群馬県高崎市の理容室 Camelの日記です。


by camelhd

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お店
menu
WAX
お知らせ
Fly Fishing
犀川
荒川 サケ
九頭竜川
ジムニー
masami日記
携帯から
その他

リンク

お気に入りブログ

Tak Shimosaw...
Matt Suzukiの独り言
大政番長釣り日記。
グリースドラインで釣り日記!
thunderhead 入道雲
Taichi's Blog
Cloud Number 9
川あるき
Spey Bum
Friend of Wa...
やまめ研究所
Greased Line...
ぶどう屋の次期大統領のブログ
一生フライします
すいすいストリーマー
ajax_spey diary
Black-Spey-W...
川の風景
和尚exさんのまんぷく日記♪
やっぱFLYだべ?
市民の市民たる生き方
釣りは遊びやでぇ~!
~BQイッチー フィール...
Fly Fishing ...
X-river
酒の肴にフライフィッシン...
M-Style News...
SAKURAMASU R...
アンパラなブログ フ...
Four Seasons
PurpleSky
slow fishing...
安曇野釣りブログ

最新のコメント

junさん、こんにちは。..
by camelhd at 15:22
いつも楽しく拝見し、また..
by jun at 19:58
はじめまして。遭難された..
by ナカシィ at 07:55
kawasakiMさん、..
by camelhd at 08:59
キングさん、こんにちは。..
by camelhd at 08:56

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

記事ランキング

画像一覧

初・中禅寺湖

前回の続き・・・・

前日の山岳渓流からバイク屋さんとスナギモさんに誘われ(拉致られ?)、まさかの中禅寺湖へ!

一度は行ってみようと思っていたんですが、こんな時期じゃないと本流が忙しくてなかなか。。。
時期が時期なんで全く期待せず、半分観光気分です。

前回の写真のように渡船してもらいました。何が何だかサッパリ分からないので2人に任せっきり。聞かれたとしてもポイントの名前も知りません。
オレが知ってる中禅寺湖のポイント名は『ポンプ小屋・八丁出島・なんとか大使館』くらい。しかも場所がどこだか分かりません。(笑)

ようやく空が白み始めた頃に到着。
c0157482_09093250.jpg
こんな時間に行くとは思ってなかったんで、ヘッドライト持ってきませんでした(笑)
携帯のライトでフライを結び、明るくなった5時頃に釣り開始。

全く勝手も分からないのでテキトーなマラブーフライを付けてあちこちキャストしてみます。ラインは春先にスナギモさんがオレを湖に誘い出そうと買ってきてくれたアトランティックサーモンのS1/S2のみ。
カウントダウンもテキトー(笑)


しかし小さいのから大きいのまで時折ライズもあります。
中には水面近くのワカサギを追ってるものも。そのライズした辺りに向かって投げるも反応ナシ。

角度を変えタナを変え色々やってるとピックアップ直前で『ドン!』
しかし乗りませんでした。

「手前なの?」と思い、しっかり足元までリトリーブ。アタリがあってから10分後くらい。魚はいると思ったのでフライをチェンジ。
その2投後。

ヘッドがロッドに入りそうな所で『グ!』
すかさずアワセると『ドンドンドン!』 正直根がかりかとも思ったのでここで初めて「キタ~!」
そんなに大きそうな感じじゃないんですが、流れがないのでサイズ感も良く分かりません(笑)
とりあえず中禅寺湖ファーストフィッシュなんで慎重にやりとり。
緊張しながらネットを差し出し無事キャッチ!
c0157482_09394775.jpg
なんといきなりホンマスが!
『中禅寺湖と言えばホンマス!』的なシロウトイメージがあるので嬉しい一匹。
c0157482_09192121.jpg
測らなかったけど40cmあるかないかってところですかね?
利根のモドリなんかとは鱗の感じが違うような?
c0157482_09192813.jpg
ファイトはモドリと同じ感じでした。

何はともあれ、朝から一つ釣れたので大満足。そもそも釣れると思って来てないし(笑)


その後も続けているとバイク屋さんが・・・
c0157482_09471527.jpg
42cmだか41cmだかのホンマスをキャッチ!
朝イチに大物そうなアタリを逃していたので、釣れて一安心のようです。


その後も休まず続けますがアタリありません。
ライズは散発的にあるのですが・・・

そのうち風が弱まってきました。途中10~20分位は無風状態。
「こりゃ風向き変わるな」と思っていたら逆からの弱い風が吹き始め、水面の波の感じが変わり始めました。
スナギモさんに「今から20分位はいいかもね~」って話してました。

で、先ほどの無風状態の時に水中の湖底の感じが少~し見えました。
正面が若干浅く両端が深くなってる感じ?(気のせいかもしれないけど・・・)
深→浅→深のかけあがり?を上手く狙いたいがために右に7~8m移動。

ちなみに朝から湖流は感じるものの引き重りは全く感じません。

7~8m移動してかけあがり?を狙い始めた2投目。
上手くターンオーバーさせてキャストしてカウントダウン。
この日はキャスト毎に方向とカウントダウンを変えてました。右に投げたら左に投げる。10秒の時もあれば2分の時も。
本流での経験から魚にフライを見せすぎたくないって思ったから。

この時は15~20秒位でした。
リトリーブを開始して3手繰り目。突然『ズドン!』
反射的にアワせるとバットまで曲がります。またも一瞬「根がかり?」って思いましたが、沖の15秒位でそんなワケありません。スンマセン。慣れてないもんで(笑)

すかさずリールファイトに。
いや、重量感あります!2人に「キタっ! デケ~よ!」

『ゴンゴン』と首を振ります。右に左に底に走られまた『ゴンゴンゴン』
フロロの1.5号だったのでそんなに心配はしてませんでしたがティペットが魚体に擦れる感覚も。
何度かドラグも出されました。手前まで来て水面でドバドバした時にバイク屋さんが「ブラウンだ!デカイ!」と。

あとリーダーだけってなったところでロッドを立てようとしますがなかなか粘ります。
「こりゃオスのブラウンだべ~」と2人と話しながらもなんとかネットイン!

いや、凄いブラウン!
c0157482_09503090.jpg
全長は62cm。しかも太い!余裕で3kgはある感じ。
なんつったってカッコいい顔してます。
c0157482_10185702.jpg
口先~背びれへの頭の盛り上がり、タマンナイでしょ!?
フライもいいところにガッチリ。本流で使ってる信頼出来るフックに以前巻いた湖用フライでした。
c0157482_10243192.jpg
↑このリール、あまり使う機会少ないんだけど、何だか大物遭遇率高いです(笑)

犀川で釣れるブラウンとはまた一味違う雰囲気持ってます。
c0157482_10215224.jpg
ヒレも大きく尖って、シュっとシャープな頭。戦闘機体型です。
さらに体表の質感もきめ細かく、筋肉隆々な感じ。
c0157482_10263493.jpg
ん~、まさにビギナーズラック。
2人には「もうイイでしょ~。歩いて帰って下さい。」って(笑)


その後は同じ所で昼まで振り倒すも何もナシ。。。
っていうか予報と違って晴れて暑いです。

腹も減ったので木陰でお昼を。
c0157482_10423349.jpg
満腹になったらチョ~眠いです。そりゃそうです。
前日ハードな山岳渓流行って2時間しか寝ずに来てますから。
むしろオレよく起きたなって褒めてやりたいです(笑)

なので日蔭の気持ちイイ場所でお昼寝zzzzz


で、目が覚めたら3時過ぎ。
いつの間にか曇り空。風もイイ感じで吹いてます。

「ボチボチ始めっか~。」って感じでキャスト開始。
朝より全然引き重りを感じます。沖の深い所よりも手前の方が引き重りを感じます。
相変わらず方向とタナをキャスト毎に変え投げていました。

「曇りだし風と波もあるから大きめで強いフライがイイんじゃね?」ってことでいつも本流で使ってる1インチのアルミのチューブフライへチェンジ。リトリーブのストロークも大きくしてみました。
その直後。やはり手前で『グ!』 また「根がかり?」って(笑)
いやいやしっかり魚です。

朝イチのホンマスよりも強いファイト。
いいサイズかな~と思ってキャッチしたのは・・・
c0157482_10473137.jpg
銀ピカのレインボー。
c0157482_10473899.jpg
尾びれもピンピン。銀スジ入りでした。

それよりも本流で自信のあるチューブフライで釣ったってのが嬉しくて(^^;




その後最後まで振り倒すも何もナシ。

一日やって4回のアタリ。内3回をキャッチ。
乗らなかった1回は普通のウェットフック(もちろん新品)。
キャッチした3回は本流で使ってる自信のあるフック。
少しは本流の経験が生きたようで良かったです。(この日はバーブは潰してあります。)

でもまぁポイントを自分で選んで釣るってのが釣りですからね~。今回はポイントに連れってってもらって釣らせてもらってるんで(^^;


完全観光気分で行った初の中禅寺湖でしたが、まさかのホンマスやブラウンが釣れてほんとビックリ。
2人には「これが中禅寺湖だと思うなよ!」って釘を刺されました(笑)


またチャンスがあれば来てみたいです。
お二人ともお世話になりました~♪


ちなみにちゃんと歩かず渡船で帰らせてもらいました(笑)
c0157482_11001919.jpg
次はレイクトラウト釣ってみたいな~。出来れば怪獣みたいなヤツw


[PR]
# by camelhd | 2016-09-08 11:22 | Fly Fishing | Comments(10)

お山釣行♪

何だか久しぶりの釣りな気がします。
そりゃそうです。前回行ったのが8/8なのでほぼ一か月ぶり。

で、今回はTアニキとボブとオレの3人パーティー。
もちろんハードなお山。行きだけで歩いて2時間くらいかな?
c0157482_13195815.jpg
↑全く沢が見当たりませんね(笑)

えっちらおっちら歩いて2時間かからずして沢に到着。
割と水がある感じでしたが、そこそこの反応。
c0157482_13262303.jpg
しかしサイズが伸びません。
しかもこの沢にしてはイマイチ出が悪いです。

ただロケーションのイイ中で釣りするのって気持ちイイですよね♪
c0157482_13492692.jpg
c0157482_13522606.jpg
c0157482_13552335.jpg
青々とした水のナメ滝。キレイですよね~。


釣れるイワナもサイズこそイマイチだけどキレイな魚ばかり。
c0157482_13272715.jpg
鮮やかなオレンジの斑点、ヒレの白い縁取り、エラ蓋の紫色の輝き。
源流のイワナって感じがたまりません!

それでも奥に進むにつれだんだんと反応も良くなって?
c0157482_13541172.jpg
Tアニキの釣った後に同じ淵で・・・
c0157482_13541868.jpg
↑この頃は寒くってカッパを着こんでやっていました。
天気も曇りで水も冷たいんで寒かったです。

行ったことのない結構上の区間まで釣り上がって、流石に流れも細くなってきてポイントも少なくなってきました。
c0157482_14005116.jpg
それでもいる所にはいるんですよね~。
もう終了にしようとなって二人が竿を仕舞って、「最後そこだけやっていい?」ってしつこいオレがやってみたらなんとイイのが釣れちゃいました(笑)
c0157482_14010860.jpg
これまた源流イワナっぽい風格で顔がヌメンと飴色してるイワナ。
諦めずにやるといいことありますね(笑)

この頃から雨が降りだし、帰路は濡れながら。
c0157482_14012055.jpg
雨でガスって視界も悪いので足早に帰ると帰りもほぼ2時間。
流石に最後は膝にきましたけどw


釣果としては期待したほどじゃなかったんですが、沢も行程の景色も素晴らしい沢なので毎年行きたい場所。今年も行けて良かったです。
次はまた来年かな~?
c0157482_14134538.jpg
お二人ともお疲れさまでした! また行きましょうね~♪





で、終了! のはずなんですが今週は連休でした・・・・

みんなでメシ食って、家に着いて片付けて風呂入って色々して11時半就寝。
1時半に目覚ましが鳴って起きて、使者が家に迎えに。

気がついたら・・・・
c0157482_14172851.jpg
あれ?なぜか船の上?
元気に見えるけど栄養ドリンク2本飲んでます(笑)

続きます・・・・・。

[PR]
# by camelhd | 2016-09-07 14:21 | Fly Fishing | Comments(2)

ウェットのフッキング

一か月以上前に書いておいた記事なんですが、最近は毎週月曜日の天候不良や夏休みってこともあり釣りも行けず特にネタもないんでようやくup(笑)

いつか書いてみたいと思ってた内容です。


それは・・・



『フッキング』




ウェットフライマンにしたらこれってぶっちゃけ壮大な永遠のテーマです。

色々なフッキングの手法に賛否両論あるのは知ってます。それを知った上であえて自分なりの経験から覚えたフッキングを書いてみようかと。
(注)あくまでオレ個人の手法であり万人向けではないかもしれません。そこんとこを重々承知の上でお読みください。



まず最初に・・・。
なんで近年の雑誌やDVDでフッキングについて言及しているものがないのか不思議でした。あったとしてもほんのチョロっとです。
賛否両論あるのをご存じだからこそ避けているんでしょうか?

書いちゃいけない不文律があるのかどうか知らないけれど、今回書く内容は今のところ個人的には絶対的自信があるからこそ書きました。
色々な手法があるとは思いますし、どれが100%正解とは言えないのもこの課題(だからこそ永遠のテーマなんでしょうけど)。
しかし今回のは間違いなく正解の一つの手法。しかも高確率でフッキング出来る方法と思ってますので、「それ違うべよ!」って言われても気にしません。
むしろ新たな扉が開けるので自分とは違った手法でフッキング率がいい方法があるなら、勉強のためにもどんな感じなのか知りたいと思います。



フッキングの方法を色々と探ってみると、よく耳にするのが『何もしない』って答え。
海外のスチールヘッドやアトランティックサーモンなんかはそもそも『フッキング』って動作自体がないってくらいに何もしないってのも聞いたことがあります。アワセると狂ったように暴れられちゃうからアワセないってのも聞きますね。魚の大きさで勝手にフッキングするのかもしれませんしそちらの経験は全くないので分かりません。
でも聞いた話じゃ、海外でも決して『何もしない』ってだけじゃなく色んなフッキング方法があるようです。

昔はオレもそれに従ってアタっても何もしないで放っておくことが最良なのかと信じてました。

ところが何もしないでおくと『ゴンゴン! ゴゴン!  し~ん・・・・・』 ってのが結構あるんです。
他にも『ゴンゴゴン! ギギギ~~~~~~~~~  し~ん・・・』とか。

「あんなに派手に長い時間アタってフッキングしないの?」 「あんだけ持っていったのに掛かんないの?」 ってショックを受けたことは数え切れません。きっとこれを読んでるほとんどの方が経験済みでしょう。

「何もしないで口を離されるなら、何かしてみよう!」 って思ったのが試行錯誤の始まり。



まず初めは最初の『コン!』で即アワセをしてみるように。
まぁ乗りません(笑)
しかしこれでもたま~にのる時がありました。
それはナチュラルに流している時オンリー。たぶん自然に流れてきたから違和感なく自然に銜えたとかじゃなく、単純にフライ~ラインの形がいいからなのだと思います。
それでも今現在のフッキング方法と比較したらかなりの低確率でした。
ちなみに最近ナチュラルに流すのはフローティングラインでたま~にやるくらいです。
理由?普通にスイングさせたほうがよく釣れるから。



で、次に試したのが強いアタリを感じた時のみアワセる。
『コン・・ココン・・・ゴゴン!』 と最初のココンっていう弱いアタリを我慢して、後半のゴゴンっていう強いアタリを感じた時に『グイ』っとアワセを入れる。
これによって若干フッキング率がupしましたが、「あんだけ強くアタったのにフッキング出来ないの?」 ってことも沢山ありました。


その間、細かな手法を色々試しましたが最終的に行き着いたのが・・・
《魚が持っていくまで待って、持っていったらしっかり大きくゆっくりアワセる》ってことでした。
これにしてからずいぶんフッキング率もup。(それでも今の半分位の確率かな?)
待つのも大事だしアワセるのも大事なんだと実感できるようになっていました。
ちなみにアワセ方はバスフィッシングでいうところの《スィープ》。
ロッドのバットを使いゆっくり大きく掃くようにって感じですかね?


しかし問題は魚が持っていく時です!
魚が40cmもあればリールからラインを引き出しますよね。
「ゴン、グググ~~~!」っとアタって持っていかれる時、ドラグを引き出されちゃうとフッキング率大幅ダウンでした。
ウェット用のロッドなんてどれも長くて柔らかいじゃないですか?そのロッドの柔軟性を生かすためにもラインは出さない方がいいんじゃないか?ロッドにフッキングを任せてもいいんじゃないか?って思ったのがきっかけ。
(今もオレがウェット用ロッドにフッキング性能を求めるのはこのため。)

で、アタった時にラインはギッチリ握ってラインを出されないように。魚がしっかり持って行ってロッドが十分に曲がってからバットでアワセるようにしたら飛躍的にフッキング率もup。

それが正しいことを証明するかのようにアタって魚が持っていく時、気を抜いてると握ったラインが滑っちゃうことが時々あります。そんな時って大抵乗りません。

以来、ディスクドラグのリールならばティペットが切れない位にギチギチにドラグを締めています。
クリックのリールの時は不意のアタリも握ったランニングラインが滑らないようにキッチリ握ってます。その副産物としてラインテンションの変化を感じとりやすくなったため、感度がupしました。
今では「ゴン!」っとアタる直前2~3秒前に違和感を感じることもあります。


このブログをお読みの方は分かるかと思いますが、ホント去年・今年とここ2年ほどの釣果は自分でも驚くものがあります。魚とのコンタクトが増えたのも一因ですが、一番の要因はフッキング率のup。特にここ2年位、さらにフッキング率がupするようになりました!

と言うのも例のフッ素コートの針を使うようになってからです。
以前にも書きましたが今まで掛からない所に掛かるようになったんです。
フッキングのいい針は口の奥の方に刺さったり、口の硬いところに刺さったり。
今までは決まった所にしか刺さってなかったのがホント色んなところに刺さってくるようになりました。

それを見てからは「今までアタリだけで乗らなかったのは刺さらない針を使っていたからなんじゃ?」 と思うように。
今までスッポ抜けてたのは口の奥の方や硬いところに針先が当たって刺さらずに抜けてきたんだと・・・。
ちなみに丸飲みされて刺さることが飛躍的に増えました。フライパターン自体はそんなに関係ないかと思います。いかに今まで丸飲みされても刺さっていなかったかってことの表れだと思います。

以来、フッ素コートのフックを中心に刺さりのイイ針をあれこれ使ってみるうちにそれは確信に変わってきました。
魚がフライを銜えた最初の段階で針先が口の中のどこかに立っている!!!
だからこそラインを握って魚に出されないでその場でフッキングさせた方がいいんだと思います。
最初にテンションが強く掛かった時点でカエシを抜けてるのが理想なのかもしれません。

フライをもっとモグモグと口の奥に飲ませるってのは無理だと思っています。
しょせん偽物ですしラインテンションもかかっているんですから・・・。

その時の流れによるラインテンションによっては針にテンションがかけにくい時もありますが、そんな時こそ魚が持っていくまで十分待つのが大事です。
意外とロッドや手元には『グ~~~』なんてしっかりした重みを感じても魚は持って行ってないんです。たぶん自分より上をスイングしてきたフライを口にして水底にゆっくり戻ってるだけ。『パク、ス~~~』って感じで。なので下流には走ってないです。
魚の動きは釣り人が思っている以上にオバーな感じでロッドに表れます。
そこでアワセても乗りそうなアタリなのに実際は乗らないことが多いんです。たぶん魚が上流向いた状態だし、ラインテンションもかかりきってないから。



50cm後半とか60cm以上のクラスになるとしっかりラインを握ってるつもりでも引き出されることが多々ありますが、そのサイズ(重量?)になるとそれでも問題ないようです。
そのことから考えるに、海外のサーモンで何もしないってのが成立しやすいのはサイズ&重量があるからって感じもします。



あとは使っているシステムに応じても違う気がします。
今はあまり見かけないですがフルラインのスペイライン。
これはライン全体の重量がありますんで、しっかり握っときさえすれば意外とフッキングしやすいです。勝手にかかってたなんてことがよくあるのも特徴です。
ただそのライン重量ゆえにファイトが犠牲になります。どうしてもどこか鈍重なファイト感になってしまうのは否めません。

対して今時主流の軽めヘッド。
ランニングラインも細いんでしっかり待ってテンションをかけた方がイイので、慣れるまでは若干タイミング取りにくいです。
だけどファイトのダイレクト感はタマリマセン!

チョッと横道それますが、日本国内の本流の魚と遊ぶには今後さらなるライト化が進むでしょう。今や#6・#7位のツーハンドの番手なら大体の流れと魚をカバー出来ちゃいます。大型フライも問題なく投げられるし70cmクラスが来ても全然大丈夫です。
自分なんぞ今年使ったラインで一番重いのはヘッド重量24g。しかもそれ使ったのなんて数えるほどで、メインで使ってたのは18gくらいのヘッドでした。
ちなみにティップとかは付けてません。18gのヘッド単体での使用です。
そのライト化によってフッキング方法も昔と今で変わってきたのかもしれません。


話を戻します。
よく魚が反転してからアワセるって聞きますよね。魚が反転する前に、魚が上流を向いた状態で水平方向に引っ張るからスッポ抜けちゃうって。
その言葉自体は間違いじゃないです。だけど実際アワセを入れた時、フライは決して水平には動きません。
水中のラインの形状に従って斜め上に向かって動きます。
ってことは通常針先が下を向くウェットフライってのは魚が上流を向いた状態ではどうしてもフッキング悪いんです。
図解すればいいんですが面倒なんでイメージして下さい(笑)
キールならイイのかもしれませんが、あまり使ったことないんで分かりません。
刺さりのいい針を使って以来、魚の上あごに刺さったことってほぼありませんから間違いないでしょう。
上に刺さった時ってのがないワケじゃないですが、過去の経験をほじくり返すと凄く小さいソフトハックルを使った時が多いです。
小さくてバランス保ちにくいんで上や横を向いている時に食ったのかなってのが、自分のイメージとしてあります。



以前にも書いたような気がしますが、個人的にウェットの釣りの楽しさって大袈裟に言うとアタリ~フッキングまでが醍醐味の半分を占めてる位。
スイング中のあのアタリ。そしてそれをドキドキしながらフッキングさせるのって凄く面白いしこの釣りならではです。

昔はたまにトゥイッチしたりもしましたが、反応があってもアワセがトゥイッチと一緒になっちゃって、『釣った感』よりも『釣れっちゃった感』を強く感じるので今はほとんどやらなくなりました。ずっとトゥイッチしてるのって疲れるし(笑)
キャストして直ぐにリトリーブして誘ってた時もありましたが、上手にスイングさせればその方が良く釣れるし、何よりスイング時のアタリ&フッキングが面白いのでリトリーブもやらなくなりました。

ちなみにトゥイッチ時によくあるトゥイッチ~トゥイッチの間のアタリ。これも同じトゥイッチのリズムでアワセるより、アタったらトゥイッチのリズムを崩して我慢して持っていくまで待ってアワセた方が断然フッキング率いいです。ただそれまでリズミカルに継続していたトゥイッチを突然止めるのは至難の業。

スミマセン。また横道それました(笑)



何だかんだと書いてきましたが、要はしっかりライン握って持ってくまで待つ。オレはこれに限ります。
そしてそのために非常に重要なのが針先。
常にギンギンにしときましょう。石にチョッとでも擦れたら必ず確認しましょう。そして少しでも針先に疑問を感じたらタッチアップしましょう。それでも新品同様にならなければ即交換です。
アタリがあってもラインを握ってるスタイルでは特に重要です。
大きそうなアタリを乗せられなくて針先を見たら微妙だったなんてみんな経験してますよね?
テクニックどうこう以前に気を付けてさえいれば釣れてたかもしれません。分かっちゃいるけど毎回キッチリやるのはなかなか出来る事じゃありません。
オレも数え切れない程経験してるからこそ、今ではちょっとでも針先が微妙なら迷わず交換しちゃいます。
新品の針先で完璧なフッキングしたにもバレたなら悔しさはありますが諦めがつきます。


世の達人がたの釣りを見たり聞いたりしてると、その辺の当たり前のことをキッチリやられています。
しかもフッキングに関してもラインを握ってる派が意外と多いです。
もちろん色んなスタイルの達人がいますが、オレが知ってる国内のウェットの釣りでよく釣ってる方々は握ってる派がかなり多いです。
中には海外のスチールヘッドなんかに行った時は握らないけど国内の釣りではしっかり握ってるって方も。
オレとは違うフッキングスタイルの方はシステムが違ってたり好みの針も違ってたりするから興味深いです。今後はそこ等へんのことも色々と見て考えていきたいと思います。



ここまで長々(ダラダラ?)とフッキング一つでこんだけ長く書けるんですよ。ホントはもっと細かいこともあるんだけど(笑)
奥が深いって言うか、いかにアタリ~フッキングまでが面白いかってことが分かると思います。。。




冒頭にも書きましたが、これはあくまでオレが今まで経験してきて辿り着いたオレ個人の手法です。
なので今後さらに変化していくかもしれません。
実際最近はアタリ方によってフッキングの方法を若干調整してアワセています。
イイのかどうかはまだ分かりませんが、今のとこ微妙に確率upはしています。

くどいようですが、色んなやり方がある中で自分が自信を持って出来る一番のフッキング方法。なので絶対的自信はあるけど決してこれだけが正解とも思っていません。
自分に合う合わないもあるでしょうし、ケースバイケースってのもあります。オレがまだ知らない何かもあるかもしれません。
それはフッキングに関してだけじゃなくキャスティングに関してもそう考えています。
そこんとこだけは誤解のないように・・・。



[PR]
# by camelhd | 2016-08-30 11:19 | Fly Fishing | Comments(14)

真夏のお山釣行

みなさまご無沙汰しております!

決してサボってたわけではありま・・・・・、スミマセン。サボってました(笑)

その間、一度沢に行ったのですが、翌日は忙しくバタバタ。翌々日にブログupしようと思ったら夏風邪ひいてダウン。
結局up出来ずじまいでした。
ここ数年冬に風邪ひかないけど夏ひきます。年なんですかね~?(笑)



で、昨日の月曜日。
久々のハード系お山に行ってきました!
c0157482_09250082.jpg
今回の道連れはバイク屋さんとペンキ屋のボブ。
ホントは一人でチョロっと手近な沢にでも行こうかと思ってたんですが、前日にバイク屋さんから「どっか行きましょうよ~」ってお誘いがあり、せっかくならバイク屋さんが行ったこと無いハードなとこに、ってんで若くてマッチョで体力ありそうなボブも誘って(騙して?)3人で行ってきました。

釣り場まで歩いて2時間ちょうど。

途中、林道でバイク屋さんが地蜂に刺されるアクシデントもありましたが、なんとか汗だくでヒィヒィ言いながら到着。

心配していた水量ですが、なんとこの沢は普段より多めなくらい!
元々水量変化の少ない沢なんですが、どこも渇水続きのこの頃にあってこれは驚きました。
しかし道中に前日と思われる真新しい足跡がついていたのがずっと気がかり。

それでもいざ釣り開始してみたらまあまあ反応あります。
歩き2時間の疲れもぶっ飛ぶ一匹♪
c0157482_09510362.jpg
なんだかんだ出足好調。
c0157482_09521718.jpg
大きいのは出ませんがコンスタントに反応してきてくれます。

魚の反応がイイのはもちろんですが、この沢の風景にも癒されます。
c0157482_10034731.jpg

水量も多いんですが水温も冷たいんです。ここ数日猛暑でしたが、2人は寒いって言ってカッパを着こむほど。
オレはシャツ一枚で暑いくらいでしたが(笑)
c0157482_09575497.jpg
水も多いんで水しぶきを浴びながら滝を超える場面も。
c0157482_10020602.jpg
お昼休憩を挟んで午後も釣り上がります。
前半は不調だったボブもコツを覚えたようで次々と♪
c0157482_10055473.jpg
オレも連発♪
c0157482_10082764.jpg
いや~、楽しいです! 魚のヒキも強いし#3のグラスロッドを使ってることもあってかなり面白いです。
今年山岳渓流はまだ3回目なんですが、前回前々回とパッとしなかっただけに余計に楽しい感じ。
決してボコボコ反応あるわけでもなく大型がでるわけでもなく、ここの沢にしてみればこの日は凄く釣れるって感じじゃありません。それでもキレイな風景と相まって凄く楽しいです。

こんなキレイなところで・・・・
c0157482_10100957.jpg
こんなキレイなイワナ連発・・・・
c0157482_10211410.jpg
そりゃタマリマセンよねw

でもそれだけじゃなく・・・・
c0157482_10161316.jpg
人が釣れてるの見てるのも楽しいし、バラしたの見るのも楽しい(笑)
ちなみに↓はオレがバラしたとこの写真。
c0157482_10183819.jpg
分かりずらいけど面白い顔してるはずw

釣り上がってきたぶんもあるし、行程が長いので3時には現場を撤収。
後半がなかなかよく釣れたので予定より20分くらい延長しちゃいましたが(笑)



で、帰り道。流石にバイク屋さんはヘロヘロになっていました。
先頭を歩くオレ。あと30分も歩けば車ってところで、ふと歩きながら足元1m右の土の中に半分崩れた小さめの蜂の巣が見えました。もう使われてない巣かと思いそのままスタスタ歩きます。
その直後!ボブが「蜂だ~!」 一秒後に「イテ~っ!」
思わず凄いダッシュで100mほど逃げるオレとバイク屋さん。そして逃げ遅れるボブ(笑)

ふと気がつけば往路でバイク屋さんが刺された場所と同じ所。
なんと地蜂の巣があったのです。
たぶん先頭を行くオレの振動を感知して出てきた蜂が2番手3番手のバイク屋さんとボブに襲いかかったんでしょう。

毒性は強くないようなので大丈夫ですが、一応いつも携帯してるポイズンリムバーで吸っておきます。

にしてもあれだけヘロヘロだったバイク屋さんがあの猛ダッシュ。
オレも手に持っていたクマ除けの鈴のワイヤーが取れました。
火事場の馬鹿力ってホントなんですね(笑)



車を出発して車に戻るまでちょうど12時間。
最後にアクシデントもありましたがそれも含めて楽しい一日でした!
大人のいい夏休みになったかな?
c0157482_10234085.jpg

[PR]
# by camelhd | 2016-08-09 10:58 | Fly Fishing | Comments(4)

犀川(今年14回目)

先週に引き続いて犀川です。

前回行った時に反応は無かったけど気になるランがありました。
タイミングを変えて入れば絶対出るだろうと思ったので、朝イチはそのランへ。

フローティングラインにウェットをつけて流しますが虫っ気ありません。

「こりゃウェットじゃないのか?」って思いつつ核心部をスイング中に『ゴゴゴン!』

そんなにデカそうじゃないけど粘りのあるファイトで上がってきたのは・・・
c0157482_14131695.jpg
ブラウンでした。
口の蝶板がなくなっています。誰かに釣られたんでしょうか。
それでもバクバク食ってるようで、お腹パンパンでした。

依然として増水気味なんで写真撮る所がなくて大変でした(^^;


そこのランを2回流すも反応があったのは↑のブラウンのみ。
なのであちこちの様子を見ながら大きく移動します。

c0157482_14275544.jpg
相変わらず高瀬川が濁っていましたが、三川から下もギリギリ釣りにはなる感じ・・・。


で、犀川漁協管内を一周りしてからこの日一番期待していたラン。この日はここがやりたくて来たようなもん(笑)

核心部チョイ手前でした。
スイングし終わりラインをリトリーブ。その2手繰り目。
『グ・・・!』  無意識に合わせてロッドを立てると『ドンドンドン!』 「デカイ!!!!」
かなりの重量感です。が、3秒もしないうちにフックオフ・・・。
重量感からして60クラス間違いない感じでした。


また移動して次のラン。
割と浅い流れだったのでラインをいつものタイプ2にしていたのをタイプ1/2にチェンジ。
しかし流れはしっかりしていたのでフライはブラスチューブのストリーマー。

ラインを変えて1投目でした。
『ゴン!ググ~~!』
フッキングした直後からゼニスを『ギギギギ~~~~~!』
「おお~~~!この感じ久しぶり~♪」
このお方のようにリールが逆回転する写真を撮ろうかと思いましたがダメです。オレには全然余裕ありません(笑)

しかし何度かラインを出されながらも無事キャッチ!
c0157482_14440046.jpg
何とも見事なレインボー!
このサイズは久々に釣った気が?
「こりゃデカイ!」と思ってメジャーあてたら「アレ?そうでもないじゃん???」
しばらくぶりで体内メジャーが若干くるってますね(笑)
c0157482_14513561.jpg
尾ビレも見事!
犀川らしいイイ魚でした!

この頃から陽射しも強くなり、釣りをしていても服の上から背中がジリジリとしてきました。
流石に厳しいかと思っていましたが、水温が結構冷たいんです。
水温計持ってないのでよく分かりませんけど(笑)

ただほぼ毎朝入っている利根川と比べたら雲泥の差です。
これなら日中も釣れるはず!って流していたら・・・
c0157482_15063439.jpg
やっぱ出ました♪

測ってないけどズレ体内メジャーで(笑)40半ば~後半位かな?

地味~なアタリで持っていかず、しばらく10秒近く待っていたんですがまるで持っていかず(笑)
だけど食ってる感じはあったので、痺れを切らしてゆっくり合わせたらフッキング出来ました。

10時半頃でした。


その後、地元のNさんと合流。
聞けば↑と同じ位のをバラした直後だそうで、一緒に流したら・・・
c0157482_15123607.jpg
浅~い流れでキレイな小ニジが♪
しかも昼前の11時半頃。やっぱ水温低いから釣れるんですね~。

とはいえ流石に陽射しが強くて我慢ならずに撤収。。。

今回は犀川漁協管内だけでやりましたが、まあ釣り人いません。Nさんとオレの他には誰もいませんでした。

その証拠に春は簡単に歩けた草むらが今や背丈以上にボーボーです。だけどそこを通った踏み跡もないくらいでしたから。
暑い上に増水と濁りがありましたからね~。

ボチボチ釣りにはなる感じですけどまた雨予報が出ています。
雨次第で状況もガラリ変わると思いますんで、今後については何とも言えません。
ただどちらにせよ水温低いので魚にとってはいい条件が続きそうです。

ちなみに奈良井と梓の合流はクリアー。
c0157482_15243280.jpg
若干梓の方が色づいてますが、気になる程じゃありません。むしろちょうどイイ位。
c0157482_15261729.jpg
三川合流は撮らなかったんでライブカメラでも見て下さい(笑)

ただ昨日帰る頃からさらに減水してたんでより釣り出来る色にはなっていました。
先のことは分かりませんが昨日今日なら問題ない色でしょう。

この時期の犀川ってあまりやったことなかったんですが結構面白いですね♪

[PR]
# by camelhd | 2016-07-12 15:31 | Fly Fishing | Comments(2)