented by matsu at 2015-11-26 13:28 x
こんにちは。スィングのお話、なるほど..と頷くところがあります。スィングさせる層に関しては、ターゲットによるのかな、という気もします。アトランテイック・サーモンやコーホーサーモンは底から浮上して中層のフライを咥え、また元の位置に戻りますし、冬場のスティールヘッドやブラウン・トラウトは目の前じゃないと喰ってくれないようです。魚の好奇心の度合い、それと居付きのトラウトと遡上魚も全く対応が変わってくるのかなという気がします。
Commented by camelhd at 2015-11-26 17:39
MYSTさん、こんばんは。
いやいや、オレもまだまだ良く分からないこと多数なんですよ。
今年も新たな疑問が湧いたし・・・。
あえてランニングラインを交換しないのも知恵の輪メソッドへの近道かも?(笑)

Commented by camelhd at 2015-11-26 17:41
matsuさん、こんばんは。
アトランティックサーモンやコーホーはそんな感じなんですね~!
参考になります!
魚達の好奇心の度合いって凄く大事だと思います。
それが分からないから毎度苦労するんですよね~(笑)
Commented by kawasakiM at 2015-11-26 22:21 x
私のために長文ありがとうございます(笑) 感謝m(_ _)m
Commented by camelhd at 2015-11-27 11:37
KawasakiのMさん、こんにちは。
いやいや、Mさんは釣れてるしコレ読まなくても大丈夫っすから(笑)